Evernote for Windows のインストールと使い方

evernote-icon

多機能な オールインワン メモ取り クラウドアプリケーション

Evernote は メモの入力 や ウェブページのクリップ , ファイルの保存など 様々な情報を収集して 整理する クラウドタイプの オーガナイザーアプリ。
月間のアップロード容量に制限はあるが 保存するデータ量に制限がないため、使い込むほどに データベース としての価値が向上していく。

Evernote には 無料で利用できる Basicプラン が用意されているが、Basic プランは 同期可能な デバイスが 2 台 ( Web版 にアクセスする場合は 1台 ) に制限され 月間アップロード容量も 60MB で PDF ファイル や ドキュメントファイルの文字検索をはじめ 利用できない機能が多い。
プランの比較
ベーシック – 無料
ノートサイズ上限 : 25 MB
月間アップロード容量 : 60 MB
同期可能デバイス : 2 台
プレミアム – 600円/月
ノートサイズ上限 : 200 MB
月間アップロード容量 : 10 GB
同期可能デバイス : 無制限
Evernote は 2016年 6月に Basic プランの 同期可能なデバイスを 2台 に制限し、同年 12月に Evernote の従業員が ユーザーのノートの内容確認を可能する プライバシーポリシーの変更を通達し 猛批判を浴びて撤回。
現在 Evernote のデータは Google Cloud に暗号化された状態で安全に保管されているが、法執行機関からの要請があった場合は ユーザーのコンテンツ情報を開示できる。
Evernote -法執行機関向けの情報

システム要件

バージョン 10. 10 現在

OS : Windows 10 ( 32 & 64 bit )

ソフトの入手先

Evernote アカウント作成ページ

Evernote デスクトップアプリダウンロード



Evernote のアカウント取得 と インストール

Evernote は デスクトップアプリをインストールすると オフラインでも利用可能になる。

アカウントの作成

Evernoteを利用するためには初めにアカウントの取得が必要で、Googleアカウント / Apple ID の使用も可能。

evernote-for-windows-002

Evernote アカウントを作成する場合は「 メールアドレス 」と「 パスワード 」を入力して「 続ける 」をクリック。

evernote-for-windows-003

アカウントが作成されると Web版 Evernote にログインした状態になる。

インストール

Evernote のインストールは セットアップウィザード形式になっているが 設定項目はなく 自動でインストールされる。

evernote-for-windows-004

使用許諾書を確認して問題なければ「 ライセンス同意書の利用規約に同意する 」にチェックを入れて「 次へ 」をクリック。

evernote-for-windows-005

インストールが完了したら アカウント情報 を入力するか Googleアカウント / Apple ID を使用してログイン。

evernote-for-windows-006

Widnows Defender ファイヤーウォール でブロックされた場合は「 アクセスを許可 」。

evernote-for-windows-007

ウェブ版 と同じ UI をした デスクトップアプリケーション が開く。

Evernote Web Clipper – ブラウザ 拡張機能

Evernote Web Clipper は ブラウザ で 閲覧しているウェブページをノートとして取り込む事ができる ブラウザの拡張機能。

Evernote Web Clipper 入手ページ

サポートブラウザ
Chrome / Safari / Firefox / Opera / Microsoft Edge
Evernote バージョン 10.0 以降は「 オプション 」メニューが削除されたため IE の拡張機能は使用不可。

evernote-for-windows-010

Evernote Web Clipper 入手ページ の「 WEB クリッパーを入手 」をクリックすると 使用しているブラウザの Evernote Web Clipper インストールページが開く。

evernote-for-windows-011

拡張機能をインストール。

evernote-for-windows-013

ブラウザで表示中の ページを Evernote に保存する場合は 追加した Evernote Web Clipper のアイコンをクリック。

evernote-for-windows-014

クリップ形式 を「 記事 」「 簡易版の記事 」「 ページ全体 」「 ブックマーク 」「 スクリーンショット 」から選択。

クリップの形式を変更するとプレビューで 保存される内容を確認できる。
「 スクリーンショット 」は ブラウザの表示部分を ドラッグして選択するか クリックして全体を撮ることが可能で、取り込んだ画像には「 注釈ツール 」を使用して 矢印 や コメント , マーカーなどを追加できる。

設定

旧バージョン では Evernote が使用する データベースの保存先 を変更できたが、現バージョン ( 10. 10 ) では「 ツール 」メニューから「 オプション 」が削除されているため デスクトップアプリでの 設定は ほとんどできない。
画像の文字認識

