MultCloud の使い方

aomei-multcloud-icon

30 以上の オンラインストレージサービス を横断して ファイルの転送 や 同期、バージョン管理が可能なバックアップができる クラウドストレージ 一元管理サービス

MultCloud は 香港のソフトウェアベンダー AOMEI Technology が開発し、シンガポールに拠点のある MultCloud が運営している オンラインストレージを 一元管理する クラウドアプリケーションで、MultCloud にサインインするだけで 登録しているオンラインストレージサービスにアクセスでき、オンラインストレージ間の ファイル移動 や フォルダ同期 もできる。

ストレージ間の転送量が 月間 30GB まで 基本操作は無料で利用できる。
MultCloud は米国でホストされており、サービスの提供も米国から行われているため、プライバシーポリシー や 利用規約は 米国連邦法およびカリフォルニア州の法律に準拠している。
MultCloud の安全性

MultCloud は オンラインストレージ間の橋渡しをするサービスのため MultCloud にデータは保存されず、データ転送は AES-256 で暗号化されており、登録したオンラインストレージの認証には OAuth 2.0 を使用している。

無料プランの制限

月間 データ転送量 : 5 GB
同時データ転送 : 2 スレッド
スケジュール : 非対応
高速データ転送 : 非対応

MultCloud は 1 GB 以下の単一ファイルのみ アップロード可能で、MultCloud を経由した ファイルのアップロードとダウンロードは転送量に含まれない。

ファイル名 や 転送の制限 などは 各オンラインストレージサービスの仕様に準じる。

システム要件

バージョン 4. 8. 7 現在

ブラウザ : Google Chrome, Firefox, Edge, Opera, Safari ( 最新バージョンの利用を推奨 )

Brave など Chromium 系の ブラウザも利用可。
サポートしているオンラインストレージサービス

Google Drive, Google Workspace, Google Photos, OneDrive, OneDrive for business, Dropbox, Dropbox for business, box, box for Business, SharePoint Online,  Evernote, SugarSync, MEGA, Mediafire, ADrive, hubiC, Flickr, Yandex, Baidu, Cubby, pCloud, MyDrive, Amazon S3, Hidrive, Cloudme, Backblaze, ownCloud, Egnyte, Wasabi, WEB.DE, MySQL, FTP, WebDAV

アクセス先

MultCloud 公式サイト

MultCloud のアカウント

MultCloud をフル機能で利用する場合は アカウントの作成が必要。

ゲストアカウント は メールアドレスなどを登録せずに MultCloud を利用でき、手動でログアウトするか ブラウザの Cookie を削除しない限り使用可能だが、ログアウトすると再アクセスできず、オンラインストレージ間のファイル転送ができないなど機能制限がある。

旧版の MultCloud に切り替えると ゲストアカウントにパスワード設定ができ、パスワードを設定するとゲストアカウント名とパスワードでログインできる。

MultCloud-001

MultCloud 公式サイト の「 今すぐ登録 」をクリック。

MultCloud-002

メールアドレス と パスワード を設定して「 アカウントを作成 」。

MultCloud-003

MultCloud が開いて チュートリアルが表示されるので「 次へ 」で確認するか 閉じる。

MultCloud-004

登録したメールアドレスに 確認メールが送信されているので、30分以内に「 Activate Account 」をクリックしてメールアドレスを認証。

MultCloud-005

アカウントの登録が完了すると フル機能が使用可能になる。

クラウドストレージの登録

認証方式に OAuth 2.0 を採用している 一般的なオンラインストレージサービスは、ログインして MultCloud のアクセスを許可する。

MultCloud-006

左サイドバーから マイクラウドクラウドを追加 から 登録する オンラインストレージサービス を選択。

MultCloud-007

オンラインストレージにログイン。

MultCloud-008

MultCloud のアクセスを許可。

MultCloud-009

MultCloud に追加されて ストレージ内のファイルへアクセスが可能になる。

マルチアカウントで 利用しているオンラインストレージは、任意のアカウントで MultCloud に関連付けを行った後 オンラインストレージサービスの ウェブサイト で ログアウトしてから 再度 別アカウントで MultCloud に追加する。

Synology NAS の登録

MultCloud は WebDAV や FTP をサポートしているので、サーバ設定している NAS にアクセスできる。

NAS の設定

NAS に接続する場合は DDNS を設定して FTP または WebDAV を有効にする

nas-icon

Synology NAS : ダイナミックDNSの設定

Synology NAS に ダイナミックDNS 導入  Synology NAS は Synology のサーバを経由する QuickConnect を使用することで 外部ネットワークから簡単にアクセスできるが、DDN […]

nas-icon

Synology NAS : FTP/ WebDAV の設定

外部アプリから Synology NAS へアクセスを可能にする FTP/ WebDAV の設定方法 Synology NAS は 外部からアクセス設定が簡素化された QuickConnect  を実装しているが、サード […]

MultCloud-010

クラウドを追加NAS が登録されているが FTPWebDAV の選択が可能になっているだけで、FTP で NAS に接続する場合は FTP、WebDAV で接続する場合は WebDAV で設定しても問題ない。

