Google Keepの使い方

keep icon
LINEで送る
Pocket

Google Keepはクラウドのメモサービス。
KeepはGoogleカレンダーGmailとシームレスに連携しているため、メールの定型文を保存したり、カレンダーにリマインダーとして追加したり、GmailやGoogleカレンダーの機能補完としても使い勝手が良い。

システム要件

PC版のGoogle KeepをサポートしているブラウザはGoogle Chrome、Firefox、IE、Edge、Safariの最新版と、その1つ前のバージョンになり、CookieとJavaScriptは有効になってることが前提条件。

※ブラウザに関しては最新バージョンの使用を推奨。

GOOGLEアカウント

Googleカレンダーを使用するにはGoogleアカウントが必須なので、アカウントを持っていない場合は、事前にGoogleアカウントを取得しておく。

google

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む



使用方法

Gmail・Googleカレンダーを利用している場合は、それぞれ右側にサイドパネルが表示され、デフォルトでToDoリストとKeepへアクセス可能になっている。
いずれも直接Keepに入力可能になっており、ワンクリックでKeepを開くこともできる。
また、ChromeやFirefoxでは拡張機能(プラグイン)を追加することで更に使い勝手が向上する。

メモを入力するだけならGmail・GoogleカレンダーのサイドパネルにあるKeepのアイコンをクリックすると入力が可能になる。

Keepのページへは上部のアイコンからアクセスできる。

GmailやGoogleカレンダーのサイドパネルではメモのタイトルと内容のみ入力可能で、タイトル・内容いずれかを入力して「完了」をクリックすれば保存される。

メモにチェックボックスを付けて「リスト化」したい時は、右上のアイコンをクリック。

ToDoリストと同様の機能でチェックボックスにチェックを入れると完了になる。

リマインダー

Keepはリマインダーという「お忘れ防止機能」を実装しており、Googleカレンダーで管理する際に、ToDoリストと棲み分けができている。

ToDoリストは一般的に「タスクの期限」を設定するが、期限を過ぎたタスクはToDoリストに残ったまま日付が赤色になるだけで、カレンダーでは通常の予定と同様に完了・未完に関わらず、指定日時が過ぎるとタスクは過去のものになる。
一方、keepのリマインダーは指定日時が過ぎても、タスクを「完了」とマークにするまで通知される。

Keepのリマインダーは「日時」と「場所」が可能で、「場所」はスマホなどのモバイルデバイスで位置情報が有効で、Keepに位置情報へのアクセスをを許可していると、設定した地点に到着すると通知されるようになる。

「日時」と「場所」を同時に設定することは出来ず、Googleカレンダーへは「日時」を設定したメモのみ表示される。

リマインダーはKeepのページでのみ設定可能。
リマインダーを設定するメモにマウスオーバーすると下部にメニューが表示されので「ベル」アイコンをクリック。

デフォルト設定されている時刻を選択するか、任意の日時を指定する場合は「日付と時間を選択」をクリック。
「場所」のリマインダーを設定するなら「場所の選択」をクリック。

「日付と時間を選択」では任意の日時を指定して「保存」。

「場所」の場合はランドマークや住所を入力。

※スマホで「場所」のリマインダーが動作しない場合はKeepの「位置情報」へのアクセスが有効になっているか要確認。
テストで利用したHTCのAndroid One(X2-HT)では、位置情報が有効で、Keepの位置情報へのアクセスも有効な状態でも、「位置情報を有効にしてください」という通知が表示され、デバイスをリセットすることで使用可能になった。

リマインダーを設定するとスマホなどで通知される。

Windowsでも通知を有効にしていると通知される。

図形・画像付きメモ

Keepのページでは文字だけでなく図形や画像の追加でき、リマインダーの設定も可能。

入力フォームの右にあるアイコンは左から「リスト・図形・画像」。

「図形」を選択すると図形の作成ページが表示される。

図形には「選択」「消しゴム」「ペン・マーカー・蛍光ペン」「グリッド」のメニューがあり、ペン・マーカー・蛍光ペンはカラーと線の太さが選択できる。

ペンやマーカーの描画はマウスのドラッグのみで、直線や円を描く機能がないため、地図などを作成する際はグリッドを利用すると便利。

消しゴムアイコンを選択後、ペンやパーカーで描いたオブジェクトをクリックすると消去され、消しゴムアイコンのリストから「ページをクリア」で描いたオブジェクトが全消去される。

 

「画像」では任意の画像ファイルを指定すると、メモに取り込まれた状態になる。

ラベル

登録したメモはGmailのようにラベルを使用して分類することができる。
ただしGmailのようにラベルをネスト(入れ子)することはできない。

ラベルは「ラベルの編集」から作成する。

メモ入力時に「#」を入力するとラベルの選択ができ、任意の文字を入力すると新規ラベルとして追加される。

「ラベル」で任意のラベル名を選択すると、ラベルを付けたメモが抽出表示される。

アーカイブと削除

メモはリマインダーで「完了」マークを付けても「アーカイブ」もしくは「削除」するまで表示される。

「アーカイブ」は「メモ」の一覧から保存用の領域に移動させるもので、左ナビゲーションメニューの「アーカイブ」で確認できる。
一方の「削除」は「メモ」の一覧からゴミ箱に移動させるもので、移動した7日後に自動的に抹消される。

共同編集

共同編集はメモを共有する機能で、共有相手のGoogleアカウントで使用しているメールアドレスを指定することで、共有相手のKeepに同じメモが表示されるようになる。

共有するユーザーの追加はメモの下部メニューにある「共同編集者」アイコンをクリック。

共有相手のGoogleアカウントで使用しているメールアドレスを入力すると、相手のKeepにメモが表示される。

共有しているユーザーはメモに表示され、「共同編集者」アイコンからユーザーを削除するだけで共有の解除は可能だが、共有したメモについては共有相手も別のユーザーに共有設定ができるため、共有するメモには注意が必要。

ブラウザ拡張機能

ChromeやFirefoxにKeepの拡張機能(プラグイン)を追加することで、表示しているウェブページのURLをKeepに保存することができる。

Keepで保存できるのはページのURLのみなで、保存した理由などをメモとして入力しておくと、後で見返した際に意外と重宝する。

また、Evernoteのウェブクリップのように「クリップを保存中」の状態が継続するようなこともなく、ストレスフリーで保存が可能。

ブラウザで表示されている内容は、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)からも保存できる。





Google関連サービス

Google Document icon

Googleドキュメントの設定と使い方

GoogleドキュメントはGoogleが提供しているクラウドアプリケーションで無料のワープロソフト。 クラウドアプリケー … “Googleドキュメントの設定と使い方” の続きを読む

googlecalendar icon

Google カレンダーの設定と使い方

GoogleカレンダーはGmailとともに代表的なGoogleのクラウドアプリケーションで、ToDoリスト・Keep・G … “Google カレンダーの設定と使い方” の続きを読む

keep icon

Google Keepの使い方

Google Keepはクラウドのメモサービス。 KeepはGoogleカレンダーやGmailとシームレスに連携している … “Google Keepの使い方” の続きを読む

chrome remote desktop icon

Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方

ウェブブラウザ「Google Chrome」の拡張機能として提供されている「Chromeリモートデスクトップ」は、Goo … “Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方” の続きを読む

gmail icon

Gmailの設定と使い方(基本操作編)

GmailはGoogleが提供している大容量ウェブメールで、HotmailやYahoo mail、goo mailなどフ … “Gmailの設定と使い方(基本操作編)” の続きを読む





LINEで送る
Pocket