OneDrive trajectory – OneDriveの黒歴史

スポンサーリンク
Microsoft-OneDrive-icon

OneDriveが断行してきた改悪と幻の容量無制限

先日 Dropbox の無料プランで利用できるデバイスが 3 台までに制限され、有料プラン Dropbox Plus が機能強化と同時に値上げされたが、この程度の変更は OneDrive に比べると可愛いものだったりする。

SkyDrive

Microsoft が提供するオンラインストレージ「 SkyDrive 」が  英国の衛星放送サービス BSkyB に商標権侵害で訴えられて 敗訴が確定したのは 2013年 7月。
この判決で「 Sky 」が使用できなくなったため 2014年の初めに SkyDrive は OneDrive にサービス名が変更になった。

OneDrive trajectory 9

2012年頃 SkyDrive にはデスクトップアプリが存在せず ファイル や フォルダ のアップロードやダウンロードはブラウザで行う必要があり、デスクトップアプリでローカルフォルダと同期する Dropbox などと比較すると 使い勝手や機能面で大きく見劣りしていたが、他社の 無料プランが 5GB の中 SkyDrive は  無料で 25GB という大容量が提供されていた。

OneDrive trajectory 10

ところが Microsoft は 2012年 4月に SkyDrive の無料プランの容量を 25GB から 7GB に改悪。
既存ユーザーの救済措置として 25GB までの無料拡張を期間限定で実施したものの、期間内に拡張しなかった場合は 7GB に制限されてしまった。

この改悪により大容量という SkyDrive 最大で唯一の魅力が喪失。
改悪と同時に Dropbox を真似た SkyDrive for Windows という ローカルフォルダと同期するデスクトップアプリがリリースされるが、当時 Windows XP のシェアが 40% を超えている中、システム要件 が Windows Vista SP2 以降になっており XP からの脱却に苦しむ Microsoft の商売根性が見え見えで Dropbox と比べて見劣りするオンラインストレージに成り下がった。

OneDrive trajectory 27

この改正時には 現在「 Office Online 」と名称が変更された「 Office WebApps 」が実装され、機能制限はあるが SkyDrive にアップされた Word と Excel , PowerPoint がオンライン上で動作するため、システム要件を満たしている環境では MS Office がインストールされていなくてもファイルの閲覧・編集ができる メリットはあった。

OneDrive

SkyDrive から OneDrive へ名称が変更され 2014年 6月には SkyDrive 時の改悪で 7GB に減少した無料ストレージ容量が 15GB に引き上げられ、その 3ヶ月後にはアップロード可能なファイルサイズの上限が 2GB から 10GB に拡大。

Windows XP の延長サポートが切れ  Windows 7 への世代交代が進んでおり、OneDrive は Dropbox と同様にローカルフォルダと同期が可能なオンラインストレージサービスになり、Microsoft は OneDrive の強化に本腰を入れ始める。

幻のOneDrive 容量無制限

2014年 10月 Microsoft は公式に Office 365 のユーザーに与えられていた OneDrive の容量 1TB を無制限にすることを発表。
奇しくもその3日前に 容量無制限を謳っていた WebDAV タイプのオンラインストレージ Bitcasa が 容量無制限プランの撤廃を発表したばかりだった。

OneDrive trajectory 001

当時公表された Microsoft の公式ブログ等は削除されており「なかったこと」になっているが、当時は IT 系 のメディアやニュースでも大きく報じられた。

Microsoft、「Office 365」ユーザーの「OneDrive」を容量無制限にlink

この頃の OneDrive はコンシューマー ( 個人 ) 版とビジネス版で仕様が大きく異なり、コンシュマー版はデスクトップ用のアプリとブラウザを利用するのに対して、ビジネス版は Office からダイレクトに操作するため コンシュマー版の OneDrive が OneDrive for Business よりも格段に使いやすかったのだが、2015年 1月 に OneDrive for Business がコンシューマー版をベースにした仕様への変更と ユーザーインターフェイスの改善が発表される。

