スポンサーリンク

RoboForm のインストールと使い方

スポンサーリンク

セキュア で ユーザビリティの高い 高機能パスワード管理アプリ

RoboForm は 米国のソフトウェアベンダー Siber Systems が開発している 安全性・使いやすさ・価格 のバランスがとれたパスワードマネージャーで、一部の機能が制限された 無料版 も提供されている。

RoboForm は PC にインストールした アプリのデータを マスターパスワード に紐付けした AES-256 で 暗号化して セキュアな通信 ( HTTPS ) で RoboForm のサーバに送信しており、データの復号化は マスターパスワードで認証された ローカルデバイス で実行されるため、RoboForm のサーバには暗号化されたデータのみが保存され デバイス間 同期の安全性が確保されている。

システム要件

バージョン 9. 2. 1 現在

OS : Windows  Vista / 7 / 8 / 8.1  / 10

サポートしているブラウザ
Microsoft Edge / Mozilla Firefox / Google Chrome / Opera / IE 8 以降
Brave など Chromium系 のブラウザでも利用可能。

ソフトの入手先

RoboForm Free 公式 ダウンロードページ

RoboForm のインストール

RoboForm のインストーラーに アドウェア や スパイウェアは含まれていない。

roboform-password-manager-003

ダウンロードページの Get RoboForm Free をクリックしてインストーラーをダウンロード。

RoboForm-Password-Manager-001

ダウンロードした インストーラーを起動して ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

RoboForm-Password-Manager-002

セットアップウィザードが開始するので サービスのご利用条件 と プライバシーポリシー を確認して 問題なければ「 インストール 」。

デフォルト設定では PC にインストールされている RoboForm がサポートした すべての ブラウザへ拡張機能が追加される。
高度なオプション では RoboForm を組み込みブラウザの選択 と インストール先の変更 が可能。

roboform-password-manager-009

インストールが完了すると アカウントの作成画面になるので 新規アカウント作成 をクリック。

RoboForm-Password-Manager-004

メールアドレス と マスターパスワード を設定して「 次へ 」。

マスターパスワード は PBKDF2 で 一意の 暗号化キーを生成して RoboForm の ユーザーデータ にアクセスする際に使用されるもので、 RoboForm にもバックアップされず 本人が忘れてしまうと リカバリー不能に陥ってしまうため メモ等 で 保管して紛失しないようにする。

RoboForm-Password-Manager-006

アカウントが作成されたら「 次へ 」。

roboform-password-manager-013

拡張機能 をインストールするブラウザにチェックが入っているので 必要に応じてチェックを外して「 次へ 」。

roboform-password-manager-014

チェックを入れた ブラウザの 拡張機能 のインストールページが開くので 各ブラウザ ごとにインストールして 拡張機能を 追加。

RoboForm-Password-Manager-010

拡張機能が追加される。

アカウントを作成すると 30日の試用期間中は RoboForm から 連日 使い方のヒント がメールで送信されるので 不要な場合は メールの最下部にある 受信解除 のリンクから設定を変更する。
メールアドレスの認証

RoboForm のアカウントを作成後は 登録したメールアドレスの認証を行う。

RoboForm-Password-Manager-008

RoboForm から登録したメールアドレスに Account Creation Notification というタイトルのメールが届いているので 本文の Click here のリンクをクリック。

roboform-password-manager-017

メールアドレスの認証が完了。

2要素認証の設定

2要素認証 で使用する ワンタイムパスワード の受信設定は RoboForm のアカウント 管理画面で行う。

2要素認証 は ロボフォームのアカウントにアクセスする際に 通常の アカウント・パスワードを入力後、指定した受信先に 送信されるパスコードの入力が必要になるため、不正アクセス防止対策として設定を推奨。
無料版 の RoboForm Free でも インストール後 30日間 は 有料版 の機能が利用できるが、試用期間終了後 無料版 に移行すると 2要素認証 ・デバイス間の同期クラウドバックアップ などの機能が利用できなくなる。

