AOMEI Partition Assistant Standard のインストールと使い方

スポンサーリンク
aomei-pa-icon

パーティションの変更やディスクのクローンなどが行える定番フリーソフト

AOMEI Partition Assistant は ストレージ管理ソフトを開発している中国のソフトウェアベンダー「 AOMEI Technology  」が開発したパーティション管理アプリで、通常はフォーマットが必要なパーティションのサイズ変更が 保存データを保持したまま処理できる。

日本語をサポートしており 処理の設定がウィザード形式になっているため 初心者でも操作が容易になっている。

無料版の AOMEI Partition Assistant Standard では 「 ハードディスクの消去 」「 ブータブルディスクの作成 」「 MBR と GPT の形式変換 」「 ダイナミックディスク管理 」などは行えないが、 基本的な パーティションのサイズ変更とメンテナンス が行える。

中国ベンダーのソフトウェアのため 批判的な記事も多く、スパイウェアが同梱されている等の情報も散見されるが、現バージョン( 8.6 )では スパイウェア や アドウェア , サードパーティ製アプリのバンドル などはない。

ベーシックディスクとダイナミックディスク、 MBR と GPT については下記参照
dvd-shrink0011

ベーシックディスクとパーティション

Windows 標準のディスク管理 ベーシックディスク と パーティションについて Windows のディスク管理には「 ベーシックディスク 」と「 ダイナミックディスク 」があり、デフォルトでは「ベーシックディスク」に […]

dvd-shrink0011

ダイナミックディスクとRAID

スパンボリュームや ソフトウェアRAID が可能な Windows 独自のディスク管理 Windows のディスク管理には「 ベーシックディスク 」と「 ダイナミックディスク 」があり、デフォルトでは「ベーシックディスク […]

システム要件

バージョン 8.6 現在

OS:Windows XP / Vista / 7 / 8 / 10( 32bit / 64bit )
CPU:x86系 500MHz以上
RAM:380MB以上

x86系 500MHz クラスのCPUは インテルだと 2000年前後にリリースされた PentiumⅢ や Celeron 、 AMD では Athlon( K7 )や Duron といった懐かしいモデルなので 直近 10 年( 2008年以降 )に販売されたパソコンであれば問題ない。

サポートデバイス

IDE ( パラレルATA ) , Serial ATA (SATA)  , SCSI , IEEE1394 , USB など Windows が認識するすべてのストレージデバイス

サポートファイルシステム

NTFS , FAT32 , FAT16 , FAT12 ,  EXT4 , EXT3 ,  EXT2 ,  ReFS

ソフトの入手先

AOMEI Partition Assistant Standard 公式ダウンロードページ  link



AOMEI Partition Assistant Standard のインストール

無料版の AOMEI Partition Assistant Standardは 機能制限された 有料版の AOMEI Partition Assistant Professional なので スパイウェア や アドウェア , サードパーティ製アプリのバンドル などはない。

aomei-partition-assistant-standard-001

公式ダウンロードページの「フリーソフトのダウンロード」をクリックしてインストーラーをダンロード。

aomei-partition-assistant-standard-002

インストーラーを起動して ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「はい」で許可。

言語選択が表示されるので「日本語」が選択されている状態で「OK」。

aomei-partition-assistant-standard-003

有料版の広告が表示されるので取り敢えず「スキップ」。

aomei-partition-assistant-standard-004

セットアップウィザードが開始するので「次へ」。

aomei-partition-assistant-standard-005

使用許諾書の内容を確認して問題なければ「同意する」にチェックを入れて「次へ」。

aomei-partition-assistant-standard-006

AOMEI Partition Assistant Standard Edition の主な機能の紹介が表示されるので「次へ」。

aomei-partition-assistant-standard-007

インストール先の指定。
特にこだわりがなければデフォルトのまま「次へ」。

aomei-partition-assistant-standard-008

スタートメニューへの登録もデフォルトのまま「次へ」。

aomei-partition-assistant-standard-009

デスクトップのショートカットアイコンなど 必要な項目にチェックを入れて「次へ」。

aomei-partition-assistant-standard-010

インストールの設定ができたので内容を確認して「インストール」。

aomei-partition-assistant-standard-011

セットアップ完了時に「 ユーザーエクスペリエンス改善プログラムに参加する」がデフォルトで有効になっており、PCにインストールしているアプリや AOMEI Partition Assistant の使用状況などが 匿名で収集されるので、気になるようならチェックを外しておく。

