Microsoft RichCopy のインストールと使い方

スポンサーリンク
richcopy-icon

無料のバックアップ用ファイル同期アプリ

Microsoft RichCopy はマイクロソフト純正のフォルダ同期( バックアップ )ソフト。
マイクロソフトの田丸氏が 2001 年に制作したユーティリティソフトで 2009 年まで更新されており 最後のバージョンは 4.0.217.0。

リモートのファイルサーバ同士のフォルダ同期が本来のコンセプトなのだが、ローカルフォルダの同期にも使用でき、コピー元とコピー先のデータを比較して同期することが可能なため、無駄な上書きが発生せず、効率的に更新されたファイルだけが同期される。

初めに設定しておけば、後はワンクリックでフォルダの同期が開始する、至れり尽くせりのバックアップ支援ユーティリティソフトなので 使い方はいろいろだが、フォルダを自動で同期させる場合は Allway Sync が便利。

allwaysync-icon

Allway Sync – ファイル同期アプリのインストールと使い方

ローカルフォルダだけでなく オンラインストレージ や NAS などもサポートした 無償のファイル同期アプリ  Allway Sync は 米国のソフトウェアベンダー Botkind が開発している ファイル / フォルダ […]

システム要件

OS:Windiws XP / Windows7 / Windows10 で動作確認済み

ソフトの入手先

Microsoft RichCopy 公式ダウンロードページlink



Microsoft RichCopy のインストール

Microsoft RichCopy はマイクロソフト製といっても、マイクロソフトのサポートが受けられるわけではなく、ダウンロード URL もマイクロソフトの管理者向け WEB 情報誌 TechNet マガジンに記載されているだけ。

ダウンロードしたインストーラーを起動すると ZIP ファイルの解凍が始まり、RichCopy のインストーラーが入ったフォルダが展開。
セットアップは全て英語だが インストール後は日本語表記になる。

Microsoft RichCopy 001

TechNet マガジンの RichCopy のページにある「コードのダウンロード: HoffmanUtilitySpotlight2009_04.exe (5,896 KB)  」をクリックすると自己解凍ファイルのダウンロードが開始する。

Microsoft RichCopy 003

「 HoffmanUtilitySpotlight2009_04.exe 」という名称の自己解凍ファイルがダウンロードされるので起動。
セキュリティ警告がでたら「 実行 」。

Microsoft RichCopy 004

EULA( 使用許諾書 )が表示されるので問題なければ「 Yes 」。

Microsoft RichCopy 005

Microsoft RichCopy 006

Windows10 では表示されている文字が潰れて判別不能だが、解凍先の指定なので「…」をクリックし、デスクトップなど分かりやすいところを指定したら、左側の「 OK 」ボタンをクリック。

Microsoft RichCopy 007

Microsoft RichCopy 008

解凍が完了すると指定した保存先に「 HoffmanUtilitySpotlight 」というフォルダが作成される。

Microsoft RichCopy 009

「 HoffmanUtilitySpotlight 」フォルダの中にあるインストーラー「 Setup.exe 」を起動。

Microsoft RichCopy 010

Microsoft RichCopy のセットアップウィザードが起動するので「 NEXT 」。

Microsoft RichCopy 011

「 あなたのコンピュータに RichCopy をインストールします~ 」みたいな事が書かれているので「 Next 」。

Microsoft RichCopy 012

EULA が表示されるので問題なければ「 I Agree 」にチェックを入れて「 Next 」。

Microsoft RichCopy 013

インストール先を指定。
デフォルトのままなら C ドライブの Program Files なので 変更する場合は指定して「 NEXT 」。

Microsoft RichCopy 014

インストールの準備ができたので「 Next 」をクリックするとインストールが開始する。

Microsoft RichCopy 015

これでインストール完了。
「 Close 」をクリックしてセットアップウィザードを閉じる。

Microsoft RichCopy の使い方

基本的な操作は「 コピー元 」と「 コピー先 」を設定して「 コピーの開始 」をクリックするだけ。

設定した条件はファイルとして保存可能で、異なった条件設定をした場合も、ファイルを呼び出してワンクリックで同期をとることができる。
また、より詳細な設定が可能なアドバンスモードも用意されている。

richcopy016

RichCopy を起動したら、上部右にあるフォルダアイコンの「 コピー元(1) 」「 コピー先(2) 」をクリックして 同期をとるフォルダを指定する。

richcopy017

「 コピー元 」または「 コピー先 」をクリックすると ツリー階層のウインドウが開くので、同期の対象フォルダにチェックを入れて「 OK 」。

richcopy018

同期するフォルダを指定したら「 オプション 」をクリックすると「 ファイルコピー設定 」の画面になるので、各項目をチェックして必要なら変更する。

設定したコピーの条件をデフォルトとして保存する場合は「 デフォルト 」をクリック。
デフォルトにすると、次回から Richcopy を起動した時点で 設定したコピー条件が読み込まれるようになる。