RoboForm-Password-Manager-012

システムトレイにある RoboForm のアイコンをクリックして ヘルプ から ロボフォームアカウントの管理 を選択するか ロボフォームアカウント管理 ページ にアクセスする。

RoboForm-Password-Manager-013

ロボフォームアカウントの管理 を選択すると ブラウザが開いて ワンタイムパスワードを求められるので、アカウントに使用しているメールに送信されるパスワードを入力。

roboform-password-manager-019

RoboForm の 管理画面が開いたら 私の設定 から セキュリティ を選択。

RoboForm-Password-Manager-014

デフォルトでは 電子メール が有効になっており SMSグーグル認証 に変更できる。

SMS

電話 ( SMS ) は 携帯電話番号 を入力して「 送信 」。

roboform-password-manager-023

090-xxxx-6546 の場合は +81-90-xxxx-6546  と入力。

roboform-password-manager-024

入力した電話番号に 確認コード が送信されるので、コードを入力して送信すると ワンタイムパスワード が有効になる。

グーグル認証

グーグル認証 は Android / iOS で提供されている Google 認証システム アプリ を使用する認証方法。

roboform-password-manager-022

グーグル認証 を選択すると 読込みを行う QRコード が表示されるので、Google 認証システム アプリで QRコードをスキャンし、アプリに表示されるワンタイムパスワードを入力して有効にする。

ログイン設定

RoboForm は マスターパスワードの他 Windows Hello や 指紋認証 でのログインが可能で、無操作時のログオフまでの時間設定もできる。

RoboForm に登録した ログイン情報は 暗号化され、ログイン情報を利用する際に マスターパスワードを使用して復号している。
マスターパスワードは RoboForm にログインした際 メインメモリ ( RAM ) に保存されるため、RoboForm を使用する度に入力する必要はないが、デフォルト設定では 120分間 RoboForm が未使用の場合 や ユーザー切替・画面のロックなど行うと、安全のため RoboForm は自動的にログオフして メモリのマスターパスワードがクリアされる。

RoboForm-Password-Manager-015

ログインの設定を変更する場合は システムトレイの RoboFormアイコン から オプション を選択し、左サイドバーの セキュリティ を選択。

RoboForm-Password-Manager-016

Windows Hello など 生体認証 を使用している場合 や ケンジントンの指紋認証リーダー など 使用デバイスが 指紋認証 をサポートしている場合は 認証方法 で RoboForm の認証方法を マスターパスワードの入力から変更できる。

マスターパスワードを使用しない はログインせずに RoboForm へのログインが不要になるが、30日毎に マスターパスワードの入力を求められる。

RoboForm-Password-Manager-017

自動ログオフ では ユーザー切替時 や 画面ロック時の ログオフの無効化 や RoboForm が未使用の場合にログオフするまで時間設定ができる。

RoboForm の使い方

ブラウザに RoboForm の拡張機能がインストールされていれば RoboForm がログインフォームを検知するので、ブラウザの パスワード機能のように シームレスな操作ができる。

RoboForm-Password-Manager-010

PC 起動後は RoboForm がログオフ状態なので ブラウザの RoboForm アイコンをクリックして ログインする。

RoboForm への登録

RoboForm への登録は ログイン情報 と 個人情報 があり、ログイン情報は ウェブサイトのログイン と アプリのログインがある。

ウェブサイトのログイン情報

ウェブサイトのログイン情報は 自動登録 のほかに、自動登録では対応できないイレギュラーなフォームは フォームとログイン情報を保存できる。

ログイン情報の自動登録

RoboForm は新規ログインを検出して 自動的に登録を行う。

RoboForm-Password-Manager-018

RoboForm に未登録のサイトへ ログインするとダイアログが表示されるので 操作を選択。

保存 :
入力したログイン情報を RoboForm に登録。
Not Now :
登録しないが 次回ログイン時もダイアログが表示される。
以降このサイトでは無し:
ログイン情報を保存せず 今後 ダイアログも表示しない。

