スポンサーリンク

Microsoft RichCopy のインストールと使い方

Microsoft の バックアップ用 無料 ファイル同期アプリ

Microsoft RichCopy はマイクロソフトの田丸氏が 2001 年に制作した Windows が標準実装している  Robocopy の グラフィック・ユーザー・インターフェイス ( GUI ) で、詳細な同期設定が可能で 同期設定されたフォルダはマルチスレッドで処理される。

Microsoft RichCopy はマイクロソフト製だが マイクロソフトのサポートは受けられない。

システム要件

ラストバージョン 4. 0. 217

システム要件の記載はなし

Windows 10 / 11 でも動作可能。

ソフトの入手先

SOFTPEDIA Microsoft RichCopy 4.0 ダウンロードページ

Microsoft RichCopy 公式ページ

RichCopy は Microsoft から削除されているため SOFTPEDIA から入手する。



Microsoft RichCopy のインストール

RichCopy のインストーラーには アドウェア や スパイウェア は含まれていない。

Microsoft-RichCopy-001

SOFTPEDIA の Microsoft RichCopy のページにある「 DOWNLOAD NOW 」をクリック。

Microsoft-RichCopy-002

ダウンロードサーバを選択すると インストーラーをダウンロードする。

Microsoft-RichCopy-003

インストーラーを起動すると 使用許諾書 が表示されるので 確認して問題なければ「 Yes 」。

Microsoft-RichCopy-004

フォルダの解凍先を指定。

デフォルトでは Cドライブ直下に HoffmanUtilitySpotlight フォルダが作成される。

Microsoft-RichCopy-005

「 OK 」をクリックしてダイアログを閉じる。

Microsoft-RichCopy-006

デフォルト設定の場合 C ドライブ内にある HoffmanUtilitySpotlight フォルダ を開く。

Microsoft-RichCopy-007

「 setup 」を起動。

Microsoft-RichCopy-008

Microsoft RichCopy のセットアップウィザードが起動するので「 NEXT 」。

Microsoft-RichCopy-009

セットアップウィザードが開始したら「 Next 」。

Microsoft-RichCopy-010

使用許諾書 が表示されるので 確認して問題なければ「 I Agree 」を選択して「 Next 」。

Microsoft-RichCopy-011

インストール先に こだわりがなければ デフォルト設定で「 Next 」。

Microsoft-RichCopy-012

インストールの準備ができたので「 Next 」をクリックして インストール。

Microsoft-RichCopy-013

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

デジタル署名がされていない インストーラーには リスクがあるため インストールの際は セキュリティ対策を推奨。 

Microsoft-RichCopy-014

「 Close 」をクリックしてインストール完了。

デスクトップにショートカット作成されないので「 スタート 」から RichCopy を起動する。

Microsoft RichCopy の使い方

基本的な操作は「 コピー元 」と「 コピー先 」を設定して「 コピーの開始 」で実行する。

設定した条件はファイルとして保存可能で、異なった条件設定をした場合も ファイルを呼び出してワンクリックで同期することができる。

Microsoft-RichCopy-015

「 コピー元 (1)」「 コピー先 (2)」をクリックして 同期するフォルダを指定。

Microsoft-RichCopy-017

同期するフォルダを指定したら「 オプション 」をクリック。

Microsoft-RichCopy-018

必要であれば「 オペレーション 」で任意の項目を有効にする。

コピー元に無いファイルを削除
コピー元 と コピー先を同期する場合に使用するが フォルダは削除されない。
移動
コピー先にファイルをコピーした後 コピー元のファイルを削除。
複数のコピー元を同一フォルダにコピー
本来は ソースに複数のフォルダがある場合 指定したフォルダにファイルのみがコピーされる機能だが 有効にしても ディレクトリ構造は維持される。
ベリファイ
コピー完了にコピーされたファイルとソースファイルを比較して検証する。

Microsoft-RichCopy-019

同期のタイミングを変更する場合「 モード 」で設定する。

更新されたファイルを逐次コピー
未実装のため使用不可。
コピー前検索
コピー元 のディレクトリ や ファイル属性・サイズなどを確認後にコピーを実行する。
ターゲットを待つ
コピー先に コピー元と同じフォルダがない場合 フォルダが作成されるまでコピーされない。
タイマー
指定した日時にコピーを実行する。
タイマーは 日時指定のため 定期的な自動実行はできない。

Microsoft-RichCopy-020

コピー元・コピー先を含めた コピー条件を デフォルト設定にする場合は「 デフォルト 」をクリック。

Microsoft-RichCopy-021

異なる設定を追加する場合は「 新規 」から登録。

Microsoft-RichCopy-022

設定したコピー条件は コピーオプションとして選択が可能になる。

追加したオプションの名前は変更不可。
設定したコピー条件をデフォルトではなく 別に保存したい場合は メニューの「 ファイル 」から「 名前を付けて保存 」を選択でファイルとして保存でき、ファイルを開くと 保存したコピーオプションを呼び出せる。

