ヤコ オーブン陶土で土器を制作

スポンサーリンク
Reports-icon

オーブンで焼成が可能な ヤコのオーブン陶土を使ってオリジナルのウォーターディッシュを作成

オカヤドカリ用 に 海水と真水を同時に入れることができる 半分に区切った水入れを探しているのだが、なかなか市販で手頃なものがなく「 自分で作れないものか 」と Amazon を物色して見つけたのが 家庭のオーブンで 焼成が可能な ヤコのオーブン陶土。

陶芸はもちろん粘土細工などの造形未経験でも オーブンさえあれば 不細工ながら それっぽい土器が作れてしまう。

ヤコ 公式サイト link

用具

オーブン陶土の手引書には「 代用品でも可 」となっているが、陶芸や粘土細工の趣味でもなければ、代用品になるものを探すのが一苦労だったりするので「 たたら 」で使用する板や「 のし棒 」は購入したほうが良いかも。

オーブン陶土セットに付属している手引書には「たたら作り」のほかにも、たたら板やのし棒などを使用せず 手で整形していく「 玉作り 」や「 手ひねり 」などの作り方も掲載されているので、道具を揃えるのが面倒であれば 「 オーブン陶土セット 」だけでも可。

「 たたら 」とは日本古来の製鉄法である「 たたら製鉄 」に由来し、鉄を叩いて伸ばす製鉄作業のように 陶土を伸ばす製法を「 たたら作り 」というらしく、陶土の厚さを均一にするための「 たたら板 」と 陶土を伸ばす「 のし棒 」を使用をする。

たたら作りは陶土を板状にするのだが、単純に円形の器を制作する場合、器の円周は「 直径 x 3.14 」で 直径 10 cm の器は 長さ 31.4 cm の細長い状態に陶土を伸ばす必要があるため、伸ばす長さ取りも極端に短い「たたら板」は使いづらい。

ヤコの 「たたら板・のし棒セット」の「たたら板」は 長さ30 cmなので、素人が使う分にはちょうど良い長さだったりする。
のし棒は丸棒であれば代用が利くので、代用品があれば「 たたら板 」のみ 5 mm 厚の板を用意する。

ハケは「オーブン陶土セット」に1つ付属しているが、食器として使用する際にはコート剤を塗布する必要があるので、「ドベ用 」と「 コート剤用 」があると便利。

「 スパチュラ(ヘラ) 」はあれば便利な程度で無くてもなんとかなるが、ガーゼは陶土が下敷きや型に張り付くのを防止するために使用するので必須。

オーブン陶土セットBasic は 陶土 / コート剤 / ハケ と 手引書が含まれている ビギナー向けのセットで、 大きめのマグカップが1個作れる感じ。

たたら作りで制作

「たたら作り」が優れているのは ズブの素人でも手早く厚みを均一にすることができ、成形作業が比較的 簡単なため 陶土が乾燥する前に仕上げることができること。
実際に作業をすると分かるが、陶土は意外と早く乾燥するので 成形を短時間で済ませるのがポイントかも。

YAKO Oven Clay -001

ニスを塗ったベニヤ板を作業台にしてガーゼとたたら板をセット。
たたら板は  厚 0.5cm 幅 8cm  長さ60cm の バルサ材 を半分に切ったものを利用。

YAKO Oven Clay -002

オープン陶土は 5インチのスマホより1回り大きいくらいで 思ったよりも小さかった。

1袋で大きめのマグカップが作れる程度。

YAKO Oven Clay -003

オカヤドカリ用の「水入れ」を試作するため 型に器を用意。

YAKO Oven Clay -004

手引書の通りに型をガーゼに包んで輪ゴムで止めてみたものの、器を逆さにした感じで使用したいので、すでに この時点で手引書から微妙に脱線。

YAKO Oven Clay -005

型の準備ができたら クルミ大 くらい大きさの陶土で「 ドベ 」を作る。
開封した陶土は ドベを作っている間に乾燥しないよう しっかりと密封しておく。

「 ドベ 」とは陶土に水を加えて マヨネーズ ほどの固さにしたもので、接着剤 や パテ のような使い方をする。

 陶土と水はなかなか混ざらないので ベシャメルソースを作るような感じで、始めは 土 と 少量の水 を馴染ませ 馴染んできたら更に水を加えていくと良いかも。

YAKO Oven Clay -006

ドベ と 型 の用意が整ったら 器の底 になる部分を作るため 適量の陶土を たたら板 の間において のし棒で しっかりと伸ばしていく。

YAKO Oven Clay -007

伸ばした陶土に 型を置いて 型よりも 数ミリ 外側をパレットナイフなどでカットしていく。

YAKO Oven Clay -008

手引書のように上手くカットできなくても気にしない。

YAKO Oven Clay -009

器の側面になる部分は 直径 x 3.14 の長さ+ 1cm を目安に 陶土を継ぎ足しながら 必要な長さにした後で、器 側面の高さに合わせて たたら板 や 定規 などを使って 余分な部分をカットする。

