スポンサーリンク

LibreOffice のインストールと使い方

LibreOffice

Microsoft Office の代替 オープンソースの無料オフィスアプリ

LibreOffice は マイクロソフト など特定の企業に依存しない 国際標準化機構 ( ISO ) 認定の オープンフォーマット ( ファイル形式 ) を使用した オフラインで利用できる 完成度の高い 無料の オフィスオフィススイートで、MS Offie と互換性があり ワープロ / 表計算 / プレゼンテーション / データベース / 図形 / 数式 のコンポーネントを実装している。

OpenOffice.org ( OOo ) は サン・マイクロシステムズ のサポートを受けて開発されていたが、サン・マイクロシステムズ が オラクル に買収されて開発環境が一転したため多くの開発者が OOo のコミュニティを離脱し、より自由な開発環境を求めて LibreOffice の開発を行う The Documents Foundation ( TDF )を設立。
オラクルは開発者が抜けた OpenOfficeプロジェクトを非営利団体である Apache ソフトウェア財団に寄贈し、OpenOffice は Apache OpenOffice として開発が進められることになり、 IBM の Lotus Symfony のコードを寄贈されたりして 息を吹き返すかと思われたが 人材不足などで開発は遅れ気味。

システム要件

バージョン 7. 1. 3 現在

OS : Windows  7 / 8 / 10
CPU : Intel Pentium 互換 ( PentiumⅢ / Athlon 以降の CPU 推奨 )
RAM : 256 MB ( 512MB以上推奨 )
ストレージ : 1.5 GB 以上の空き容量
モニタ解像度 : 1024 x 768 以上

※ Baseを使用する場合はJavaが必要

ソフトの入手先

LibreOffice  公式サイト ダウンロードページ



LibreOffice のインストール

LibreOffice の インストールは セットアップウィザード形式で アドウェア や スパイウェアは含まれていない。

バージョン 5.x.x 以前の LibreOffice がインストールされている場合 旧バージョンのアンインストールが必要。

LibreOffice The Documents Foundation-001

ダウンロードページでは 最新バージョンと より安定している前バージョン があり、使用している OS を選択してから 任意のバージョンを「ダウンロード」をクリック。

仕事で使用する場合など 安定性が求められる環境では 旧バージョンを利用を推奨。

LibreOffice The Documents Foundation-002

ダウンロードしたインストーラー起動したら  日本語のセットアップウィザードが開始するので「次へ」。

LibreOffice The Documents Foundation-003

LibreOffice のセットアップは「 標準 」で問題ないので デフォルト設定で「 次へ 」。

インストール先の指定 や インストールするコンポーネントを選択する場合は「 カスタム 」を選択。

LibreOffice The Documents Foundation-004

インストールの準備が完了したので「インストール」をクリック。

LibreOffice The Documents Foundation-005

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

LibreOffice The Documents Foundation-006

「 完了 」でセットアップ完了。

オフラインヘルプのインストール

オフラインで使用できる日本語ヘルプは 別途インストールが必要。

ヘルプの日本語化は完全ではなく 一部 英語の箇所もあるが 役立つ情報が多いので インストールを推奨。

libreoffice-008

ダウンロードしたバージョンの LibreOffice にある「 オフラインで使えるヘルプ 」をクリックしてインストーラーをダウンロード。

libreoffice-009

セットアップウィザードが開始するので「 次へ 」。

libreoffice-010

デフォルト設定で進めて「 インストール 」。

libreoffice-011

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

libreoffice-012

日本語ヘルプのインストールが完了。

設定

LibreOffice をデフォルト設定でインストールすると MS Office が未インストールの環境では 自動的に MS Office ファイル は LibreOffice に関連付けされる。

libreoffice-013

起動時に表示される「 今日のヒント 」を非表示するなどの設定は スタートリンクにある「 ツール 」の「 オプション 」で行う。

libreoffice-014

「 今日のヒント 」を非表示する場合は 左サイドバーの「 全般 」で設定。

「 LibreOffice クイック起動 」は パソコンの起動時に LibreOffice の常駐プログラム を読み込む設定で、有効にするとタスクトレイに LibreOffice のアイコンをクリックするだけで 即座に LibreOffice が起動するが 未使用時でも バックグラウンドで 25 MB ほどのメモリリソースを消費する。