MultCloud-011

NAS に設定したサーバの接続情報を入力する。

WebDAV の設定
サーバー : 取得したドメイン
サーバーポート番号 : NAS で設定した ポート番号
ユーザー名/ パスワード : NAS のログイン情報

MultCloud  の使い方

MultCloud は登録したオンラインストレージ間で  転送同期 ができる。

MultCloud-012

左サイドバーの マイクラウド から 登録した クラウドサービスを開き、ファイル/ フォルダ を選択すると 上部に コントロールメニューが表示される。

ダウンロード は ファイル選択時のみ表示される。

MultCloud-013

コピー先 では クラウドサービス を指定して ファイル/ フォルダを転送できる。

クラウド転送

クラウド転送 は クラウドサービス 間の フォルダ コピーをタスクとして保存する。

コピー先に 同一ファイルが保存されている場合は 上書きされないので、差分のみのデータ転送量になる。

MultCloud-014

左サイドバーの クラウド転送 を選択し、転送元転送先 をクリックして 定期的に コピーするフォルダを指定。

MultCloud-015

タスク名 を編集して「 今すぐ転送 」でタスクを実行。

有料版にアップグレードすると スケジュールが利用できるため、パソコンがオフラインでも 指定した日時に自動でタスクの実行が可能。

MultCloud-016

左サイドバーの タスクリスト には 作成した タスク一覧 が表示され、タスクの ハンバーガーボタン から ログの確認 や タスクの削除、スケジュールの編集などができる。

クラウド同期

クラウド同期は クラウドサービス間の フォルダ 同期をタスクとして保存し、リアルタイム同期 も選択できる。

一方向同期
一方向同期 は 同期元のファイル更新・追加・削除 が 同期先 に反映されるが、同期先のファイル更新・追加・削除は 同期元に反映されない。
双方向同期
同期元 と 同期先 の ファイル更新・追加・削除 が双方に反映される。

現バージョン ( 4. 8. 7 ) では 双方向同期 を選択すると 同期先の更新・追加・削除 は 同期元に反映されるが、同期元の 更新・追加・削除 が同期先に反映されない一方向同期 になってる。

MultCloud-017

左サイドバーの クラウド同期 を選択し、ベーシック同期・リアルタイム同期 と 同期元・同期先 を指定。

ベーシック同期
無料版は 手動でタスクの実行が必要で、有料版は スケジュール設定が可能。
リアルタイム同期
無料版でも利用でき、同期元・同期先の監視を行って 変更を検知するとタスクが実行される。
双方向同期 は 正しく同期されないため利用不可。

クラウドバックアップ

クラウドバックアップ は クラウドサービス 間の フォルダを コピーをタスクとして保存し、バックアップしたフォルダは バージョン管理 と 指定したバージョンから復元できる

MultCloud-018

バックアップ元 と バックアップ先 を設定。

MultCloud-019

バックアップのタスクには 復元バージョン のメニューがあり、復元 を選択すると 過去のバックアップ一覧 から 復元するバージョンを指定できる。

接続に失敗する場合 と クラウドの削除

MultCloud 起動後に 登録している クラウドサービスへの接続に失敗することがある。

MultCloud-020

マイクラウド のホーム画面で 失敗しました! と表示された場合は、クラウドサービスを再登録する。

MultCloud-021

削除するクラウドサービス にマウスカーソルを合わせ、コンテキストメニューから 削除 で登録を削除した後、クラウドを追加 から 再登録して アクセスを許可する。

関連記事

Dropbox-icon

Dropbox デスクトップアプリ のインストールと使い方

ファイル同期 や バックアップ、ファイル転送などができる 多機能 オンラインストレージアプリ Dropbox は 米国のオンラインストレージプロバイダ Dropbox, Inc が運営している オンラインストレージサービ […]

Google-Drive-icon-1

パソコン版 Google ドライブ のインストールと使い方

自動バックアップ機能を実装した Google ドライブ のデスクトップアプリ パソコン版 Google ドライブは Google が提供しているデスクトップ用の同期アプリで、クラウド上の Google ドライブ とストリ […]

Dropbox-icon

ウェブ版 Dropbox のインストールと使い方

ワークスペースツール や 電子署名 などを利用できる オンラインストレージサービス Dropbox は 米国のオンラインストレージプロバイダ Dropbox, Inc が運営している オンラインストレージサービスで、ウェ […]

aomei-multcloud-icon

MultCloud の使い方

30 以上の オンラインストレージサービス を横断して ファイルの転送 や 同期、バージョン管理が可能なバックアップができる クラウドストレージ 一元管理サービス MultCloud は 香港のソフトウェアベンダー AO […]

cyberduck-icon

Cyberduck for Windows のインストールと使い方

主要なクラウドストレージにアクセスできる オープンソース の無料 クラウドストレージブラウザ Cyberduck は スイスのソフトウェアベンダー iterateGmbH が開発している オープンソースの クラウドストレ […]