BurnAware Free のインストールと使い方

スポンサーリンク
BurnAware-icon

CD・DVD・BDに書き込みを行う無料のライティングアプリ

BurnAware は CD , DVD , Blu-ray に対応しており、通常のライティングだけではなく ISOイメージファイルの作成などができる。
現バージョン( v 13.1 )はデフォルトで日本語をサポートしており、旧バージョンで PUA ( 怪しいPプログラム ) として検出されていた「 webcompanion.A 」や「 FusionCore.L 」は削除され、より使いやすく安全なアプリに改善されている。

システム要件

バージョン13.1 現在

OS:Windows XP / Vista / 7 / 8 / 10(Windows7~10 32bit / 64bit)
CPU:Pentium600MHz 以上
RAM:128MB
空き容量:20MB以上
解像度:800×600以上

ソフトの入手先

BurnAware 公式サイト ダウンロードページlink



BurnAware Freeのインストール

BurnAwareには「 Free 」「 Premium 」「 Professional 」の3タイプ存在し、「 Free 」は個人が自宅で非商用の利用に限って使用できる。

Premiumには「 ISO ファイルからファイルやフォルダの抽出 」「 ディスクからディスクへの直接コピー 」「 ISOイメージファイルを複数のドライブへ同時書き込み 」「 読み取り不可能なディスクからファイルを回復 」などの追加機能が加わり、 商用利用は Professional の購入が必要。

セットアップは日本語がサポートされるようになり、以前のようなサードパーティ製アプリのバンドルもなく、基本はデフォルト設定で進めて問題ない。

burnaware-free-001

ダウンロードページの「BurnAware Free」の「Download」をクリックしても良いのだが、ダウンロードページの下にある「 Free Version 」のリンクをクリックすると、直接 インストーラーをダウンロードできる。

burnaware-free-002

インストーラーを起動して ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」で許可。

日本語が選択された状態で言語選択画面が出るので「OK 」。

burnaware-free-003

日本語化されたセットアップが開始するので「 次へ 」。

burnaware-free-004

使用許諾書が表示されるので内容を確認の上、問題なければ「 同意する 」にチェックを入れて「 次へ 」。

burnaware-free-005

追加タスクの選択。
デスクトップ上のショートカット作成が不要であればチェックを外しておく。

burnaware-free-006

「 インストール 」をクリックするとインストールが開始する。

旧バージョンであった インストール先の指定 や スタートメニューへの登録 設定は 現バージョンで省かれている。

burnaware-free-007

BurnAwareのインストールが完了。
「 完了 」をクリックすると BurnAware Free が起動する。

burnaware-free-008

旧バージョンは 日本語化が必要だったが 現バージョンは日本語をサポートしている。

BurnAware Free の使い方

BurnAware Free は CD-R / CD-RW / DVD-R / DVD-RW / BD-R / BD-RE など 書込み可能な すべての光ディスクをサポートしているが、使用できるディスクの種類は光学ドライブに依存する。

BurnAware Free で可能な処理は「 ファイル / フォルダ の 光ディスクへの書き込み 」「 ISOイメージファイルの書き込み 」「 ISO イメージファイルの作成 」「.ima / .img から起動ディスクの作成 」「 CD-RW / DVD-RW / BD-RE のデータ消去 」で 必要十分な機能を有している。

burnaware-free-008

メインメニューは「データ」「マルチメディア」「ディスクイメージ」「ユーティリティー」で区分けされ、ISOイメージファイル以外の ファイルやフォルダを光ディスクへ書き込む場合は「データ」、ISOイメージファイルの書き込みや作成は「ディスクイメージ」を使用する。

「マルチメディア」に関しては「データ」と異なるのは「 オーディオCD 」のみで、「 MP3ディスク 」「 DVDビデオ 」「 BDMV / AVCHD 」に関しては実質的に「 データディスク 」で書き込みを行うのと同じ。

