KeePass Password Safe のインストールと使い方

スポンサーリンク
keepass-icon

豊富なプラグインが提供されているオープンソースの無料パスワード管理アプリ

KeePass Password Safe はオープンソースで開発されている無料のパスワード管理アプリで、公開されている豊富なプラグインを導入することで 使用環境に合わせたカスタマイズが可能になっている。

KeePass Password Safe は 他のパスワード管理アプリと同様 マスターパスワードを使用してファイルをロックする形式で、作成したデータベースは高度な暗号化アルゴリズム AES で暗号化されているため 安全性の高いパスワード管理ができる。

システム要件

バージョン 2. 4. 6 現在

OS : Windows Vista / 7 / 8.1 / 10 ( 32 & 64 bit )

ソフトの入手先

KeePass Password Safe  ダウンロードページ



KeePass Password Safe のインストール

KeePass Password Safeのインストーラーには アドウェア や サードパーティ製アプリのバンドルもないので デフォルト設定のままセットアップしても問題ない。

KeePass Password Safe 001

KeePass のダウンロードページを開くとクッキーに関する ダイアログ が表示されるので「 Accept 」。

KeePass Password Safe 003

「 Download Now 」をクリックすると SOURCE FORGE のページに移動し 数秒後に自動的にダウンロードが開始する。

KeePass Password Safe は インストーラー 版 と ポータブル版 が提供されているので USBメモリなどで携帯する場合はポータブル版、PC にインストールする場合は インストール版 を使用。

keepass-001

ダウンロードしたインストーラーを起動して ユーザーアカウント制御 の ダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

KeePass Password Safe 004

言語選択は「日本語」で「OK」。

KeePass Password Safe 005

使用許諾書 を 確認して問題なければ「 同意する 」にチェックを入れて「 次へ 」。

KeePass Password Safe 008

インストール先の指定。
こだわりがなければデフォルトのまま「 次へ 」。

KeePass Password Safe 009

コンポーネントの選択もデフォルトのまま「 フルインストール 」で「 次へ 」。

KeePass Password Safe 010

追加するタスクは 必要に応じて デスクトップ上のアイコン などにチェックを入れて「 次へ 」。

KeePass Password Safe 011

インストールする内容の最終確認をして「 インストール 」をクリック。

KeePass Password Safe 012

「 完了 」をクリッしてセットアップ終了。

KeePass Password Safe 014

KeePass Password Safe の初回起動時に 自動アップデートチェック を有効化を訊いてくるので「 Enable 」を選択後 KeePass Password Safeを閉じる。

日本語化

KeePass Password Safe は初期状態で英語のランゲージファイルしか実装していないため ダウンロードページから日本語のランゲージファイルを入手する。

日本語化ファイルダウンロードページ

keepass-002

「 Japanese 」の「 2.46 + 」をクリックしてランゲージファイルをダウンロード。

KeePass Password Safe 015

ダウンロードした Zipファイルを 解凍 して「 Japanese.lngx 」ファイル を KeePass Password Safe の「 Languages 」フォルダに移動。

デフォルト設定でインストールしている場合 KeePass Password Safe のLanguageフォルダ は  Cドライブの Program Files (x86) フォルダ内の KeePass Password Safe 2 の中にある。

KeePass Password Safe 016

KeePass Password Safeを起動して「 View 」から「 Change Language… 」を選択。

KeePass Password Safe 017

「 日本語 」を選択すると 再起動を促す ダイアログ が出るので「 はい 」。

KeePass Password Safe 018

KeePass Password Safe が 日本語表示されていれば完了。

KeePass Password Safe の 初期設定

ログイン情報を 登録する マスターパスワードを設定した データベースを作成する。

KeePass Password Safe に設定したマスターパスワードは回復できないため 失念してしまうとデータベースへアクセスできなくなるので注意が必要。

keepass-password-safe 026

「 ファイル 」から「 新規 」を選択。

keepass-password-safe 027

「 OK 」をクリックして 任意の場所を指定して ファイルを保存。

keepass-password-safe 028

マスターパスワード を 設定して「 OK 」。

keepass-password-safe 029

「 上級者向けオプション 」では 暗号化されたファイル ( キーファイル ) やWindows のユーザーアカウントを マスターパスワードの代替にしたり マスターパスワードと併用することもできる。
基本はマスターパスワードを設定するだけ問題ない。

keepass-password-safe 032

マスターキーを設定したら データベースの名前を任意に入力して「 OK 」。

keepass-password-safe 033

「 緊急用シート 」を印刷する場合は「 印刷 」 不要な場合は「 スキップ 」。

keepass-password-safe 034

「 緊急用シート 」は データベースの保存先 のほか マスターパスワード や バックアップの保存先などが手書きで入力できる用紙が出力される。

keepass-password-safe 036

データベースを作成したら「 保存 」。

ブラウザ連携 プラグインのインストール

ウェブブラウザ Chrome / Firefox と連携させるためのプラグイン「 KeepassRPC 」と ブラウザの拡張機能をインストールする。

GitHub KeepassRPC ダウンロードページ

keepass-003

GitHub の KeepassRPC ダウンロードページから「 Lastest release 」の「 KeepassRPC.plgx 」をダウンロード。

keepass-password-safe 020

ダウンロードした KeepassRPC.plgx ファイルを 「 Cドライブ 」→「 Program Files (x86) 」フォルダ →「 KeePass Password Safe 2 」フォルダの中にある「 Plugins 」フォルダに移動。