YAKO Oven Clay -010

長さが余った部分はカット。

YAKO Oven Clay -011

接着面に ドベ を塗って接合。

内側がしっかりと接着しているのか不安を残しながら 表面の切れ目を指でなぞって消していく。

YAKO Oven Clay -012

底面にも接着部分にドベをしっかり塗布。

YAKO Oven Clay -014

側面と底面をしっかりと馴染ませ 全体的に成形していく。

YAKO Oven Clay -016

海水と真水を入れるため器の中央に区切りを作り、ドベを塗りたくって接合部分にある微妙な隙間を埋めていく。

成形が完了したら 器の大きさに応じて  全体が白くなるまで 2 ~ 7 日 乾燥させる。

YAKO Oven Clay -017

一晩 乾燥させると 底 と 側面 の接着部分の 一部にヒビが入っていたので ドベ で穴埋め。

手引書に記載がない作業なので要注意。

earthenware-018

3日目ほど乾燥させると 陶土の色が白くなる。

earthenware-020

乾燥したら 170℃ 設定のオーブンで 40 ~ 50 分 焼成する。

予熱は不要。

earthenware-021

しっかりと冷ましてから 食器用 の コート剤「 Yu~ 」を全体に塗布。

earthenware-022

コート剤 の ベタつきがなくなるまで乾燥させる。

earthenware-024

乾燥したら  110℃ 設定で 20 分 焼く。

earthenware-023

器が完全に冷めてから 水漏れなど 不具合がないかチェックして完成。

2 度目の制作

初回の器が 少々 大きかったため 型を変更して 再チャレンジ。

earthenware-001

型に PPテープの芯を使用。

earthenware-002

陶土は 紅陶 link 。

前回よりも二回りくらい小さく 高さも抑えたので 紅陶  1袋 で  2個 作成することができた。

earthenware-003

同じ色では芸がないので 前回使用した陶土の ドベ を塗ってみた。

earthenware-004

乾燥させること4日。

earthenware-005

前回同様 170℃ で 45分間 焼成して  コート剤「 Yu~ 」を塗布して 110℃ で 20分。

なかなか 味のある 餌入れ & 水入れ が完成。

3 度目の制作

前回は いい感じに仕上がったのだが 使用していると「 器の高さが低い 」「 軽い 」「 洗いにくい 」という点が気になったので、改良版を 新たに制作することにした。

使用した 陶土は 黒木節 link 。

yako-oven-clay-001

今回も 型は2回目の制作で使用した PPテープの芯を使用しているが、前回は 基本的に すべて同じ厚みにしてたものを 新たな試みで 部分的に 土を足すことにした。

底 は 5mm厚 のものを2枚重ねにして 側面は 台形になるよう 底部から 中程まで土を盛っている。

yako-oven-clay-002

器の中は 接合面が 直角になって 洗いにくいため 土を足して半円形にする。

yako-oven-clay-003

水が溢れにくいよう 縁をわずかに内側に向けて 中央の仕切り部分も 接合面が 直角にならないよう 土をもって成形。

オカヤドカリが 溺れないよう 土を盛って 傾斜つくる。

yako-oven-clay-004

1日乾燥させて ヒビ が入った部分などに ドベ を塗って調整。

yako-oven-clay-005

4日ほど乾燥させ 170℃ で 50 分間、コート剤「 Yu~ 」を塗布して 110℃ で 20分 焼成。

効果があるのか不明だが 今回は コート剤 を塗布して焼成した後、完全に冷めてから 再度 コート剤を塗布して 焼成した。

yako-oven-clay-006

土は ほとんど余らなかったが 重みもしっかりとあって 前回の 2倍ほど 水も入る 良い感じの 器に仕上がった。





関連記事

protonmail-icon

ProtonMail インポートツールの使い方

Gmail や Outlook ほか IMAPプロトコル が利用可能なプロバイダから ProtonMail  へ メールをインポート 「 ProtonMail インポート アシスタント 」 は Gmail / Yhaoo […]

protonmail-icon

ProtonMail custom domain – 独自ドメインの追加

ProtonMail で 独自ドメイン のメールを送受信する  ProtonMail は「 Plus 」以上の 有料プランで 独自ドメインを追加でき 暗号化される ProtonMail のメールサーバ で 独自ドメインの […]

nas-icon

Synology Diskstation での Resillo Sync 利用方法

P2P タイプのファイル同期ツール Resillo Sync を Synology Diskstation で利用  Resilio Sync は BitTorrent Inc の独立企業として設立された Resilio […]

nas-icon

Synology Diskstation の ダイナミックDNS導入

Synology Diskstation の ダイナミックDNS 導入 と HTTPS 接続 Synology の 独自OS「 DSM 」では DDNS や SSL 証明書 の取得 が非常に 簡略化 されており 小難しい […]

dvd-shrink0011

ビジネスメールの基本とマナー

仕事でメールを使用する際に知っておくべき基本 と ビジネスメールのエチケット マナーが「 社交上の礼儀 」を意味し エチケットは「 人間関係を円滑にする慣習 」を意味するので 日本の ビジネスマナーは 英語では ビジネス […]