Windows 10 標準 メールアプリ の インストールと使い方

win-mail-icon
LINEで送る
Pocket

ウェブメールやPOPメールを一括管理できる Windows 10 標準メールアプリ 

Windows10が実装している標準メールアプリは、AndroidやiOSのメールアプリと同様、複数アカウントやPOPメールの送受信が可能で、メールの一元管理ができる。

Microsoft が提供している hotmail / live / outlook などドメインを持ったメールアドレスを使用した Microsoftアカウントで Windows10にログインしている場合は、メールアプリを起動するだけで使用しているMicrosoftアカウントのOutlookメールが使用可能。
ただし、Microsoft以外のメールアドレスでMicrosoftアカウントを取得している場合は、別途セットアップが必要。

Microsoft-Tile-icon

Microsoftアカウントの取得と設定

Microsoft オンラインアカウントの作成と管理 「Microsoftアカウント」はもともとMicrosoftが提供しているOneDriveなどのウェブサー … “Microsoftアカウントの取得と設定” の続きを読む

システム要件

バージョン 16005.11901 現在

OS:Windows 10 バージョン1607 以降 (32 & 64bit)

ソフトの入手先

Microsoft ストア メール / カレンダー link

※プリインストールアプリなのでインストールは不要だが、再インストールする場合はMicrosoftストアからダウンロード可能。

win-mail001

Microsoftストアからのインストールなのでセットアップは不要。



メール の 設定

設定そのものはIMAPであればアカウント情報、POPであればサーバ情報を入力すれば送受信が可能になる。

Microsoftアカウント利用時の注意点

Windows10にMicrosoftアカウントでログインしている場合、Microsoftが提供している hotmail / live / outlook などのドメイン以外では Outlookメールとして認識しないため設定は不可

win-mail002

オンラインアカウントを利用しているとMicrosoft以外のメールアドレスを使用していても「使えますよ!」と言わんばかりに表示され、セットアップもできるのだが、アカウントが登録されるだけでメールは使用できない。

Outlook.com

Outlook.com はMicrosoftが提供している無料のウェブメールサービス。

使用できるのは hotmail / live / outlook などMicrosoftが提供しているドメインのみで、Gmailや独自ドメインで取得したMicrosoftアカウントのOutlookは認識しない。

Outlook.com トップページlink

win-mail011

ウェブ版のOutlook であれば上図のアカウントはすべて利用可能だが、メールアプリで利用できるのは「 outlook.jp 」のアカウントのみになる。

win-mail012

使用するアカウントを選択すれば設定が完了して使用可能になる。

Microsoft のメール以外の Microsoftアカウントを利用する場合は、下記の情報で「詳細設定」の「インターネット メール」からPOPメールとして登録が必要。

  • POP サーバー名: outlook.office365.com
  • POP ポート: 995
  • POP 暗号化方法: TLS
  • SMTP サーバー名: smtp.office365.com
  • SMTP ポート: 587
  • SMTP 暗号化方法: STARTTLS

Google

GoogleではGmailの登録を行う。

gmail-icon

Gmailの設定と使い方(基本操作編)

世界で最も利用されているメールアプリ GmailはGoogleが提供している大容量ウェブメールで、HotmailやYahoo mail、goo mailなどフリ … “Gmailの設定と使い方(基本操作編)” の続きを読む

win-mail013

Gmailのメールアドレスを入力。
Outlook と同様、使用できるには「 @gamil.com」のアドレスのみ。

win-mail014

WindowsからGmailへのアクセスを「許可」。

win-mail015

送信時に表示される名前を設定して「サインイン」すれば設定完了。

gmail.com 以外のGoogleアカウントでGmailを利用している場合は、下記の情報で「詳細設定」の「インターネット メール」からPOPメールとして登録が必要。

  • POP サーバー名: pop.gmail.com
  • POP ポート: 995
  • POP 暗号化方法: SSL / TLS
  • SMTP サーバー名: smtp.gmail.com
  • SMTP ポート: 587
  • SMTP 暗号化方法: TLS / STARTTLS

その他のアカウント(IMAPメールの追加)

「その他のアカウント」には「POP、IMAP」と表示されているが、設定可能なのはIMAPメールのみ。

IMAPメールはサーバに直接アクセスするプロトコル(通信規格)で、Outlook、Gmail 、 Yahooメール などのウェブメールで利用されており、アカウントとパスワードのみでセットアップすることができる。

詳細設定

詳細設定ではPOPメールの設定が可能。

win-mail016

POPメールの設定は「インターネット メール」を選択。

win-mail017

POPメールの設定情報は、使用しているサーバで要確認。

ユーザー名・アカウント名はメールアドレスになっていることが多いので、不明な場合はメールアドレスを入力して試行すると良いかも。

メールアプリ の 使い方

メールアドレスの設定が完了すればアプリの操作はシンプル。
ただ、Gmailのラベルや作成したフォルダは「その他」のメニューに格納されてしまうため、使い勝手に関しては好みが分かれるところ。

win-mail018

登録したアカウントは左ナビゲーションの「アカウント」に個別表示され、各アカウントをクリックすると選択したアカウントの受信トレイなどが表示される。

win-mail019

現在選択しているアカウントは左上で確認できる。

win-mail020

「メール新規作成」は選択しているアカウントで実行される。

win-mail021

上部メニューから書式設定、画像や添付ファイルの追加のほか、フリーハンドの描画機能もある。

添付ファイルに関しては「新規メール」作成画面へのドラッグ・アンド・ドロップでも追加可能。
ただしメール形式はすべて「HTML」で「プレーンテキスト」の選択はできない

win-mail022

新規フォルダを作成する場合は、任意のアカウントを選択してから左ナビゲーションの「その他」から「+」をクリック。

win-mail023

作成したフォルダは、フォルダにマウスオーバーした状態でコンテキストメニュー(右クリックメニュー)を展開して「移動」を選択するか、ドラッグすることで既存フォルダの「入れ子」にすることは可能だが、表示順を変更することはできない。

win-mail024

左ナビゲーション下にある「ギア」アイコンをクリックすると「設定」メニューが表示され、「アカウントの管理」や「署名」などの設定が可能。

受信トレイのリンク

複数のアカウントを1つの受信トレイで管理する機能が「受信トレイのリンク」。

win-mail025

受信トレイのリンクを有効にするには「設定」→「アカウントの管理」を開き「受信トレイのリンク」をクリック。

win-mail026

まとめるアカウントにチェックを入れて「保存」。

win-mail027

選択したアカウントの受信トレイが1つにまとめられ、新規メールを作成する場合は差出人で使用するアカウントの選択が必要になる。

リンクの解除は「設定」の「アカウント管理」で可能。


メールの一元管理は便利なのだが、メールアプリ本体にフィルタ機能がないため、ラベルやフォルダの振り分け作業が厄介。
メールの振り分けをせず、受信トレイに溜め込んでいくタイプであれば使い勝手が良いかも。





メールソフト

thunderbird-icon

Mozilla Thunderbird のインストールと使い方

複数アカウントのメール管理に最適な進化を続ける 無料の多機能メールアプリ Thunderbird はオープンソースのEメールクライアントソフトで、世の中がPOP … “Mozilla Thunderbird のインストールと使い方” の続きを読む

win-mail-icon

Windows 10 標準 メールアプリ の インストールと使い方

ウェブメールやPOPメールを一括管理できる Windows 10 標準メールアプリ  Windows10が実装している標準メールアプリは、Androi … “Windows 10 標準 メールアプリ の インストールと使い方” の続きを読む





LINEで送る
Pocket