スポンサーリンク

Google カレンダー の設定と使い方

Gmail や Googleマップ と連携したした スケジュール管理アプリ

Googleカレンダー は Gmail / ToDoリスト / Keep など 他の Googleサービスとシームレスに連携したスケジューラーで ウェブアプリ と モバイルアプリが提供されており、リマインダー や タスク機能 のほか アドレス帳に 入力された誕生日の表示 や カレンダーの共有 などができる。

2018年 9月に ToDoリストと Keep を共存させる形で タスク と リマインダーの同時使用が可能になった。

システム要件

OS:対応ブラウザがサポートしているバージョン
対応ブラウザ:Chrome / Firefox / Edge / Safari

ブラウザ は 最新バージョンと 1つ前のバージョンのみサポート
Cookie と JavaScript は 有効になってること。
Google アカウント

使用するには Googleアカウントが必須。

google

Googleアカウントの 取得 と 設定

Google の各種サービス利用に必要な アカウントの作成 と セキュリティ設定 Googleアカウントは Googleが提供している Gmail , YouTube , Chromeブラウザ , Google Driv […]

Android アプリの入手先

GooglePlayストア Google カレンダー ダウンロードページ



Androidアプリの アクセス権限

  • USBストレージの内容を変更または削除する
  • USBストレージの内容を読む端末上のアカウントの検索
  • カレンダーのイベントと機密情報の読込み
  • カレンダーイベントの追加と変更、ユーザー知らせずゲストにメールを送信
  • デバイス内のアカウントを検索
  • 連絡先の読込み
  • 電話番号に直接電話する
  • おおよその位置情報の取得(ネットワーク基地局)
  • アカウントの追加と削除
  • 同期統計の読み取り
  • サブスクリプションフィードの読み取り
  • サブスクリプションフィードの書き込み
  • インターネットからデータを受信する
  • 設定済みアカウントを表示
  • Google Mail
  • Google サービス設定の読み取り
  • 同期設定の読み取り
  • デバイスのスリープの無効化
  • ネットワーク接続の表示
  • Bluetoothデバイスとのペアリング
  • アプリのストレージスペースを測定
  • デバイスでアカウントを使用する
  • ネットワークへのフルアクセス
  • バイブレーションの制御
  • Bluetooth設定へのアクセス
  • 起動時の実行
  • 同期のオン/オフの切り替え

Googleカレンダー の使い方

Googleカレンダーは 1つのスケジュール表に 予定を 詰め込むのではなく 複数のスケジュール表を 一元管理でき、Gmail や Google ToDoリスト , Keep を併用することで 多機能な管理ツールになる。

google-calendar-001

Googleカレンダー へのアクセスは ブラウザで Google のトップページを開いて 右上にある アプリメニューから「 カレンダー 」をクリックするか https://calendar.google.com/calendar/  へ直接アクセスする。

Googleアカウントにログインしていなければ ログインを求められる。

google-calendar-002

モバイルアプリは Google Playストア から インストール。

マイカレンダー

Googleカレンダーは デフォルトで「 予定 」「 ToDoリスト 」「 リマインダー 」が「 マイカレンダー 」に登録されている。

google-calendar-017

ウェブアプリでは 左サイドバーに「 マイカレンダー 」が表示されている。

ウェブアプリは デフォルトで「 予定 」が ユーザー名になっている。

google-calendar-007

モバイルアプリでは 左上のハンバーガーボタンをタップ。

google-calendar-018

マイカレンダーに登録している カレンダーが表示される。

スケジュールの作成

スケジュールの登録は「 予定 」「 ToDoリスト 」「 リマインダー 」から タスクに適した 項目を選択して 内容を入力する。

スケジュール登録後に  予定 / ToDoリスト / リマインダー の 変更は不可。

google-calendar-024

ウェブアプリでは カレンダーから スケジュールを登録する 時間帯をクリックすると 登録画面が表示されるので「 予定 」「 ToDoリスト 」「 リマインダー 」から登録する項目を選択。

google-calendar-025

モバイルアプリでは カレンダーの右下に表示されている「 + 」アイコンから「 予定 」「 ToDoリスト 」「 リマインダー 」を 任意で選択。

「 ゴール 」は 運動 や 掃除 など カテゴリー別に ウィザード形式で 自動的に予定を作成する機能で、リマインダーと同じように「 完了とする 」でタスクが「 完了済み 」になる。
予定