RoboForm-Password-Manager-019

保存 を選択すると ログイン情報が追加される。

フォームの保存

銀行 など 通常のログインフォームが使われていないサイトでは 自動登録が正常に動作しないため、 ログイン情報 と 入力フォーム を保存する。

RoboForm-Password-Manager-020

パスワードを含め ログイン情報を すべて入力した状態で ブラウザの RoboForm 拡張機能 をクリックして フロッピー アイコンをクリック。

roboform-048

名前を編集して ログイン が有効になっていることを確認後「 保存 」。

RoboForm-Password-Manager-021

次回から 自動入力が可能になる。

オンラインバンクで表示される  銀行口座追加 の RoboFormアイコンは アイデンティティ に登録するもので、アイデンティティ に口座情報を追加しても ログインできるわけではい。
アプリのログインフォーム

RoboForm は オンライン認証 を行うアプリの ログイン情報も登録できる。

RoboForm-Password-Manager-024-1

アプリの ログインフォーム を RoboForm が検出すると フォーム下に RoboForm の「 保存 」ボタンが表示されるので、登録する場合は 保存 を押してからログイン情報を入力してログイン

フォームに RoboForm が表示されない場合は パスワード の入力フォーム をアクティブにする。

RoboForm-Password-Manager-025

名前をつけて「 保存 」で登録される。

roboform-006

フォームからのログイン情報取得に失敗した場合は ダイアログが表示されるので ログイン情報を再入力する。

アイデンティティ – 個人情報

アイデンティティ では 氏名・住所・生年月日・マイナンバー・免許証の番号 などの個人情報を登録し、登録した個人情報に 銀行口座 や クレジットカードなどの情報を追加できる。

アイデンティティに登録した項目は フォーム入力時に 利用可能。

RoboForm-Password-Manager-026

ブラウザの RoboForm 拡張機能から ID を記入 を選択。

アイデンティティを複数作成する場合は システムトレイの RoboForm メニューから アイデンティティ から実行。

RoboForm-Password-Manager-027

「 + 」をクリックして アイデンティティ を選択。

RoboForm-Password-Manager-028

新規アイデンティティ作成 画面が開くので 作成する ウィザードに従って 氏名などを入力。

国のリスト で 選択された国に合わせ ローカライズされたフォームになる。

RoboForm-Password-Manager-029

左サイドバーから追加する項目を選択して 口座 や クレジットカード などを登録。

登録した 銀行口座 や クレジットカード情報 は RoboForm から参照でき、フォームへの自動入力も有効になる。

ログイン

RoboForm に登録されている ログイン情報は フォームがアクティブになると RoboForm のアイコンが表示される。

roboform-password-manager-036

フォームに表示された RoboForm のアイコンをクリック。

roboform-password-manager-037

登録情報が表示されるので 使用するログイン情報を選択すると フォームにログイン情報が反映され 自動的に ログインが実行される。

アプリのログイン

アプリの場合もフォームがアクティブになると RoboForm が表示される。

RoboForm-Password-Manager-031

フォーム下に RoboForm に登録した アプリ名が表示されるので、クリックして使用するログイン情報を選択すると ログイン情報が反映され 自動的に ログインが実行される。

パスワードのインポート

RoboForm の インポートは RoboForm  と サードパーティ製アプリ で操作が異なる。

RoboForm のデータ インポート

有料の RoboForm エブリウェアでは RoboForm のデータが オンラインサーバに暗号化されて保存されるため、同一アカウントを使用すれば 複数のデバイスでデータが同期されるが、無料の RoboForm は同期機能がないため 手動で同期が必要になる。

