VirtualBox7.0にアップグレード後 OSが起動しない場合の対処法

virtualbox_icon

VirtualBox 6.1 から 7.0 にアップグレードした際に EFIモードの OS が起動しない場合の対処法

VirtualBox 6.1 から 7.0 にアップグレードした際  EFIモード でインストールした ゲストOS が起動しない場合、既存マシンの スナップショットが不要 で ライセンスの再認証 が可能 であれば 既存マシンの システムドライブをマウントして VirtualBox 7.0 で起動できる。

virtualbox_icon

Oracle VM VirtualBox のインストールと使い方

1台のパソコンに複数の OS をインストールできる 仮想化 アプリ  Oracle VM VirtualBox は 米国のソフトウェアベンダー Oracle が開発している PC/AT互換機のエミューレータで、1台のパソ […]

アップグレードに不具合が生じた場合は VirtualBox 6. 1 と Extension Pack を上書きインストールすればダウングレードできる。

Windows 10/ 11 が起動しない

VirtualBox 6.1 で EFI モードで インストールした Windows 10/ 11 を VirtualBox 7.0 に上書きインストール後に起動すると Failed to load the NVRAM store from the file でエラーになって起動しない。

BIOS モードでインストールした Widnows 10 は問題なく起動する。

VirtualBox7.0-EFI-002

Windows 10/ 11 のゲストOS を起動すると 起動画面が強制終了して エラー通知が表示される。

Failed to load the NVRAM store from the file (VERR_VFS_UNSUPPORTED_FORMAT).
Can’t attach Nvram Storage driver (VERR_VFS_UNSUPPORTED_FORMAT).
Result Code:
E_FAIL (0X80004005)

EFI モードでは NVRAM に 起動オプションが保存されるため、ストレージの暗号化 や TPM をサポートした 7.0 では 旧バージョンの 仮想マシンが起動できないのだと思われる。

既存マシンの システムドライブを確認

起動しない仮想マシンが使用している ドライブ名を確認する。

VirtualBox7.0-EFI-013

仮想マシンの メニューから 詳細 を選択して ストレージ で確認。

デフォルト設定で ゲストOS をインストールしている場合は SATA ポート 0 に 接続されている。

新規マシンで システムドライブをマウント

仮想マシンの EFI に問題があるため、VirtualBox 7.0 で最新の仮想マシンを作成して 既存のシステムドライブをマウントする。

VirtualBox7.0-EFI-003

左サイドバーの ツール メニューから ようこそ を選択して 新規 をクリックするか、Ctrl + N で 新規仮想マシン のウイザードを開く。

VirtualBox7.0-EFI-004

仮想マシンの名前 と 保存先 、Windows のバージョンを設定。

ISO Image は 空欄にする。

VirtualBox7.0-EFI-005

メインメモリー で 使用する 仮想マシン に割り当てるメモリサイズを指定し、UEFI で Intel VT/ AMD-V を有効にしている場合は Processor で 使用する CPU のコア数を設定して「 次へ 」。

VirtualBox7.0-EFI-006

仮想ハードディスクの設定画面で Do Not Add a Virtual Hard Disk を選択。

VirtualBox7.0-EFI-007

設定内容が表示されるので「 完了 」。

VirtualBox7.0-EFI-010

ダイアログが表示されるので「 続ける 」で HDD を積んでいない仮想マシンを作成。

VirtualBox7.0-EFI-011

作成した仮想マシンの 設定 を開き、ストレージハードディスクの追加 を選択。

VirtualBox7.0-EFI-012

事前に確認した 既存マシン の システムドライブを選択して「 追加 」。

VirtualBox7.0-EFI-014

VirtualBox7.0-EFI-017

光学ドライブを追加 から VBoxGuestAdditions.iso を選択して追加し、既存の仮想マシンに接続していた HDD や 共有フォルダ を追加。

VirtualBox7.0-EFI-018

新規マシンを起動。

VirtualBox7.0-EFI-019

EFI が起動する。

VirtualBox7.0-EFI-021

Windows が正常に起動することを確認したら シャットダウンし、仮想マシン を すべてをクローン で クローンを作成する。

仮想マシンに追加した システムドライブは リンク状態でスナップショットが保存できないため、クローンで システムドライブを実装した仮想マシンを作成する。

ライセンスの再認証

クローンで作成した 仮想マシンを起動して ライセンス認証を行う。

Microsoftアカウント からライセンスを移行する場合は下記参照
Microsoft-Tile-icon

Windows 10/ 11 のライセンス移行

Windows 10/ 11 搭載パソコンのハードウェア換装後の ライセンス認証 Windows 7/ 8 から 無償アップグレードした Windows 10 は 汎用プロダクトキー が使用され、アップグレード時に パソ […]

VirtualBox7.0-EFI-022

設定システム から ライセンス認証 を開くと ハードウェアの変更 でライセンスが 非アクティブ になっているので プロダクトキーを変更する の「 変更 」をクリック。

VirtualBox7.0-EFI-023

プロダクトキー を入力して「 次へ 」。

Windows 7 や Windows 8 から 無償アップグレードした Windows 10/ 11 は 汎用プロダクトキー が使用されているが、ライセンス認証可能なのは Windows 10 にアップグレードした Windows 7 や Windows 8 で使用している プロダクトキー か、Windows 10/ 11 購入時に記載のあるプロダクトキー 。

VirtualBox7.0-EFI-024

「 ライセンス認証 」をクリックして認証を実行。

VirtualBox7.0-EFI-026

プロダクトキーに問題がなければ ライセンス認証 される。

関連記事

virtualbox_icon

Oracle VM VirtualBox のインストールと使い方

1台のパソコンに複数の OS をインストールできる 仮想化 アプリ  Oracle VM VirtualBox は 米国のソフトウェアベンダー Oracle が開発している PC/AT互換機のエミューレータで、1台のパソ […]

virtualbox_icon

VirtualBox7.0にアップグレード後 OSが起動しない場合の対処法

VirtualBox 6.1 から 7.0 にアップグレードした際に EFIモードの OS が起動しない場合の対処法 VirtualBox 6.1 から 7.0 にアップグレードした際  EFIモード でインストールした […]

virtualbox_icon

Oracle VirtualBox で Windows 11 を使用する方法

Oracle VM VirtualBox は バージョン 7.0 で セキュアブート と TPM2.0 をサポートしたため、現在は システムチェックをバイパスせずにインストールできる。 ホストが Windows 11 の […]

virtualbox_icon

Oracle VM VirtualBox 6.1 のインストールと使い方

Oracle VM VirtualBox は メジャーバージョンアップして 7. 0 がリリースされ、Oracle VM VirtualBox 6. 1 は 2023年 12 でサポートが終了 する。  Oracle V […]