FileZilla Client のインストールと使い方

FileZilla-icon

ウェブサーバにアクセスしてファイルの送受信を行う オープンソースの無料 FTPクライアントソフト

FileZilla Client は ドイツの Tim Kosse 氏のチームが開発している オープンソース の FTP / SFTP クライアントソフトで、シンプルで使いやすく FTPクライアントソフト として 推奨しているレンタルサーバも多く、FTP / SFTP サーバーへの アップロード・ダウンロード機能のみ 無償で利用できる。

システム要件

バージョン 3. 58. 0 現在 ( 安定版 )

OS:Windows 8.1 / 10

ソフトの入手先

FileZilla Client 公式サイト ダウンロードページ

FileZilla Client のインストール

無償版の FileZilla Client は インストーラーに アドウェアが含まれているバージョンがあり、セキュリティソフトがインストールされている環境では セットアップ実行時に 検出された PUA ( 望ましくないない可能性のあるアプリケーション ) が削除される。

無償版のインストーラーにはファイル名に sponsored と入っているが、現バージョン ( 3. 58. 0 ) には アドウェアは含まれていない。

filezilla-client-001

FileZilla Client のダウンロードページにある「 Download FileZilla Client 」をクリック。

filezilla-client-002

Windows ( 64bit x86 ) の「 Download FileZilla Client 」をクリック。

32bit 環境の場合は More download options にある 32bit Windows アイコン クリックすると、ダウンロードボタンが 32bit 版に変更する。

filezilla-client-003

無償版 と 有償版の 比較画面になるので「 Download 」をクリックして インストーラーをダウンロード。

FileZilla-002

ダウンロードしたインストーラーを起動して、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

FileZilla-003

使用許諾書を 確認して 問題がなければ「 I Agree 」 。

FileZilla-004

全てのユーザーが FileZilla Client を使用できるようにするか、現在ログインしている自分のみが使用するのか選択して「 Next 」。

デフォルトでは全てのユーザーで利用できるようになっている。

FileZilla-005

インストールするコンポーネントは デフォルト設定のまま「 Next 」。

デスクトップにショートカットを作成する場合は Desktop Icon にチェックを入れる。

FileZilla-006

インストール先に こだわりがなければ デフォルト設定で「 Next 」。

FileZilla-007

スタートメニューへの追加も デフォルト設定で「 Next 」。

FileZilla にアドウェアを含んでいるバージョンで、セキュリティソフトがインストールされていない環境では サードパーティ製アプリの広告 が表示され、デフォルトでインストールが有効になっているので オプトアウトする。

FileZilla-008

「 Finish 」でセットアップ完了。

マスターパスワードの設定

FileZilla は サーバのログイン情報を %AppData%\FileZillasitemanager.xml に保存しており、パスワードは Base64 でエンコードされた状態になっているため、マスターパスワード の設定による暗号化を推奨

FileZilla-013

sitemanager.xml を開くと Pass の項目に Base64 でエンコードされた パスワードが表示され、変換ツールを使用すれば 簡単に デコードできる。

トロイの木馬 や スパイウェア などに感染し sitemanager.xml が流出すると、マスターパスワードを設定していない場合 サーバのログイン情報が簡単に漏洩する。

FileZilla-014

マスターパスワード を設定する場合は メニューバーの 編集 から 設定 を選択。

FileZilla-015

左サイドバーのツリーメニューから パスワード を選択し、右ペインで マスターパスワードで保護されたパスワードを保存する を有効にして 8文字以上で マスターパスワードを設定して「 OK 」。

FileZilla-018

マスターパスワードを設定すると パスワードが 暗号化されて保存される。

FileZilla-016

サーバ接続時には 暗号化したパスワードをデコードする必要があるため、マスターパスワードの入力が必要になり、マスターパスワードを失念するとサーバにログインできない。

