Windows10 Setup – Windows10(1909)のセットアップ

スポンサーリンク
Microsoft-Tile-icon

Windows10 Home ( 1909 ) のセットアップと ユーザーフォルダ名の変更

Windows 10 は メジャーアップグレードのたびに セットアップが微妙に変更されており、バージョン 1809 以降は オンラインだとセットアップ時に ローカルアカウントが使用できなくなったり、バージョン 1903 の Windows 10 Pro では Cortana がデフォルトでミュートになったりしている。

Cortanaに 関しては 現バージョン( 1909 )でも未だ健在だが、 2019 年 12 月にWindows 10 Mobile のサポートが終了したことで Microsoft は モバイル OS から完全撤退し、Android / iOS 用の Cortana のモバイル サポートも 2020 年 1 月 31 日に終了 link
Google Now や Siri の対抗馬だった Cortana はパーソナルアシスタントから 仕事効率化の専用アプリとして方向転換することが決まっている。



Windows10 Home ( 1909 ) のセットアップ

セットアップはウィザード形式なので指示に従って進めるだけだが、個人情報の収集に関しての項目があるので要注意。

デフォルトで作成される ユーザーフォルダ名 は セットアップ時のアカウント名が使用されるので、Microsoft アカウントでセットアップすると アカウントで使用しているメールアドレスの一部 が使用され、ユーザー名の文字数によっては意味を持たないユーザーフォルダ名が生成されてしまう。

回避方法としては オフラインでセットアップするか、オンラインでセットアップ後に ローカルアカウントへの切り替えを行う方法がある。

disable-cortana-002

セットアップが開始すると はじめに コルタナ が表示され  バージョン 1909 では「こんにちは!」と発声するので スピーカー音量を調整しておく。

windows10-setup-002

「 日本 」が選択されているので「 はい 」。

windows10-setup-003

キーボードレイアウトが表示されるので「 はい 」。

windows10-setup-004

日本語キーボードのみ使用する場合は「 スキップ 」。
US キーボードなど日本語キーボード以外の言語キーボードを使用する場合は「 レイアウトの追加 」。

windows10-setup-007

インターネットへ有線接続の場合は自動的にセットアップが実行され、無線の場合は任意の SSID に接続。

有線環境でローカルアカウントを使用する場合は オンラインにならないよう 予めLANケーブルを抜いておき、無線の場合は設定をスキップ。

windows10-setup-008

オンラインの場合は  Microsoft アカウントの情報を入力して「 次へ 」。

windows10-setup-009

「 PIN の作成 」をクリック。

windows10-setup-010

任意の PIN を設定して「 OK 」。

windows10-setup-011

「 アクティビティの履歴 」は Cortana , Microsoft Office , Edge など一部の Microsoft アプリの作業状況をデバイス間で共有する機能で、 Microsoft アカウント に紐付けされた ウェブサイトの閲覧履歴や操作内容、アプリのアクティビティ履歴などがデータが Microsoft に送信される。

できるだけ個人情報を外部に送信したくない場合は「 いいえ 」を選択。

※ アクティビティの履歴設定はセットアップ終了後でも可能

windows10-setup-015

携帯電話番号と Microsoft アカウント を紐付けする場合は 電話番号を入力。
紐付けしたくない場合は「 後で処理する 」を選択。

windows10-setup-017

OneDrive の設定は セットアップ後でもできるので「 この PC にのみファイルを保存 」をクリック。

windows10-setup-018

様々な個人情報にアクセスして Microsoftに情報を送信する パーソナルアシスタント Cortana を利用する場合は「 同意 」、使用しない場合は「 拒否 」。

ただし「 拒否 」してもセットアップ後は使用可能な状態でスタンバイ状態になるので、停止させるにはセットアップ後に別途 操作が必要になる。

windows10-setup-020

プライバシー設定に関しては すべて「 いいえ 」にしても差し支えない。
各項目を設定したら「 同意 」をクリック。

ただし、すべて「 いいえ 」にしても情報送信が完全に停止するわけではなく「最小限」になるだけなので、通信を遮断するためには Spybot Anti-Beacon を使用する。

windows10-setup-021

セットアップが完了すると Windows 10 が起動して Microsoft Edge のウエルカム画面になるので 日本語を選択して「 Get started 」。

windows10-setup-022

ブラウザを閉じてセットアップ完了。

Cortana を停止 する手順は下記参照
Microsoft-Tile-icon

Disable Cortana – Cortanaを停止させる方法

Windows のパーソナルアシスタント Cortana をオフにする 入力した情報を送信するキーロガーの性質を持っている Cortana は、Google の Google Now や Apple の Siri , A […]

不要な Microsoft ストアアプリの削除は下記参照
Microsoft-Tile-icon

Uninstall Microsoft Store Apps – 不要なストアアプリの削除

不要なストアアプリのアンインストールと自動更新の停止 Windows 10 は Windows 8 で導入された Modern UI と従来のデスクトップのUIが統合され、2019年 末にサポートが終了した Window […]