aomei-partition-assistant-standard-012

デスクトップにショートカットアイコンが2つ表示された場合は「F5」でデスクトップをリフレッシュすれば1つになるはず。

AOMEI Partition Assistant Standard の使い方

AOMEI Partition Assistant Standard は無料版の制限として「 ハードディスクの消去 」「 ブータブルディスクの作成 」「 MBR と GPT の形式変換 」「 ダイナミックディスク管理 」などは行えないが、ベーシックディスクの 基本的なパーティション操作は可能で、チップセットで RAID 構成されていても利用できる。

※ダイナミックディスクで構成された RAID ドライブ は AOMEI Partition Assistant Professional へのアップグレードが必要

aomei-pa-045

上部メニューにある「 OSを移行 」「 データ消去 」は別のアプリケーションが必要。

基本操作

AOMEI Partition Assistant の操作対象には「 ディスク 」と「 パーティション 」があり、それぞれメニューは異なるが基本的な操作は同じで、「 ディスク 」または「 パーティション 」を選択してから実行するタスクを設定する。

AOMEI Partition Assistant を実行する際は 他のアプリを終了しておく

aomei-partition-assistant-standard-013

設定したタスクは複数登録することができ、すべて「 保留 」として追加され、タスクを実行するには上部の「 適用 」をクリックする必要がある。

aomei-partition-assistant-standard-014

適用の箇所に表示されている数字は保留中のタスク数で、▼ をクリックするとタスクを確認できる。

追加したタスクは AOMEI Partition Assistant 上で反映された状態になるため、「 パーティションを分割 」+「 パーティションをフォーマット 」+「 新規パーティションを作成 」といった連続した処理が可能。

aomei-partition-assistant-standard-015

「適用」をクリックしてタスクを実行すると、保留中のタスクが表示されるので確認して「続行」。

確認ダイアログで「はい」をクリックすると処理が開始する。

「 ディスク 」で利用可能な操作

  • ディスククローン : ディスクのデータを別のディスクへ複製
  • 不良セクタのチェック : ディスクの不良セクタをチェックする
  • パーティションを削除 : パーティションを削除して「 未割り当て 」の状態にする
  • プロパティ : ディスクのセクタ数 , シリンダ数 , ヘッド数 などの詳細を確認できる

※ ハードディスク消去は「Pro」のアイコンが表示されていないが Standard では使用不可
※ MBR を再構築 は「Pro」のアイコンが表示されていないが Standard では使用不可
※ ディスクバックアップ は AOMEI がリリースしているバックアップソフト「 AOMEI Backupper 」が必要

aomei-partition-assistant-standard-016

「 ディスク 」を選択する場合は 上ペインまたは下ペインから対象のディスクをクリックする。

ディスククローン

ディスクのクローンは コピー元と同じサイズのパーティションに分割するだけでなく、任意でパーティションのサイズを調整することが可能で、データのみ移行するモードでは コピー先のディスクサイズがコピー元のディスクサイズよりも小さい場合でも、移行するデータ量がディスクサイズよりも小さければクローンが可能だが、 Standard では Widnowsがインストールされているシステムディスクのクローンは不可

