電子メールの設定と基礎知識

スポンサーリンク
dvd-shrink0011

メールの POP3  / SMTP / IMAP の違いと設定方法

現在はウェブメールが主流となって設定が簡略化されているが、一昔前までは PC ビギナーの登竜門だった メール設定。

SSL やらポート番号やら取っ付きにくい感じがするものの、設定そのものはそれほど難しくはなかったりする。

メールアドレス とメールの送受信

メールアドレスは「 アカウント@ドメイン 」で構成され、メールアカウントとドメインの組み合わせはオンリーワンになっている。

ドメインは住所のような役割を担っており「 xxx@zzz.co.jp 」というアドレスなら「 zzz.co.jp 」に所属している「 xxxさん 」を表している。

電子メールの設定と基礎知識 002

メールを作成して送信すると、メールは自分が契約している ISP などのサーバに届き、 DNS サーバでドメインと IP アドレスが紐付けされ、送信先サーバへ届いたものを、メールクライアントアプリを使用して閲覧という流れになっている。



POP3 / IMAP / SMTP

POP3 と IMAP はいずれも通信プロトコル( 規約 )で、POP3 は Post Office Protocol ver.3、 IMAP は Internet Message Access Protocol の略称。

POP3 はメールサーバに届いたメールをパソコンにダウンロードするための規約なのに対して、 IMAP は パソコンからダイレクトにメールサーバを操作する規約になる。

POP3 / IMAP はいずれもメールの受信に使用するプロトコルで、メールの送信には POP3 も IMAP も  SMTP( Simple Mail Transfer Protocol ) を使用しており、メールの送受信は( POP3 / SMTP )(IMAP / SMTP)がそれぞれ1セットになる。

POP3 / SMTP

Gmail のようなフリーメールの信用度が低かった 2007 年以前は、パソコンで使用するメールは POP3 / SMTP で、個人であれば契約している ISP ( インターネット・サービス・プロバイダ )のドメインを使用したメールアドレスが一般的だった。

電子メールの設定と基礎知識 003

POP3 は メールをパソコンへダウンロードする通信規約なので、受信したメールはパソコンに保存されていく。
サーバには「 メールを残す 」「 メールを残さない 」という設定項目があり、「 メールを残さない 」に設定している場合、 POP3 でメールをダウンロードするとサーバから削除されてしまう。

「 メールを残さない 」設定の場合、PC1 のメールアプリで「 メールA 」を確認後、 PC2 のメールアプリで受信確認しても「 メールA 」は受信できない。
一方「 メールを残す 」設定の場合、 PC1 で「 メールA 」を確認後、 PC2 のメールアプリで受信確認すると「 メールA 」は新着メールとして受信される。

POP3 / SMTP メールは すべての送受信メールをローカルに保存するため、オフラインやサーバがダウンした状態でもメールの確認が可能というメリットある反面、 デバイス間の同期ができないというデメリットがある。

POP3 / SMTP の設定

POP3 は受信、SMTP は送信の通信規約なので、POP3 のみ設定すると受信は出来ても送信ができず、 SMTP だけ設定すると送信できても受信ができない。

メールを送受信するメールクライアントアプリでは POP3 / SMTP のサーバ情報が必要で、 ISP では「 メールソフトの設定方法 」などのページで情報を確認できる。

電子メールの設定と基礎知識 007

POP ( 受信 )サーバ / SMTP ( 送信 )サーバの設定は、メールアドレスのような形式の「 ホスト名 」で表示されているが、このホストは人が認識しやすいよう便宜的に使用されているもので、ホストには対応する IP アドレスがあり、ホスト名と IP アドレスは「 DNSサーバ 」で紐付けが行われている。

ホスト名( IPアドレス )は使用するサーバの住所に相当するが、通信には特定の扉が使用されるため、接続する際には「 ポート番号 」という部屋番号に相当する番号が必要になる。

もともと SMTP ( 送信 )サーバには「 25 」という認証が不要なポート番号が使用され、サーバのホスト名さえ分かればメールを送信できたのだが、迷惑メール対策として「 ポート 25 」をブロックする ISP が増加し、ポート25 の代替として認証が必要な  587ポート(サブミッションポート)が使用されるようになった。

SMTP に使用される標準ポートは  25 番・587番 のほかに 465番があり、587番・465番 はいずれも認証が必要になっている。
587番ポートは暗号化が可能であれば通信を SSL / TLS で暗号化する「 STARTTLS 」を使用。
465番ポートは通信の開始時から SSL/TLS で暗号化する「 SMTP over SSL 」が使用されている。

POP サーバの標準ポートは「 110 」のほかに、通信の開始時から SSL/TLS  で暗号化する「 POP3 over SSL 」が使用されている「 995 」番ポートがある。

電子メールの設定と基礎知識 008

ISP では会員ページにある「メール設定」などでホストやポート番号などが確認できる。

認証に使用されるのは「メールアドレス」と「メール パスワード」が一般的だが、ニフティのようにメールアドレスではなく、ユーザーIDを使用するものもあるため確認が必要。

IMAP / SMTP

IMAP はメールサーバにアクセスするプロトコルで、一般的にユーザー名とパスワードでサーバへアクセスが可能になっており、複数のデバイスで同じ環境を共有できるという大きなメリットがある。

