ダイナミックディスクとRAID

dvd-shrink0011

スパンボリュームや ソフトウェアRAID が可能な Windows 独自のディスク管理

ダイナミックディスクは Windows 2000 から実装された Windows 独自のディスク管理形式で、パーティションの制限を受けず 複数のドライブをまたいだ スパンボリューム・ストライプボリューム ( RAID 0 )・ミラーボリューム ( RAID 1 ) などが構築できるが、プライマリーパーティションという概念がないため、マルチブートはできないなどの特徴がある。

ダイナミックディスクは 2020年 5月に 開発終了がアナウンスされ、今後のアップデートで ダイナミックディスク は 記憶域スペース に置き換わる予定になっており、現在 Windows での利用は非推奨になっており、ベーシックディスクの利用が推奨されている。
ベーシックディスクについては下記参照
dvd-shrink0011

ベーシックディスクとパーティション

Windows 標準のディスク管理 ベーシックディスク と パーティションについて Windows の ディスク管理 には ベーシックディスク と ダイナミックディスク があるが、ダイナミックディスク は開発が終了してお […]

ドライブのデータを保持したまま ダイナミックディスク から ベーシックディスク への変換は、ディスク管理アプリの有料版 で可能。
aomei-pa-icon

AOMEI Partition Assistant Standard のインストールと使い方

パーティションの変更やディスクのクローンなどが行える定番フリーソフト AOMEI Partition Assistant は 中国のソフトウェアベンダー「 AOMEI Technology  」が開発しているストレージ管 […]

minitool-icon

MiniTool Partition Wizard のインストールと使い方

日本語をサポートしたパーティションの変更を行うディスク管理アプリ MiniTool Partition Wizard は 香港とカナダに拠点がある ソフトウェアベンダー MiniTool Software が開発している […]

EaseUS-Partition-Master-icon-1

EaseUS Partition Master Free のインストールと使い方

パーティションの変更やディスクの最適化が行える無料のディスク管理アプリ EaseUS Partition Master は 中国のソフトウェアベンダー CHENGDU YIWO Tech Co., Ltd. が開発してい […]

ダイナミックディスク への変換

Windows は デフォルトが ベーシックディスクのため、ダイナミックディスクを使用する場合は 変換が必要になる。

ベーシックディスクからダイナミックディスクへの変換は フォーマット不要だが、変換した ダイナミックディスク をベーシックディスクに戻す場合は ディスクのフォーマットが必要

Dynamic-disk-and-RAID-001

ディスクの状態確認 や 操作は Windows 標準機能の ディスク管理 で行う。

Windows 10/ 11 は スタート のコンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から ディスク管理 で 直接開くことができる。

Dynamic-disk-and-RAID-002

ディスク番号が表示されている箇所で コンテキストメニューを展開して ダイナミックディスク に変換 を選択。

Dynamic-disk-and-RAID-003

ダイナミックディスク へ変換するディスクにチェックを入れる。

Dynamic-disk-and-RAID-004

再度変換するディスク番号を確認。

Dynamic-disk-and-RAID-005

ダイアログを確認して 問題なければ「 はい 」で 変換を実行。

ダイナミックディスクに変換すると OS のマルチブートは使用できない。

Dynamic disc and RAID 013

ベーシックディスクが ダイナミックディスク に変換される。

スパンボリューム

スパンボリューム は 2台以上の ドライブにある 未割り当て 領域 を結合し、1つのボリュームとして扱う ダイナミックディスク のボリューム形式。

ベーシックディスクの場合 320 GB のHDDを 3 台接続すると 320 GB のドライブが 3 つ 表示されるが、3 台の HDD を スパンボリューム で構成すると 960 GB のドライブとして表示される。
ストライプボリューム は ボリュームを構成する HDD が 1台でも故障すると 全てのデータがアクセス不能になる。

Dynamic-disk-and-RAID-006

複数のダイナミックディスク に 未割り当て領域 が存在する場合は ダイナミックディスクを選択してコンテキストメニューを展開すると「 新しい スパンボリューム 」が選択可能な状態で表示される。

