Adobe Premiere Rush のインストールと使い方

Premiere-Rush-icon

基本編集 と フィルタ・トランジション などが無料で利用できる Adobe の動画編集アプリ

Adobe Premiere Rush は 米国のソフトウェアベンダー  Adobe Incが展開している タイムライン編集が可能な 無料の動画編集アプリで、動画・音声の基本編集 と フィルタ やトランジションなどのテンプレートが利用できる。

Adobe Premiere Rush は Adobe Creative CloudAdobe Premiere Pro・プレミアム版  Adobe Express に含まれているモジュールで、単体でのアップグレードはない。
アップグレードすると モバイル版  Premiere Rush とのプロジェクト同期 や すべてのテンプレート が利用可能になる。

システム要件

バージョン 2. 6 現在

OS : Windows 10 64-bit ( 1903 以降 )/ 11
CPU : Intel Core i5 以上
RAM : 8 GB 以上
ストレージ : 8 GB 以上の空き容量

アプリの入手先

Adobe Premiere Rush 公式サイト

Adobe Premiere Rush のインストール

Premiere Rush のインストーラーにアドウェア や スパイウェアは含まれていないが、 Adobe Creative Cloudが同時インストールされる。

VPN 環境で エラーコード 206 が表示される場合は VPN を切断してから再試行する。

Premiere-Rush-002

公式サイト の「 無料で始める 」をクリックしてインストーラーをダウンロード。

Premiere-Rush-003

インストーラーを起動したら アカウント認証 の画面になるので「 続行 」。

Premiere-Rush-004

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Premiere-Rush-005

Adobe ID を取得している場合は 電子メールアドレス に入力して「 続行 」。

Adobe ID 未取得の場合は Google・Facebook・Apple の既存アカウントを使用するか、アカウントを作成 のリンクから Adobe ID を取得する。

Adobe ID は メールアドレス・パスワード・氏名・生年月日 を登録した後、表示されるパズルの問に回答すると発行される。

Premiere-Rush-006

セカンダリメールアドレス を登録した場合は「 続行 」、登録しない場合は「 後で 」を選択。

Premiere-Rush-008

インストールされている Adobe 製品が正規品であるか確認するプログラム Adobe Genuine Service をインストールしない場合は チェックを外して「 インストール 」。

Premiere-Rush-009

Adobe Creative Cloud のインストールが完了すると 自動的に起動して ダイアログが表示されるので「 完了 」。

Premiere-Rush-010

Adobe Creative Cloud のモジュール として Premiere Rush が追加されるので「 次へ 」。

Premiere-Rush-011

ナビゲーション画面が表示されるので「 完了 」。

Premiere-Rush-012

Premiere Rush のインストールが完了すると フルスクリーンで Premiere Rush が起動して ウエルカム画面が表示されるので「 始めましょう 」をクリック。

Premiere-Rush-013

Premiere Rush が開く。

Premiere-Rush-014

Premiere Rush インストール後は デスクトップに Adobe Creative Cloud のショートカットが作成されるが、Premiere Rush はスタンドアロンで動作するため アプリ一覧 から直接 起動できる。

Adobe Premiere Rush の使い方

Adobe Premiere Rush は SNS などに投稿する 20分以下の動画作成向けのアプリだが、出力に時間を要するが 20分以上の動画も作成できる。

入力をサポートしている動画
H.264/AVC, H.265/ HEVC, M4V, MP4, M2TS, MOV, WebP など

Premiere-Rush-015

Premiere Rush を起動し「 新規プロジェクトを作成 」をクリック。

Premiere-Rush-016

設定 から 作成する動画の アスペクト比 を指定し、プロジェクト名を入力。

Premiere-Rush-020

左サイドバーから 素材 が保存されている 場所を開いて、使用する 動画ファイルをクリックして選択して「 作成 」。

ファイルは 動画・音声・画像の取り込みができるが、複数選択した場合は すべてのアイテムが タイムライン上に並ぶため 編集の際に追加する。 
作成したプロジェクトは自動保存され ホーム画面に 表示される。

Premiere-Rush-022

タイムライン上に 選択したファイルが配置される。

Premiere-Rush-023

オリジナルの素材を追加する場合は 左ツールバーの「 + 」から メディア を選択。

Premiere-Rush-024

上部のリスト から 素材の場所を選択して、素材を指定後「 追加 」。

リストから メディアブラウザー を選択すると プロジェクト作成時の ツリー階層が表示される。

Premiere-Rush-025

追加した動画・画像ファイル ( クリップ ) は 同じタイムライン上に配置されるので、レイヤーを分ける場合は 上にドラッグ。

Premiere-Rush-026

音声ファイルは 動画の下に配置される。

Premiere-Rush-028

追加したクリップを削除する場合は クリップを選択してコンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から 1 つのクリップを削除 を選択。

Premiere-Rush-01

タイムライン上のクリップは ドラッグで 入れ替えが可能。

テンプレート と ナレーション

Adobe Premiere Rush には 無料で利用できる サウンドトラック や サウンドエフェクト、モーショングラフィックス が用意されており、ナレーションを録音することもできる。

