Oracle VM VirtualBox のインストールと使い方

virtualbox_icon

1台のパソコンに複数の OS をインストールできる 仮想化 アプリ 

Oracle VM VirtualBox は 米国のソフトウェアベンダー Oracle が開発している PC/AT互換機のエミューレータで、1台のパソコンで 複数の OS を 独立したデバイスとして操作することができ、バージョン 7.0 から TPM2.0 と セキュアブート をサポートして Windows 11 のインストールも可能になった。

使用している PC が Windows 11 のシステム要件を満たしていなくても VirtualBox にインストールできる。 
仮想マシン ( Virtual Machine ) には エミュレータを実行する ホスト と エミュレータ上で動作する ゲスト があり、 VirtualBox はホスト OS に Windows ・Linux・Mac OS ・Solaris をサポートしており、ゲストは x86・x64 アーキテクチャの OS が動作する。

VirtualBox 6. 1 からバージョンアップする場合は 上書きインストールが可能だが、アップグレードすると EFI でインストールした ゲストOS の Windows10/ 11 が起動しない

virtualbox_icon

VirtualBox7.0にアップグレード後 OSが起動しない場合の対処法

VirtualBox 6.1 から 7.0 にアップグレードした際に EFIモードの OS が起動しない場合の対処法 VirtualBox 6.1 から 7.0 にアップグレードした際  EFIモード でインストールした […]

アップグレードに不具合が生じた場合は VirtualBox 6. 1 と Extension Pack を上書きインストールすればダウングレードできる。

Oracle VM VirtualBox 6.1 については下記参照
virtualbox_icon

Oracle VM VirtualBox 6.1 のインストールと使い方

Oracle VM VirtualBox は メジャーバージョンアップして 7. 0 がリリースされ、Oracle VM VirtualBox 6. 1 は 2023年 12 でサポートが終了 する。  Oracle V […]

システム要件

バージョン 7. 0. 4  現在

OS : Windows 8.1/ 10/ 11 21H2 ( 64-bit のみ )
CPU : SSE2 をサポートした CPU
RAM : 実行するホスト・クライアント OS の推奨メモリ合計
HDD : インストールするクライアント OS に応じて数十GB

マルチプロセッサを使用する場合は ハードウェアを仮想化するため Intel VT/ AMD-V をサポートした CPU の利用と BIOS の設定が必要。

intel の CPU は Nehalem 世代 以降、AMD は Athlon64/ Phenom 世代以降を推奨。
Microsoft Visual C++ Redistributable のインストール

Oracle VM VirtualBox 7.0 は Microsoft Visual C++ Redistributable 2019 が必要なので、パソコンに未インストールの場合はインストールする。

VirtualBox7-018

ダウンロードページ から x64 を選択して「 ダウンロード 」でインストーラーをダウンロード。

VirtualBox7-019

ダウンロードした インストーラーを起動し、Microsoft Visual C++ 2015-2022 Redistributable をインストールして PC を再起動。

ソフトの入手先

Oracle VM VirtualBox 公式ダウンロードページ

Oracle VM VirtualBox のインストール

VirtualBox のインストーラーには アドウェア や スパイウェアは含まれていない。

VirtualBox7-015

ダウンロードページにある Oracle VM VirtualBox Base Packages のリンクをクリックして Windows Installer をダウンロード後、Oracle VM VirtualBox Extension Pack もダウンロード。

VirtualBox7-016

ダウンロードした VirtualBox のインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Microsoft Visual C++ Redistributable 2019 がインストールされている環境で実行。

VirtualBox7-020

セットアップウィザードが開始するので「 Next 」。

VirtualBox7-021

インストールするコンポーネント と インストール先 は デフォルト設定で「 Next 」。

VirtualBox7-022

インストール時に ネットワークが一時的に切断されるので 続行する場合は「 Yes 」。

VirtualBox7-024

Python Corewin32api がインストールされるので「 Yes 」。

VirtualBox7-025

インストールの準備ができたので「 Install 」。

VirtualBox7-026

「 Finish 」をクリックしてセットアップウィザードを終了し、起動した VirtualBox を閉じてから ダウンロードした Oracle VM VirtualBox Extension Pack  を開く。

VirtualBox7-028

VirtualBox が起動して ダイアログが表示されたら「 インストール 」をクリック。

旧バージョンから バージョンアップする場合は「 アップグレード 」になる。

VirtualBox7-030

使用許諾書が表示されるので 内容を確認して問題なければ「 同意します 」をクリック。

下までスクロールしないと「 同意します 」はクリックできない。

VirtualBox7-027

Oracle VM VirtualBox のセットアップ完了。

UEFI/ BIOS の設定

ゲスト PC で利用する CPU コアの割り振りや 仮想化 支援機能を有効にするためには、VirtualBox の設定を行う前に UEFI/ BIOS を設定する。

