ExpressVPN for Windows のインストールと使い方

ExpressVPN-icon

ゼロログを第三機関が検証した シンプルでセキュアな VPNサービス

ExpressVPN は 英国領ヴァージン諸島 トルトラ島に登録されている Express Technologies Ltd が運営 ( 開発は Express VPN International Ltd. ) している VPN アプリで、高度な暗号化による セキュアな接続、キルスイッチ や ノーログ、TrustedServer ( VPNサーバを RAMのみで実行 ) の使用による プライバシー保護など 最高クラスのセキュアな環境で通信を確立できる。

ExpressVPN には 無償版 や 試用期間 がなく、利用する場合は サブスクリプションの購入が必要だが、購入後 30日間は返金が保証されている。
プライバシーヘイブン
ExpressVPN が登録されている 英国領ヴァージン諸島は プライバシーヘイブン と呼ばれる 法的に ユーザーのプライバシーが保護されている国で、5アイズ や 9アイズ のように 公的機関から 特定 IP アドレスの監視 や アカウントのロギング を強制されることがない。
透明性
2018年以降 独立した第三機関となる 監査法人 PwC を始め サイバーセキュリティ会社 Cure53 、F-Secure などの監査を受け、監査の結果は ExpressVPN のアカウント管理ページにログイン後、プライバシー&セキュリティ監査のページ で確認できる。
PwCはExpressVPNサーバーを監査して、重要なプライバシー保護を確認します
2021年 ExpressVPN は イスラエルの富豪 Teddy Sagi 氏 が所有する Kape Technologies PLC に買収されたが、Express Technologies Ltd からデータ提供はなく、Kape Technologies PLC 傘下 で独立運営している。
VPN については下記参照
Reports-icon

VPN サービス の 安全性 と 利用のメリット

VPN サービス を利用するメリット と VPNプロバイダ選択時の指標 VPN サービスを利用すると  安全な通信・通信内容の秘匿化・通信の匿名化 の メリットがもたらされるほか、接続サーバを指定することで 接続元の位置 […]

システム要件

バージョン 10. 23. 0 現在

OS:Windows 7 / 8 / 10 / 11

ソフトの入手先

ExpressVPN for Windows 公式サイト

ExpressVPN の 購入方法 ( アカウントの取得 )

ExpressVPN は アプリのインストール前に サブスクリプションを購入して アカウントを取得する。

ExpressVPN-001

公式サイト から「 ExpressVPN を購入する 」をクリック。

ExpressVPN-002

プランを選択。

各プランは サブスクリプションタイプで自動更新が有効になっており、アカウント管理画面 からプラン変更 や サブスクリプションの停止ができる。

ExpressVPN-003

受信可能なメールアドレスを入力し、クレジットカード・PayPal・ビットコインから決済方法を選択して 決済する。

ExpressVPN-004

表示されたパスワードを使用する場合は 無作為で生成されたパスワード を保管して「 このパスワードで続ける 」を選択。

パスワードを設定する場合は「 パスワードの作成 」をクリックして登録。

ExpressVPN-005

アクティベーションコード と アプリのダウンロード ボタンが表示されるので、アクティベーションコード を保管し、アプリをダウンロードする。

アクティベーションコード は メールで送信されないが、アカウント管理画面で確認できる。
試用期間 ( 30日 ) 内の 返金
試用期間内であれば サポート に連絡すると、しつこい勧誘もなく 即日 返金手続きをしてくれる。
メールの場合 日本語で送信しても対応してくれるが 返信メールは 英語。

ExpressVPN のインストール

ExpressVPN のインストーラーに アドウェア や スパイウェアは含まれていない。

ExpressVPN-008

ダウンロードした ExpressVPN のインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

ExpressVPN-009

インストールは自動実行されるので、完了したら「 サインイン 」をクリック。

ExpressVPN-010

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

ExpressVPN-011

アクティベーションコードを入力して「 続行 」。

ExpressVPN-012

常時 VPN接続にする場合は 起動時の自動起動 を「 OK 」で有効にする。

ExpressVPN-013

匿名の利用状況データ送信 を許可する場合は「 OK 」、拒否する場合は「 いいえ 」。

ExpressVPN-014

ホーム画面が表示されたら インストール完了。

設定

ExpressVPN は デフォルト設定で 速度と安全性が確保されているが、プロトコル や キルスイッチなどは手動で変更することもできる。

ExpressVPN-016

設定を変更する場合は ホーム画面 のハンバーガーボタン から オプション を選択。

一般

一般 タブでは  起動設定 や キルスイッチ ( Network Lock ) 、スプリットトンネルの設定をする。

ExpressVPN-017

Windows 起動時に ExpressVPNを起動する
コンピュータ起動時に ExpressVPN を起動。
ExpressVPNを最小化して開始する
ExpressVPN をシステムトレイに格納した状態で起動。
ExpressVPN起動時に最後に使用したロケーションに接続する。
Windows 起動時に ExpressVPNを起動する と併用すると Windows 起動時に VPN へ自動接続する。

