ベーシックディスクとパーティション

Windows 標準のディスク管理 ベーシックディスク と パーティションについて

Windows のディスク管理には「 ベーシックディスク 」と「 ダイナミックディスク 」があり「ベーシックディスク」がデフォルトになっている。

Microsoft ディスクの管理のトラブルシューティング

Dynamic-disk-and-RAID-001

ディスクの状態確認 や 操作は Windows 標準機能の「 ディスク管理 」で行う。

Windows 10 の場合は「 スタート 」のコンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から「 ディスク管理 」で直接開くことができる。
ダイナミックディスクについては下記参照
dvd-shrink0011

ダイナミックディスクとRAID

スパンボリュームや ソフトウェアRAID が可能な Windows 独自のディスク管理 Windows のディスク管理には「 ベーシックディスク 」と「 ダイナミックディスク 」があり「ベーシックディスク」がデフォルトに […]

パーティション

パーティション は ディスクドライブ に仕切りを作り システムが物理的に複数のドライブとして取り扱うもので、最大のメリットはシステム損傷時のデータ保全。

Basic-disk-and-Partition-025

Cドライブ のデータが損傷して OS が起動できなくても ディスクドライブ の MBR や GPT が パーティション情報を記憶しているため、ディスクドライブを別の PC に増設すれば 各ドライブにアクセスできる。

通常 Windows や 各プログラムは「 Cドライブ 」に保存されるが、 A ドライブ ,  B ドライブは もともと システム起動時に使用されていたフロッピーディスクに割り当てられたドライブ文字で、現在はレガシーデバイスとなったため使用されていない。

MBR と GPT

MBR と GPT は SSD / HDD など 補助記憶装置内 のパーティション形式を表しており、2 TB 以下の ディスクドライブは Windows の場合 デフォルトで Master Boot Record ( MBR ) が使用されている。

Master Boot Record

Master Boot Record ( MBR ) は ディスクドライブのパーティションに関する情報をもっている 補助記憶装置 ( ハードディスクなど ) で 一番初めに読み込まれる部分で、ディスク内の構成を記した地図のような役割を担っている。

MBR のパーティションの情報には OS がインストールされている「 ブートパーティション 」が含まれており、MBR の情報を元に Windows などの OS は起動する。
MBR は物理ドライブ毎に存在するため、接続していたドライブをパソコンから取り外し 別のパソコンに接続してもドライブにアクセスできるのだが、規格が古いために 2 TB 以上の領域を認識することができず、1 つの物理ドライブに対して作成できる プライマリパーティション は 4つが上限になっている。
GUID Partition Table

GUID Partition Table ( GPT ) は 2 TB 以上の領域を認識でき 作成できるパーティション上限が 128 になっている MBR の後継規格。

 GPT は EFI の拡張機能を利用するため BIOS 環境では使用できず 32bit OS の場合は Windows 8 以降でなければ 起動ディスクとして使用できない。
ハードディスクの大容量化 や UEFI の普及に伴い GPT  を利用する機会は増えているが、2 TB 以下のディスクドライブを利用する場合は MBR が下位互換に優れている。

パーティションの種類

MBR 形式のパーティションには「 プライマリ パーティション 」と「 拡張パーティション 」があり、プライマリパーティションは 物理ドライブとして認識される。

Windows などの OS は「 プライマリ パーティション 」にのみインストール可能。
GPT 形式のパーティションには プライマリ や 拡張パーティション は存在せず パーティションの種類は 1 つになる。

Basic-disk-and-Partition-026

Windows 7 以降 C ドライブ のディスクには ドライブレターが設定されていない「 システムで予約済み 」というパーティションが自動的に生成されるようになり、Windows 7 や 8 から Windows 10 にアップグレードすると ロールバック用の「 回復パーティション 」も作成されるため、3 つの プライマリ パーティションが存在している。

パーティション作成

Windows の「 ディスク管理 」で パーティションを作成する場合は ディスクがフォーマットされるため データが消失する。
ディスク管理アプリ

ディスク管理アプリを使用することで ディスクのデータを保持したまま パーティションを編集できる。

gpartedicon

GParted Free Partition Manager のセットアップと使い方

USB メモリから起動する 無料のブータブル パーティション エディタ GParted は GNOME developers が開発している Linux ベースの無料 パーティション エディタで、パソコンの OS に依存 […]

minitool-icon

MiniTool Partition Wizard のインストールと使い方

日本語をサポートしたパーティションの変更を行うディスク管理アプリ MiniTool Partition Wizard は 香港とカナダに拠点がある ソフトウェアベンダー MiniTool Software が開発している […]

