Windows Live Meshのインストールと使い方


2012年12月13日 MicrosoftはLive Meshのサービス提供を2013年2月13日で終了すると発表。

12月14日には上図のようなメールがMicrosoftから届いた。

要はSkyDriveにDropBoxと同様の同期機能が備わったため、Live Meshを廃止してSkyDriveに移行させるのが狙いらしい。
そもそもSkyDriveとLive Meshは全く異なるサービスなのだが、提供元が「終了する」と言っている以上、為す術はない。

Live Meshと同様のサービスには、同じP2PでBitTorrentを使用したResilio Syncがある。

Resilio Sync のインストールと使い方

Resilio SyncはBitTorrent Incが「BitTorrent Sync」として提供されていたBitTorrentプロトコルを使用したP2Pタイプのファイル同期ツールで、2016年6月にBitTorren … 続きを読む



Live Meshはファイルの同期サービスで、リモート接続とともにWindows Live Essentialに含まれているプログラム。
Windows XPからWindows 7の移行へ躍起になっているMicrosoftの策により、現在のLive MeshはWindows Vista、Windows 7とMacOS X(英語版)のみで、2011年4月現在でもWindows OSのシェアNo1のXPは非対応になっている。
ちなみにLive Meshの前身であるWindows Live Syncは、同様の機能を提供しつつXPにも対応していたが、Live Meshへと統合されたことでXPがサポートから外された。

ファイル同期はオンラインストレージを利用したDropboxがあるが、Live Meshのファイル同期はDropboxとは別物になる。
Dropboxは専用アプリケーションをインストールし、「Dropbox」フォルダに格納したフォルダやファイルをオンラインストレージにアップロードするため、最新のファイルはオンラインストレージに保存されており、PCを起動(Dropboxにアクセス)するだけでファイルの同期が実行される。また、WindowsXP以降のOSに対応しているが、無料で使用できる容量は2GBという上限がある。

LiveMesh のファイル同期は、オンラインストレージを介して行われるのではなく、P2P(Peer to Peer)タイプの同期プログラムになる。
そのため同期する場合は、ファイルの送信元と受信側、双方のパソコンが起動していることが大前提になるが、ファイルのサイズや容量はハードディスクのサイズに準じるため実質的には無制限。
また、Live Meshにはリモートデスクトップの機能があり、リモートの許可を与えたパソコンには、ブラウザからリモート操作が可能になる。
この機能はブラウザを使用するため、リモートされるPCはWindows7が必要だが、リモートするPCはWindows XPでも構わない。

Windows LiveMeshのインストール

Windows Live MeshはWindows LiveのIDによってデバイスを認識するため、Windows Live IDの取得は必須。
また、当然のことながらLive Meshは同期をとる全てのPCにインストールする必要がある。

Windows Liveのアカウント作成

Windows Live IDを取得していない場合は始めにIDを取得する。

Windows Liveのアカウント作成ページにある上図赤枠部分の「サインアップ」をクリック。

各項目を入力。
ここで登録したメールアドレスがWindows Live IDになる。

メールアドレスは「live.jp」と「hotmail.co.jp」が選択できるが、どちらでも構わない。

登録したアカウントが有効になれば、図のようなWindows Liveのトップページに移動する。

Windows Live IDを取得したことで、Webメール・メッセンジャー・SkyDrive(オンラインストレージ)・Office(オンラインドキュメント)が使用可能になる。

セットアップ

Windows Live IDを取得したら、Windows Live Essentials 2011のページから、インストーラーをダウンロードする。

「今すぐダウンロード」をクリックすると、インストーラーのダウンロードが開始する。

ダウンロードしたWikndows Flagのアイコンをしたインストーラーを起動するとEssentials2011のインストールが開始する。

Windows Live Essentials2011には、Live Meshの他、Outlook Exの後継メールソフト、動画編集ソフト(ムービーメーカー)、メッセンジャー・フォトギャラリーなど多くのプログラムが含まれており、それらのプログラムを全てインストールする場合は、「Windows Live Essentialsをすべてインストール」を選択。

Live Meshのみをインストールする場合は「インストールする製品の選択」を選ぶ。
余計なプログラムのインストールを避けるため、インストールする製品を選択する。

「インストールする製品の選択」をクリックすると、インストールするプログラムの選択画面になるので、「Windows Live Mesh」にのみチェックを入れて「インストール」をクリックする。

インストールが完了。「閉じる」をクリックする。

Windows Live Meshが起動し、サインインの画面になるため、取得したwindows Live ID(メールアドレス)とパスワードを入力してサインインする。