書き込みの基本操作

「データ」「マルチメディア」「ディスクイメージ」の書き込みの基本操作は共通で、書き込むデータを追加して 書き込みを実行するだけ。

burnaware-free-011

光学ドライブに 書込み可能な ブランクメディアをセット後、ドラッグ・アンド・ドロップ か 上部メニューアイコンの「 追加 」で ブランクメディアに書き込むファイル / フォルダ を指定する。

burnaware-free-016

作成するメディアのファイルシステムを UDF / ISO / ISO+UDF から選択。

デフォルトは「 UDF 」になっており 使用する UDFのバージョンは 自動設定 になっているが、UDF のバージョンは 「オプション」で変更できる。

ISO は CD-ROMの国際標準規格「ISO 9660」に準拠したもので、 ISO 9660を拡張した後継規格が「UDF(Universal Disk Format )」。

UDF もバージョンによって規格が異なっているが、BurnAware Free は DVD / Blu-ray に書き込みを行う場合は デフォルトで 汎用性がある UDF 1.02 が使用されている。

ISO+UDF は 「 UDF Bridge 」とも呼ばれる規格で ISO と UDF のファイルシステムに対応しており、 UDFを未サポートのドライブでも使用できるが、ファイルの最大サイズなどは ISO 9660 の制限を受けることになる。

burnaware-free-012

コピー枚数など書き込みの設定をするため「 オプション 」をクリック。

burnaware-free-013

「最低速度を使用する」は書き込みエラーが発生する場合にチェックを入れると エラーを回避できる可能性がある。

「ディスクのファイナライズ」は注意書きがある通り ディスクを書き込み禁止にするもので、パケットライトの利用や後からディスクへ追記をする場合は必ずチェックを外しておく。

「書き込み後にディスク上のデータをチェックする」は ベリファイと呼ばれる機能で、ディスクのデータが正しく読み出せるかチェックを行うので 有効化することを推奨。

その他 デフォルトでチェックが入っている項目は基本的にそのままで問題ないが、「 コピー数 」を複数枚に設定する場合は 必ず「書き込み後にディスクを取り出す」を有効にしておく
書き込み後にディスクのイジェクトが無効になっていると、マルチセッションの場合など状況によっては同じディスクに書き込みを行う可能性がある。

burnaware-free-017

UDF のバージョンを変更する場合は 「 UDF 」のタブで 「 自動設定を使用する 」のチェックを外し 「ファイルシステムバージョン」のリストから任意のバージョンを選択する。

burnaware-free-014

ディスク名は「 データディスク 」と オーディオCD を除いた マルチメディア ディスク で仕様が異なり、「 データディスク 」は 日時 が必須項目で、マルチメディアディスクは 「プレフィックス」が必須になる。

ディスクラベルはデフォルトで挿入されるが 「オプション」の「ラベル」タブで変更可能。

burnaware-free-018

ディスク名はアイコンメニューの下でも編集できるが 「 データディスク 」の場合は 文字列のみなど 日時 が正しく入力されていないと反映されないので、ディスク名を変更する場合は オプションからの変更を推奨。

burnaware-free-019

すべての設定が完了したら「書き込み」をクリックすると処理が開始する。

burnaware-free-020

進捗ログに「 書き込みが成功しました 」と表示されたら処理が終了しているので ウインドウを閉じて完了。

データディスク

BurnAware は システムフォーマットを UDF 1.5 以上に設定することで CD-R / DVD-R / BD-R などの ライトワンス(1回のみ書き込み可能なメディア)で ファイル単位の 追加 や 削除、フォーマット(削除やフォーマットは書き込み可能な領域は増えないので実質的には非表示)が可能になるパケットライトが使用できる。

ただし、BurnAware で使用するパケットライトは BurnAware でのみ利用可能で、Windows の パケットライト(ライブファイルシステム)で使用されている UDF 2.01 で書き込みを行っても Windows の ライブファイルシステム は利用できず 追記のみ可能になる。
同様に Windows の ライブファイルシステム で書き込まれているディスクは、BurnAware で パケットライトが利用できず 追記のみが可能。

