VeePN for Windows のインストールと使い方

VeePN icon

VeePN の特徴

  • プライバシー保護のためノーログポリシーを採用
  • トンネリングと暗号化により通信を保護し、暗号化された DNSサーバを使用して接続元の IPを匿名化 
  • プライバシーヘイブンに拠点がある
  • トラフィックの監視を回避する Shadowsocksプロトコルをサポート
  • データ処理の透明性を証明するため、独立した第三者機関の監査を受けてレポートを公開
  • オプションでウイルス対策の追加も可能

開発元

  • 開発元:VEEPN, CORP.
  • 開発元の拠点:パナマ

パナマは プライバシーヘイブン と呼ばれる法的にユーザーのプライバシーが保護されている国で、5アイズ/ 9アイズのように公的機関から特定 IPアドレスの監視やアカウントのロギングを強制されることがない。

ダウンロード

Windows版は 9分間の試用時間がある。

Fences
Start11
PassFab 4Winkey banner
ToDo Buckup
Revo Uninstaller banner1
Repairit banner
Fences
Start11
PassFab 4Winkey banner
ToDo Buckup
Revo Uninstaller banner1
Repairit banner

VeePN の仕様

  • 1アカウントで同時接続可能なデバイス数:最大 10台
  • ロケーション:42カ国 2500台以上
  • P2P 接続:サポート
  • ストリーミングサービス:サポート
  • Onionドメイン への接続:サポート
  • トラフィック監視回避強化機能:Double VPN または プロトコルに Shadowsocks を使用
  • 脅威のあるサイトへのアクセスと悪質な広告のブロック機能:サポート
  • VPNトラフィックブロック回避機能:プロトコルに Shadowsocksを使用

透明性

VeePN は 2021年に独立した第三者機関の サイバーセキュリティ会社 Cure53 の監査 を受けており、令状のカナリアも公開している。

システム要件

  • バージョン:1.5.1
  • OS:Windows 10/ 11

アカウントの取得

VeePN 010

VeePN 011

公式サイト  でメールアドレスとパスワードを設定して「登録する」。

VeePN 1.4 005

アカウントが作成されて管理画面が表示される。

インストール

VeePN 009

VeePN 1.4 008

公式サイト から管理ページにログインして、Quick install に表示されている「 VeePN for Windows」をクリックしてインストーラーをダウンロード。

VeePN 1.4.0 003

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

VeePN 1.4.0 004

セットアップウィザードが開いたら「インストール」。

VeePN 1.4.0 005

「Log in」で  VeePNのアカウント情報を入力。

VeePN 1.4.0 006

VeePNが利用可能になる。

設定

VeePN 1.4.0 007

VeePN 1.4.0 008

ホーム画面 の左サイドパネルにある Settings から VPN を選択。

VeePN 1.4.0 010

VeePN 1.4.0 011

接続する際のプロトコル(通信規約)は自動設定されるが、手動で WireGuardOpenVPNIKEv2Shadowsocks が選択できる。

  • WireGuard
    OpenVPNや IPSecと比較してソースコードが少なく、最新の暗号化技術を使用した通信プロトコル。
    Auto利用時のデフォルトプロトコル。
  • OpenVPN
    安定性に優れた TCP(Transmission Control Protocol)、 通信速度が速い UDP(User Datagram Protocol)が利用でる。
  • IKEv2
    OpenVPNよりも軽く高速なプロトコル。
  • Shadowsocks
    中国のグレートファイアウォールを回避するために開発された、高速な暗号化通信を可能にするプロキシソフトウェア。

WireGuard は高速でセキュアな反面 匿名性が不十分だと言われている。

Shadowsocks は VPNではなくプロキシプロトコルを使用して通信するため、VPNサーバの監視回避や、VPNトラフィックのブロック回避が可能になる。

VeePN 1.4.0 013

VeePNは Windows起動時に自動起動するので、VPNに常時接続して通信を保護する場合は Auto connect at the app launch を有効にし、接続するロケーションを指定。