画面が自動起動しない場合は、「全てのプログラム」から「Windows Live」→「Live Mesh」を起動してサインイン。

このインストール作業をフォルダ同期をとるパソコン全てに実行しておく。
また、パソコンの起動時に自動的にフォルダ同期を開始させるため、「IDとパスワードを保存する」「自動的にサインインする」にチェックを入れておく。

使用方法

Live Meshの設定を行う際は、事前に同期をとるパソコン全てにLive Meshをインストールし、同じWindows Live IDでサインインしていることが前提。

設定したPCは同時に起動させておく必要はなく、それぞれのパソコンにインストールしたLive Meshで1度サインインすると、そのパソコンを「場所」として認識するようになる。

同期可能なファイルサイズは、1ファイル5GBでも全く問題ない。
フォルダ内に4GB~5GBの動画ファイルが5つほどあるものを同期すると、同期完了に 時間はかかるが全て同期される。
オンラインストレージなどを利用していないため、ファイルサイズの制限はないと思われる。

Live Meshは当然ながら常駐アプリケーションで、タスクトレイにアイコンが表示される。
ただ、関連アプリケーションを含めると常時80MB~90MBのメモリを消費するため、ある程度メモリに余裕がなければ、他の作業に支障を来す可能性がある。

Windows Live Meshを起動させる。

上図の赤枠部分がLive Meshのアイコン。
このアイコンをクリックするとメニューが表示されるので、「Windows Live Meshを開く」を選択するか、スタートメニューから「すべてのプログラム」→「Windows Liuve」→「Live Mesh」。

Live Meshのメイン画面が開いたら、赤枠部分の「フォルダーの同期」をクリック。

同期するフォルダの選択画面に移行。

マイドキュメント・マイピクチャ・マイビデオ・マイミュージックの各フォルダを同期設定に指定した場合は、各PCの該当フォルダと同期をとる。
また、上記のフォルダ以外のフォルダを同期設定すると、個人フォルダの直下に同期したフォルダが生成される。

個人フォルダの直下とは、「Cドライブ」→「ユーザー」→「ユーザー名フォルダ」の中なので、Cドライブの空き容量には注意が必要。

Cドライブ以外のドライブに同期フォルダを置きたい場合は、マイドキュメントなどのフォルダをデフォルトの場所から移動設定しておく。

マイドキュメントなど各フォルダの移動は、「Cドライブ」→「ユーザー」→「ユーザー名フォルダ」の中にある該当フォルダのプロパティを開き、「場所」タブで移動先を指定して「移動」をクリックする。

この手順を踏まず、フォルダだけを移動させても、マイドキュメントなどのフォルダとしてOSが認識しなくなる。

同期するフォルダを選択し「同期」をクリックすると、Live Meshがインストール済みで、同じWindows Live IDによってサインインされたパソコンが一覧で表示される。

この時、他のパソコンでLive Meshの設定を行っていない場合は、「SkyDrive」のみ表示される。

上図は現在、設定を行っているPC以外に3台のマシンと同期することが可能になっている。
表示されている各PCの空き領域は、Cドライブのみのサイズで、パーテーションで分割されたドライブは認識されていない。

表示されているPCから、同期するパソコンをにチェックを入れて「OK」をクリックすると同期処理が開始する。

同期されているフォルダは左図のように一覧で表示され、各フォルダをクリックすると、上図青枠部分にフォルダの場所や共有設定、上図赤枠部分同期しているデバイスとその状態が表示される。

同期先のデバイスには同期の進行状況が表示される。

「Windows Live Meshは実行されていません」と表示されているデバイスは電源が入っていないPC。
このPCも起動すると自動的にフォルダの同期が開始される。

同期設定した既存のフォルダに、同期するデバイスの追加や解除をする場合は、上図赤枠部分の「デバイスの選択」をクリック。

同期の解除はチェックを外し、追加はチェックを入れるだけ。
また、同期そのものを解除する場合は、全てのチェックを外すとLive Meshの画面からフォルダが消え、同期設定が解除される。

フォルダの共有

指定したデバイスと同期をとれるため、Live Meshには指定フォルダを共有できる機能が備わっている。

ただし、共有先の相手がWindows Live IDを取得していることが条件で、更にフォルダを同期する場合は、共有先にLive Meshがインストールされていなければならない。

共有を許可した相手は、Live Meshにより対象のフォルダを同期することが可能で、フォルダ内のファイルの削除・編集なども可能になる。当然、変更された内容はLive Meshによって同期されるため、元データも変更される。

また、オンラインストレージ「SkyDrive」を同期するデバイスとして追加しておくと、共有を許可 した相手はフォルダを同期しなくてもSkyDrive経由でファイルのダウンロードが可能になるため、共有先の環境がWindowsXPの場合などは、 SkyDrive を使用することになる。