「 データディスク 」のメニューで「コピー数」を複数枚に設定すると、同じディスクへ書き込みを行うので 必ず「複数ディスク配布」のメニューを使用。

burnaware-free-017

書き込みを実行する前に「 オプション 」の「 UDF 」タブで「 ファイルシステムバージョン 」を「 1.50 」以上に設定して「書き込み」を実行。

※ファイナライズが有効になっていると UDFのバージョンを変更しても追記・削除は実行できないので、書き込みを実行する前に「ファイナライズ」のチェックが外れていることを確認

burnaware-free-0221

UDF 1.50 以上のファイルシステムで書き込みをした パケットライト が有効な Write Once メディアは、書き込まれているファイルを選択後に「削除」をクリック後に「書き込み」を実行するとファイルが削除される。

burnaware-free-021

パケットライトで削除されたファイルは アクセスできなくなるものの ディスクから消去されるわけではないので、DVD-RW や BD-RE のような書き換え可能なディスクと異なり、ディスクの空き容量は増加しない。

マルチセッションで書き込まれたディスクは ファイナライズされない限り 追記が可能だが、非アクティブなセッションを読み込んで新たにデータを追加した場合は 既存セッションに追加されるのではなく、新規セッションとして新たに書き込みが行われる。

アクティブなセッションにデータを追記する場合は「 マルチセッションディスクを維持する 」を選択すると、既存のセッションへデータの追加が行える。

burnaware-free-022

Windows の ライブファイルシステム で書き込まれているディスクなど、すでにデータが書き込まれ追記が可能な状態のメディアは「既存のディスクのデータを更新しますか?」で「はい」にすると 既存データが表示され、新たにセッションを作成する場合は「いいえ」を選択。

ディスクのファイナライズ

パケットライトなどで追記が可能な状態のディスクで、追記が不要もしくは追記を禁止するため ディスクをファイナライズには、「 データディスク 」の「 オプション 」 で「ディスクのファイナライズ」を有効にして 追加データがない状態で「書き込み」を実行する。

ブータブルディスク

BurnAware の ブータブルディスク は 「 .ima 」または「 .img 」の拡張子を持つ ブートイメージ を読み込み、ブランクメディアへ ブートディスクとして書き込みを行うもので、 BurnAware で 起動用のディスクイメージ は作成できない。

Widnows 10 の ブートディスク を含め、現在は起動ディスクの多くが ISOイメージファイル で提供されており、ブートディスク イメージを作成するアプリにはライティング機能も実装しているので 使用頻度は低い。

複数ディスク配布(スパンディスク)

複数ディスク配布 は 1枚のディスクに収まらないデータを複数枚のディスクに分割して書き出しを行う機能。
ただし ファイル単体でディスクサイズを超えているものは不可。

burnaware-free-026

ディスクサイズを超えたデータを追加すると必要枚数が表示される。

burnaware-free-027

書き込みディスクを選択。
追加したデータをすべて書き込む場合は、表示されているすべてのディスクにチェックを入れる、

burnaware-free-025

ファイル単体でディスクサイズを超過しているとエラーになる。

オーディオCD

オーディオ CD は 標準 CD プレーヤー で再生が可能な 音楽CD を作成する機能で、サポートしておる音声ファイルは MP3 / WAV / WMA / OGG / M4A / AAC / FLAC 。

burnaware-free-023

追加できるのは サポートしている音声ファイルのみで、 MP3 と AAC などサポートしているファイルが混在しても良いが フォルダでの追加は不可。

burnaware-free-024

「 オプション 」では 「 書き込み方法 」の選択が可能で、書き込み方法には「 Disc-at-once 」と「 Track-at-once 」があり、ディスクアットワンスはCD全体を一度に書き込み、トラックアットワンスはトラック単位で書き込みを行うので、本来ならトラックアットワンスは追記が可能なのだが、いずれもファイナライズされるようなので 書き込みが安定している「Disc-at-once」を推奨。

