Windows 95 Electron app のインストールと使い方

スポンサーリンク
windows-95-icon-054

オープンソースのフレームワーク Electron で制作された ノスタルジックな Windows95

オープンソースのフレームワーク Electron で制作された Windows95 は、 現在 Slack のシニアエンジニア Felix Rieseberg 氏 link が開発したクロスプラットフォームで動作するアプリで、ノスタルジックな Windows95 を手軽に 体験できる。

Windows95 アプリには FTP の先駆け DOOM など オリジナルの Windows95 には含まれていなかった ゲームが遊べるほか、フロッピーディスクイメージのマウント や OSFMount を使用してディスクイメージをマウントすることで ファイルを追加することもできる。

システム要件

バージョン 2 . 2 .2 現在

Windows / Mac / Linux

ソフトの入手先

GitHub Windows 95 Electron app ダウンロードページ link



Windows 95 のインストール

Windows 95 Electronアプリ には インストーラー版 と インストールが不要のスタンドアローン版が提供されている。

windows-95-electron-app-002

GitHub の Windows 95 ダウンロードページから 使用する PC のアーキテクチャに合わせた ファイルをダウンロードする。

スタンダアローン版 は ZIPファイルをダウンロードするので 解凍する。

windows-95-electron-app-003

インストール版はセットアップウィザードなどはなく、ダウンロードしたインストーラーを起動するとアニメーションが表示されるだけで 、インストールが完了するとデスクトップに Windows 95 の アイコンが表示される。

Windows 95 の使い方

Windows 95 Electronアプリは  現在の環境で Windows 95 を走らすのではなく、当時の Windows 95 を再現しているアプリなので、アプリのインストールに 数十分かかり、常にHDDの空き容量に悩まされ、事ある毎にハングアップしていた 「 不便な当時の PC 」を体験するアプリだったりする。

日本語は未サポートで Oracle VM VirtualBox などのように ホストPC の ネットワークアダプタを使用することができないため インターネット環境への接続も不可。
Windows 95 の仮想 動作環境

CPU : Intel Pentium Pro
RAM : 128 MB
ストレージ : 1 GB ( 空き容量 800MB )

賢い日本語環境を求めて Mac の LC575 から Windows に乗り換えたときに購入した「 富士通 Deskpower S165 一太郎モデル 」のスペック ( Intel Pentium 166 MHz , メモリ 32MB , HDD 1.6GB ) と比較すると Windows 95 を走らせる環境としてはハイスペックだが、OSFMount などを使用して アプリやファイルを追加する場合は HDD の空き容量がネックになる。

Windows 95 の起動 と 終了

Windows 95 Electronアプリは 一般的なアプリと同じで「 Widnows95 」の実行ファイルを開くだけで起動できる。

windows-95-electron-app-004

スタンドアローン版は 解答したフォルダ内の「 windows95 」をダブルクリック。

インストーラー版は デスクトップに生成された「 windows95 」のアイコンを開く。

windows-95-electron-app-007

Windows 95 Electronアプリが開くので 中央にある「 Start Windows 95 」をクリック。

windows-95-electron-app-008

Windows 95 が起動すると マウスがロックされて Windows 95 の操作が可能になる。

「 ESC 」キーでマウスのロックが解除され、再度 Windows 95 をクリックするとロックされる。

windows-95-electron-app-010

Windows 95 Electronアプリを終了させるには マウスのロックを解除して 上部メニューの「 Windows 」から「 Close 」を選択するか「 Ctrl + W 」。

windows-95-electron-app-009

「 Start 」の「 Shut Down 」から「 Shut down the computer ? 」を実行すると Windows 95 終了時の音声とともに Windows 95 は終了するが、Widnows 95 が終了した状態を Windows 95 Electronアプリが記憶するため、次回 Windows 95 Electronアプリ の「 Start Windows 95 」から Windows 95 は起動しない。

windows95-030

Windows が正常に終了すると Windows 95 Electronアプリ が空白の状態になるので、Windows 95 Electronアプリ を「 Close 」で終了後「 Boot from scratch 」で新たに Widnows 95 の起動が必要。