OneDrive trajectory 380

更にコンシューマ版の OneDrive のアルバム機能も強化されるが、Dropbox は 2014年 1月 にカルーセル ( 2016年 3月にサービス終了 ) を実装しており、Google Drive にはデフォルト機能として Picasa ウェブアルバム ( 2016年 5月 にサービス終了 ) を実装していたので、遅れをとっていた拡張機能が追加されただけに過ぎない。

そして 容量無制限の発表から 1年後 の 2015年11月 Microsoft は呆気なく容量無制限の撤廃を発表する。

容量無制限の早期利用プログラムにも申し込んだのに 全く増加する気配がなかったので 2015年 10月 の時点で Microsoft の AnswerDesk で やり取りを行ったが 初めから対応がおかしかった。

OneDriveの容量無制限化は本当に実施されるのですか?

容量無制限化のキャンペーンは終了しておりますので、現在はお申し込みただけません

キャンペーンってなんだ??
容量無制限 は Office 365 のユーザーが対象で 申込みは不要だったはずだが、早期利用プログラムには申し込んでいたので 申し込みページの URL を貼って送った。

これはキャンペーンの申し込みページですね

キャンペーンというなら 一応このページから申し込みをしているのですが 無制限になっていません。

そうですか、申し訳ございません。
キャンペーン終了後は追加の増量はいたしておりません。

キャンペーンという告知はなかったと思いますが?

キャンペーンの開始時期も終了時期も公開しておりません。

対応に違和感を覚えた。
どうやら容量無制限化の発表を強引にキャンペーンとして取り扱い、キャンペーンは終了したから無制限にはしないよ~~~んっていう筋書きらしい。

期間非公開のキャンペーンって どんなキャンペーンなんだよ とツッコミを入れたくなったが、ここまで来ると怒りを通り越して 呆れてものも言えなくなる。

容量無制限を廃止した理由は 一部のユーザーの使いすぎ。
75TB を使用した強者もいるらしいが 容量無制限を謳うなら これくらいは想定内のはずなのだが。。。
何れにせよ OneDrive の容量無制限は Office 365 の一部ユーザーにのみロールアウトしただけで終了いう お粗末な結果になった。

改悪の OneDrive

これまで OneDrive の無料ユーザーは 15GB の容量とカメラロールの自動バックアップ設定を行った際に付与される 15GB で 最大 30GB のクラウドストレージを使用できたが、2015年 11月 の改悪で無料容量は 5GBに カメラロールのボーナス 15GB は撤廃になる。

OneDrive trajectory 002

発表当初 既存ユーザーから猛烈な批判を受けた Microsoft は 救済措置として翌 12月 に 非 Office 365 ユーザーに対して 2016年 1月31日 までに容量の維持申請を行う事で カメラロールで増量された 15GB を維持できるという対策を発表。

申請の期限が一ヶ月半しかないという点で 無料ストレージを使用している五月蝿いユーザーを黙らせる施策なのは明らかで、OneDrive の無料ストレージは Dropbox や GoogleDrive と比較して「 利用できるストレージ容量が不安定 」というオンラインストレージとしては致命的な変更を再び強行したことになる。

Windows 10 の OneDrive

Windows 8 から OneDrive はデフォルト機能として Windows に実装され、Microsoft アカウントを利用してシームレスで利用できるようになった。

Windows 10 ではWindows 8 版のみに実装され不評を買った「プレースホルダー」が改良され 「ファイルオンデマンド」という名称で復活。
ビジネス版の OneDrive と個人版の OneDrive も併用可能になり 以前に比べて使い勝手は着実に向上している。

特に Office 365 ユーザーであれば Office に加えて 1 TB のオンラインストレージが使用できるため、別途有料のオンラインストレージを利用するよりはコストパフォーマンスは良い。

Microsoft Office 365 公式ページlink

Office 365 は「家庭向け」と「一般法人向け」があり、法人向けの「 Microsoft 365 Apps for business 」では 月額 1,000円 ほどで 最新の MS Office と 1TB の OneDrive が使用できる。