「一時停止」は曲と曲の間の無音部分(ギャップ)を秒単位で設定する機能。
デフォルトはギャップが入らない「0」に設定されている。

burnaware-free-033

上部メニューアイコンの「CD-Text」で アーティスト , タイトル などの情報を埋め込む事も可能で、 CD-Text を設定した場合は「 オプション 」の「CD-Textを書き込む」にチェックを入れる。

MP3 オーディオ

MP3 オーディオ( MP3ディスク ) は MP3 か WMA ファイルを含む CD もしくは DVD で、オーディオCD のようにフォーマットは変換されないため、より多くのファイルを書き込むことが可能な反面、汎用性は高くはない。

オーディオCD を自動認識する iTunes でも MP3ディスクは 認識せず、楽曲の再生はディスク内のファイルをプレイリストに追加する必要がある。
また、MP3 / WMA 以外のM4Aなどのファイルも追加・書き込みできるため 再生環境には注意が必要。

DVDビデオ

「 DVDビデオ 」は VOB , BUP ,IFO ファイル を格納した「 VIDEO_TS 」フォルダを DVD-R / DVD-RW に書き込みもので、動画ファイルを DVDプレーヤーで視聴可能にする オーサリング機能はない。

※ DVD-RW の DVD-Video はサポートしていないプレーヤーがあるため 配布用など汎用性が必要な場合は DVD-R の使用を推奨

burnaware-free-028

DVD-Video をコピーした「 DVDフォルダ 」には「 VIDEO_TS 」と「 AUDIO_TS 」が格納されているが「 AUDIO_TS 」フォルダはなくても問題ない。

「 AUDIO_TS 」フォルダは CD に代わる 次世代のオーディオディスクとして規格され、普及しないままフェードアウトした DVD-Audio の名残りのようなもので、DVDの音声データは「 VIDEO_TS 」にある VOB というコンテナファイルが格納している。

burnaware-free-029

フォルダの書き込みを行う「データディスク」との違いは 「 DVDビデオ 」のファイルシステムが UDF + ISO ( UDF Bridge ) に固定されているのと、ディスクがファイナライズされている程度のため、「データディスク」のファイルシステムを UDF + ISO に変更して、ファイナライズを有効にして書き込みを実行するのと同じ。

BDMV / AVCHD

BDMV(Blu-ray Disk Movie)は DVD-Video に相当する規格で、BDMVフォルダ を BD-R / BD-RE に書き込むことで Blu-rayの標準プレーヤーで再生できる ディスクを作成できる。
一方のAVCHD(Advanced Video Codec High Definition)は Blu-rayの規格を拡張してビデオカメラの録画用に規格されたものだが、ここでは BDMV を DVDディスクに書き込んだ AVCHDディスク を意味している。

burnaware-free-030

「 DVDビデオ 」と同様でオーサリング機能はないので、書き込みを行う場合は「 BDMV 」フォルダ が必要。
映画などのBlu-ray をリッピングすると「 BDMV 」のほかに「 CERTIFICATE 」フォルダが作成されるが「 CERTIFICATE 」は予備データなので無くても問題ない。

BDMV / AVCHD いずれもファイルシステムは UDF 2.50 になる。

ISO 書き込み

ISO 書き込み では  イメージファイルが格納しているディスクイメージを読み取り 光ディスクに書き込みを行う。
イメージファイルは ISO のほかに BIN/CUE をサポートしている。

burnaware-free-031

イメージファイルが書き込めるサイズのブランクメディアをセット後、「参照」をクリックして書き込みを行うISOイメージファイルを指定するか、「 ディスクイメージのパス 」の箇所へ イメージファイルを ドラッグ で追加。

burnaware-free-032

「 オプション 」で 「ディスク上のデータをチェック 」を有効にして「 書き込み 」で実行。

ISO ファイルにコピー

「 ISO ファイルにコピー 」はドライブにセットされた光ディスクを読み取り、ISO イメージファイルを作成する。

※ セットしたディスクが オーディオCD の場合は ISOファイルではなく BIN / CUE ファイルが作成される。

burnawarefree-035

光学ドライブが複数ある場合は コピーするディスクがセットされたドライブをリストから選択。

「 参照 」をクリックして ISO ファイルの保存先を指定して「 コピー 」をクリックすると処理が開始する。

ISO の作成

「 ISO の作成 」では 任意のファイルやフォルダを ISOイメージファイルに格納するもので、「 データディスク 」の書き込み先が ブランクメディアではなく ISO ファイルになった感じ。