Windows がインストールされている システムディスクを複製する場合は Professional へのアップグレードが必要になる。

aomei-partition-assistant-standard-018

ディスククローンを実行する場合は、コピー元のディスクを選択して左ナビゲートメニューから「 ディスククローン 」を選択するか、ディスクを選択してコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「 ディスククローン 」を選択。

aomei-partition-assistant-standard-017

クローンのモードはデータが保存されている使用済みの領域のみをコピーするものと、ソースのディスクをパーティションを含め完全に複製するモードがあり、使用済み領域のみ複製するモードではパーティションのサイズを変更することも可能。

aomei-partition-assistant-standard-022

複製先のターゲットディスクを選択して「次へ」。

aomei-partition-assistant-standard-020

ターゲットディスクのデータがすべて消去される というメッセージがでるので「はい」をクリックして継続。

aomei-partition-assistant-standard-024

「クローンオプション」には「パーティションサイズの変更」「コピー先に合わせる」「手動編集」があり、クローン元のディスクとターゲットディスクのサイズが同じか、ターゲットディスクのサイズが大きい場合は「パーティションサイズの変更」が可能だが、ターゲットディスクのサイズがクローン元のディスクより小さい場合は「コピー先に合わせる」「手動編集」のみになる。

「コピー先に合わせる」はクローン元のディスクと同じパーティション構成で複製するモードで、複製元よりも複製先のディスクサイズが小さい場合は、パーティションに保存されているデータサイズによって、パーティションのサイズが自動調整される。

aomei-partition-assistant-standard-025

ウィザードを完了後に「 適用 」をクリックすると 保留タスクが表示され「続行」でクローンが開始する。

クローン処理はキャンセルすることもできるが、キャンセルした場合 ターゲットディスクは「未割り当て」の状態になる。

aomei-partition-assistant-standard-027

クローン処理の完了時にエラーメッセージが表示されることがあり、クラッシュダンプ ファイルも生成されているが、処理の進捗が 99% であればクローンが完了していたりする。

不良セクタのチェック

不良セクタは データの 読み込み / 書き込み ができなくなった 記憶領域で、障害発生した場合は OS が検出して「 不良セクタ 」としてマークし アクセスができなくなる。

aomei-partition-assistant-standard-028

「 不良セクタのチェック 」はディスクの健康状態を可視化するもので、ディスク交換などの目安になる。

パーティションの削除

ディスク内のパーティションと保存データを削除して未割り当ての状態にする。

aomei-partition-assistant-standard-029

AOMEI Partition Assistant Standard では 「全てのパーティションを削除」のみ実行可能。

「 パーティション 」で利用可能な操作

  • パーティションをリサイズ / 移動 : パーティションのサイズ変更
  • パーティションを結合 : データを保持したまま隣接するパーティションを結合する
  • パーティションをクローン : パーティションを別ディスクのパーティションに複製する
  • パーティションを作成 : 「 未割り当て 」領域に新規パーティションを作成
  • パーティションを削除 : パーティションを削除して「 未割り当て 」にする
  • パーティションをフォーマット : パーティションをフォーマットする
  • ラベルの変更:パーティションのラベルを変更する作成
  • ドライブ文字を変更:パーティションのドライブレターを変更する
  • パーティションを非表示にする : パーティションのドライブレターを取り消して非表示にする

※ パーティションを消去 は「Pro」のアイコンが表示されていないが Standard では使用不可
※パーティションバックアップ は AOMEI がリリースしているバックアップソフト「 AOMEI Backupper 」が必要

aomei-partition-assistant-standard-030

「 パーティション 」の選択もディスクと同様、上ペインまたは下ペインから対象のパーティションをクリックする。

aomei-pa-045

上部メニューの「OSを移行」「データ消去」は 有料の Professional で利用でき、「安全に分割」は AOMEI Partition Assistant の サイトへのリンク、「バックアップ」はAOMEI がリリースしているバックアップソフト「 AOMEI Backupper 」へのリンク、「システムクリーン」は あまり評判のよろしくない IObit がリリースしている 「 Advanced SystemCare 」へのリンクになっており、 AOMEI Partition Assistant Standard では使用しない。