FileZilla Client の使い方

サーバのログイン情報を登録して接続すると、ローカル と サーバ が表示され ローカル と サーバ間 の ファイル 送受信 が可能になる。

サーバの登録

サイトマネージャー に サーバのログイン情報を登録する。

FileZilla-009

接続するサーバのは メニューバーの ファイル から サイトマネージャー を選択。

FileZilla-010

サイトマネージャーが開いたら「 新しいサイト 」をクリック。

FileZilla-011

エントリ・ホスト・ログオン情報 を入力して「 接続 」。

エントリ
追加した「 新規サイト 」を分かりやすい名称に変更。
ホストの情報

サーバ側で提供されている FTP の ホスト ( FTP サーバ アドレス ) を入力。
ログオン情報

「 ログオンの種類 」で「通常」を選択し、サーバ側で提供されている「 FTP ユーザー名 」と「 パスワード 」を入力。

FileZilla-017-1

マスターパスワードを設定していると、新規サーバの登録時にエラーダイアログが表示されることがあるが 特に問題はない。

FileZilla-019

ログイン情報が正しければ 右ペインにサーバが開き、左ペインが ローカル ディレクトリで、上ペインに ログ、 下ペインは キューファイル・転送に失敗したファイル・転送に成功したファイル が表示され、ローカル と サーバ 間は ドラッグで アップロード / ダウンロードできる。

無料サーバ の FTP設定

無料で利用できる サーバの FTP 設定。

XFREE

XFREE では セキュアな通信が確立できないため、FileZilla ではなく FFFTP の利用を推奨。

XFREE 公式サイト

FileZilla-020

WordPress の場合は XFREE にログイン後  管理パネル を開き、インストールした WordPress の 設定 をクリック。

FileZilla-021

デフォルトで FTP は 無効になっているので FTP アカウント設定 から FTP のステータスを有効にして、 FTPアカウント名FTPホスト名パスワードを確認。

パスワード は ステータス有効時に 自動生成される。

FileZilla-023

通常 FTP でサーバとデータを送受信する場合は 暗号化された FTP over TLS を使用するのだが、現在 の XFree サーバ は FTP over TLS を使用すると GnuTLS エラー -8: A packet with illegal or unsupported version was received. ( 不正またはサポートされていないパケットを受信 ) で 接続できないため、暗号化 の項目を 平文の FTP のみを使用する に変更が必要。

非暗号化 の FTP を使用しても VPN接続 環境では サーバに接続できない。

FileZilla-027

平文で接続すると ダイアログが表示されるので、接続を確立する場合は「 OK 」。

忍者ホームページ

サムライファクトリー が提供している無料レンタルサーバー 忍者ホームページ は FileZilla でセキュアな通信が可能。

忍者ホームページ

FileZilla Client 017

サーバの設定情報は 忍者ホームページ の管理画面で確認できる。

FileZilla-024

プロトコル・暗号化 はデフォルト設定で、ホストユーザー・パスワード を入力。

FileZilla-025

転送モードデフォルト でも接続できるが、公式サイトでは パッシブ への変更が推奨されている。

FileZilla-026

サーバに接続すると 不明な証明書 のダイアログが表示されるので、 今後もこの証明書を常に信頼する にチェックを入れて「 OK 」で閉じる。

FC2ホームページ

FC2ホームページ は アダルトサイトの開設が可能な 無料のレンタルサーバだが、FTP は 暗号化をサポートしていない。

FC2 ホームページ

FileZilla Client 022

FC2 ホームページ 管理画面 の 左サイドバーから FTP 設定 を開き、FTP 接続ロック の項目で FTP 接続ロックしない に変更後「 設定変更する 」をクリックし、 FTPパスワード の表示ボタンを オンにしてパスワードを確認。

関連記事

Ad-Inserter-Pro-icon

Ad Inserter の設定と使い方

柔軟な表示設定ができるWordPress 用の広告管理プラグイン Ad Inserter は WordPress 用の広告管理プラグインで、無料版でも 広告を表示するデバイス の指定 や 見出し・コンテンツ・コメントなど […]

AICP-icon

Ad Invalid Click Protector の使い方

広告の不正クリック防止プラグイン Ad Invalid Click Protector ( AICP ) は 広告の異常クリックを無効化する オープンソースの WordPress のプラグインで、アドセンス狩り 対策とし […]

Wordpress-icon

ビギナーが始めるワードプレス

ウェブ制作 初心者でも できる WordPress WordPress は世界的に人気がある オープンソースのブログプラットフォームで、WordPress のシステム要件を満たしたサーバであれば インストールして使用でき […]

Wordpress-icon

WordPress の 子テーマ作成とカスタマイズ

子テーマを作してして WordPress のオリジナルテーマをカスタマイズ WordPress のオリジナルテーマ では テーマのカラー や フォント などは CSS の編集が必要で、カスタマイズの内容によっては PHP […]