ヤコ オーブン陶土で オリジナルの陶器を制作

Reports-icon

オーブンで焼成が可能な ヤコのオーブン陶土を使ってオリジナルのウォーターディッシュを作成

ヤコ オーブン陶土 は 陶土を使用して成形した 作品を 家庭用オーブンで 焼成でき、オーブン陶土セット に付属の 手引書 を参考にすれば、陶芸 や 粘土細工などの 造形未経験でも 簡単にオリジナルの陶器を制作できる。

ヤコ 公式サイト

用具

用具を使用せず 手で成形する 玉作り手ひねり などの手法もあるが、器の厚みが均等になる たたら作り で制作する場合は たたら板のし棒 のほか、ヘラ や ガーゼ、コート剤を塗布する刷毛 などが必要 ( 代用品でも可 ) になる。

たたら

たたら は日本古来の製鉄法である たたら製鉄 に由来し、鉄を叩いて伸ばす製鉄作業のように 陶土を伸ばす製法が たたら作り で、陶土の厚さを均一にするための たたら板 と 陶土を伸ばす のし棒 を使用をする。

オーブン陶土セットBasic
陶土 / コート剤 / ハケ と 手引書が含まれている ビギナー向けのセットで、 大きめのマグカップが 1個作れる。
たたら板・のし棒セット
長さ30 cm / 厚さ 5 mm の たたら板 と のし棒 のセット。
ハケ
オーブン陶土セット に 1つ付属しているが、食器として使用する際にはコート剤を塗布するので、ドベ用 と コート剤用 を用意する。
ガーゼ
陶土が 下敷き や 型 に張り付くのを防止するために使用する。
スパチュラ ( ヘラ )
陶土 を 型に合わせてカットする際などに使用するが パレットナイフなどの代用品でも可。

たたら作りで制作

たたら作りは 素人でも 手早く厚みを均一にすることができ、成型作業 が比較的 簡単なため 短時間で 制作できるメリットがある。

制作しているのは 飼育している オカヤドカリ用の水入れ。

YAKO Oven Clay -001

ガーゼ を敷いた作業台にたたら板 をセット。

YAKO Oven Clay -003

型 に する器を用意する。

YAKO Oven Clay -004

陶土 が 張り付かないよう 型 を ガーゼに包んで輪ゴムで止める。

YAKO Oven Clay -005

型の準備ができたら クルミ大 くらい大きさの陶土で ドベ を作る。

開封した陶土は ドベを作っている間に乾燥しないよう密封しておく。
ドベ は 陶土に水を加えて マヨネーズ ほどの固さにしたもので、接着剤 や パテ のような使い方をする。

