Signal for Android の設定と使い方

Signal 6 icon 006

Signal for Android の特徴

  • オープンソースの  Signal Protocol でメッセージと通話をエンドツーエンドで暗号化するプライバシー保護を重視した無料のメッセンジャーアプリ
  • 配信されたメッセージはサーバから削除されるため利用される懸念がなく、広告配信や個人情報収集もない
  • 送信したメッセージの編集も可能

Signalの匿名性を悪用し、特殊詐欺や闇バイトの連絡手段として使用されるケースがあるため印象は悪いが、アプリは個人情報の保護を目的として開発されている。

開発元

  • 開発元:Signal Technology Foundation
  • 開発元の拠点:米国

Signal Technology Foundationは非営利団体で、助成金と寄付金で運営されている。

ダウンロード

Fences
Start11
PassFab 4Winkey banner
ToDo Buckup
Revo Uninstaller banner1
Repairit banner
Fences
Start11
PassFab 4Winkey banner
ToDo Buckup
Revo Uninstaller banner1
Repairit banner

安全性

Signalのサーバは 米国にあるが、法執行機関からの要請があってもメッセージや通話内容は提供されず、唯一 ユーザーが Signalに登録した日時と、ユーザーが最後に Signalを使用した日付が提供される。

システム要件

  • バージョン:7.8.1
  • OS:Android 5.0 以上

第三者と共有されるデータ

  • 電話番号

Signal for Android のインストール

Signal 7.8.1 001

Playストア からインストール。

Signal-6.15-006

Signalを開いて「続行」。

Signal 6.36007

Signal 6.36008

「次へ」で 連絡先へのアクセス通知の送信電話の発信と管理 を許可する。

Private Contact Discovery Service はソーシャルグラフを作成するための オープンソースプログラムで、Signal ユーザーの電話番号は SHA256ハッシュを算出して Signalのサーバに登録され、連絡先へのアクセスを許可すると連絡先に登録されている Signalユーザーが表示される。

今はしない で 拒否しても、自身の電話番号は Signalのソーシャルグラフに SHA256ハッシュが登録されるため、連絡先に電話番号を登録して連絡先へのアクセスを許可している Signalユーザーには Signalの連絡先に表示される。

Signal の仕様により、電話番号を登録してる Signalユーザーに自分が Signal に登録したことを隠すことはできない。

Signal 6.13 001

Signal 7.8.1 002

電話番号を確認して「続行」。

Signal 7.8.1 003

ダイアログが表示されたら「OK」で認証コードが送信され、SMSを受信したら自動的にコードを取得して認証される。

Signal-for-Android-008

Signal 7.8.1 004

画像やプロフィール名を設定して「次へ」。

相手の Signalには画像と電話番号のほか、相手の連絡先に登録されている名前が表示され、設定した プロフィール名は相手の連絡先に登録されていない場合に表示される。

Signal 7.8.1 005

Signal 7.8.1 004

PINを作成して「次へ」。

PIN はプロフィールや設定を復元する際に使用する 数字 または 英数字 で、ソーシャルグラフの暗号化や登録ロックとして利用される。

PINはローカルで処理されるので、Signal側でリセットや復元 ができず、PINを作成することでユーザーのソーシャルグラフも Signalのサーバで読み取りできなくなり、よりセキュアな環境での利用が可能になる。

Signal-for-Android-011

Signalが利用可能になる。

メッセージのバックアップ

Signalはサーバにメッセージが保存されないため、過去のメッセージはバックアップを有効にしてデバイスに保存する。

メッセージの履歴はローカルに保存されたデータを参照しており、バックアップせずに Signalをアンインストールしたりデバイスを初期化すると過去のメッセージは復元できない。

デバイスを初期化する際は保存したバックアップファイルをクラウドストレージなどへ移動する。

Signal-for-Android-012

Signal 6.13 004

Signal-for-Android-039

ホーム画面左上のユーザーアイコン から チャット を選択し、チャットのバックアップ をタップ。

Signal-for-Android-040

「有効にする」をタップしてバックアップファイルの保存先を指定。

Signal-for-Android-041

暗号化されたバックアップデータを復号するための パスフレーズ が表示されるので、パスフレーズを保存後 パスフレーズを書き留めました。をチェックして バックアップを有効にする をタップ。