Oracle VM VirtualBox 022

UEFI/ BIOS を起動して Advance詳細 にある CPU に関する項目で、AMD は SVM ( Secure Virtual Machine ) 、Intel は Intel VirtualizationTechnology を有効にする。

Oracle VM VirtualBox の使い方

VirtualBox は ホストの CPU や メモリのリソースを割り振って 論理的に 別のパソコンが動作している環境を構築するため、低スペックな PC だと動作に支障がでる。

Oracle VM VirtualBox ユーザーマニュアル

仮想マシンの作成

仮想マシンは CPU・メモリ・ストレージ を設定 して作成する。

VirtualBox7-031

ホーム画面の 新規 をクリック。

VirtualBox7-038

各項目を設定して「 次へ 」。

名前 : 仮想マシンの 名前を入力。
Folder ( マシンフォルダー ) : 空き容量に余裕のあるドライブを指定。
ISO image : インストールする OS ( ゲストOS ) の ISO イメージファイル

タイプ : インストールする OS
バージョン : インストールする OS のバージョン
無人インストールは使用しないので Skip Unattended install を有効にする。

ISO イメージファイルではなく OS のインストールディスク を使用して ゲストOS をインストールする場合は ISO image を空欄にする。

VirtualBox7-039

メインメモリー で 使用する 仮想マシン に割り当てるメモリサイズを指定し、UEFI で Intel VT/ AMD-V を有効にしている場合は Processor で 使用する CPU のコア数を設定して「 次へ 」。

Windows 11 など EFI でインストールが必要な OS は Enable EFI がデフォルトで 有効になり、Enable EFI が無効の場合は BIOS モードでのインストールになる。

EFI ( Extensible Firmware Interface ) は BIOS の後継になる ファームウェアのインターフェース仕様で、有効にすると ゲストOS を UEFI モードでインストールできる。

VirtualBox7-040

Creative a Virtual Hard Disk Now ( 仮想ハードディスクを作成する ) にチェックが入った状態で、Disk Size で 作成する 仮想ハードディスクのサイズ を設定。

作成する仮想ハードディスクのサイズは 設定値を上限に 使用サイズに応じて増加する 可変サイズ がデフォルトになっており、設定値を事前に固定して高速化を図る場合は Pre-allocate Full Size を有効にする。

VirtualBox7-041

設定内容を確認して「 完了 」。

VirtualBox7-042

OS が未インストール状態の仮想マシンが追加される。

仮想マシンの設定

必要に応じて 作成した仮想マシンの設定を編集する。

仮想マシンの設定は 仮想マシンがシャットダウンしている状態であれば 修正が可能。

VirtualBox7-043

左サイドバーから 設定する 仮想マシン を選択して 設定 をクリック。

一般

ホストとゲスト間で ファイルの移動 や コピペ を可能にするため クリップボード と ドラッグ & ドロップ の設定をする。

VirtualBox7-049

一般高度 タブを選択して クリップボードの共有ドラッグ & ドロップ を  双方向 に変更。

システム

システム では 仮想マシン の作成時に設定した メモリサイズ や CPU のコア数の編集のほか、ブート設定、ネステッドVT-x/AMD-V などの設定ができる。

VirtualBox7-047

メモリサイズ や ブート設定 は マザーボード タブで編集。

IO APIC ( IO Advanced Programmable Interrupt Controller ) は 外部割り込みを 複数のプロセッサに分散するための機能で、ゲスト OS が Windows の場合は デフォルトで有効になっている。
バージョン 7.0 から TPM・セキュアブートなどの項目が追加されている。

VirtualBox7-048

CPUコア数 変更 や ネステッドVT-x/AMD-V を有効にする場合は プロセッサー タブで編集。

PAE /NX
32-bit の OS で 4GB 以上の メモリを扱う拡張機能 で、有効にすると ホストPC の PAE/ NX 機能が 仮想マシンで使用可能になり、ホストOS が32-bit で ゲストOS に Ubuntサーバ を使用する際には必須。
ネステッドVT-x/AMD-V( 使用する際には UEFI/ BIOS の設定が必要 )
仮想マシン を ハードウェアレベルで システムリソースの割り当てを実行するため、ソフトウェアレベルでの割り当てに比べ処理能力が向上する。
 ホスト PC に 64-bit OS を使用している場合 PAE /NX  は 無効にしても問題ない。
ディスプレイ