電子メールの設定と基礎知識 010

Gmail や iCloudメール 、Outlook.com などブラウザでアクセス可能な「 ウェブメール 」が代表的な IMAP メールで、現在のようにデスクトップ PC・モバイル PC・スマホなど、複数のデバイスを利用するような環境では、内容を同期できる IMAP メールがスタンダードになっており、ISP が提供しているメールに関しても、最近は IMAP を利用できるところが増えている。

IMAP / SMTP の設定

IMAP メールにも POP メールと同様にポート番号があり、 IMAP ( 受信 )サーバの標準ポートは  SSL / TLS を使用して暗号化( IMAP over SSL )する場合は「 993 」、暗号化を使用しない場合は「 143 」を使用。

SMTP ( 送信 )サーバ はPOP メールと同様、 STARTTLS  を使用する「 587 」か SMTP over SSL  を使用する「 465 」になる。

ただ、Gmail や iCloudメール、Outlook.com などは、それぞれログインするだけで利用できることがほとんどで、Gmail で Outlook.com を受信するなど、特殊な使い方をしない限り ホスト名やポート番号の設定が必要になることはほとんどない。

電子メールの設定と基礎知識 009-1

独自ドメインや ISP の IMAP メールを使用する場合は、 POP メールと同様にホスト名やポート番号が必要になるケースが多い。

WEBメールの POP / IMAP / SMTP 情報

Gmail , iCloudメール , Outlook.com , Yahooメール の POP / IMAP / SMTP 情報。

GMAIL

  • POP サーバー:pop.gmail.com
  • ポート番号:995
  • 暗号化:有効(POP3 over SSL)
  • IMAP サーバー:imap.gmail.com
  • ポート番号:993
  • 暗号化:有効(IMAP over SSL)
  • SMTP サーバー:smtp.gmail.com
  • ポート番号:465
  • 暗号化:有効(SMTP over SSL)
  • ポート番号:587
  • 暗号化:有効(STARTTLS)
  • 認証:有効
  • アカウント名・ユーザー名:メールアドレス
  • パスワード:Gmailのパスワード

Gmailヘルプ  IMAP設定link

Gmailヘルプ  POP3設定link

iCloudメール

  • POP サーバー:非対応
  • IMAP サーバー:imap.mail.me.com
  • ポート番号:993
  • 暗号化:有効(IMAP over SSL)
  • SMTP サーバー:smtp.mail.me.com
  • ポート番号:587
  • 暗号化:有効(STARTTLS)
  • 認証:有効
  • アカウント名・ユーザー名:iCloud メールアドレスのアカウント名
  • パスワード:App 用パスワードlink

Appleサポート iCloud メール メールサーバ設定link

Outlook.com

  • POP サーバー:outlook.office365.com
  • ポート番号:995
  • 暗号化:有効(POP3 over SSL)
  • IMAP サーバー:outlook.office365.com
  • ポート番号:993
  • 暗号化:有効(IMAP over SSL)
  • SMTP サーバー:smtp.office365.com
  • ポート番号:587
  • 暗号化:有効(STARTTLS)
  • 認証:有効
  • アカウント名・ユーザー名:メールアドレス
  • パスワード:Outlook.comのパスワード

Officeサポート Outlook.com IMAP / POP 設定link

Yahooメール

  • POP サーバー:pop.mail.yahoo.co.jp
  • ポート番号:995
  • 暗号化:有効(POP3 over SSL)
  • IMAP サーバー:outlook.office365.com
  • ポート番号:993
  • 暗号化:有効(IMAP over SSL)
  • SMTP サーバー:smtp.mail.yahoo.co.jp
  • ポート番号:465
  • 暗号化:有効(SMTP over SSL)
  • ポート番号:587
  • 暗号化:有効(STARTTLS)
  • 認証:有効
  • アカウント名・ユーザー名:Yahooメールアドレスのアカウント名
  • パスワード:Yahoo! JAPAN IDのパスワード

Yhaooメールヘルプlink





関連記事

dvd-shrink0011

電子メールの設定と基礎知識

メールの POP3  / SMTP / IMAP の違いと設定方法 現在はウェブメールが主流となって設定が簡略化されているが、一昔前までは PC ビギナーの登竜門だった メール設定。 SSL やらポート番号やら取っ付きに […]

Microsoft-Tile-icon

Windows Version – Windows の バージョンとビルド一覧

Windows10 の バージョン ・ ビルド ・ サポート終了日 の一覧表 Windows 10 は「バージョン」と「ビルド」が混在してややこしく、現在のサポート期間はリリースから18ヶ月と短いため注意が必要。 Win […]

dvd-shrink0011

Backup and Recovery – バックアップの基礎知識

パソコンのバックアップとリカバリについて バックアップとは不測の事態に備え データを復旧可能な状態で複製保存することで、パソコンは定期的なバックアップが推奨されている。 バックアップ には Windows が起動しないな […]

dvd-shrink0011

フォントの基礎知識

パソコンで使用する書体(フォント)について フォントとは書体のことで Windows Vista や Windows 7 では「 メイリオ 」、Windows 10 では「 游ゴシック 」がシステムフォントとして使用され […]

dvd-shrink0011

Dynamic disc and RAID – ダイナミックディスクとRAID

スパンボリュームや ソフトウェアRAID が可能な Windows 独自のディスク管理 Windows のディスク管理には「 ベーシックディスク 」と「 ダイナミックディスク 」があり、デフォルトでは「ベーシックディスク […]