表示されているパスフレーズをタップするとクリップボードにコピーされるので、メモアプリなどに貼り付けて保存する。

バックアップデータからの復元

Signal 6.30 002

Signalを新規インストールし、「通知の送信」を許可した後に アカウントの移行または復元 を選択。

すでにインストールされている Signalではバックアップからの復元はできない。

Signal 6.30 003

「連絡先」と「電話番号の発信と管理」へのアクセスを許可し、バックアップから復元 でバックアップデータを指定してパスフレーズを入力。

StreamFab banner
CleverGet banner
DVDFab banner
Prof. Media banner
Epubor banner
StreamFab banner
CleverGet banner
DVDFab banner
Prof. Media banner
Epubor banner

Signal for Android の使い方

Signal は SMSのように電話番号が登録されている家族や友人とのコミュニケーションツールで、招待を受けると自分の電話番号が相手に開示されるため、素性の不明な相手からのメッセージや招待はブロックか削除 する。

管理者の許可なく不特定多数の招待が可能なグループチャットはセキュリティリスクが高いため、招待を受ける際には注意する。

チャット

Signal 7.8.1 006

Signal 6.30 005

新規メッセージは チャット編集 アイコンをタップ。

Signal-for-Android-021

連絡先 へのアクセスを許可していると Signalユーザーが表示されるのでタップして選択。

宛先をロングタップして削除やブロックも可能。

Signal-for-Android-023

メッセージを入力して送信。

Signal-for-Android-030

Signal-for-Android-032

メッセージが相手に届くと 2重のチェックマークが表示され、既読になるとチェックマークが反転する。

Signal 6.36009

メッセージをロングタップすると絵文字や返信などを追加してリアクションでき、編集 では送信したメッセージを修正することも可能。

消去

Signal-6.15-015

誤爆したメッセージは送信から 3時間以内 であれば削除可能で、メッセージをロングタップしてメニューから 消去

Signal-6.15-016

ダイアログが表示されるので 全員分を削除 を選択。

Signal-6.15-018

送信先の Signalにはメッセージが削除されたことが表示される。

不要になったグループチャットなどチャット全体のは、ホーム画面で削除するチャットをロングタップしてメニューから 消去

未登録番号への送信と受信

Signal 7.8.1 007

連絡先に登録されていない Signalユーザーへのメッセージは、検索バーに送信先の電話番号を入力し、検索結果を選択してメッセージを送信。

Signal-for-Android-025

Signal-for-Android-026

連絡先に登録されていない相手からメッセージを受信した場合は メッセージ申請 と表示され、メッセージを開いて「承認する」を選択するとメッセージの送信先にアカウント名とプロフィール画像が表示される。

ブロック

Signal-for-Android-027

Signal-for-Android-029

Signal-for-Android-028

ブロックは相手のアカウント画像をタップするか、ロングタップしてメニューから ブロック を選択し、表示されるダイアログの ブロックする で実行。

ダイアログでは メッセージの送信や通話発信ができなくなる と表示されているが、実際はブロックした相手から受信しなくなるだけで、相手からは送信も発信もできる。 

Signal-for-Android-012

Signal-for-Android-034

Signal-for-Android-033

ブロックしたユーザーは、ホーム左上のユーザーアイコンの プライバシー で ブロック中のユーザー から一覧表示でき、リストのユーザーをタップするとブロックを解除できる。

ブロックを解除してもブロック中に送信されたメッセージは受信しない。

消えるメッセージ

Signal 7.8.1 008

Signal 7.8.1 009

Signal 7.8.1 010

Signal 7.8.1 011

消えるメッセージ はチャット画面の右上にある 3 点リーダーから チャットの設定 を開き、消えるメッセージ を選択し、メッセージが既読後に自動削除される時間を設定。

