スポンサーリンク

Google Drive の設定と使い方

スポンサーリンク

Google が提供する バージョン管理 が可能な オンラインストレージサービス

Google Drive は マルチデバイスを サポートした Google が提供する オンラインストレージサービスで Android では デフォルトのバックアップ先になっている。

Google Drive の仕様
ストレージ容量 : 無料プラン 15GB  ( Gmail / フォト と共用 )
アップロードサイズ上限 : 5TB
ファイル同期 :
バックアップ機能 :

オンデマンド同期 :
バージョン管理とリストア機能 : 30日 または 100版
アカウント放棄時の自動削除 : 2年 ( ドライブの容量超過状態が 2年以上継続した場合も削除 )
デスクトップアプリ Google Drive Backup & Sync の使い方は下記参照。
GDrive-Bakup-icon

Google Drive Backup & Sync のインストールと使い方

自動バックアップ機能を実装した Google ドライブ のデスクトップアプリ Google Drive Backup & Sync  ( バックアップと同期 )はインストール時に作成される「 Google ドライ […]

Android版の Google ドライブの使い方は下記参照。
Google-Drive-icon

Googleドライブ Androidアプリ の使い方

Android デバイスのデフォルトオンラインストレージ 「 Googleドライブ 」は  Google が提供している 無料のオンラインストレージサービスで、Android のデフォルトアプリとしてインストールされてお […]

システム要件

OS:対応ブラウザがサポートしているバージョン
対応ブラウザ:Chrome / Firefox / Edge / Safari

ブラウザ は 最新バージョンと 1つ前のバージョンのみサポート
Cookie と JavaScript は 有効になってること。

Google アカウント

Google Driveを使用するには Google アカウントが必須なので アカウントを持っていない場合は事前に Google アカウントを取得しておく。

google

Googleアカウントの 取得 と 設定

Google の各種サービス利用に必要な アカウントの作成 と セキュリティ設定 Googleアカウントは Googleが提供している Gmail , YouTube , Chromeブラウザ , Google Driv […]

Google ドライブ の使い方

デスクトップアプリの「 Google Drive バックアップと同期  」や Androidアプリの Googleドライブ は クラウド上にある Googleドライブ への 接続 と アイテムの共有設定などは可能だが、バージョン管理 や バックアップデータからのリストアなどは ウェブ版 Googleドライブ へのアクセスが必要になる。

google-drive-014

Googleドライブ をサポートしている ブラウザで Google の トップページ https://www. Google .co.jp にアクセスして Googleアカウント でログイン後「 Google アプリ」のアイコンから「 ドライブ 」を選択。

GDrive-Bakup019

デスクトップアプリを使用している場合は タスクトレイや Googleドライブ フォルダからもアクセス可能。

google-drive-017

ウェブ版 Googleドライブ の「 マイドライブ 」が選択された状態で表示される。

マイドライブ

「 マイドライブ 」は Googleドライブ にアップロードした ファイル や フォルダ が保存してあり パソコンの ハードディスク と同じように使用できるスペース。

google-drive-019

マイドライブ内 に 新規フォルダを作成 する場合は「 マイ ドライブ  」のドロップダウンメニュー や「 新規 」アイコンから可能。

GDrive-Bakup022

「 マイ ドライブ  」は  PC用 の デスクトップアプリ「 Google Drive バックアップと同期 」で作成した「 Googleドライブ 」フォルダ と同期する。

「 Google Drive バックアップと同期 」の設定で同期するフォルダの指定が可能。

ファイル や フォルダのアップロードとダウンロード

ファイルを Google ドライブにアップロードする場合は「 + 新規 」アイコン や「 マイドライブ 」のドロップダウンリストにある「 ファイルをアップロード 」からファイルを指定するか , ファイル や フォルダ を Googleドライブに ドラッグ・アンド・ドロップ する。

google-drive-020

デフォルトで表示されている「 クイックアクセス 」のスペースにはドラッグできないので「 マイドライブ 」の リスト表示部分にドラッグすると ドロップ可能範囲 が表示される。