「 法人向け 」は 個人事業主として適当に登録すればホームユースでの利用も可能だが、個人向けのOffice Solo も以前に比べてサービス内容が充実しているので、月額 300円程度の差にこだわらなければ 管理画面などがない Microsoft 365 Personal のほうが使いやすいかも。

OneDrive にアップロードしたコンテンツの取扱

個人向けの OneDrive は Google Drive と同様 アップロードしたコンテンツは「 世界全域における知的財産のライセンスを無償で許諾する 」ことになる。

OneDrive trajectory 001

b. お客様は、マイクロソフトに対し、本サービスをお客様および他のユーザーに提供するため、お客様および本サービスを保護するため、ならびにマイクロソフトの製品およびサービスを改善するために必要な範囲で、お客様のコンテンツを使用する (たとえば、本サービス上のお客様のコンテンツを複製する、保持する、送信する、再フォーマットする、表示する、コミュニケーション ツールを介して頒布するなど) ための世界全域における知的財産のライセンスを無償で許諾するものとします。お客様が、オンラインで広範に制限なく利用できる本サービスの領域にお客様のコンテンツを公開する場合、お客様のコンテンツは本サービスを宣伝するためのデモまたはマテリアルに表示されることがあります。本サービスには、広告収入によって支えられている部分があります。マイクロソフトによる広告のパーソナライズは、Microsoft アカウント管理 Web サイトの「セキュリティとプライバシー」ページで制御することができます。マイクロソフトでは、電子メール、チャット、ビデオ通話、もしくはボイス メールでのお客様の発言、またはお客様の文書、写真その他の個人ファイルを、お客様に対する広告のターゲッティングに使用することはありません。マイクロソフトの広告方針は、プライバシーに関する声明に規定するとおりとします。

Microsoftは 2012年 に内部調査としてブロガーが使用していた私的アカウントにアクセスして Hotmail を閲覧したことがあり、この行為は法的に問題がなかったものの 改めてクラウドサービスのセキュリティが万全ではないことを浮き彫りにした。

Microsoft のサービスが厄介なのは Windows に統合されていることで全幅の信頼を寄せ、根拠もなく安心して使用するユーザーが多いこと。

ブランド力とは恐ろしいものだったりする。





関連記事

2checkout-icon

2Checkout Payment service の決済方法と定期購読の停止

グローバル決済サービス 2Checkout での決済とサブスクリプション ( 定期購読 ) の停止方法 2Checkout は 海外アプリの決済サービスで多く使用されている eコマース 全般のシステムを提供しているグルー […]

googlecalendar-icon

Telework Mgt with Google Calendar – Googleカレンダーでテレワーク管理

即席テレワークに活用できる Googleカレンダーの共有機能 テレワークは 特定の仕事場にとらわれない働き方を指す造語で、在宅勤務とほぼ同義になっている。 通勤で疲弊しているサラリーマンにとって「 在宅勤務 」は 憧れの […]

Reports-icon

Make an Earthenware – ヤコ オーブン陶土で土器を制作

オーブンで焼成が可能な ヤコのオーブン陶土を使ってオリジナルのウォーターディッシュを作成 以前からオカヤドカリ用に 海水と真水を同時に入れることができる 半分に区切った水入れを探しているのだが、なかなか市販で手頃なものが […]

Reports-icon

Essential Phone – ハイエンドモデル Essential Phoneの沿革

流星のごとく現れて 消えていった ハイエンド Androidスマホ Essential Phone のまとめ Essential Phone は Android の生みの親 とされる Andy Rubin 氏が 2017 […]

Reports-icon

Synology Diskstation DS218J – 多機能NASの活用法

メディアサーバやクラウドストレージ一元管理の設定方法 Synology Diskstation は 分かりやすい Synology 独自の OS 「 Synology DiskStation Manager (DSM)  […]