光ディスクへの書き込みと異なり、 ISOファイルには サイズの制限がないため、格納できるデータサイズは ハードディスクの空き容量 に依存するが、後から ブランクメディアへ書き込みを行う場合は 使用するメディアのサイズに合わせないと 面倒なことになるので要注意。

burnawarefree-036

処理の手順も「 データディスク 」と同じで、オブジェクトを追加後に 任意でファイルシステムを指定。
ファイルシステムのデフォルト設定は「 UDF 」で 特段の理由がなければ「 UDF 」を推奨。

「 オプション 」で必要な項目をチェックを後、「作成」をクリックして 保存先を指定したら ISOイメージファイルが作成される。

ディスクの削除

「 ディスクの削除 」は CD-RW / DVD-RW / Blu-ray RE などの書き換え可能なメディアに書き込まれているデータの消去、もしくはフォーマットする。

burnawarefree-037

 

「ディスクの消去」には「 高速消去 」と「 完全消去 」があり 通常は「 高速消去 」で問題ない。

ディスクの情報

「ディスク情報」では ディスク全体の容量、使用量、空き容量などの情報を確認できる。

burnawarefree-040

ドライブなどの情報も確認できるが、使用しているファイルシステムのバージョンは表示されない。

ディスクのチェック

「ディスクのチェック」ではベリファイが実行できる。

burnawarefree-039

書き込み実行時の「 オプション 」にある「書き込み後にディスク上のデータをチェックする」と同じもので、書き込んだデータが正しく読み出せるかチェックを行う場合は、データが書き込まれたディスクをセットして「 Verify 」をクリックするとエラーチェックが開始する。

チェックを行う機能のこと。エラーが発見されるとリストに表示される。

burnawarefree-040

「ディスク情報」ではディスク全体の容量、使用量、空き容量などの情報を確認できる。

ステータスで「 不完全なディスク 」と表示されるのは ファイナライズされていないディスクなので、追記しないのであれば「 データディスク 」の「 オプション 」 で「ディスクのファイナライズ」を有効にして 追加データがない状態で「書き込み」を実行すれば ディスクがファイナライズされる。





関連記事

everything-icon

Everything – Desktop Search Engine のインストールと使い方

シンプルで使いやすく 高速な Widnows 検索機能の代替え ファイル検索ユーティリティ Everything は David Carpenter 氏が開発している 日本語をサポートした 無料の 高速 ファイル検索アプ […]

aquila-wake-on-lan-icon

Aquila WakeOnLAN のインストールと使い方

オープンソースの Windows 用 多機能 Wake On Lan アプリ  Aquila Technology LLC が 開発している WakeOnLAN は Wake on LAN ( WOL  )の設定を行って […]

openshell-icon

Open Shell / Classic Shell のインストールと使い方

Windows 10 のスタートメニューを Windows 7 スタイルに変更するユーティリティソフト Open Shell はWindows のスタートメニューを Windows 7 や XP のようなクラシックスタイ […]

dvdfab-icon

DVDFab UHD Drive Tool のインストールと使い方

特定のUHD BD / BDXL再生ドライブのファームウェアをダウングレードするツール AACS 2.0 で保護されている 4K UHD Blu-ray をリッピングする際には、特定バージョンのファームウェアのドライブが […]

groupy-icon

Stardock Groupy のインストールと使い方

フォルダやアプリをグループ化してタブで切り替えが可能になる作業効率化 ユーティリティソフト Stardock Groupy は ファイルエクスプローラをタブ化するだけでなく、フォルダやアプリをグループ化してタブ切り替えを […]