Android版 Launcher3のインストール


ホームランチャーはシンプルなのが好みで、Nexus5以降は「Google Nowランチャー」を愛用していたのだが、「Android 4.1(Jelly Bean)以降搭載のすべての端末で利用できます。」と謳っておきながら、HTC Android One X2に機種変したらサポート外。

Google Nowランチャーは2017年12月7日にアップデートされているにも関わらず、システム要件は4.1~7.1.1になっており、どうやらAndroid8.0には対応する気がないらしい。

HTC Android One X2はAndroid8.0を実装しており、ホームランチャーは「Launcher3」になっている。

Launcher3とは
AOSP(Android Open Source Project)としてGoogleからコードが提供されている、言わば「素の状態」のAndroid OS用のホームランチャー。
Google謹製のGoogle NowランチャーやPixelランチャーなどは、Launcher3をベースにカスタマイズされたものになる。
ただ、「Launcher3」という名称とアイコンでも、メーカーがカスタマイズしていることが多く、外観や動作が異なる場合もある。

GooglePlayストアでアプリを検索すると「AOSPに基づいて開発された」と記載されているものがあり、これらはGoogleがAndroid OSの「標準」として提供しているコードがベースになっていることを意味している。

Launcher3をGooglePlayストアで検索すると「ランチャー<3」というLauncher3のアイコンを使用しているアプリがヒットするが、「<」が付加されているとおり、このホームランチャーは「素の」Launcher3ではなく、Launcher3をベースにカスタマイズされたもので、HTC Android One X2やEssential Phoneが実装しているLauncher3とは別物。

残念なことにGoogle Playストアでは「素のLauncher3」はどこからも提供されていない。

Launcher3の入手先

Google Playストアから入手できないので、推奨される対応は「諦める」こと。
ストアで提供されているアプリでさえ、0.05%はマルウェアに感染(2016年度統計)しているので、外部からのファイル入手はセキュリティリスクが高くなる。

それを承知の上で、どうしてもLauncher3を入手したい場合は、Androidアプリの開発者向けサイト「Android File Host」からダウンロードできる。

Android File Host Launcher3 apkダウンロードページ



Launcher3のインストール

サイトからapkをダウンロードするので、操作はLauncher3をインストールするデバイスで操作する。

Android File Hostのダウンロードページにアクセスすると、多くのアプリがアルファベット順に並んでいるので、「Launcher3 of AOSP 7.1.2 apk」を探す。

右側のダウンロードアイコンをタップ。

「Click Here to Start Download」をタップ。

ダウンロードサーバの選択。

普通は「Primary download」で良いのでタップする。
「Primary download」をタップしても応答がなければミラーサーバを選んでタップ。

Google Playストア以外からインストーラーをダウンロードすると警告が表示されるので「OK」をタップ。

提供元不明のアプリはインストールがブロックされているというメッセージが出るので「設定」をタップ。

設定画面が表示されたら「提供元不明のアプリ」をタップしてオンにする。

「インストールする際は自己責任!」と念を押されて「OK」をタップ。

ファイルマネージャーで「ダウンロード」フォルダにアクセスして、ダウンロードした「Launcher3+of+AOSP+7.1.2.apk」をタップして起動。

「インストール」をタップ。

「完了」をタップしてインストール終了。

ホームランチャーの選択画面が表示されたら「Launcher3」をタップ。

ZenFone3 Deluxeにインストールした直後の状態。
この時点ではまだウィジェットが作成できず、上部の検索バーもウィジェットとして機能していないので、検索バーをタップする。

アクセスを許可して「作成」をタップ。

広告や有料プランなどもなく、Google Nowランチャーと同じくシンプルなため、個人的には非常に使いやすくお気に入り。

ホームランチャーの変更

ホームランチャーを変更した後、元に戻したり別のランチャーへ変更する場合は、設定画面から実行するのだが、機種によって微妙にメニューが異なっていたりする。

基本的には「規定のアプリ」で変更するので、「設定」→「アプリ」→「アプリの設定」あたりに該当項目がある。

HTC Android One X2

「設定」から「アプリと通知」をタップ。

「詳細設定」をタップして展開。

「デフォルトアプリ」をタップ。

「ホームアプリ」をタップするとインストールされているホームランチャーを選択できる。

Galaxy S8

「設定」→「アプリ」で右上の「︙」メニューから「標準アプリ」をタップ。

「ホーム画面」をタップ。

使用するランチャーを選択する。

Essential Phone

ギアアイコン「設定」を開き、「アプリ」をタップ。

「アプリ」の右上にあるギアアイコンをタップして設定メニューを開く。

 

「ホームアプリ」で変更可能。






Android版 ユーティリティアプリ

Android版 Launcher3のインストール

ホームランチャーはシンプルなのが好みで、Nexus5以降は「Google Nowランチャー」を愛用していたのだが、「Android 4.1(Jelly Bean)以降搭載のすべての端末で利用できます。」と謳っておきながら … 続きを読む

コメントなし

Android版 Turbo VPNの設定と使い方

インバウンドの増加を促進するため、様々な場所で増えているのがWiFiのフリースポット。 モバイル通信は契約プランによって通信量に上限があるので、少なめのデータ量プランであれば、フリースポットは確かに便利。 ただ、よく耳に … 続きを読む

コメントなし

Android版 Wake On Lanの設定と使い方

Wake On Lan(WOL)はスリープ状態にあるパソコンに対して、マジックパケットと呼ばれる信号を送信して起動させる仕組みのこと。 同一ネットワーク上にあるPCを遠隔操作で起動させたり、遠隔地にあるPCを起動させるこ … 続きを読む

コメントなし

Android版 CPU-Zの使い方

デバイス情報を表示する定番フリーソフトCPU-Z。 自作PCのユーザーにはお馴染みのアプリだが、Android版もリリースされている。 Android版も基本的に無料だが、広告が不定期に全画面で表示され、有料版(197円 … 続きを読む

コメントなし