パーティションをリサイズ / 移動

ディスクに作成されている既存パーティションの領域を編集するもので、Windowsで同じ処理を行うとデータが抹消されるが、 AOMEI Partition Assistant Standard ではデータを維持したまま領域の変更が可能。

aomei-pa-047

「 パーティションをリサイズ / 移動 」を実行する前に、対象のパーティションを選択して コンテクストメニュー(右クリックメニュー)から「詳細処理」→「パーティションをチェック」を選択。

aomei-pa-048

「chkdsk.exeを実行してパーティション上のエラーをチェックします」にチェックを入れて「はい」をクリック。

エラーが検出されると修復を試みるので、指示に従ってエラーチェックを完了する。

aomei-pa-049

エラーチェック完了後、サイズを変更するパーティションを選択後 左ナビゲートメニューから「 パーティションをリサイズ / 移動 」をクリックするか、パーティションを選択してコンテキストメニューから「 パーティションをリサイズ / 移動 」を選択。

aomei-partition-assistant-standard-032

サイズ変更できるのはデータが保存されていない空き領域。

「 パーティションをリサイズ / 移動 」では既存パーティションの縮小か、「 未割り当て 」領域が隣接している場合のみ領域の拡大ができる。

サイズの変更は「サイズ」の項目で数値を入力するか、ディスクイメージのポインターをドラッグ。
ポインターはパーティションの前後にあり、パーティションを縮小しながら移動することも可能。

既存パーティションを縮小した場合は 縮小した部分が「未割り当て」領域になる。

aomei-partition-assistant-standard-034

選択したパーティションに隣接したパーティションに空き領域がある場合は、「 パーティション ( * ) から ( * ) へ空き領域を割り当てる」にチェックを入れると、隣接したパーティションの空き領域を使用して ターゲット パーティションのサイズを拡大できる。

パーティションを結合

「 パーティションを結合 」は隣接する領域を結合するもので、それぞれのパーティションに保存されているデータも維持される。

aomei-pa-035

パーティションの結合は 未割り当てを領域を含めたディスク内の構成が表示されるので、選択したパーティションに結合させる領域にチェックを入れる。

aomei-pa-036

結合したパーティションに含まれているデータは 「 * – drive-xxxxx 」というフォルダ内に格納された状態で選択したパーティションに保存される。

パーティションをクローン

パーティションのクローンは 指定したパーティションに保存されているデータを、未割り当て領域にコピーするもので、クローン先は同一ディスクでも他のディスクの未割り当て領域でも可能。

aomei-pa-037

パーティションのクローンを実行する場合は コピー元のパーティション選択後、メニューから「 クローン 」をクリック。

ディスクのクローンと同じで ウィザード形式になっており、クローンのモードもデータが保存されている使用済み領域のみをコピーするものと、ソースのディスクをパーティションを含め完全に複製するモードがあり、使用済みの領域のみ複製するモードではパーティションのサイズを変更することも可能。

aomei-pa-038

ターゲットになるクローン先の未割り当て領域を指定して「次へ」。

aomei-pa-039

パーティションの種類やドライブ文字を任意で設定し、必要に応じてパーティションのサイズを変更する。

aomei-pa-040

自動的に「(ドライブレター)のクローン」というラベルで パーティションのクローンが作成される。

パーティションを作成

パーティションを作成 は 未割り当て領域に 新規パーティションを作成する。

aomei-pa-041

未割当領域を選択して左ナビゲートメニューから「パーティションを作成」を選択。

aomei-pa-042

作成するパーティションは デフォルトで「拡張パーティション」になっているので「プライマリパーティション」に変更したい場合は「詳細」をクリック。

aomei-pa-043

「詳細」ではラベルやパーティションタイプなどの設定が可能。

パーティションの削除

パーティションの削除は 指定したパーティションを「未割り当て」にするもので、実行するとパーティション内のデータは消失する。

aomei-pa-044

削除するパーティションを選択して 左ナビゲートメニューから「パーティションの削除」をクリック。

Standard では「パーティションを高速削除(データを消去せずにパーティションを削除します)」しか選択できないが、(データを消去せずにパーティションを削除します)というのは 「 0 」を上書きしてデータの完全抹消処理をしないという意味で、パーティションを削除して未割り当てにすると 保存されたデータへのアクセスはできなくなる