ユーザーフォルダ名の変更

ユーザーフォルダ名は Windows セットアップ時のユーザーアカウントから生成されるため、現バージョンでは Microsoftアカウントのメールアドレスの一部が使用されている。

windows10-setup-023

virtual-win10@domain というメールアドレスは 「 virtu 」になってしまう。
せめて@より前のユーザー名部分を使用すれば良いのだが、なんとも中途半端なユーザーフォルダ名になっている。

しかも セットアップ時に作成されるユーザーフォルダはフォルダ名の変更ができない。
下手にレジストリなどを編集すると アカウントにサインインできない状態に陥ってしまうので要注意。

ユーザーフォルダ名を任意の名称に変更するには、ローカルアカウントを作成してから管理者権限を与えた後に 既存の Microsoft アカウント を削除。
Microsoftアカウントを使用したい場合は、ローカルアカウントから再度 Microsoft アカウントに切り替えれば、ローカルアカウントのユーザーフォルダ名で Microsoft アカウント が使用できる。

ユーザーフォルダ名の変更は Windows の クリーンインストール直後に行うのが理想的だが、すでにデータを保存している場合は 作業前にバックアップやデータの移動が必要になる。

window10setup-031

「 スタート 」→「 設定 」の「 家族とその他のユーザー 」を開いて「 その他のユーザーをこの PC に追加」をクリック。

window10setup-032

「 このユーザーのサインイン情報がありません 」をクリック。

window10setup-033

「 Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する 」をクリック。

window10setup-034

「 この PC を使うのはだれですか? 」のテキストボックスに ユーザー名フォルダに使用する アカウント名を入力。

パスワードは未設定でも可。

window10setup-035

「 他のユーザー 」にアカウントが追加されたことを確認。

window10setup-036

「 スタート 」の「 アプリ一覧 」にある「 Windows システム ツール 」から「 コントロールパネル 」を開き「 ユーザーアカウント 」を選択。

「 アカウントの種類の変更 」で作成した ローカルアカウントをクリック。

window10setup-037

「 アカウントの種類の変更 」を選択。

window10setup-038

「 標準 」から「 管理者 」に変更して「 アカウントの種類の変更 」をクリック。

window10setup-039

「 Administrator 」の権限が付与されていることを確認。

window10setup-040

現在の Microsoft アカウントからサインインして ローカルアカウントでサインイン。

window10setup-041

セットアップが開始する。

window10setup-042

C ドライブ の「ユーザー」フォルダ内に ローカルアカウントのユーザーフォルダが作成されている。

window10setup-043

Microsoft アカウントの ユーザーフォルダが不要な場合は「 コントロールパネル 」→「 ユーザーアカウント 」の「 アカウントの削除 」で Microsoft アカウントを選択。

「 アカウントの削除 」をクリック。

 

window10setup-044

アカウントとユーザー名フォルダを完全に削除するには「 ファイルの削除 」をクリック。

※ クリーンインストール直後であれば アカウントもユーザー名フォルダも削除して問題ないが、すでに使用している環境下ではバックアップやデータ移動の漏れがあった場合に備え しばらくは削除しないことを推奨。

window10setup-045

最終確認がでるので「 アカウントの削除 」をクリック。

window10setup-046

アカウントが削除され、ユーザーフォルダ内には ローカルアカウントのユーザー名フォルダと パブリックフォルダ のみになる。

window10setup-047

必要に応じて「 Windows の設定 」の「 アカウント 」で「 Microsoft アカウントでのサインインに切り替える 」で Microsoft アカウント を有効すれば、ローカルアカウントで作成した ユーザー名フォルダで Microsoft アカウント が使用できる。





関連記事

Microsoft-Tile-icon

Hide lock screen Windows10 – ロック画面非表示設定

Windows 10 の ロック画面非表示とスクリーンセーバの 設定 Windows 10 で表示されるロック画面は主に「 起動時 」「 スリープ復帰時 」「手動ロック時 」「 一定時間 操作がない時 」に表示される。 […]

Microsoft-Tile-icon

Uninstall Microsoft Store Apps – 不要なストアアプリの削除

不要なストアアプリのアンインストールと自動更新の停止 Windows 10 は Windows 8 で導入された Modern UI と従来のデスクトップのUIが統合され、2019年 末にサポートが終了した Window […]

Microsoft-Tile-icon

Windows10 Setup – Windows10(1909)のセットアップ

Windows10 Home ( 1909 ) のセットアップと ユーザーフォルダ名の変更 Windows 10 は メジャーアップグレードのたびに セットアップが微妙に変更されており、バージョン 1809 以降は オン […]

Microsoft-Tile-icon

Windows 10 Safe Mode と削除できないフォルダの削除

Windows10のセーフモード起動とアクセス拒否で削除できないフォルダの削除 普通に Windows 10 をセットアップした場合、ローカルアカウントでも Microsoft アカウントでも作成したアカウントは「 フル […]

Microsoft-Tile-icon

Windows10 Clean install – Windows10のクリーンインストール

無償アップグレードした Windows 10 の クリーン インストール  と ライセンス認証の手順 Windows 10 は年 2 回のメジャーアップグレードが実施され、Home Edition は自動的に更新されるが […]




タイトルとURLをコピーしました