また、「 新規 」をクリックすると新たにデフォルトが作成されるため、条件の異なる設定をデフォルトとして登録することが可能。

richcopy019

設定したコピー条件は、コピーオプションとして選択が可能になる。

richcopy020

設定が終了したら「▶」の開始ボタンをクリックするだけ。

設定は初めだけなので、次回からは Richcopy を起動して開始ボタンをクリックすると、設定条件に基づきファイルの同期が始まる。

設定したコピー条件をデフォルトではなく、別に保存したい場合は、「 ファイル 」から「 名前を付けて保存 」を選択するか、フロッピーディスクのアイコンをクリックすると、コピーオプションがファイルとして保存される。

保存したコピーオプションを呼び出す場合は「 ファイル 」から「 開く 」を選択するか、左から2つ目のフォルダにチェックの入っているアイコンをクリックし、保存されているファイルを指定すればOK。

richcopy027

処理中は中央ペインに進捗状況、下ペインにログが表示される。

ネットワーク上のフォルダ同期

サーバとクライアント PC の他、複数の PC でネットワークを構築した環境で RichCopy を使用する場合 UNC ( Universal Naming Convention )を入力し RichCopy にネットワーク上の PC と対象フォルダを認識させる必要がある。
また、コピー元の PC からコピー先のフォルダが見え、書き込みが可能であることが前提条件になる。

richcopy021

「 コピー元 」または「 コピー先 」のいずれかがネットワーク上にある場合、「 コピー元 」もしくは「 コピー先 」のいずれかをクリックしてツリー階層の画面を開き 「 接続 」をクリックする。

すでにネットワークドライブとしてマウントされている場合は ローカルPC と同じ手順でフォルダの指定が可能。

richcopy022

「 接続 」をクリックすると左図のように対象フォルダのパス入力を求められるため UNC を入力して「 OK 」をクリックする。

richcopy023

UNC が分からない場合は 通常のウインドウでネットワーク上の対象フォルダを開くと、フォルダのパスが表示される。

richcopy024

一見するとパスの体裁をしていないが、アドレスバーをクリックするとパスで表示されるので、パスを選択した状態でコピー( Ctrl + C )する。

richcopy025

RichCopyに戻り、アドレスバーに表示されたパスをペースト( Ctrl + V )して「 OK 」をクリックすれば RichCopy がネットワーク上のフォルダを認識する。

richcopy026

UNC を入力すると ツリー階層の画面で入力したフォルダが表示される。
ここでは対象フォルダにチェックが入っていないが、すでにパスを入力してあるため、そのまま「 OK 」をクリックする。

「 コピー元 」と「 コピー先 」を指定し、必要に応じて差分コピーなどのオプション設定をしたら、後は開始ボタンをクリックするだけ。





関連記事

backupper-icon

AOMEI Backupper Standard のインストールと使い方

バックアップ の主要機能とスケジュール機能が無料で使用できる AOMEI の バックアップ 支援ソフト AOMEI Backupper Standard は ストレージ管理ソフトを開発している中国のソフトウェアベンダー「 […]

allwaysync-icon

Allway Sync – ファイル同期アプリのインストールと使い方

ローカルフォルダだけでなく オンラインストレージ や NAS などもサポートした 無償のファイル同期アプリ  Allway Sync は 米国のソフトウェアベンダー Botkind が開発している ファイル / フォルダ […]

richcopy-icon

Microsoft RichCopy のインストールと使い方

無料のバックアップ用ファイル同期アプリ Microsoft RichCopy はマイクロソフト純正のフォルダ同期( バックアップ )ソフト。 マイクロソフトの田丸氏が 2001 年に制作したユーティリティソフトで 200 […]

resili-icon

Resilio Sync のインストールと使い方

BitTorrent を使用した P2P タイプのファイル同期ツール Resilio Sync は BitTorrent Incが「 BitTorrent Sync 」として提供されていた BitTorrent プロトコ […]

GDrive-Bakup-icon

Google Drive Backup & Sync のインストールと使い方

自動バックアップ機能を実装した Google ドライブ のデスクトップアプリ Google Drive Backup & Sync ( バックアップと同期 )はインストール時に作成される「 Google ドライブ […]