AOMEI Partition Assistant Pro の購入方法

AOMEI Partition Assistant Pro は 新バージョンに無償アップグレードできる ライフタイム版 ( 無期限 ) のみで 1 ライセンス 約 6,000 円。

AOMEI Partition Assistant Standard では 「 ブータブルディスクの作成 」「 MBR と GPT の形式変換 」「 ダイナミックディスク管理 」などをサポートしていないため、フォーマットせずに「 MBR ⇔ GPT の形式変換 」や「 ダイナミックディスク管理 」に 6,000 円の価値を感じるかが購入の判断基準かも。

AOMEI Partition Assistant Pro 購入ページlink

aomei-partition-assistant-pro-001

AOMEI Partition Assistant Pro 購入ページ から「 Professional 版 」の「 今すぐ購入 」をクリック。

「 生涯アップグレード 」と「 現在のバージョン 」の価格差は 1000円ほどなので 永続的な 無償アップグレードが可能な「 生涯アップグレード 」がお得。

aomei-partition-assistant-pro-002

購入画面になるので必要事項を入力。
支払い方法は「 コンビニ決済 」「 クレジットカード 」「 PayPal 」が利用可能。

決済サービスは ドイツで創業した決済代行サービスで 日本法人もある「 クレバーブリッジ 」。

backupper-058

決済方法を任意で選択して コンビニ決済 は 電話番号 , クレジットカード決済は カード情報 を入力、して「 今すぐ購入する 」をクリック。

PayPal は選択して「 今すぐ購入する 」をクリックすると PayPal のログイン画面になるので ログインして決済。

backupper-059

決済が完了すると注文番号と同時に プロダクトキーが表示されるので コピーする。

メールアドレス宛に送信される「 注文番号xxxxxxxx: AOMEI Partition Assistant Pro ~ 」というメール本文にも プロダクトキー は記載されている。

 





関連記事

hdcleaner-icon

KurtZimmermann HDCleaner のインストールと使い方

多くのツールを実装した無料のオールインワンのディスクメンテナンス フリーソフト  HDCleaner はドイツの Kurt Zimmermann 氏が開発している ディスク メンテナンス のトータルソリューション アプリ […]

aomei-pa-icon

AOMEI Partition Assistant Standard のインストールと使い方

パーティションの変更やディスクのクローンなどが行える定番フリーソフト AOMEI Partition Assistant は ストレージ管理ソフトを開発している中国のソフトウェアベンダー「 AOMEI Technolog […]

gpartedicon

GParted Free Partition Manager のインストールと使い方

USB メモリから起動する 無料のブータブル パーティション エディタ GParted は ディスク パーティション のサイズ変更、コピー、移動、削除、作成が行える無料の パーティション エディタ。 GParted は […]

crystaldisk-icon

CrystalDiscInfo のインストールと使い方

RAIDもサポートしている SSD / ハードディスクの無料診断ツール CrystalDiskInfo は SSD / HDDに搭載されている自己診断機能 S.M.A.R.T(Self-Monitoring, Analy […]

EaseUS-partition-master-icon

EaseUS Partition Master Free のインストールと使い方

パーティションの変更やディスクの最適化が行える無料のディスク管理アプリ EaseUS Partition Master は、データ管理領域を専門に扱う中国のソフトウェアベンダー「 EaseUS(イーザス) 」が開発したパ […]