「 予定 」は スケジュールを登録する 基本のカレンダー。

google-calendar-026

スケジュールは「 タイトル 」と「 日時 」のほか 通知する時刻 や 場所 などの情報を登録できる。

「 通知 」は デフォルトで 予定時刻の3 0分前に実行されるが  Widnows / Android 通知設定で Googleカレンダー の 通知 を有効にしないと 通知されない。
通知のタイミングと 回数 は 任意で設定できる。

google-calendar-040

複数のカレンダーを追加している場合は カレンダーアイコン から スケジュールを追加するカレンダーを指定。

google-calendar-027

「 場所 」は Googleマップ と連動しておりランドマークは 画像も表示される。

「 場所 」に入力した住所 を クリック / タップ すると Googleマップ で位置情報が表示される。

googlecalendar-055

「 デフォルトの公開設定 」「 予定あり 」の項目は カレンダーを共有設定している場合に使用するもので「 予定のあり / なし 」は 予定の内容を閲覧する権限がない共有ユーザーに対しての表示設定。

Google Meet

「 ビデオ会議 」は組織的に Googleのグループウェアを導入している際に使用する項目で「 Google Meet に参加する 」を選択すると予定に「 Google Meet に参加 」というリンクが表示され リンクからシームレスに ビデオ会議へ参加できる。

モバイルデバイスでは Googleカレンダー のほかに Google Meet アプリ が必要だが、ウェブアプリでは ブラウザにウェブカメラへのアクセス許可を与えるとビデオ会議に参加できる。
Gmail からの追加

Googleカレンダー には Gmail をスキャンして フライトなどの情報を 自動的に「 予定 」として追加する機能があり デフォルトで有効になっている。

google-calendar-031

ウェブアプリは「 設定 」の「 Gmail からの予定 」, モバイルアプリは ハンバーガーボタンから「 設定 」の「 Gmail から予定を作成 」で 設定を変更できる。

Gmailから追加される予定は 全て デフォルトの メインカレンダーに登録され、登録された内容の変更はできない。
ToDoリスト

ToDoリストは「 タスク ( すべき事 ) 」を登録するもので Google ToDoリスト で「 日時 」を設定すると カレンダーに表示され、カレンダーに登録した タスク も ToDoリスト で確認できる。

google-todo-list-icon

Google ToDoリストの使い方

使い勝手が向上した無料の仕事効率化の定番ツール Google ToDoリストは タスクの登録 と 日時設定 ができる Gmail / Googleカレンダー の 拡張機能 で、Gmailと Google カレンダーを横断 […]

google-calendar-028

「 タスク 」は の入力項目は ToDoリスト と同じで タイトル と 内容のみ。

google-calendar-023

完了したタスクは 「 完了とする 」で 完了済みにしないと アプリの ToDoリストに 未完のタスクとして 残った状態になる。
リマインダー

リマインダー ( お忘れ防止機能 ) は「 予定 」と異なり 登録したタイトルが「 完了 」にマークされるまで 翌日に繰り越される。

google-calendar-021

リマインダーの入力項目も タイトル と 内容のみで、完了していない リマインダーは 翌日の「 終日 」欄に 表示される。

google-calendar-023

タスクが完了した リマインダーは 詳細を開いて「 完了とする 」で「 完了済み 」になる。

Keep で設定した リマインダーは カレンダーに表示されるが、カレンダーで登録したリマインダーは Keep には反映されずに カレンダーの中で完結する。
ToDoリストのアプリ から 未完のリマインダーを ToDoリスト に追加することもできる。
keep-icon

Google Keep の使い方

リマインダー 機能を実装したクラウドタイプの便利な無料メモアプリ Google Keep は 多機能なクラウドタイプのメモサービスで、Googleアカウント で同期されるので パソコン や スマホ など マルチデバイス環 […]

Keep の リマインダーは「 場所 」を設定できるが  Googleカレンダー のリマインダーは日時のみ。
カレンダーの追加

カレンダーの追加は ウェブアプリのみ可能で プライベート と 仕事 など カテゴリー別にカレンダーを作成して 管理できる。

作成したカレンダーは モバイルアプリで表示される。

google-calendar-032

左サイドバーにある「 他のカレンダー 」の「 + 」から「 新しいカレンダーを作成 」を選択。

google-calendar-033

「 設定 」の「 新しいカレンダーの作成 」が開くので「 名前 」にカレンダーのタイトルを入力して「 カレンダーを作成 」で「 マイカレンダー 」に追加される。

祝日の追加

Googleカレンダー に祝日を表示する場合は カレンダーの追加が必要。

google-calendar-009

ウェブアプリでは左サイドバーにある「 他のカレンダー 」の「 + 」から「 関心のあるカレンダーを探す 」を選択。

google-calendar-010

「 地域限定の祝日 」のリストを展開して「 日本の祝日 」を有効にする。

google-calendar-011

「 他のカレンダー 」に「 日本の祝日 」が追加されているので チェックを入れて カレンダーに表示。

google-calendar-012

モバイルアプリでは ハンバーガーボタンをタップして「 祝日 」にチェックを入れる。

誕生日

Google 連絡先 」に 誕生日を登録している場合は 誕生日が表示される。

モバイルデバイスの場合 Googleアカウント へ保存されている アドレス帳のデータのみが 誕生日の表示対象で、デバイス( ローカルストレージ ) に保存 しているデータは対象外。