GDrive-Bakup025

ファイル や フォルダ をダウンロードする場合は 任意のファイルやフォルダを選択して コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から「 ダウンロード 」を選択。

google-drive-021

アイテム選択時に表示される上部アイコンメニューの「 ︙ 」の「 ダウンロード 」でもダウンロードできる。

コンテキストメニューの「 スターを付ける 」でマークされたオブジェクトは 左ナビゲーションメニューの「 スター付き 」に表示される。

共有

デスクトップアプリの「 Google Drive Backup & Sync 」でも 共有設定は可能だが ウェブ版 Googleドライブ では 通常の共有設定 のほかに「 共有リンク 」を直接取得することができる。

google-drive-022

「 共有 」を選択すると「 Google Drive Backup & Sync 」と同じ 共有設定画面 が開く。

GDrive-Bakup032

共有設定の画面が開いたら 右下にある「 詳細設定 」をクリック。

GDrive-Bakup036

「 オーナー設定 」で「編集者によるアクセス権の 変更禁止 や 閲覧者のダウンロード・印刷の禁止 などの設定を行う。

GDrive-Bakup033

共有されていないファイルは「 非公開 」になっているので「 変更 」をクリック。

google-drive-024

共有には「 一般公開 」「 リンクを知っている全員 」「 特定のユーザー 」の 3種類があり 目的にあった設定を選択する。

一般公開 :
インターネット上に公開。
リンクを知っている全員 :
Google アカウント不要でリンクからファイルへのアクセスが可能。
特定のユーザー :
オーナーが指定した Google アカウントを取得しているユーザーのみファイルへのアクセスが可能で 共有相手はファイルへのアクセス時に Google アカウントでログインが必要になる。

google-drive-025

「 ウェブ上で一般公開 」「 リンクを知っている全員 」を選択した場合は「 アクセス 」の項目でアクセス権限を「 編集者 / 閲覧者 」から選択する。

閲覧者と編集者の違いは 共有したファイルのアクセス権限変更の可否のみで、オーナーがダウンロード や 印刷の制限をかけていないかぎり 閲覧者 も ファイルの ダウンロードや 印刷 が可能。
コメントは共有したファイルに Googleドキュメント や スプレッドシート を使用してコメントのみ挿入でき、制限がない場合はダウンロード や 印刷 も可能になる。

google-drive-023

「 共有可能なリンクを取得 」を オン にすると アクセス用の URL が発行される。

アクセス権限などの変更は「 共有設定 」でき 共有の解除 は 共有設定をオフにする。
共有に招待された場合

Googleアカウントを取得している場合 共有されたファイル は ウェブ版 Googleドライブ の「 共有アイテム 」に格納されている。

GDrive-Bakup037

共有アイテムの中にあるファイルを「 マイ ドライブ  」にドラッグすると「 Google Drive Backup & Sync 」などで同期され  ドライブ 内のファイルを編集すると 共有元のファイルも更新される。

オーナーが共有ファイルを削除した場合 共有していたユーザーの Googleドライブ からもファイルが削除される。

バージョン管理 と リストア

Googleドライブ には「 版を管理 」という項目で バージョン管理 が可能になっている。

GDrive-Bakup038

ファイルを以前バージョンに戻す ( リストア ) する場合は オンライン版 Googleドライブ にアクセスし、復元したいファイルを選択後 コンテキストメニューから「 版を管理 」を選択。

GDrive-Bakup039

選択したファイルのバージョンが表示されるので 復元するバージョンの「 ︙ 」をクリックしてメニューから「 ダウンロード 」を選択。

保存されるバージョンは 最大30日で バージョン履歴が100を超える場合は30日以内であっても古いバージョンから削除されるが「 この履歴を削除しない 」にチェックを入れた履歴は 残されるので 復元ポイントとして利用できる。