EaseUS-partition-master-icon

EaseUS Partition Master Free のインストールと使い方

パーティションの変更やディスクの最適化が行える無料のディスク管理アプリ EaseUS Partition Master は 中国のソフトウェアベンダー CHENGDU YIWO Tech Co., Ltd. が開発してい […]

aomei-pa-icon

AOMEI Partition Assistant Standard のインストールと使い方

パーティションの変更やディスクのクローンなどが行える定番フリーソフト AOMEI Partition Assistant は 中国のソフトウェアベンダー「 AOMEI Technology  」が開発しているストレージ管 […]

フォーマット

ドライブのフォーマットには「 通常フォーマット 」と「 クイックフォーマット 」があり、クイックフォーマットは 通常フォーマットで実行される作業を省略して フォーマットの所要時間を短縮する。

通常フォーマット
データ管理領域の消去 / ディスクの不良チェック / 不良箇所の書き込み禁止の措置 を実行。
クイックフォーマット
データ管理領域の消去 」のみ実行。
使い回しているハードディスクの場合は 通常フォーマットを推奨。
フォーマットはデータが消去されるわけではなく「 データの管理領域 」を消去して データへアクセスできなくなるだけなので、復旧ソフトなどを使用することで データを復元できる可能性がある。
ディスクのデータを完全に消去したい場合は ディスクを物理的に破壊するか ディスクに上書きを繰り返す「 消去ソフト 」を使用する必要がある。
ボリューム
作成されたパーティションをシステムが使用できるようにした領域が「ボリューム」で、ベーシックディスクの場合 作成できるのは1 台 の物理ドライブ内で完結している「 シンプルボリューム 」のみになるため、ベーシックディスクでの シンプルボリューム は パーティション と ほぼ同義だと思って差し支えない。

シンプルボリューム ウィザード

Windows の「 ディスク管理 」で 「 未割り当て 」のパーティションに ボリュームを作成する場合 ベーシックディスクは シンプルボリューム のみ可能。

ストライプボリューム や スパンボリューム は ダイナミックディスク へ変換が必要。

Basic-disk-and-Partition-027

シンプルボリュームの作成は「  ディスク管理 」で 未割り当てのパーティションを選択して コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から「 新しいシンプルボリューム 」を選択。

Basic-disk-and-Partition-028

「 新しいシンプルボリューム ウィザード 」が開始するので「 次へ 」。

Basic-disk-and-Partition-029

シンプルボリュームのサイズを指定。

最大ディスクサイズを指定すると 1 つのパーティションで 1つのボリュームをもったディスクになり、最大サイズ以下のサイズを指定すると 未割り当ての領域を残した状態で ボリュームが作成される。

Basic-disk-and-Partition-030

使用可能なドライブ文字がリストで表示されるので 任意のドライブ文字を割り当てる。

ドライブ文字を割り当てないと ドライブにアクセスすることができない。

Basic-disk-and-Partition-031

「 このボリュームを次の設定でフォーマットする 」にチェックを入れて「 次へ 」。

ファイルシステム : NTFS
アロケーションユニットサイズ : 既定値
ボリュームラベル :  任意

Basic Disk and Partition 010

ボリュームサイズを調整し「 シンプルボリュームウィザード 」を繰り返し実行すると 3 つのプライマリーパーティションが作成されるが、4 つめは プライマリーパーティションではなく 自動的に拡張パーティションになり 拡張パーティション内に 論理ドライブが作られる。

拡張パーティションの作成

プライマリーパーティションではなく 拡張パーティションのみを ディスクドライブに 作成したい場合は「 diskpart 」を使用して設定を行う。

Basic-disk-and-Partition-032

「 スタート 」を右クリックして「 Windows PowerShell 」を起動して diskpart と入力して エンターキー。

Basic-disk-and-Partition-033

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Basic-disk-and-Partition-034