Premiere-Rush-047

サウンドトラック や サウンドエフェクト は オーディオ、モーショングラフィックス は 画像、ナレーションの録音は 吹替 を選択。

オーディオ画像 は 表示されるアイテムから選択して「 追加 」。

★マークのアイテム利用は アップグレードが必要。

Premiere-Rush-048

吹替 はトラックに 録音ボタン が表示されるので、クリックして マイクで録音。

クリップの編集

動画の クリップ は クロップカット音声分離再生速度変更・変形 ができる。

Premiere-Rush-029

クロップ は 動画の 開始位置 と 終了位置 を調整するもので、開始位置は クリップの左端、終了位置は 右端 をドラッグして 範囲を選択。

クロップは 選択範囲を設定しているだけなので 選択範囲を拡大すると 元の状態に戻せる。

Premiere-Rush-030

カット は指定位置で 動画・音声のクリップを分割するもので、動画 や 音声 のクリップを選択後 ルーラー ( 再生位置マーク ) を 分割する位置を合わせて 左ツールバー  から クリップを分割 を選択。

Premiere-Rush-031

動画に含まれている 音声の削除 や 動画 とは別に クロップ や カットする場合は、動画のクリップを選択後 コンテキストメニューから オーディオを分離 で 音声トラックを分離する。

Premiere-Rush-032

動画・音声の 再生速度を変更する場合は クリップを選択後 右ツールバー から 速度 を選択し、範囲 で 速度を変更する範囲、範囲の速度 で 再生速度 を設定する。

Premiere-Rush-033

範囲 と 速度 を設定すると タイムライン上のクリップに 設定範囲 と 速度 が表示される。

音声を分離せず オーディオのピッチを維持 を有効にして 再生速度を減速 ( スロー再生 ) すると クリップの後半に無音部分が発生し、倍速再生すると クリップの音声が途中で切れる。

Premiere-Rush-034

変形 では 動画・画像のクリップを縮小・回転のほか 透明度の変更・クロップ などができ、 右ツールバー から 変形 を選択して設定する。

Premiere-Rush-035

変形 は ワイプ など ピクチャー・イン・ピクチャー 作成時に使用でき、プレビューで 直接 クリップを変形・移動できる。

トランジション・フィルタ

トランジション は クリップ間 を スムーズ に遷移させるための 視覚効果 で、フィルタ は クリップに フィルム や 映画 などの 特殊な カラー効果を追加する。

Premiere-Rush-036

トランジションを適用する 動画・画像のクリップを選択して 右ツールバー の エフェクト から 使用する トランジション を指定。

デュレーション は トランジションを表示する時間。

Premiere-Rush-037

トランジション は クリップの 前後 に挿入される。

Premiere-Rush-038

トランジション を選択して クリップ前後 で 適用するスタイルを変えることもできる。

編集時は デュレーション を長くすると選択しやすい。

Premiere-Rush-039

カラーフィルタ は 動画・画像のクリップを選択して 右ツールバー の カラー から 使用するフィルタ と フィルタの強さを 設定。

プリセット から フィルタ を選択後 編集 に切り替えて調整することも可能。
パンとズーム

パンとズーム は 画像クリップ に適用するフィルタで、開始位置 と 終了位置 を指定して 視点が移動する アニメーションを作成する

パン ( Pan ) は 水平方向に視点が移動する技法。

Premiere-Rush-040

静止画のクリップを選択して 右ツールバー の エフェクトパンとズーム を有効にする。

Premiere-Rush-041

プレビュー に 開始 と 終了 のバウンディングボックス が表示されるので、開始時の表示範囲を設定してから ツールバーの「 最後に移動 」をクリックして 終了時の表示範囲を指定。

Premiere-Rush-02

開始位置 から 終了位置 に向かって パン と ズーム が適用される。

タイトル/ テロップ

タイトル や テロップ などの テキストは テンプレート を追加して編集する。

Premiere-Rush-043

右ツールバーの グラフィック から「 グラフィックの追加 」をクリック。

Premiere-Rush-044

リスト から タイトル を選択して 使用するスタイルを「 追加 」。

シンプルなスタイルは Basic で検索、字幕 や 吹き出しは テロップ で検索する。

Premiere-Rush-045

フォント や 文字色、フォントサイズなどの書式を設定。

Premiere-Rush-046

テキストは プレビューで直接編集できる。

出力

動画の編集が完了したら ファイルを出力する。

出力形式 は ビデオコーデックが H.264/ AVC、オーディオコーデックに AAC LC を使用した MP4 で、ファイル形式は変更できない。

Premiere-Rush-049

メニューから 共有 を選択して 保存先 を指定。

 デフォルト設定は ローカル が有効になっており、YouTube や Facebook に直接アップロードする場合は 有効にして Premiere Rush のアクセスを許可する。

Premiere-Rush-050

詳細設定 で 解像度 や フレームレート、品質 を設定できるが、ビデオビットレート や ビットレートモードなどの指定は不可。

ビデオビットレートモードは 可変 ( VFR )、フレームレートモードは 固定 ( CFR ) 。

Premiere-Rush-051

設定ができたら「 書き出し 」で出力。

関連記事

Adobe-Express-Android-icon

Adobe Express for Android の使い方

ロイヤリティフリーで商用利用も可能なポスター や フライヤー などを制作できる 画像編集アプリ Adobe Express グラフィックデザインアプリ は 米国のソフトウェアベンダー  Adobe Inc が開発している […]

Adobe-Express-Android-icon

ウェブ版 Adobe Express の使い方

ロイヤリティフリーで商用利用も可能なポスター や フライヤー などを制作できる オンライン画像編集サービス Adobe Express は 米国のソフトウェアベンダー  Adobe Inc が展開している 無料のオンライ […]

Premiere-Rush-icon

Adobe Premiere Rush のインストールと使い方

基本編集 と フィルタ・トランジション などが無料で利用できる Adobe の動画編集アプリ Adobe Premiere Rush は 米国のソフトウェアベンダー  Adobe Inc が展開している タイムライン編集 […]