Boot from scratch

Windows 95 Electronアプリ は Widows 95 のイメージファイルを実行しているので、Widows 95 をシャットダウンしたり OSFMount など外部からイメージファイルを操作した場合は イメージファイルの再読み込みが必要になる。

windows-95-electron-app-011

Windows 95 のイメージを再読み込みは Windows 95 Electronアプリ を起動後、下部にある「 Settings 」を選択して「 Boot from scratch 」をクリック。

windows-95-electron-app-013

Windows 95 のイメージファイルが読み込まれる。

Boot from scratch を実行すると Windows 95 に行った設定はすべて初期化されるが、OSFMount など外部から追加したファイルは削除できない。
Reset ( 初期化 )

「 Reset 」は Windows 95 に行った変更をすべて取り消して初期化する場合に使用する。

windows-95-electron-app-012

Windows 95 のリセットは Windows 95 Electronアプリ を起動後、下部にある「 Settings 」を選択して「 Reset state 」をクリック。

windows-95-electron-app-007

「 Start 」を選択して「 Start Windows 95 」をクリック。

「 Boot from scratch 」と似ているが 「 Reset state 」では外部から追加したファイルも削除される。

プリインストールゲーム

Windows 95 Electronアプリには Windows 95 に標準搭載されていた フリーセル , ソリティア , マインスイーパー などのほかに 人気を博した Doom や パックマンの 3D など 4つのゲームがセットになった Funpack 3D , サンダーボルトII のシューティングゲーム A-10 Tank Killer などがプリインストールされている。

windows95-032

プリインストール の ゲームは デフォルトのモニタ解像度 ( 1024 x 768 ) でも起動可能だが、起動時に解像度の変更を処理できないと ハングアップするので、DOOM や A-10 Tank Killer などの DOS ゲームは 解像度 640 x 480 , 表示色 256 色 への変更が推奨されている。

windows95-033

プリインストールゲームは デスクトップの「 Shortcut to Games 」からアクセスできる。

windows-95-electron-app-034

正常に動作するのは Funpack 3D , DOOM , A-10 Tank Killer で、 Grand Prix はパッチファイルでムービーのみ再生可能 , Wolf 3D は起動しない。
また プログラム一覧に登録されている Sim Tower も実行ファイルがないので使用不可。
解像度の変更

Windows 95 Electronアプリは デフォルトで モニタ解像度 1024 x 768 に設定されており、

windows-95-electron-app-014

デスクトップ上でコンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) を展開して「 Properties 」を選択。

windows-95-electron-app-015

「 画面のプロパティ 」が開くので「 Settings 」タブから「 Advanced Properties 」をクリック。

windows95-016

「 詳細プロパティ 」が開いたら「 Performance 」タブで「 Apply the changes restartings 」にチェックを入れて「 OK 」。

windows95-017

「 画面のプロパティ 」に戻ったら「 Desktop area 」で解像度を「 640 by 480 pixels 」に変更して「 Apply 」。

windows95-018

ダイアログがでるので「 OK 」。

windows95-019

画面解像度が 640 x 480 になるので 15秒以内に 変更の保存を尋ねているダイアログの「 Yes 」をクリック。

表示色の変更

「 画面の解像度 」と「 表示色 」を同時に変更すると Windows が 再起動が必要になり、高確率で起動時にエラーが発生して スキャンディスク を実行することになるため、表示色の変更は 画面解像度 の変更後に行う。