RoboForm-Password-Manager-033

データのエクスポート / インポート は システムトレイの RoboForm アイコンをクリックして オプション を開き アカウントとデータ で行う。

RoboForm-Password-Manager-034

データのエクスポートは 出力形式を CSV ファイルに設定。

RoboForm-Password-Manager-035

インポートは 左サイドバー から CSV を選択して ファイルからインポート で エクスポートで 出力した CSV ファイルを指定。

他のパスワードマネージャー / ブラウザ からのインポート

RoboForm は ブラウザに保存されているパスワードのほか 主要な パスワードマネジャーからのインポートをサポートしている。

サポートしているパスワードマネージャー
1Password , Dashlane , LastPass , KeePass , Enpass , Password Boss など

RoboForm-Password-Manager-032

インポートする場合は システムトレイの RoboForm アイコンから ツールインポート を選択。

roboform-052

ブラウザからインポートする場合は「 インポート 」をクリック。

他のパスワードマネージャーからインポートする場合は ファイルのエクスポートが必要で、アプリによって設定が異なるので 公式サイトの RoboForm インポート方法を参照。

デバイスの削除

RoboForm では デバイスの盗難 や 紛失の際に 管理画面から デバイスを使用停止することができる。

roboform-030

システムトレイにある RoboForm のアイコンをクリックして ヘルプ から ロボフォームアカウントの管理 を選択するか ロボフォームアカウント管理 ページ にアクセス後  私の設定 から セッション を選択。

roboform-026

承認されたデバイス から削除するデバイスをチェックして「 選択項目の削除 」をクリック。

roboform-027

確認ダイアログが表示されるので「 はい 」で 選択したデバイスが削除される。

削除されたデバイスは 次回起動時に 未登録デバイスになり2要素認証 を設定している場合は ワンタイムパスワードの入力を求められる。

RoboForm の購入方法

RoboForm は 1つのライセンスで 使用可能なデバイスは無制限 になり デバイス間の自動同期も可能になる。

RoboForm エブリウェア 購入ページ  

roboform-063

ライセンス は 自動更新ではないサブスクリプション形式 で「 1 年 」「 3 年 」「 5 年 」があるので 任意のライセンスを選択。

表示価格は税抜。
決済で使用する通貨を変更する場合は 右上の「 通貨 」のリストから変更。

roboform-064

税込み価格が表示されるので 確認後「 チェックアウト 」。

roboform-065

支払い方法は クレジットカード か PayPal で 決済を実行。

roboform-068

決済が完了すると RoboForm の画面に戻るので 既存のロボフォームアカウントでログインします。 のリンクをクリック。

roboform-password-manager-018

RoboForm のログイン情報を入力して「 ログイン 」。

roboform-069

購入したライセンスは「 ライセンス 」で 終了日を 確認できる。

関連記事

roboform-icon

RoboForm のインストールと使い方

セキュア で ユーザビリティの高い 高機能パスワード管理アプリ RoboForm は 米国のソフトウェアベンダー Siber Systems が開発している 安全性・使いやすさ・価格 のバランスがとれたパスワードマネージ […]

password-boss-logo

Password Boss のインストールと使い方

セキュリティに重点を置いた 高機能な パスワード管理アプリ Password Boss は 米国のソフトウェアベンダー「 Password Boss 」が MSP ( マネージド・サービス・プロバイダ ) 向けに開発した […]

keepass-icon

KeePass Password Safe のインストールと使い方

豊富なプラグインが提供されているオープンソースの無料パスワード管理アプリ KeePass Password Safe はオープンソースで開発されている無料のパスワード管理アプリで、データベースは高度な暗号化アルゴリズム […]

Enpass-icon

Enpass Password Manager のインストールと使い方

膨大なパスワードを安全に管理するために必須の 安全性の高い パスワード管理 ソフト Enpass Password Manager  はインドのソフトウェアベンダー「 Sinew Software Systems 」が開 […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パスワード管理
Easy Innovation Zone
タイトルとURLをコピーしました