KeepassRPC を移動したら を KeePass Password Safe を 再起動。
ブラウザ  拡張機能

KeepassRPC をインストール後 ウェブブラウザの 拡張機能「 Kee 」をインストールする。

Chrome ブラウザ Kee – Password Manager 拡張機能

Firefox Kee – Password Manager アドオン

keepass-password-safe 021

Chrome の場合は chrome ウェブストアから「 Kee – Password Manager 」を「 Chromeに追加 」で拡張機能を追加。

keepass-password-safe 022

Firefox の場合も同様にアドオンを追加。

keepass-004-1

KeePass Password Safe がブラウザのプラグインを認識すると接続するためのパスワードが表示される。keepass-password-safe 024

ブラウザがパスワードの入力を求めているので 表示されている接続パスワードを入力して「 接続 」をクリック。

keepass-password-safe 025

既存のデータベースを使用するので「 No thanks, …. 」をクリックしてセットアップ完了。

クラウドストレージを利用した同期 プラグインのインストール

複数のデバイスで KeePass Password Safe の データベースファイルを共有 する場合は OneDrive  や Googleドライブ  , Dropbox などのオンラインストレージの利用が可能になるプラグイン KeeAnywhere をインストールする。

GitHub KeeAnywhere ダウンロードページ

keepass-005

GitHub のKeeAnywhere ダウンロードページから「 Lastest release 」の「 KeeAnywhere-x.x.x.plgx 」をダウンロード。

keepass-password-safe 039

ダウンロードした KeeAnywhere.plgx ファイルを 「 Cドライブ 」→「 Program Files (x86) 」フォルダ →「 KeePass Password Safe 2 」フォルダの中にある「 Plugins 」フォルダに移動。

KeeAnywhere を移動したら を KeePass Password Safe を 再起動。

keepass-006

KeePass のメニューバーにある「 ツール 」から「 KeeAnywhere Settings… 」を選択。

keepass-password-safe 043

設定画面が開いたら「 Add… 」を クリックして使用する ( アカウントを取得している ) オンラインストレージを選択。

keepass-password-safe 044

オンラインストレージのログイン情報を入力。

keepass-password-safe 045

KeeAnywhere のアクセスを許可するので「はい」。

keepass046

接続されると「 Accounts 」タブに追加される。

keepass051-1

KeeAnywhere の「 General 」タブにある「 Automatic Bakup 」で 自動バックアップ機能 を有効にする。

「 Backup to Remote 」は オンラインストレージ に バックアップファイルを保存、「 Backup to Local 」は 指定したローカルの場所にバックアップファイルが保存される。

keepass048

KeePass Password Safe で 同期するデータベースを開き「ファイル」の「ファイル名をつけて保存」から「Save to Cloud Drive」を選択。

keepass049

接続したオンラインストレージが表示されるので 任意の場所に ファイル名 を入力して「 OK 」で保存。

データベースファイル を オンラインストレージ に 保存 したら KeePass Password Safe を 再起動。

keepass050

次回起動時から KeePass Password Safe はデフォルトでオンラインストレージのデータベースを使用するようになる。

既存データベースの使用

オンラインストレージなどにある既存のデータベースを使用する場合は 直接 既存のデータベースを開く。

keepass072

上部メニューバーの「 ファイル 」から「 開く 」で「 ファイルから開く 」を選択して 使用するデータベースファイルを指定。

keepass073

データベースに設定してあるマスターキーを入力すれば利用可能になる。

KeePass Password Safe の使い方

プラグイン KeepassRPC  と ブラウザ拡張機能 をインストールしていると ブラウザ から シームレース に KeePass に登録されてるログイン情報を呼び出せる。

設定

KeePass Password Safeはマスターキーで起動後、初期設定ではデータベースがロックされていないため セキュリティを強化する場合は 自動ロックの有効化する。

KeePass Password Safe は Enpass Password Manager のように PINコードの設定ができないため、ロック解除には都度 マスターパスワードの入力が必要になる。

keepass054

自動ロックの有効化は 上部メニューバーの「 ツール 」から「 オプション 」を開き「 セキュリティ 」タブで任意の項目にチェックを入れる。

keepass-007

「 インターフェイス 」や「 高度 」タブでは KeePass Password Safe の動作に関する設定が可能。

「 インターフェイス 」の「 最小化時にタスクバーに表示せずタスクトレイへ格納する 」「 自動入力した後でメインウインドウを最小化します 」「 閉じるボタンではアプリケーションを終了せずにウインドウを最小化 」を有効にする。