google-calendar-013

ウェブアプリでは 左サイドバーの マイカレンダーにある「 誕生日 」にチェックを入れて表示。

google-calendar-014

「 マイカレンダー 」に「 誕生日 」が表示されていない場合は「 設定 」の「 関心のあるカレンダーを探す 」にある「 連絡先 」を有効にする。

google-calendar-015

モバイルアプリでは デフォルト設定で 有効になっている。

google-calendar-016

モバイルアプリでは Google連絡先 から 誕生日を削除しても反映されない不具合があり、表示されている 誕生日を 非表示にしたい場合は Google連絡先から該当の登録を一旦削除して カレンダーを更新後 Google連絡先 で削除した 連絡先を復元する。

カレンダーの表示形式

ウェブアプリの Googleカレンダー は「 日 」「 週 」「 月 」「 年 」「 スケジュール 」「 5 日 」の表示形式があり、モバイルアプリには「 年 」表示がなく「 5 日 」が「 3 日 」になっている。

google-calendar-003

ウェブアプリでは デフォルトで「 5日 」になっており リストから 表示切り替えができる。

表示形式を切り替えると 次回から選択した表示形式に設定されるが「 年 」は不可。

google-calendar-005

ウェブアプリで カレンダーの表示形式を 編集する場合は「 設定メニュー 」から「 設定 」を選択。

google-calendar-006

「 ビューの設定 」で「 週の始まり 」や「 5 日 」を任意の日数に変更できる。

「  週末を表示する 」のチェックを外すと 土曜日 / 日曜日が非表示なる。

google-calendar-007

モバイルアプリは「 予定 」「 タスク 」「 リマインダー 」をピックアップ表示する「 スケジュール 」でデフォルト表示で、表示形式を 変更する場合は 左上のハンバーガーボタンをタップ。

google-calendar-008

モバイルアプリには カスタムビューの設定はなく「 3 日 」の日数変更は不可。

名前の変更

カレンダーは名前 や 表示カラーを変更できる。

ウェブアプリで デフォルトに設定されている ユーザー名 のカレンダーは 名前を変更できるが、変更が反映されるのは ウェブアプリ上だけで モバイルアプリは「 予定 」で固定されている。
ToDoリスト / リマインダー は変更不可。

google-calendar-034

ウェブアプリでは「 設定 」の「 マイカレンダーの設定 」で 変更するカレンダーを選択して「 名前 」を変更。

google-calendar-035

モバイルアプリでは ハンバーガーボタンから「 設定 」を開き 変更するカレンダーを選択、「 名前 」をタップして 修正する。

表示カラーの変更

カレンダーの表示カラーは 変更できるが カスタムカラー は ウェブアプリでのみ指定可能。

google-calendar-036

ウェブアプリでは 左サイドバーの マイカレンダーから 表示カラーを変更するカレンダーの 3点リーダー を開きて 任意のカラーを指定。

google-calendar-037

「 + 」をクリックすると カラーパレットが表示されるので カスタムカラーを指定できる。

google-calendar-038

モバイルアプリでは ハンバーガーボタンから「 設定 」を開き 変更するカレンダーを選択、「 色 」をタップして 変更できるが カスタムカラーは指定できない。

google-calendar-039

ウェブアプリで変更した カスタムカラーは「 現在の色 」として反映されるが、カラーが登録されているわけではないので 変更すると モバイルアプリからでは 復元できない。