YAKO Oven Clay -006

ドベ と 型 の用意が整ったら、器の底 になる部分を作るため 適量の陶土を たたら板 の間に置いて のし棒で しっかりと伸ばしていく。

YAKO Oven Clay -007

伸ばした陶土に 型を置いて 型よりも 数ミリ 外側を パレットナイフなどでカットしていく。

手引書のように上手くカットできなくても気にしない。

YAKO Oven Clay -009

器の側面になる部分は 陶土を継ぎ足しながら 必要な長さにした後、器 側面の高さに合わせて たたら板 や 定規 などを使って 余分な部分をカット。

YAKO Oven Clay -011

長さが余った部分はカットし、接着面に ドベ を塗って 表面の切れ目を指でなぞって消していく感じで 接合。

YAKO Oven Clay -014

底面にも接着部分にドベをしっかり塗布し、側面 と 底面を 馴染ませ 全体的に成形していく。

YAKO Oven Clay -016

ある程度 成形 できたら ドベを使用して 接合部分にある微妙な隙間を埋めていく。

成形が完了したら 器の大きさに応じて  全体が白っぽくなるまで 2 ~ 5 日 乾燥。

YAKO Oven Clay -017

乾燥して ヒビ割れが生じた場合は ドベ で埋める。

earthenware-018

乾燥したら 170℃ 設定のオーブンで 40 ~ 50 分 焼成。

予熱は不要。

earthenware-020

焼き上がったら 冷ました後 食器用 の コート剤 Yu~ を全体に塗布。

earthenware-021

コート剤 の ベタつきがなくなるまで乾燥。

earthenware-024

乾燥したら  110℃ 設定で 20 分 焼く。

earthenware-023

器が完全に冷めてから 水漏れなど 不具合がないかチェックして完成。

2 度目の制作

初回の器が 少々 大きかったため 型を変更して 再チャレンジ。

earthenware-001

型に PPテープの芯を使用。

earthenware-002

陶土は 紅陶 を使用し、前回よりも二回りくらい小さく 高さも抑えたので  1袋 で  2個 作成することができた。

earthenware-003

片方に 前回使用した 陶土の ドベ を塗ってみた。

earthenware-004

乾燥させること4日。

earthenware-005

前回同様 170℃ で 45分間 焼成し、コート剤 Yu~ を塗布して 110℃ で 20分。

3 度目の制作

前回の 器の高さが低い軽い洗いにくい という欠点をカバーした 改良版 を 陶土に 黒木節 を使用して制作。

yako-oven-clay-001

型は2回目の制作で使用した PPテープの芯を使用しているが、前回は 基本的に すべて同じ厚みにしてたものを 新たな試みで 部分的に 土を足すことにした。

底 は 5mm厚 のものを2枚重ねにして 側面は 台形になるよう 底部から 中程まで土を盛っている。

yako-oven-clay-002

器の中は 接合面が 直角になって 洗いにくいため 土を足して半円形にする。

yako-oven-clay-003

水が溢れにくいよう 縁をわずかに内側に向け、中央の仕切り部分も 接合面が 直角にならないよう 土をもって成形し、オカヤドカリが 溺れないよう 土を盛って 傾斜つくる。

yako-oven-clay-004

1日乾燥させて ヒビ が入った部分などに ドベ を塗って調整。

yako-oven-clay-005

4日ほど乾燥させ 170℃ で 50 分間、コート剤 Yu~ を塗布して 110℃ で 20分 焼成。

yako-oven-clay-006

土は ほとんど余らなかったが 重みもしっかりとあって 前回の 2倍ほど 水も入る 良い感じの 器に仕上がった。

4 度目の制作

使用していると コート剤が剥げてくるため、型 に 小さなタッパーを使用して タッパーを 設置できる器 を制作。

Yako-002

初回は 焼成時に 縮むことを考えずに作ったため タッパーが入らず失敗。

Yako-001

2 回目 は タッパーの蓋 の大きさに合わせて 型を作り、ほぼピッタリに仕上がった。

関連記事

Reports-icon

パスワードの安全性とデジタルストレス

安全性に比例して煩雑化する認証方法とデジタルストレス スマートフォンの普及により生活のデジタル化が進み、コロナ禍によって働き方も大きく変化したが、同時にサイバーセキュリティのリスクも高くなり セキュリティ対策は複雑化して […]

Reports-icon

パスワードの管理

パスワードの管理方法 と 漏洩リスク ログインID と パスワードを使用した認証方法では アカウント情報が流出すると 第三者からアクセスされる可能性が高くなり、悪用されると アカウントの乗っ取り や ドコモ口座 不正預金 […]

dvdfab-icon

DVDFab の ライセンス認証解除と再認証の手順

パソコンの引越し時に必要な DVDFab・StreamFab の ライセンス 認証解除 と 再認証 の手順 DVDFab は 製品をアクティベートすると パソコンのハードウェア情報に紐付けられて ユーザー情報 として保存 […]

2checkout-icon

2Checkout Payment の決済方法と定期購読の停止

グローバル決済サービス 2Checkout での決済とサブスクリプション ( 定期購読 ) の停止方法 2Checkout は 海外アプリの決済サービスで多く使用されている eコマース 全般のシステムを提供しているグルー […]

dvd-shrink0011

ビジネスメールの基本とマナー

仕事でメールを使用する際に知っておくべき基本 と ビジネスメールのエチケット マナーは 社交上の礼儀 、エチケットは 人間関係を円滑にする慣習 を意味するので、日本の ビジネスマナーは 英語で ビジネスエチケット と表さ […]