共有の手順はLive Meshの画面で「共有する相手」の「自分のみ」というリンクをクリック。

共有先のメールアドレスを入力する画面になるため、赤枠部分にメールアドレスを入力し「保存」をクリックすると、共有相手にメールが送信される。

共有相手はメールに記載のある「招待の表示」をクリック。

ブラウザが起動しWindows Liveへのサインイン画面になるので、サインインして同期フォルダの共有について「承諾」または「辞退」を選択。

Windows7で予めLive Meshがインストールされている環境では、「承諾」すると同期フォルダが共有される。

フォルダ同期を開始する場合は、「このフォルダの同期を開始」をクリックする。

同期先のデバイスを選択して「保存」で完了。

この設定を行っていれば、同期フォルダに新たな画像を追加すると、共有先のフォルダと同期するため、画像をオンラインストレージやメールなどで送信する手間が省ける。

同期する場合は、双方のPCが起動していることが条件だが、オンラインストレージSkyDriveを同期ストレージとして設定しておくことで、この条件を回避できる。
ただし、SkyDriveの容量は5GBが上限のため、同期するファイルサイズには注意が必要。

WindowsXP の環境で共有招待メールから「招待の表示」をクリックすると、左図のように「Windows Live Essentialsをインストールして下さい」と表示される。しかし、Live EssentialsはWindows XPには非対応のため、実質的に同期する手段はない。

ただ、共有元でSkyDriveを同期デバイスに追加しておけば、左図赤枠部分のように、Windows XP環境でもSkyDriveの中が表示されるため、ファイルを渡すことは可能。しかし、同期フォルダではないため共有先でのファイルの編集等は反映されない。

リモートアクセス

Live Meshにはフォルダ同期の他に、リモートアクセスの機能がある。
機能的にはリモートデスクトップと同様だが、リモートデスクトップはWindows7 Professional以上のエディションを実行しているPCにしか接続できない事に対し、Live MeshはLive Meshを実行しているPCに接続できる。

リモートアクセスの設定はLive Meshを開き、左図赤枠部分の「リモート」をクリックすると、リモートの設定画面に移行する。

リモートのページでは現在使用してコンピュータのリモート状況が表示されているので、リモートを有効にするには、「このコンピュータへのリモート接続を許可」をクリック。

アカウントにパスワードが設定されていない場合はメッセージがでる。

リモートを有効にする場合は必ずパスワードの設定が必要になるため、メッセージにあるとおり、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」でパスワードを設定するか、コントロールパネルの「ユーザーアカウント」でパスワードを設定する。

パスワードが設定されている場合は自動的にリモート接続の設定が行われる。

リモート接続の解除は、「リモート接続を禁止」をクリックするだけでOK。

リモートアクセスが可能なPCはアイコンがカラーで表示され、「このコンピュータに接続」というリンクがある。

このコンピュータに接続」をクリックするとLive Meshが接続を開始する。

新規ウインドウで接続先のPCが表示される。

リモートアクセス機能は便利だが、「PCを遠隔操作する」といっても、所詮はネット回線経由のため、常に快適な状態で作業が出来るわけではない。
作業途中で回線が速度が低下すると、ハングアップに近い状態になり、アクセスが切断されたりもする。
そして何よりリモートするPCが起動している事が前提のため、仕事先で自宅のPCにアクセスしたくても、自宅のPCに電源が入っていなければ役には立たない。





レガシーアプリ

Windows Live Meshのインストールと使い方

2012年12月13日 MicrosoftはLive Meshのサービス提供を2013年2月13日で終了すると発表。 12月14日には上図のようなメールがMicrosoftから届いた。 要はSkyDriveにDropBo … 続きを読む

ImgBurn のインストールと使い方

ImgBurnはCD / DVD / Blu-ray / HD DVD に対応している定番のライティングソフト。 メディアへの書込だけでなく、ISOファイルへの出力もできる。 最終のバージョンは2013年6月のリリースの … 続きを読む

Unlockerのインストールと使い方

Windows XP環境ではプログラムがファイルをロックして削除できないことがあり、特定のアプリケーション使用時に発生頻度が高かった。 このようなファイルはセーフモードで起動してから削除すれば良いのだが、Unlocker … 続きを読む

国内のAmazon Drive 容量無制限が終了

2017/11/22 日本に先駆けてAmazon Driveの容量無制限プランを展開していた米国Amazonが、要領無制限プランを終了したのは2017年6月。 それから約半年、ついにとう言うか、やはりというか、日本の容量 … 続きを読む

CPRM Decrypterの使い方

地デジを録画してDVDにコピーすると、CPRM(Content Protection for Recordable Media)という日本独自の保護がかかる仕組みになっている。 CPRM Decrypterは著作権法が改 … 続きを読む