Evernote は Basicプラン でも 画像の文字を認識して 検索できるが 初期設定では「 英語 」のみになっている。

evernote-for-windows-020

日本語も 認識させる場合は 「 ツール 」から「 アカウント情報 」を選択。

evernote-for-windows-021

「 個人設定 」の「 言語 」にある「 文字認識に使用する言語 」で「 日本語 – English 」を選択して「 変更を保存 」。

画像の文字認識は 検索する文字数に比例して精度が低下する。
Evernote の データベース
Evernote のデスクトップアプリは Cドライブ にある隠しフォルダ「 AppData 」フォルダ内の「 Lacal 」や「 Roaming 」フォルダに インストールされるが、旧バージョンにあった「 Database 」フォルダは 存在せず ノートのデータは キャッシュとして保存されている。

Evernote の使い方

Evernote は 様々なデータを「 ノート 」に保存し 「 ノートの整理 」が Evernote を使いこなすポイントになる。

evernote-for-windows-007

「 ホーム画面 」では「 最近使用したノート 」と ノートの内容によって分類される「 最近保存した内容 」, ノートとして保存しない 一時メモ機能「 スクラッチパッド 」が表示される。

ノート

ノートは Evernote の基本単位で メモ や Webページのクリップ , 画像 , 添付ファイル などは 全て「 ノート 」として保存される。

evernote-for-windows-015

ノートを追加する場合は「 新規のノート 」をクリック。

evernote-for-windows-016

ノートは テキストエディタ になっており 画像 や PDF などのファイルは ノートにドラッグ するか「 + 」の「 添付ファイル 」から追加する。

「 + 」からは 表 や チェックボックなどを ノートに追加できる。
旧バージョンの「 写真 」は Webカメラで撮影できたが 現バージョンは ファイルエクスプローラが開くだけで ファイルの添付しかできない。
旧バージョンにあった 音声録音 と 再生機能も 使用不可。
スケッチ

「 + 」メニューにある「 スケッチ 」は フリーハンドで描ける キャンバスが開く。

evernote-for-windows-017

「 Done 」で確定すると 画像ファイルとして ノートに追加される。

Googleドライブ

Googleアカウント へのアクセスを許可することで Googleドライブに保存されているファイルをリンクとして Evernote に添付できる。

evernote-for-windows-018

「 + 」メニューにある「 Googleドライブ 」を選択すると 初回のみ アクセス許可が必要になる。

Googleアカウントへのアクセスを許可すると Googleドライブへのフルアクセスだけでなく 連絡先 と カレンダー へのアクセスも許可される。

evernote-for-windows-019

アクセス許可後 は「 + 」メニューの「 Googleドライブ 」を選択すると Googleドライブが 別ウインドウで開くので 添付するファイルを選択して「 Select 」。

添付ファイル を開く際には Googleアカウント へログインが必要。
マージ

「 マージ 」は 同一ノートブック内の ノートを 1つにまとめる機能。

evernote-for-windows-023

「 Ctrl 」キー を押しながら 1つにまとめる ノート を クリックして指定すると メニューが表示されるので「 マージ 」を選択。

選択可能なのは同じノートブック内のノートに限られ、ノートブックをまたいだノートの選択は不可。
マージ は 既存のノートを連結するのではなく  新規ノートに 内容をコピーしているため マージされたノートを後から分割することはできないが、元のノートがゴミ箱へ移動されているため ゴミ箱 から 復元が可能。

ノート の 検索 と 整理

Evernote は強力な検索機能があり 有料プランであれば ノートに添付している 画像の文字 や PDFファイル内の文字も 検索対象になるが、無造作に ノートを蓄積してしまうと 検索で 目的のノートを探すのが難しくなるため、ノートは「 ノートの題名 」「 ノートブック 」「 スタック 」「 タグ 」を使用して 管理する。

ノートブック

「 ノートブック 」はノートをまとめたもので 作成したノートは すべて ノートブックに追加される。

evernote-for-windows-024

ノートブック は 左サイドバーの「 ノートブック 」で 管理する。

デフォルトは「 最初のノートブック 」にノートが追加されており「 新規ノートブック 」で ノートブックを 追加していく。

evernote-for-windows-025

ノートブックの名前を変更する場合は 左サイドバー から 変更するノートブックを選択し、ノートブックのメニュー ( ノートリスト ) から「 ノートブックの名称を変更 」を選択。

表示されている「 F2 」のショートカットは「 ノート 」のタイトル変更で、旧バージョンで利用できたコンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) も使用できない。

evernote-for-windows-033

ノートを作成すると 上部に 保存先の ノートブック名 ( 既定のノートブック ) が表示されているので 任意の ノートブックに保存する場合は「 ノートを移動 」をクリックして移動先のノートブックを指定する。