カレンダーの共有と統合

カレンダーの共有には「 一般公開 」と「 限定公開 」があり サードパーティアプリからのアクセスコード や ウェブページへの埋め込みコード も取得できる。

カレンダーの共有 は ウェブアプリのみ 設定可能。

googlecalendar-041

共有するカレンダー の3点リーダー から「 設定と共有 」を選択。

一般公開

一般公開は デフォルトのカレンダー ( ウェブアプリでは ユーザー名のカレンダー )  と 追加したカレンダー で 共有方法が異なる。

googlecalendar-042

デフォルトカレンダーを「 一般公開 」で共有する場合は「 アクセス権限 」で「 一般公開して誰でも利用できるようにする 」を有効にして 閲覧権限を設定する。

「 一般公開して誰でも利用できるようにする 」のチェックを外して無効にすれば共有を解除できる。

googlecalendar-044

デフォルトカレンダーを「 一般公開 」共有すると、他のユーザーが 左サイドバーにある「 ユーザー検索 」で 共有したカレンダーの Googleアカウント を検索すると 共有カレンダーの予定が表示される。

googlecalendar-045

「 一般公開 」で 共有された デフォルトカレンダーを 自分のカレンダーに追加する場合は「 他のカレンダー 」から「 カレンダーに登録 」で 共有カレンダーの Googleアカウント を入力。

googlecalendar-046

「 他のカレンダー 」に追加される。

追加したカレンダーの 一般公開

追加したカレンダーの共有は 個別に 共有リンクの取得が必要になる。

google-calendar-047

共有するカレンダー の3点リーダー から「 設定と共有 」を選択後 「 アクセス権限 」にある「 共有可能なリンクを取得 」をクリック。

「 一般公開して誰でも利用できるようにする 」は 無効 のままで問題ない。

googlecalendar-048

共有リンクが表示されるので「 リンクをコピー 」で 共有リンクを取得して カレンダーを共有するユーザーに メールなどで送信。

「 あなたが許可した人のみカレンダーにアクセスできるようになります。」と記載されているが 共有リンク を知っていれば  Googleアカウントを取得しているユーザーであれば 誰でもアクセスできる。

googlecalendar-049

共有リンクを ブラウザの アドレスバーに入力すれば ( Googleアカウントでログインが必要 ) 共有された カレンダーが開き「 追加 」で 自分のカレンダーに追加できる。

限定公開

カレンダーの限定公開は カレンダーを共有する ユーザーを指定するもので、共有するユーザーの Googleアカウント に登録している メールアドレス が必要。

Googleアカウント に登録している メールアドレス 以外のアドレスでは 招待メールが送信されない。

googlecalendar-050

「 特定のユーザーと共有 」の項目にある「 ユーザーを追加 」をクリック。

googlecalendar-051共有する相手のメールアドレスを入力して 付与する権限を選択後に「 送信 」。

googlecalendar-052

招待したユーザーには メールが届き「 このカレンダーを追加 」で 自身のカレンダーに追加できる。

googlecalendar-053

共有したユーザーは「 特定のユーザーと共有 」に表示され「 X 」で 共有を解除できる。

カレンダーの統合

「 カレンダーの統合 」では 一般公開せずに カレンダーへアクセスできる URL の取得 や ウェブページにカレンダーを埋め込む iframe のコード , サードパーティ アプリ から カレンダーにアクセス 可能にする URL などが取得できる。

googlecalendar-054

「 カレンダーの統合 」は 共有するカレンダー の3点リーダー から「 設定と共有 」を選択して 「 カレンダーの統合 」で確認。

「 カレンダーの統合 」の URL や コード は ウェブアプリでのみ取得可能。

 




関連記事

nimbus-note-icon

Nimbus Note for Windows のインストールと使い方

独立したワークスペースで ノートを管理できる 多機能 オーガナイザーアプリ Nimbus Note は 米国のソフトウェアベンダー「 Nimbus Web Inc 」が開発 / 提供している オーガナイザーアプリで、Sl […]

google-japanese-icon

Google日本語入力 for Windows のインストールと設定

変換精度が高い Google が開発した無料の かな漢字変換プログラム Google日本語入力は 2010年に 正式版がリリースされた 日本語を入力する際に使用する IME ( Input Method Editor ) […]

googlecalendar-icon

Google カレンダー の設定と使い方

Gmail や Googleマップ と連携したした スケジュール管理アプリ Googleカレンダー は Gmail / ToDoリスト / Keep など 他の Googleサービスとシームレスに連携したスケジューラーで […]

google-todo-list-icon

Google ToDoリストの使い方

使い勝手が向上した無料の仕事効率化の定番ツール Google ToDoリストは タスクの登録 と 日時設定 ができる Gmail / Googleカレンダー の 拡張機能 で、Gmailと Google カレンダーを横断 […]

keep-icon

Google Keep の使い方

リマインダー 機能を実装したクラウドタイプの便利な無料メモアプリ Google Keep は 多機能なクラウドタイプのメモサービスで、Googleアカウント で同期されるので パソコン や スマホ など マルチデバイス環 […]





タイトルとURLをコピーしました