Microsoft-RichCopy-024

メニューの「 表示 」から「 アドバンス 」を選択すると より詳細なコピー設定が可能。

Microsoft-RichCopy-023

設定が終了したら「 コピーの開始 」ボタンをクリックして コピーを実行。

次回のコピーから設定は不要。

Microsoft-RichCopy-025

コピーはデフォルトで 3 つのスレッドが同時に実行され、処理中は中央ペインに進捗状況、下ペインにログが表示される。

ネットワーク上のフォルダ同期

ローカルネットワーク上の デバイス間での コピーは RichCopy に UNC ( Universal Naming Convention ) を入力して 接続できるが、アクセスにログインが必要な場合は 事前に Windows の資格情報への登録が必要。

ネットワークドライブとしてマウントされている場合は ローカルPC と同じ手順でフォルダを指定できる。

Microsoft-RichCopy-026

ファイルエクスプローラに UNC を入力して エンター。

Microsoft-RichCopy-029

ログイン情報を入力し「 資格情報を記憶する 」にチェックを入れて「 OK 」。

Microsoft-RichCopy-030

「 コピー元 」「 コピー先 」をクリックして「 接続 」をクリック。

Microsoft-RichCopy-031

UNC を入力して「 OK 」で追加できる。

Robocopy の利用

RichCopy でコピー処理を行っているのは Windows に実装されている Robocopy で、Robocopy と Windows のタスクスケジューラ を利用すれば RichCopy がサポートしていない 自動バックアップ を実行できる。

Microsoft-RichCopy-032

「 スタート 」のコンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から「 コンピュータの管理 」を開いて「 タスクスケジューラ 」を選択。

Microsoft-RichCopy-033

右ペインの「 操作 」から「 基本タスクの作成 」を選択。

Microsoft-RichCopy-034

タスクの作成ウィザードが開くので 作成するタスクの名前を設定して、任意で タスクの内容などを「 説明 」に入力後「 次へ 」。

Microsoft-RichCopy-035

タスクを実行するタイミングを指定して「 次へ 」。

毎日・毎週・毎月 を選択した場合は 日時 や 繰り返す間隔を設定。

Robocopy-037

「 プログラムの開始 」を選択して「 次へ 」。

Robocopy-038

「 プログラム / スクリプト 」に Robocopy と入力して「 引数の追加 」に コピー元 / コピー先 のパス と 使用する Robocopy の コマンドを入力。

引数の追加オプション
コピー元のパス  コピー先のパス/ Robocopyのコマンド
Robocopyのコマンド一覧
E ドライブにある TEST フォルダ を F ドライブの TEST フォルダ と同期 ( ミラー ) する場合の引数
E:\TEST F:\TEST /mir
パスにダブルクオーテーションは不要。

Robocopy-039

「 完了をクリックしたときに このタスクの [ プロパティ ] ダイアログを開く 」を有効にして「 完了 」。

Robocopy-040

プロパティが開くので 設定内容を確認。

Robocopy-041

左サイドバーの「 タスクスケジュールライブラリ 」から 中央ペインで 作成したタスクを選択して「 実行 」で 作成したタスクをテストする。

タスクを実行して 設定通りにフォルダがコピーされたら プログラム と 引数 は 正しいので、設定したスケジュールでタスクが実行されない場合は「 プロパティ 」の「 トリガー 」タブで 実行するタイミングの見直しを行う。
Robocopy の タスクスケジュール が動作しない場合は DSynchronize の導入を推奨。

関連記事

DSynchronize-icon

Dimio Software DSynchronize のインストールと使い方

Windows サービスに登録して自動実行が可能な 無料のファイル同期アプリ DSynchronize は イタリアの Dimitrios Coutsoumbas 氏 が開発している 無料のファイル同期アプリで、ローカル […]

richcopy-icon

Microsoft RichCopy のインストールと使い方

Microsoft の バックアップ用 無料 ファイル同期アプリ Microsoft RichCopy はマイクロソフトの田丸氏が 2001 年に制作した Windows が標準実装している  Robocopy の グラ […]

syncthing-icon

Syncthing – SyncTrayzor のインストールと使い方

サーバを経由しないオープンソースのファイル同期アプリ SyncTrayzor は オープンソースのファイル同期 プログラム「 Syncthing  」の Windows用 GUI で、複雑なネットワーク設定が必要なく「 […]

resili-icon

Resilio Sync のインストールと使い方

BitTorrent を使用した P2P タイプのファイル同期ツール Resilio Sync は BitTorrent Incが「 BitTorrent Sync 」として提供されていた BitTorrent プロトコ […]

allwaysync-icon

Allway Sync – ファイル同期アプリのインストールと使い方

ローカルフォルダだけでなく オンラインストレージ や NAS などもサポートした 無償のファイル同期アプリ  Allway Sync は 米国のソフトウェアベンダー Botkind が開発している ファイル / フォルダ […]





タイトルとURLをコピーしました