Signal-for-Android-044

チャット画面に 消えるメッセージ が有効になったことが表示され、以降は双方のメッセージが 指定時間後に自動削除される。

Signal-for-Android-045

設定の解除はチャット相手も可能。

グループチャット

Signal-for-Android-062

Signal-for-Android-063

新規グループを作成する場合はホーム右上の 3 点リーダーから 新規グループ を選択。

グループは最大 1000人まで参加でき、グループの管理者はメンバーを削除できる権限がある。

Signal-for-Android-064

グループに参加するメンバーを選択してグループ名を設定。

Signal-for-Android-068

グループの参加メンバーが他のユーザーを招待できるようにする場合は 友達を招待する をタップ。

Signal-for-Android-069

新メンバーを承認制にする を有効にすると、招待したメンバーの参加を確認できる。

承認制にしない場合は 共有リンクから 新メンバーが自由に参加できる。

Signal-for-Android-070

Signal-for-Android-073

Signal-for-Android-074

グループに参加したメンバーの削除は、グループのプロフィール画像をタップし、追放するメンバーを選択後 グループから削除

参加したグループから抜ける時は、グループのプロフィール画像をタップして グループを抜ける を選択。

通話

Signal 6.30 006

Signal 6.30 007

Signal 6.30 009

通話連絡先アイコンをタップし、音声通話かビデオ通話を選択してコール。

ストーリー

Signal 6.30 010

Signal 6.30 011

ストーリー は 24時間後に自動削除される Signalユーザーの共有ツールで、ストーリー から マイストーリー をタップし、カメラへのアクセスを許可して写真や動画を撮影するか、保存している動画・画像を選択して編集後 メッセージを追加して投稿。

Signal-for-Android-054

Signal-for-Android-055

Signal-for-Android-056

マイストーリー をタップして ストーリーを閲覧できるユーザーを指定して 送信。

閲覧できるユーザーは記憶されるので、次回から マイストーリー を選択すると前回のユーザーが設定され、閲覧ユーザーは マイストーリー をロングタップして ストーリー設定 で編集する。

Signal-for-Android-058

Signal-for-Android-059

新規のストーリーを作成する場合は 3 点リーダーから ストーリープライバシー を選択し 新規ストーリー をタップ。

Signal-for-Android-012

Signal-for-Android-060

Signal-for-Android-061

ストーリーを使用しない場合は、ホーム 左上のユーザーアイコン から ストーリー を選択し ストーリーを非表示にします で非表示にできる。

デバイスの変更

Signal はデータをローカルに保存しているため機種変更時は 旧デバイスと新デバイスが必要で、SIM を差し替えて Signal をインストールしただけではメッセージや画像などのデータは復元しない。

Signal-6.15-014

旧デバイスの Signalでメッセージなどが閲覧できる状態で新規デバイスに Signal をインストールし、アカウントの移行または復元 からウィザードに従ってデータを転送する。

アカウントの削除

Signalのソーシャルグラフから電話番号を削除し、Signalユーザーとして認識されないようにするためにはアカウントを削除する。

Signal-for-Android-012

Signal-for-Android-013

Signal-6.15-011

ホーム左上のユーザーアイコンから アカウント を選択し、アカウントの消去 をタップ。

Signal-6.15-012

リストから を選択して電話番号を入力後「アカウントを消去する」。

Signal-6.15-013

ダイアログが表示されるので アカウントを消去する で実行。

メッセージや画像はローカルに保存されているため、アカウントを削除すると消失するが、チャット相手の Signalにはデータが残る。

Signal-for-Android-017

アカウントを削除したユーザーの チャットを開くと Signalユーザーではありません と表示されるが、過去のチャットは閲覧できる。

関連記事
Proton-Mail-icon

Proton Mail for Android の使い方

ゼロアクセス・アーキテクチャ を採用し、ログの保存やトラッキングを行わないなど セキュリティとプライバシー保護が強化された 無料で利用できるセキュアなオープンソースの匿名電子メール

notenook 3.0 icon

Notesnook for Android の設定と使い方

無料版でも エンドツーエンドで暗号化され、ゼロナレッジのセキュアな環境でノートを保存できる オープンソースで開発されている プライバシー保護を優先させたメモアプリ

Simplenote-icon

Simplenote for Android の設定と使い方

マークダウン記法をサポートし、メモの同期・共有・バックアップがマルチデバイス環境で 無償利用できる Automattic が開発している オープンソースの メモアプリ

ProtonVPN-icon

Proton VPN Free for Android の設定と使い方

キルスイッチ・DNSリーク対策をサポート、ノーログポリシーを採用し、データ量の制限がなく、広告も表示されない セキュアな通信が可能な 無料利用可能な VPNアプリ

ProtonVPN-icon

Proton VPN for Android の設定と使い方

Index Proton VPN の特徴開発元ダウンロード仕様安全性システム要件第三者と共有されるデータインストール設定ProtonVPN for Android の使い方DNS漏れの確認 Proto…