VeePN 1.4.0 014

VeePN 1.4.0 015

Action for the new Wi-Fi network は接続している Wi-Fiが切り替わった際の動作を設定。

デフォルトは 常に接続 になっている。 

VeePN 1.4.0 017

接続した Wi-Fiは Known Wi-Fi networks に追加され、ネットワークを検出した際の動作を設定できる。

VeePN 1.4.0 018

Split TunnelingVPN接続から除外 または VPN接続を有効 にする機能で、指定したアプリを VPN 接続から除外する場合は Split Tunneling を有効にして Bypass VPN でアプリを追加、VeePN利用時に一部のアプリのみ VPN接続を有効にする場合は Route via VPN でアプリを追加する。

VeePN 1.4.0 019

VPN の設定画面で Privacy タブに切り替えると、DNSサーバ側での 広告ブロック悪意のあるサイトのブロックトラッキングブロック を有効にできる。

StreamFab banner
CleverGet banner
DVDFab banner
Prof. Media banner
Epubor banner
StreamFab banner
CleverGet banner
DVDFab banner
Prof. Media banner
Epubor banner

VeePN for Windows の使い方

VeePN 3.0.3 024

ホーム画面のパワーボタンをタップすると、サーバの距離やサーバの負荷などを基準に最適なサーバに接続する。

起動時の自動接続を有効にした場合は、指定したロケーションに接続するので操作は不要。

VPN 接続で一部のサイトが表示されないのは、接続している VPN サーバが悪用され、サイトのサーバ側で アクセス制限されている可能性があるので、プロトコルを Shadowsocks に変更してもアクセスできない場合は 一時的にVPN を切断するか 別の VPNサーバ を使用する。 

VeePN 1.4.0 020

ロケーションを変更する場合は All locations のリストから 接続先を指定。

VeePN 1.4.0 021

ロケーションの下には 使用中のプロトコルが表示されており、タップしてプロトコルの設定画面からプロトコルの変更も可能。

VeePN 1.4.0 022

キルスイッチを使用する場合はスライダーをクリックして有効にする。

キルスイッチを有効にすると 通常回線での接続ができなくなる。

Kill Switch(キルスイッチ)は VPN 接続が何らかの原因で切断された場合、システムがオンライン状態を維持するため 暗号化されていない DNS サーバへ 接続するのを遮断する機能だが、VeePN は DNS Leak Protection がデフォルトで有効になっているので、キルスイッチを使用しなくても 回線切断時に暗号化されていない DNS サーバに接続することはない。

Streaming

VeePN 1.5.1 001

Streaming は VODサービスの視聴に最適化されたサーバに接続できる。

Streaming で日本のサーバに接続しても Amazon Prime Videoは視聴不可。

 Double VPN

VeePN 1.5.1 002

Double VPN はサーバを二重に経由して 匿名性を確保する機能で、ロケーションを選択する。

中継サーバを経由するため通信速度は低下する。

AntiVirus

VeePN 1.5.1 003

AntiVirusは有料の追加オプションで、アップグレードするとマルウェア対策と個人情報の漏洩を監視・検出するモジュールが有効になる。

DNS漏れの確認

VPN接続時に IPアドレスが正しく保護されているか確認する場合は専用サイトを利用する。

VeePN 1.4.0 025

VeePN 1.4.0 024

VPN接続が確立している状態で ipleak.net へアクセスし、Your IP address に接続先のサーバ情報のみが表示されるか、接続先サーバと DNSサーバに同じ国が表示されていれば匿名化されている。

関連記事
ProtonVPN-icon

Proton VPN Free のインストールと使い方

無料でも広告や使用データ量に上限がなく、通信の保護・匿名化・プライバシー保護など、最高レベルのセキュアな通信が可能な Proton AG が提供しているオープンソースのVPNサービス

Surshark-VPN-icon

Surfshark VPN for Windows のインストールと使い方

ノーログポリシーを採用し、マルウェアブロックや VPNトラフィックブロック回避機能を実装、デバイスの接続数に制限のない、セキュアで多機能、リーズナブルな VPNサービス