ビデオメモリを ディスプレイ の項目で設定。

VirtualBox7-050

スムーズな描写のため ビデオメモリは最大サイズを推奨。

グラフィックスコントローラー : VBoxSVGA
3D アクセラレーションを有効化 : 有効
ストレージ

システムドライブ と 仮想光学ドライブ 以外に ドライブを追加する場合は ストレージ で設定。

VirtualBox7-051

ストレージデバイス追加アイコン をクリックすると 選択画面になるので、追加 で既存の仮想ディスク を選択するか 作成 で 仮想ディスク を作成する。

ネットワーク

クライアント PC は デフォルトで NAT ( ネットワークアドレス変換 ) が有効になっているため、ホスト と クライアント PC の IP アドレス 間 で変換が実行され データの転送が可能で、ホストがインターネットに接続できれば クライアントもインターネットが利用できる。

VirtualBox7-052

NAT で IPアドレスの変換を行わず、直接 ホスト PC のネットワーク環境を利用する場合は ネットワーク割り当てブリッジアダプター に変更。

EFI を有効にして OS をインストールする場合、ブリッジアダプター に変更すると インストール時にエラーが発生するため、EFI モードでインストールする際は NAT を使用して インストール後に  ブリッジアダプター に変更。

VirtualBox7-053

ブリッジアダプター を選択した場合は 名前 の項目でホスト PC が使用しているネットワークアダプタを指定する。

ブリッジアダプターにするとローカルネットワークに表示され、ネットワーク上にあるプリンタも TCP/IP で接続可能になる。
共有フォルダ

共有フォルダ はホスト PC の既存フォルダを共有設定して ホストとゲスト双方でアクセス可能にする。

VirtualBox7-054

共有フォルダを追加するには 左サイドバーの 共有フォルダ を選択して 右上のフォルダアイコンをクリック。

VirtualBox7-056

フォルダーのパスその他 から共有するホスト PC のフォルダを選択し、ゲストPC 起動時に 共有フォルダへのアクセスを有効にする場合は 自動マウント にチェックを入れる。

ゲストOS のインストール

仮想マシンの作成時に OS の ISOイメージファイルを指定している場合は マシンを起動してセットアップを行う。

VirtualBox7-057

左サイドバーから OS をセットアップする 仮想マシンを選択して 起動 をクリック。

VirtualBox7-063

仮想マシンが起動すると 右サイドに 通知センター が表示され、通知アイコンで 表示/ 非表示 の切り替えができる。

VirtualBox7-064

OS をインストール。

VirtualBox7-065

インストールが終了したら セットアップして完了。

VirtualBox7-058

VirtualBox7-060

インストールが完了したら 設定ストレージ を開いて OS の ISOファイル を選択し、属性 にある 光学ドライブ のメニューから 仮想ドライブからディスクを除去 で開放する。

CD/ DVD を使用したインストール

ISO イメージファイルではなく インストールディスク を使用して ゲストOS をインストールする場合は、仮想マシンに ホストのディスクドライブを追加する。

VirtualBox7-061

設定ストレージ を開いて ストレージデバイス から の光学ドライブアイコンを選択。

VirtualBox7-062

属性 のディスクアイコンをクリックして ホストドライブ を指定し、ホスト の光学ドライブに インストールディスクをセット後、仮想マシンを起動する。

Guest Additions のインストール

ゲストOS のインストールが完了したら ホスト・ゲスト間 の マウス/ キーボードの統合・クリップボード共有・ドラッグ アンド ドロップ・解像度の変更 などを サポートする Guest Additions をインストールする。

VirtualBox7-066

ゲストOS を起動して、メニューバーの デバイスから Guest Additions CDイメージの挿入 を選択。

VirtualBox7-067

Guest Additions のセットアップウィザードが起動しない場合は、 PC を開いて マウントされている CD ドライブを開き VBox Windows Additions を起動。

VirtualBox7-068

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されるので「 はい 」で許可。

VirtualBox7-069

Guest Additions のセットアップウィザード が開始するので デフォルト設定で インストール。

VirtualBox7-070

「 Finish 」で OS を再起動してセットアップ完了。

メニューバー/ ツールバー の 再表示

表示モード をフルスクリーンシームレス に変更して メニューバー や ウインドウ下のツールバーが非表示になった場合は、Host キー ( 右 Ctrl ) + Home キー で メニューを呼び出せる。

VirtualBox7-071

スケールモード を選択した場合は 右 Ctrl キー + Home キー でメニューを呼び出し、表示 から スケールモード を再選択してチェックを外すと 通常画面に戻る。