構成できない場合は グレーアウトして選択できない。

Dynamic-disk-and-RAID-007

コンテキストメニューから 新しい スパンボリューム を選択すると、新しい スパンボリューム ウィザードが開始するので「 次へ 」。

Dynamic-disk-and-RAID-008

スパンボリューム を構成するディスクを 利用可能なディスク から 選択されたディスク に「 追加 」して「 次へ  」。

Dynamic-disk-and-RAID-010

割り当てるドライブ文字をリストから選択して「 次へ 」。

Dynamic-disk-and-RAID-011

このボリュームを次の設定でフォーマットする にチェックを入れて「 次へ 」。

ファイルシステム : NTFS
アロケーションユニットサイズ : 既定値
ボリュームラベル :  任意

Dynamic-disk-and-RAID-012

設定を確認して「 完了 」。

Dynamic-disk-and-RAID-013

フォーマットが完了すると スパンボリューム として使用可能になる。

ボリュームの削除

作成した スパンボリューム を削除すると データが消失して 未割り当て領域 になる。

Dynamic-disk-and-RAID-014

スパンボリュームを選択して コンテキストメニューから ボリュームの削除 を選択。

Dynamic-disk-and-RAID-015

ダイアログを確認して 削除する場合は「 はい 」。

Dynamic-disk-and-RAID-016

スパンボリュームが解除されて 未割り当て領域になる。

PDFelement9 無料配布
69a2bf9c8d67f67dd7f2ab8573b63353

ストライプボリューム

ストライプボリューム は 2台以上の ドライブにあるボリュームを利用して RAID 0 ( ストライピング ) を構成するボリューム形式。

ストライプボリューム は ボリュームにデータを分散させて処理を行うため、構成するボリューム数に比例して高速化を図れる反面 ボリューム数に比例して故障率も増加し、ボリュームを構成する HDD が 1台でも故障すると 全てのデータがアクセス不能になる。
ストライプボリューム は 各領域 の 回転数 や 容量などが同一でないと構成できないため、スペックが異なるドライブを使用した場合は 最も低いスペックに準じる。
500 GB の HDD 3台で ストライプボリューム を構成してた場合 1 台でもボリュームを300 GB にすると 作成されるボリュームの合計サイズは 900 GB になり、各ドライブに未割り当ての領域が 200 GB ずつ生じる。
RAID の詳細については下記参照
dvd-shrink0011

RAID の 基礎知識

安定性 や 処理速度を高めるディスク構成 現在のハードディスク ( HDD ) は  安定性 も 速度も飛躍的に向上しているが、物理ドライブの経年劣化は避けることができず、使用環境によるが 早ければ 3 ~ 5 年で 注 […]

Dynamic-disk-and-RAID-023

複数のダイナミックディスク に 未割り当て領域 が存在する場合は、ダイナミックディスクを選択してコンテキストメニューを展開すると 新しい ストライプボリューム が選択可能な状態で表示される。

構成できない場合は グレーアウトして選択できない。

Dynamic-disk-and-RAID-018

コンテキストメニューから 新しい スパンボリューム を選択すると 新しい スパンボリューム ウィザードが開始するので「 次へ 」。

Dynamic-disk-and-RAID-019

ストライプボリューム を構成するディスクを 利用可能なディスク から 選択されたディスク に「 追加 」して「 次へ 」。

Dynamic-disk-and-RAID-020

割り当てるドライブ文字をリストから選択して「 次へ 」。

Dynamic-disk-and-RAID-021

このボリュームを次の設定でフォーマットする にチェックを入れて「 次へ 」。

ファイルシステム : NTFS
アロケーションユニットサイズ : 既定値
ボリュームラベル :  任意

DynamicdiskandRAID-022

設定を確認して「 完了 」。

DynamicdiskandRAID-024

フォーマットが完了すると RAID 0 のボリュームが使用可能になる。

サイズの異なるボリュームで ストライプボリューム を作成すると、最もサイズの小さいボリュームに合わせて構成されるため、サイズの大きなドライブには 未割り当て領域が 発生する。

ディスクエラー

ストライプボリューム や スパンボリューム で 構成しているディスクが損傷するなどして 読み込めなかった場合、ディスク管理 では読み込めなかったディスクに 不足 と表示され、状態が 失敗 になる。

DynamicDisk032

ディスクが 1台でも 不足 の状態になれば ボリュームへのアクセスは不可能で、新しいドライブに差し替えても 再構築はできない。

不足の原因が ドライブの接続であれば 再接続することで ボリューム は回復するが、ドライブが損傷していると復旧は難しい。

ミラーボリュームと RAID 5

Windows Home Edition の ダイナミックディスク で作成できるのは シンプルボリュームスパンボリュームストライプボリューム の 3種類だが、Professional Edition では ミラーボリュームRAID 5 ボリューム など 冗長性のあるボリュームが作成できる。

ミラーボリューム や RAID 5 は冗長性があるため、1 台のドライブが 不足 状態になっても 残りのディスクがデータを保持しているので、新しいディスクをボリュームに追加することで再構築が可能。
Home で RAID 1(ミラーリング)や RAID 5 を構築したい場合は、マザーボードが実装している RAID 機能を利用するか、使用しているハードウェアがインテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジーの要件を満たしているのであれば Windows を起動した状態から RAID を構成できるほか、Microsoft Technet で コマンドプロンプトを使用した UEFI Boot 環境でダイナミック ディスクの RAID 1 を組む方法 が紹介されている。
PDFelement9 無料配布
69a2bf9c8d67f67dd7f2ab8573b63353

関連記事

Microsoft-Tile-icon

Windows の バージョン と ビルド一覧

Windows 10/ 11 の バージョン・ビルド・サポート終了日 の一覧表 Windows 10/ 11 の Home と Pro は Microsoft の モダンライフサイクル ポリシー の対象で、Windows […]

dvd-shrink0011

電子メールの設定と基礎知識

メールの POP3/ SMTP / IMAP の違い と 設定方法 現在は ウェブメール が主流になって 設定が簡略化されているが、受信/ 送信サーバ一 や ポート設定などが必要な メールの設定は 一昔前まで PC ビギ […]

dvd-shrink0011

RAID の 基礎知識

安定性 や 処理速度を高めるディスク構成 現在のハードディスク ( HDD ) は  安定性 も 速度も飛躍的に向上しているが、物理ドライブの経年劣化は避けることができず、使用環境によるが 早ければ 3 ~ 5 年で 注 […]

dvd-shrink0011

ベーシックディスクとパーティション

Windows 標準のディスク管理 ベーシックディスク と パーティションについて Windows の ディスク管理 には ベーシックディスク と ダイナミックディスク があるが、ダイナミックディスク は開発が終了してお […]

dvd-shrink0011

ダイナミックディスクとRAID

スパンボリュームや ソフトウェアRAID が可能な Windows 独自のディスク管理 ダイナミックディスクは Windows 2000 から実装された Windows 独自のディスク管理形式で、パーティションの制限を受 […]