別ウインドウが開くので list disk と入力してエンター。

Basic-disk-and-Partition-035

パーティションを作成するディスク番号を確認。

Basic-disk-and-Partition-037

select disk の 後に 半角スペースを入れて パーティションを作成するディスク番号を入力してエンター。

Basic-disk-and-Partition-039

選択したディスクを すべて 拡張パーティションにする場合は create partition extended と入力。

Basic-disk-and-Partition-038

任意のサイズで拡張パーティションを作成する場合は create partition extended size=xxxxxx と入力してサイズを指定。

サイズの単位は MB 。
サイズの指定は 2 進法 が使用されるので 切りのよい数値にするなら 1024 を基本にする。
1024 B  = 1 KB / 1024 KB = 1 MB / 1024 MB = 1 GB / 1024 GB = 1 TB
500 GB の拡張パーティションを作成する場合は 512000 MB

Basic-disk-and-Partition-040

list partition と入力してエンター。

Basic-disk-and-Partition-041

論理ドライブ を作成する パーティション番号を確認。

Basic-disk-and-Partition-042

select partition の 後に 半角スペースを入れて 論理ドライブを作成する パーティション番号を入力してエンター。

Basic-disk-and-Partition-043

create partition logical size=xxxxxx で 作成する 論理ドライブ のサイズを入力。

単位は MB で size の入力を省略すると 拡張パーティションの空き容量が全て 1つの論理ドライブになる。
複数の論理ドライブを作成する場合は「 create partition logical size=xxxxxx 」のコマンドを繰り返す。

Basic-disk-and-Partition-044

拡張パーティションと論理ドライブの作成が完了したら exit で diskpart を終了し、Windows PowerShell も閉じる。

Basic-disk-and-Partition-046

作成した論理ドライブは未フォーマットのため「 RAW 」と表示され ドライブ文字も割り当てられていないため、論理ドライブを選択して コンテキストメニューから「 フォーマット 」を選択。

Basic-disk-and-Partition-047

フォーマットの設定をして「 OK 」。

ファイルシステム : NTFS
アロケーションユニットサイズ : 既定値
ボリュームラベル :  任意

Basic-disk-and-Partition-048

ダイアログが表示されるので「 OK 」。

Basic-disk-and-Partition-049

論理ドライブ が使用可能になる。

フォーマット後 ドライブ文字が 割り当てられていない場合は 論理ドライブを選択し コンテキストメニューの「 ドライブ文字とパスの変更 」で ドライブ文字を指定。

DISKPART コマンド による パーティション削除

起動ディスクとして使用していた ディスク の「 システムで予約済み 」がフォーマットしても削除できない場合は「 Diskpart 」で削除する。

Basicdisk-and-Partition-032

「 スタート 」を右クリックして「 Windows PowerShell 」を起動して diskpart と入力して エンターキー。

Basicdisk-and-Partition-033

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Basicdisk-and-Partition-034

別ウインドウが開くので list disk と入力してエンター。

Basicdisk-and-Partition-035

パーティションを作成するディスク番号を確認。

Basicdisk-and-Partition-037

select disk の 後に 半角スペースを入れて パーティションを削除する ディスクを指定。

Basicdisk-and-Partition-050

clean と入力して ディスクのパーティション情報をクリア。

Basicdisk-and-Partition-051

パーティションが削除されたら exit で diskpart を終了し、Windows PowerShell も閉じる。

Basicdisk-and-Partition-053

Windows の「 ディスク管理 」を開き DISKPART でクリーン化したディスクのコンテキストメニューから「 ディスクの初期化 」を選択。

Basicdisk-and-Partition-054

パーティション形式を選択して「 OK 」。

 

関連記事

dvd-shrink0011

ダイナミックディスクとRAID

スパンボリュームや ソフトウェアRAID が可能な Windows 独自のディスク管理 Windows のディスク管理には「 ベーシックディスク 」と「 ダイナミックディスク 」があり「ベーシックディスク」がデフォルトに […]

dvd-shrink0011

ベーシックディスクとパーティション

Windows 標準のディスク管理 ベーシックディスク と パーティションについて Windows のディスク管理には「 ベーシックディスク 」と「 ダイナミックディスク 」があり「ベーシックディスク」がデフォルトになっ […]

dvd-shrink0011

RAID の 基礎知識

安定性 や 処理速度を高めるディスク構成 レイド ( Redundant Arrays of Inexpensive Disks ) は 直訳すると「 安価なディスクの冗長配置 」で、システム障害に備えて 無駄な安物ディ […]