ExpressVPN-018

Network Lock は デフォルトで有効。

Network Lock ( キルスイッチ ) は VPN 接続が何らかの原因で切断された場合に、システムがオンライン状態を維持するため 暗号化されていない DNS サーバへ 接続するのを遮断する機能。

ExpressVPN-019

スプリットトンネル を有効にすると「 設定 」で  VPN 接続から除外 または VPN 接続を適用 するアプリの選択ができる。

ExpressVPNの スプリットトンネルは Network Lock と併用可能。
アカウント

アカウント タブの「 アカウント管理 」はアカウント管理画面に アクセスでき、サブスクリプションの停止支払い方法の更新アクティベーションコードの確認請求書の発行 などができる。

プロトコル

ExpressVPN は 自動的に最適なプロトコル ( 通信規約 ) が選択される 自動選択 がデフォルトで、プロトコルを指定することも可能。

自動選択 は デフォルトで 通信速度が早い Lightway-UDP を使用し、環境によって他のプロトコルに切り替わる。
Lightway – UDP ( User Datagram Protocol )
ExpressVPN が開発した 速度 と 安全性 を両立している 最新 VPN プロトコル。
Lightway – TCP ( Transmission Control Protocol )
UDP よりも安定性に優れている。
OpenVPN – UDP ( User Datagram Protocol )
速度・安定性・安全性に優れたオープンソースのプロトコル。
OpenVPN – TCP ( Transmission Control Protocol )
UDP よりも安定性に優れている。
IKEv2
通信速度が早く安全性も高い 最新プロトコル。
L2TP/IPSec
セキュリティレベルが低いため 使用は非推奨。
ExpressVPN は WireGuard をサポートしていないので、Lightway が WireGuard の代替プロトコルになる。
ショートカット

ショートカットでは ホームに表示する アプリ や リンクを編集できる。

ブラウザ

ブラウザ は Google ChromeFirefox の拡張機能を追加できる。

ExpressVPN-020

「 Chromeを追加 」は chrome ウェブストア、「 Firefoxにインストール 」は Firefox アドオンストア の ExpressVPN 拡張機能 のページが開く。

Microsoft Edge や Brave など Chromium 系 のブラウザは Chrome 用の拡張機能を使用。

ExpressVPN-022

拡張機能を追加すると ブラウザ から ロケーションの変更 や VPN のオン / オフ 切替えが可能になる。

ExpressVPN の使い方

ExpressVPN には 匿名性を向上させる機能 や 広告ブロックなどは実装してないが、プランによる機能制限もなく UI もシンプルで使いやすい。

・1アカウントで利用できるデバイス数 : 5 台
・ロケーション : 94カ国 160ヶ所
・P2P 接続 : サポート
・ストリーミングサービス : サポート
・Tor への接続 : サポート

ExpressVPN-023

スマートロケーションは 距離 や 通信速度などから 最適なサーバが選択されており、電源ボタン をクリックすると 選択されているサーバに接続して VPN を確立する。

ExpressVPN-024

ロケーションを変更する場合は 3 点リーダーから 任意のサーバを選択。

DNS 漏れの確認

VPN 接続時に IP アドレスが 正しく保護されているか 確認する場合は 専用サイトを利用する。

スプリットトンネリングを有効にしている場合は テスト前に無効にする。

ipleak.net

ExpressVPN-015

VPN 接続が確立している状態で ipleak.net へアクセスし、Your IP address と DNS Address が同じ IP アドレスで、接続した VPNサーバ の 国が表示されていれば IP アドレスは 匿名化されている。

関連記事

gz-system-purevpn-icon

PureVPN のインストールと使い方

78ヶ国 に 6500 以上 のサーバにアクセスでき、Netflix や P2P 接続も可能な VPNサービス PureVPN は 香港で設立した VPN プロバイダ GZ Systems が提供している VPN サービ […]

AtlasVPN-icon

Atlas VPN のインストールと使い方

セキュアな通信が可能な 最高レベルのフリーミアム VPN サービス AtlasVPN は 2019年に設立した アメリカの VPN プロバイダ Peakstar Technologies が提供している VPN アプリで […]

ProtonVPN-icon

ProtonVPN for Windows のインストールと使い方

無料プランでも最高レベルのセキュアな通信が可能な VPN サービス ProtonVPN は スイスの 電子メール / VPN プロバイダ Proton AG が提供している オープンソースの VPN アプリで、日本語は未 […]

nordvpn-icon

NordVPN for Windows のインストールと使い方

ノーログポリシーを採用し パフォーマンスに定評のある VPN サービス NordVPN は リトアニアの セキュリティプロバイダー NordSecurity が開発している VPN サービスで、VPN に求められる セキ […]

TunelBear-icon

TunnelBear for Windows のインストールと使い方

カナダの VPN プロバイダー TunnelBear が提供する セキュアな VPN 接続 サービス TunnelBear VPN はカナダの VPN プロバイダー TunnelBear LLC が提供している VPN […]