インポート

ブラウザに保存されているパスワードの取り込み や 他のパスワードマネージャーから移行する場合は インポートで取り込みを行う。

keepass052

「 ファイル 」から「 インポート 」を選択。

keepass053

インポートするファイル形式とファイルを指定して「 OK 」で取り込みできる。

Google Chromeのパスワード出力

以前は Chrome のパスワード出力は「 chrome://flags 」で設定を行う必要があったが 現在は「 設定 」から普通にエクスポートが実行可能になった。

Enpass Password Manager 023

Chrome を起動して アドレスバーに「 chrome://settings/passwords 」と入力するか 右上にあるメニュー「︙」 から「 設定 」を選択し 「 自動入力 」にある「 パスワード 」をクリック。

「 保存したパスワード 」の 右にあるメニュー「︙」をクリックして「 パスワードをエクスポート 」を選択。

Enpass Password Manager 024

メッセージが表示されるので「 パスワードをエクスポート 」をクリックして 保存先を指定する。

Chrome はパスワードのエクスポートが簡単に行えるため KeePass Password Safe に移行した後は セキュリティ強化のため 速やかに Chrome に保存されている パスワードの削除 と パスワードの保存設定変更を推奨。

エントリーの登録と修正

KeePass Password Safe では登録するログイン情報は「 エントリー 」と呼ばれており、Chrome や Firefox の拡張機能「 Kee 」をインストールしている場合は KeePass に登録されていないログイン情報を「 Kee 」からエントリーへ登録できる。

keepass-008

KeePass Password Safe が起動していないと「 Kee 」のアイコンに「 OFF 」と表示されているので KeePass を起動して アクティブにする。

keepass-009

エントリーに未登録のサイトにログインすると「 Kee 」のアイコンが 黄色に光って回転するので アイコンをクリックして「 新しいエントリーを作成する 」の「 + 」アイコンをクリック。

keepass-011

登録する サイトのタイトル と ログイン情報 が表示されるので「 NEXT 」。

keepass-012

保存するグループを指定して「 保存 」。

KeePass の データベースには デフォルトで「 一般 」「 Windows 」「 ネットワーク 」「 インターネット 」などのグループが作成されているが、これらのグループは管理をしやすくするためのもので、不要であれば削除しても差し支えない。
グループ名はコンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から変更が可能で エントリー を グループ名 に ドラッグすることで移動できる。
エントリーの入力

ブラウザではなく KeePass に直接 ログイン情報を 登録する場合は「エントリーを追加」から行う。

keepass057

新規エントリー は 上部メニューバーの「 エントリー 」から「 エントリーを追加 」もしくは「 Ctrl + I 」で パスワードが入力された状態 の 新規エントリー画面が開く。

keepass058

生成されているパスワードを表示するには「 … 」をクリック。

生成されるパスワードは デフォルトで 大文字・小文字・数字 を 使用した 20文字 の設定になっており 条件を変更する場合は「 鍵アイコ ン」から「 パスワード生成画面を開く 」を選択。

keepass059

パスワードの 文字数 や 特殊文字 の使用などを設定。

keepass060

既存エントリーを編集する場合は「 タイトル 」をダブルクリックすると編集画面が開く。

keepass061

他のパスワードマネージャーからデータをインポートした場合 項目によっては「 高度 」タブに追加されているため、エントリーに追加する項目を選択後「 移動 」で任意の項目に追加する必要がある。





関連記事

roboform-icon

RoboForm のインストールと使い方

セキュア で ユーザビリティの高い 高機能パスワード管理アプリ RoboForm は 米国のソフトウェアベンダー「 Siber Systems 」が開発している 安全性 と 使いやすさ , 価格 のバランスがとれた パス […]

password-boss-logo

Password Boss のインストールと使い方

セキュリティに重点を置いた 高機能な パスワード管理アプリ Password Boss は 米国のソフトウェアベンダー「 Password Boss 」が MSP ( マネージド・サービス・プロバイダ ) 向けに開発した […]

keepass-icon

KeePass Password Safe のインストールと使い方

豊富なプラグインが提供されているオープンソースの無料パスワード管理アプリ KeePass Password Safe はオープンソースで開発されている無料のパスワード管理アプリで、公開されている豊富なプラグインを導入する […]

Enpass-icon

Enpass Password Manager のインストールと使い方

膨大なパスワードを安全に管理するために必須の 安全性の高い パスワード管理 ソフト Enpass Password Manager  はインドのソフトウェアベンダー「 Sinew Software Systems 」が開 […]





タイトルとURLをコピーしました