windows95-020

画面解像度 を変更した後「 Color palette 」のリストから「 256 Color 」を選択して「 OK 」。

windows95-021

ダイアログが表示されるので「 OK 」。

デスクトップアイコンの整理

画面解像度を変更するとデスクトップの表示が乱れるので 整理を行う。

windows95-022

デスクトップでコンテキストメニューを展開して「 Arrange Icons 」から「 Auto Arrange 」を選択。

windows95-023

デスクトップアイコンが整理される。

解像度 / 表示色を戻す

解像度 と 表示色 をデフォルトに戻す場合、 Windows 95 に加えた変更は初期化されてしまうが「 Reset 」を使用するのが手っ取り早い。

windows95-024

「 ESC 」キーでマウスのロックを解除して「 Maschine 」のメニューから「 Reset 」を選択。

windows-95-electron-app-008-1

初期状態になる。

表示色変更時に再起動が必要になった場合

一度 変更した表示色を再度 変更するなど システムに変更を加えた際に 再起動を求められる場合がある。

windows95-025

設定をを反映させるためにはダイアログで「 Yes 」を選択しなければならないが、Windows を再起動すると ほぼエラーが発生する。

windows95-026

Windows が終了後 画面がブラックアウトする。

windows95-027

ブラックアウトするとキー操作も受け付けないので「 ESC 」キーでマウスのロックを解除して「 Maschine 」から「 Restart 」を選択。

windows95-028

Windows の起動に失敗して スキャンディスクの実行を求められるので 任意のキーを押す。

windows95-029

スキャンディスクの完走後に 設定が反映された状態で Windows が起動する。

仮想フロッピーディスクドライブ

Windows 95 Electronアプリ は 仮想フロッピーディスクドライブ を実装しており、FD のイメージファイル ( img , ima , vfd ) をマウントできる。

windows-95-electron-app-036

Windows 95 Electronアプリを開き「 Settings 」の「 Mount floppy disk 」をクリックして マウントするイメージファイルを指定。

FD のイメージファイルを指定したら「 Boot from scratch 」で Widnows 95 を起動。

windows-95-electron-app-037

「 My Computer 」から「 3 1/2 Floppy ( A: )」を開くとマウントしたイメージファイルにアクセスできる。

windows-95-electron-app-038

マウントしたイメージファイルの読み込みには Widnows を「 Boot from scratch 」で起動する必要があるため、複数枚に分かれている FD を連続して 取り込むことはできない。

OSFMount を使用した ファイルの追加

Windows 環境で Windows 95 Electronアプリ が使用している Widnows 95 のイメージファイルを直接アクセスできないため、ファイルを追加したい場合は OSFMount を使用する。

OSFMount 公式ダウンロードサイト link

windows-95-electron-app-039

Windows 95 Electronアプリ を起動して「 Maschine 」から「 Go to Disk Image 」を選択して「 windows95.img ファイルの場所を確認したら Windows 95 Electronアプリ は必ず終了する。

windows-95-electron-app-040

インストールした OSFMount を起動して「 Mount New 」をクリック。

windows-95-electron-app-041

「 Disk image file 」で Windows 95 Electronアプリが使用している「windows95.img 」ファイル を指定して「 Next 」。

windows-95-electron-app-042

「 WIN95 FAT 32 LBA 」を認識するので 選択して「 NEXT 」。

windows-95-electron-app-043

「 Read only drive 」が有効だとファイルの書き込みができないので チェックを外して「 Mount 」。

windows-95-electron-app-044

ディスクドライブ としてドライブレターが設定されアクセスが可能になり、ダブルクリックでドライブが開く。

windows-95-electron-app-045

デスクトップは「 WINDOWS 」フォルダ内にある。

windows-95-electron-app-046

ファイルをコピーしたら ウインドウを閉じて OSFMount の「 Dismount & Exit 」をクリックしてマウントを解除。

イメージファイルへコピーしたファイルを反映させるため Widnows 95 を「 Boot from scratch 」で起動。

windows-95-electron-app-053

Cドライブの空き容量が 800MB しかなく 仮想 CD ドライブも実装していないので、インストールできるアプリは限られるが、ISO イメージファイルの  Windows 95 用の アプリを 7z で展開して フォルダを Windows 95 のイメージファイルにコピーすれば アプリを追加することも可能。

INTERNET ARCHIVE 100 Great Games for Windows95 link

Windows 95 Plus! のフォルダは存在しているが Windows 95 Plus! 用のテーマを直接インストールすることはできないので 壁紙は BMP のみ手動で変更できる。





関連記事

windows-95-icon-054

Windows 95 Electron app のインストールと使い方

オープンソースのフレームワーク Electron で制作された ノスタルジックな Windows95 オープンソースのフレームワーク Electron で制作された Windows95 は、 現在 Slack のシニアエ […]

virtualbox_icon

Oracle VM VirtualBox のインストールと使い方

1台のパソコンに複数の OS をインストールできる 仮想化 アプリ  Oracle VM VirtualBox は PC /AT互換機のエミューレータで、1台のパソコンで複数の OS を起動させ、それぞれ独立したデバイス […]