パソコン

「 パソコン 」には「 バックアップと同期 」で ローカルPC で 任意に指定したフォルダのバックアップデータが保存されている。

GDrive-Bakup026

左ナビゲートメニューから「 パソコン 」を選択すると 「 バックアップと同期 」の セットアップ時に バックアップ設定をした パソコンが表示され、各フォルダを開くとバックアップデータにアクセスできる。

GDrive-Bakup027

バックアップファイル も バージョン管理とリストアが可能で 30日以内の変更履歴から復元できる。

GDrive-Bakup029

ローカルPC で バックアップ設定をしているフォルダからオブジェクトを削除し、 Google ドライブ からも削除した場合 対象のオブジェクトは ゴミ箱に移動するだけで 手動 で ゴミ箱 のデータを抹消するまでファイルは 復元可能。

バックアップ

「 バックアップ 」には Android や ChromeOS を搭載したデバイスで バックアップを有効にした場合にアプリのデータ等が保存される。

google-drive-026

バックアップデータに 直接アクセスすることはできないが、バックアップが不要であれば対象のデバイスをダブルクリックすると削除が可能。

設定

オンライン版で表示される「 クイックアクセス ( 最近使用したファイル )」を 非表示にしたり Officeファイルの自動変換は「 設定 」で行う。

Android-Googledrive001

オンライン版 Google ドライブ にアクセスして右上の「 ギア 」アイコンから「 設定 」を選択。

Android-Googledrive002

MS Office , LibreOffice のファイルを アップロード時に Google Officeファイル へ自動変換する場合は「 アップロードしたファイルを変換する 」にチェックを入れる。

変換されるのは MS Office の Word ( .doc .docx ) , Excel ( .xls .xlsx ) , PowerPoint ( .ppt .pptx ) , LibreOffice の Writer ( .odt ) , Calc ( .ods ) , Impress ( .odp ) などで Googleドキュメント に変換すると ストレージ容量を消費しない。
すでに Google ドライブ へ保存されている MS Office / LibreOfficeのファイルは変換されない。

Android-Googledrive003

「 クイックアクセス 」を非表示にする場合は「 候補 」の「 クイックアクセスを使用すると、関連するファイルにすばやくアクセスできるようになります。」のチェックを外す。

「 関連するファイルにすばやくアクセス 」は「 最近使用したファイル 」と「 よくアクセスするファイル 」が表示されるだけで 関連したファイルを指定できるわけではない。

関連記事

cyberduck-icon

Cyberduck のインストールと使い方

主要なクラウドストレージにアクセスできる オープンソース の無料 クラウドストレージブラウザ Cyberduck は オープンソースの暗号化プログラム Cryptomator ( クリプトマター ) の機能を使用して サ […]

sync-icon

Sync – Secure Cloud Storage のインストールと使い方

エンドツーエンドで暗号化された セキュア な オンラインストレージサービス Sync は エンドツーエンド でデータを暗号化し 保存するデータも 暗号化される プライバシーを重視した オンラインストレージサービスで、運営 […]

amazon-photos-logo

Amazon Photos の使い方

解像度の制限なく画像ファイルのみ無制限に保存できるオンラインストレージ Amazon Photos は Amazon が提供している オンラインストレージサービス Amazonドライブ に保存されたデータから 画像 ファ […]

aomei-multcloud-icon

AOMEI MultCloud の使い方

30 以上の オンラインストレージサービス を横断して ファイルの移動 や 同期 が可能な クラウドストレージ 一元管理サービス AOMEI MultCloud は 複数のオンラインストレージを 一元管理する クラウドア […]

AmazonDrive-icon

Amazon Drive のインストールと使い方

任意フォルダの自動バックアップや同期設定が可能な無料オンラインストレージ Amazon Drive は無料で取得できる Amazon アカウントで 利用できるクラウドストレージサービスで 任意フォルダのバックアップ や […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オンラインストレージ
Easy Innovation Zone
タイトルとURLをコピーしました