フルスクリーン の場合は 右 Ctrl キー + F キー でも切替可能。

ホスト デバイスへの接続

CD/ DVD・USB メモリ など 外部デバイスを利用する場合は 対象となるデバイスをマウントする。

VirtualBox7-072

外部デバイスをマウントするには メニューバーの デバイス から対象のデバイスを選択し、ホスト PC に接続されているデバイスをマウントすれば ゲスト PC で利用可能になる。

virtualbox053

Windows 11 の ホスト PC にプリンタを USB接続し、Windows XP の ゲスト PC でマウント後にドライバをインストールすれば Windows 11 で 未サポートのプリンタも利用できる。

利用する際は毎回ゲスト PC でマウントが必要。

仮想マシンのクローン

作成した 仮想マシン は クローンを作成できるため、テスト用の環境など 用途によって使い分けが可能。

VirtualBox7-073

クローンの作成は コピー元の 仮想マシンを選択して コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から クローン を選択するか、コピー元の 仮想マシンを選択して メニューバーの 仮想マシン から クローン を選択。

VirtualBox7.0-EFI-025

クローンの設定画面が開くので 名前 や 保存先 などを 設定して「 次へ 」

Windows のゲストOS は 追加オプション を有効にする。

追加オプションが無効の状態だと クローンで作成した仮想マシンのライセンス認証が解除され、別デバイスとして 新たにライセンス認証が必要になる。

VirtualBox7-075

クローンタイプを選択して「 次へ 」でクローン処理が実行される。

すべてをクローン
元の仮想マシン をコピーするため 元の仮想マシンを削除しても 動作可能だが、クローンに時間がかかり ファイルサイズも大きくなる。
リンクしたクローン
元の仮想マシンをベースにしているため 元の仮想マシンを削除すると 起動できないが、クローン処理が早く ファイルサイズも抑えることができる。

最新の Windows は クローンで作成した 仮想マシンの初期化 や Windows の再インストールを行うと ライセンス認証が必要になる。 

仮想マシンの移動

作成した仮想マシンの保存先を変更する場合は、VirtualBox のホームメニューから 操作する。

保存先のフォルダを直接 移動すると VirtualBox が認識できず 仮想マシンを起動できなくなる。

VirtualBox7-076

仮想マシンの移動は コピー元の 仮想マシンを選択して コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から 移動 で 移動先を指定する。

仮想マシンの削除

作成した仮想マシンを削除する場合も VirtualBox のホームメニューから 操作する。

VirtualBox7-077

仮想マシンの削除は 削除する仮想マシンを選択して コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から 除去

VirtualBox7-079

すべてのファイルを削除 で 仮想マシンのデータが削除され、 除去のみ はファイルは保存されたまま VirtualBox の登録から削除される。

スナップショット

スナップショット は システムイメージを保存する Windows の システムの復元ポイント と同じような機能で、保存した スナップショットの状態に ロールバックできる。

VirtualBox7-083

VirtualBox7-084

現在のシステムイメージを保存したい場合は 仮想マシンを終了後 プロパティ を選択して 属性 タブの 名前 に 任意の名前を付けて「 作成 」。

VirtualBox7-085

ロールバックする場合は 復元するスナップショットを選択して 復元 で実行。

スナップショットの削除

リンクでクローンを作成した仮想マシンを削除しても、リンク元の仮想マシンは スナップショットを削除するまで ( 〇〇のリンク ) と 削除した仮想マシンが表示される。

VirtualBox7-080

リンクでクローンを作成した際のスナップショットが保存されているため、クローンを削除しても リンク元には リンク先が表示される。

VirtualBox7-081

スナップショットを削除する場合は 仮想マシンのメニューから「 スナップショット 」を選択。

VirtualBox7-082

すでに削除しているクローンのスナップショッを選択して 削除

関連記事

virtualbox_icon

Oracle VM VirtualBox のインストールと使い方

1台のパソコンに複数の OS をインストールできる 仮想化 アプリ  Oracle VM VirtualBox は 米国のソフトウェアベンダー Oracle が開発している PC/AT互換機のエミューレータで、1台のパソ […]

virtualbox_icon

VirtualBox7.0にアップグレード後 OSが起動しない場合の対処法

VirtualBox 6.1 から 7.0 にアップグレードした際に EFIモードの OS が起動しない場合の対処法 VirtualBox 6.1 から 7.0 にアップグレードした際  EFIモード でインストールした […]

virtualbox_icon

Oracle VirtualBox で Windows 11 を使用する方法

Oracle VM VirtualBox は バージョン 7.0 で セキュアブート と TPM2.0 をサポートしたため、現在は システムチェックをバイパスせずにインストールできる。 ホストが Windows 11 の […]

virtualbox_icon

Oracle VM VirtualBox 6.1 のインストールと使い方

Oracle VM VirtualBox は メジャーバージョンアップして 7. 0 がリリースされ、Oracle VM VirtualBox 6. 1 は 2023年 12 でサポートが終了 する。  Oracle V […]