LibreOffice の使い方

LibreOffice は スタートリンクから 各コンポーネントを起動でき、ユーザーインターフェイス ( GUI ) は MS Office の GUI が「 リボン 」になる 前の オールドスタイルに似ており 同じような操作感で使用できる。

libreoffice-the-documents-foundation-012

スタートリンク の 左サイドバーにある「 新規作成 」からコンポーネントを起動。

LibreOffice のコンポーネント
  • ワープロ : Writer ( MS Word 互換 )
    libreoffice-016
  • 表計算 : Calc ( MS Excel 互換 )
    libreoffice-018
  • プレゼンテーション : Impress ( MS Excel 互換 )
    libreoffice-020
  • データベース : Base
  • 図形 : Draw
  • 数式 : Math
 LibreOffice の データベースアプリ「 Base 」では MS Access のファイルを直接 開くことはできないが、適切なデータプロバイダがインストールされている環境では Base から Access のファイルへ接続することが可能。
ファイル形式

LibreOffice は ISO 認定の オープンフォーマット ODF ( OpenDocument Format ) が採用されており、デフォルトでは OpenDocument 形式 で保存される。

・Writer : .odt ( OpenDocument Text )
・Calc : .ods ( OpenDocument Spreadsheet )
・Impress : .odp ( OpenDocument Presentation )
・Base : .odb ( OpenDocument Base )
・Draw : .odg ( OpenDocument Graphics )
・Math : .odf ( OpenDocument Formula )
ファイルの保存

LibreOffice で作成した ファイルを MS Office のファイル形式で保存する場合は 保存時に ファイル形式を変更する。

libreoffice-015

「 ファイルの種類 」もリストから MS Office の「 2007-365 」を選択すると「 Writer 」は .docx ,  「 Calc 」は .xlsx , 「 Impress 」は .pptx で保存される。

ファイルの互換性

LibreOffice と MS Office の互換性は バージョンアップを重ねる度に 向上しており、特殊な書式設定をしていなければ  まったく違和感のないレベルで 読み込み / 保存 ができる。

VBA , マクロは 一部でエラーが発生するため Libre Basic に置き換えが必要。

JA福岡市

Microsoft Office は Office 365 で 敷居が低くなったが、以前は バージョンアップする度に更新費用が必要で  旧バージョンのサポートを打ち切るため コストが高く、2010年 頃 に 地方自治体 や 企業などで LibreOffice や Apache OpenOffice の 導入がブームになった。

2010年 当時の LibreOffice は MS Office との互換性も 現バージョンほど 高くなく、Word や Excel で作成したファイルの体裁 が崩れるため、PC に不慣れな管理職が「 使いにくい 」という拒否反応を示して LibreOffice の導入を断念する企業が多い中、 MS Office から LibreOffice へ 移行した数少ない成功例が「 JA 福岡市 」。

JA福岡市 LibreOfficeのページ

MS Office と比較した分かりやすいマニュアルも公開中。

 





関連記事

LibreOffice

LibreOffice のインストールと使い方

Microsoft Office の代替 オープンソースの無料オフィスアプリ LibreOffice は マイクロソフト など特定の企業に依存しない 国際標準化機構 ( ISO ) 認定の オープンフォーマット ( ファ […]

Google_Document_icon

Googleドキュメントの設定と使い方

MS Office と高い互換性を持つ 無料の クラウド型 ワープロアプリ Googleドキュメント は Google が提供している 無料のクラウド型 ワープロソフトで、MS Word や LibreOffice / […]





タイトルとURLをコピーしました