既定のノートブック

「 既定のノートブック 」は 新規ノートを追加した際に デフォルトで使用されるノートブック。

evernote-for-windows-026

既定のノートブックを変更する場合は 左サイドバー から 変更するノートブックを選択し、ノートリストのメニュー から「 既定のノートブックとして設定 」を選択。

ローカルノートブック
旧バージョンで実装していた サーバと同期しないノートブック「 ローカルノートブック 」は バージョン 10 で 機能が削除されている。
スタック

「 スタック 」は 作成したノートブックをカテゴリー分けできる 本棚機能。

evernote-for-windows-027

 

スタックを作成するには ノートブックを選択し、ノートリストのメニュー の「 スタックに追加 」から「 新規スタック 」を選択。

evernote-for-windows-028

作成するスタック名を入力して「 作成 」。

evernote-for-windows-030

選択したノートブックが「 スタック 」の入れ子になる。

evernote-for-windows-031

ノートブックをドラッグすると スタックを 移動できる。

現バージョンでは スタック名 の変更ができないため 名前を変更する場合は 新規スタック を作成して 移動が必要。

evernote-for-windows-032

スタックから外す場合は ドラッグ時に表示される左サイドバー の上部にドロップする。

スタック内が空になると スタックは自動的に削除される。
タグ

「 タグ 」は ノートにつける 管理用のキーワード。

evernote-for-windows-034

 

タグ を追加する場合は ノートの下にある「 タグを追加 」をクリックするか「 F3 」キーを押して 任意のキーワードを入力。

evernote-035

タグの追加は サジェスト機能が有効なので 先頭の文字を入力すると既存のタグが表示される。

タグは入力されたキーワードが自動的に追加される。

evernote-036

作成されたタグの削除は 左サイドバー の「 タグ 」を選択し「 タグ リスト 」から 削除するタグのメニューを開き「 タグを削除 」。

検索

Evernote は 検索機能が優れており Basicプラン でも ノートに添付された 画像ファイル内の文字が検索対象になり、有料プランでは PDF や Officeドキュメント内 の文字も検索対象になる。

evernote-022

通常検索では「 ノートの題名 」「 本文 」「 添付された画像に含くまれる文字列 」が 検索対象になる。

evernote-037

検索結果はフィルタを使用することで「 ノートブック 」や「 タグ 」など範囲を絞って検索できる。

検索オプション

Evernote は 特定の演算子を追加することで検索の精度を高めることができる。

Evernote高度な検索構文の使い方

ショートカット

ノート や ノートブック , タグ など 左サイドバーに表示されている項目は ショートカットを作成してアクセスを効率化できる。

evernote-038

ショートカットは「 ノート 」「 ノートブック 」「 タグ 」から 任意のアイテムを「 ショートカット 」の スペースにドラッグして追加。

エクスポート

ノートが 増えて Evernote の パフォーマンスが低下している場合は 長期間使用していない ノートブック をエクスポートして バックアップし Evernote から削除する。

evernote-039

ノートブックのエクスポートは エクスポートするノートブックを選択して ノートリストのメニューから「 ノートブックをエクスポート 」を選択。

evernote-040

エクスポートしたファイルを Evernoteに取り込む場合は「 ファイル 」から「 インポート 」。

evernote-041

インポートするとノートブックのタイトルに ( インポート済み ) と追加される。

旧バージョンでは インポートしたノートブックは ローカルノートブック として取り込めたため アップロード容量を消費することはなかったが、現バージョンは ローカルノートブック機能が削除されているので インポートしたノートブックは サーバに同期されて アップデート容量を消費する。

 





関連記事

nimbus-note-icon

Nimbus Note for Windows のインストールと使い方

独立したワークスペースで ノートを管理できる 多機能 オーガナイザーアプリ Nimbus Note は 米国のソフトウェアベンダー「 Nimbus Web Inc 」が開発 / 提供している オーガナイザーアプリで、Sl […]

keep-icon

Google Keep の使い方

リマインダー 機能を実装したクラウドタイプの便利な無料メモアプリ Google Keep はクラウドのメモサービス。 Keep は Google カレンダーや Gmail とシームレスに連携しているため、メールの定型文を […]

evernote-icon

Evernote for Windows のインストールと使い方

多機能な オールインワン メモ取り クラウドアプリケーション Evernote は メモの入力 や ウェブページのクリップ , ファイルの保存など 様々な情報を収集して 整理する クラウドタイプの オーガナイザーアプリ。 […]





タイトルとURLをコピーしました