ブレーキ交換

フロントタイヤを交換する際、本来はブレーキワイヤーを外すだけで良かったところを、不用意にブレーキ本体を外したのが運の尽き。
ブレーキの取り付け時にインナーワイヤープライヤーでブレーキワイヤーを引っ張ったら、ワイヤーが数本切れてしまい、切れたワイヤーが絡まってしまった。

絡まったままではアウターケーブルに入らないので、仕方なく切れたワイヤーをニッパで切断しながら取り除いてみたが、状況は改善するどころか悪化の一途を辿るばかり。
いつもそうなのだが、収拾がつかなくなるまで作業を止めないことが、そもそもの間違い。
しかも何の根拠もなく、なんとかなると信じ込んでいるので質が悪い。

結局、ブレーキワイヤーは貧弱になり、どう見ても安全性に問題があるため交換は必須。
ダメ元で行ったタイヤ交換で楽しんだので、ワイヤー交換のついでにブレーキ本体とブレーキレバーも一新することにした。






工具とパーツ

今回はテクトロのVブレーキとブレーキレバーを何も考えずに購入してしまったが、V ブレーキにはVブレーキ用のブレーキレバーが必要。
また、VブレーキとミニVブレーキは別物で、ミニVブレーキはキャリパー用のレバーでも引けるようになっている。
物理は不得意なので理屈はあまり理解できないが、ミニVブレーキはVブレーキのアーム長を短くすることで、引き代の短いロード用のブレーキレバーでも操作できるという代物。
Vブレーキは「てこの原理」を利用した装置なので、アーム長によってブレーキの効き具合が異なってくるらしい。
ノーマルなVブレーキはアーム長が102mm。TEKTROのミニVブレーキにはRX5(85mm)、RX6(90mm)があり、アーム長が短いほどレバーの引き代は短くなり、ブレーキの効きも弱くなるようだが、このあたりは実際に試してみなければ何とも言えない。

アーレンキー(6角レンチ)

ブレーキレバーの取り付けや、ブレーキのアジャスターボルトを調節する際に必要。
ENGINEERのラチェットスタービーセットはボールポイントになっているので、斜めからも使用できる。

ワイヤーカッター・インナーワイヤープライヤー

ペンチやニッパで切断するとバラバラになりやすいワイヤーがキレイに切断できるワイヤーカッター。インナーワイヤーのたるみを取るのに便利なインナーワイヤープライヤー。
無くてもなんとかなるが、あると便利な工具。

アウターケーブル・インナーケーブル

アウターケーブルとインナーケーブルは別売りしているものを購入したが、特にこだわりがなければシマノのスタンダードブレーキセットがオススメ。

ブレーキレバー・Vブレーキ

前述のようにブレーキは組み合わせがあるので要注意。
Vブレーキはキャリパーブレーキに比べ制動力があり、太いタイヤでも対応できるメリットがある反面、制動力が強すぎるためにロードには不向きと言われている。

パーツクリーナー・グリース

パーツクリーナーはハンドルのグリップ取り外しや取り付けの際に使用。
グリースはブレーキを固定するボルトやインナーワイヤーに塗布する。

作業手順

初めに既存のブレーキの取り外しを行う。

自転車ブレーキ交換。ブレーキの六角ボルト。

ブレーキレバーは裏側からアーレンキー(六角レンチ)で取り付けられているので、上図矢印の箇所を緩める。
また、矢印右にあるのがシフトなので、これも同時に緩める。

自転車ブレーキ交換。グリップの取り外し。

グリップはパーツクリーナー のノズルを差し込んでクリーナーを注入すると外しやすくなる。

自転車のブレーキ交換。ハンドルバー。

グリップを外すと、ブレーキとシフトも簡単に外せる。

自転車のブレーキ交換。ブレーキのボルト部分。

次はブレーキを外す。矢印部分のボルトを外すだけ。

自転車のブレーキ交換。ブレーキを外したところ。

簡単に取り外せる。

自転車のブレーキ交換。グリスを塗布。

ブレーキ取り付け箇所の汚れを落とし、グリスを塗布する。

自転車のブレーキ交換。ブレーキのピン。

ブレーキの取り付け箇所には3つ穴があり、差し込む穴の位置によってスプリングの強弱を調整できるようになっている。
購入したテクトロのVブレーキには簡単な説明書がついていたので、それを参考に取付作業を開始。

自転車のブレーキ交換。ブレーキのスペーサー。

ブレーキシューの部分には左図のように厚めのスペーサーが付いており、この状態ではブレーキがY字に開いて閉まらなかった。

自転車のブレーキ交換。ブレーキの設置。

説明書にスペーサーで調整するように記載があったため、そのとおりに変更。
これでブレーキの左右の間隔が適正になった。

自転車のブレーキ交換。リードパイプ。

リードパイプも忘れずに取り付ける。

自転車のブレーキ交換。ワイヤーのタイコ。

ブレーキレバーをハンドルに仮留めしてインナーワイヤーを取り付ける。
インナーワイヤーの先端にはタイコと呼ばれる形状になっており、ロード用とMTB用で形状が異る。
一般的なインナーワイヤーは両端がそれぞれロード用とMTB用になっているので、ブレーキレバーの形状に合った方のタイコを差し込む。

自転車のブレーキ交換。インナーワイヤーのカット。

ブレーキまでの取り回しを考慮してワイヤーカッターで切断。
短く切り過ぎたら取り返しがつかないので、少々長めでカットしたほうが無難。

自転車のブレーキ交換。アウターワイヤーの調整。

ブレーキレバーからリードパイプまで、アウターワイヤーの長さを調整する。

自転車のブレーキ交換。アウターワイヤーのカット。

アウターワイヤーの切断は意外と難儀した。
ワイヤーカッターでカットするのだが、切り口が潰れてしまう。

自転車のブレーキ交換。アウターワイヤーの切断面。

わずかに潰れた程度であれば、目打ちなどで整えると上図のように丸くなる。
これが潰れた状態ではインナーワイヤーが引っかかるため、ブレーキの性能に悪影響を及ぼすらしい。
切断面はヤスリをかけておく。

自転車のブレーキ交換。エンドキャップ。

エンドキャップを装着。

自転車のブレーキ交換。ブレーキレバーに装着。

アウターケーブルにインナーケーブルを通し、ブレーキレバーにしっかりと差し込む。

自転車のブレーキ交換。リードパイプに通す。

インナーケーブルをリードパイプに通し、アウターケブルはリードパイプに差し込む。

自転車のブレーキ交換。ほぼ完成。

適当な割には意外と様になっている。

自転車のブレーキ交換。ワイヤー調整。

ワイヤーを固定ネジに通して仮止めし、ブレーキレバーを引き、ワイヤーの調整を行う。
説明書によればリムとブレーキシューは1~2mmの間隔になっているが、これが意外と思い通りにならない。
インナーワイヤープライヤーで一度引っ張ってから調整するとマシだが、いわゆる「片効き」の状態になり、なかなか左右均等にならない。

自転車のブレーキ交換。ブレーキシュー。

取り敢えずリムとブレーキシューを5mmほどの間隔にしてワイヤーを固定し、ブレーキシューがリムにあたるように高さと角度を調整。

自転車のブレーキ交換。アジャストボルト。

左右の間隔はこのアジャスターボルトで微調整。

ボルトを締めるとバネが強くなりブレーキシューはリムから離れ、逆に緩めるとリムに近づく。
ネジは4分の1回転ほど回すだけで随分とバネの強さが変わってくる。
ネジを回してブレーキレバーを引き、ブレーキシューとリムの距離やブレーキが「片効き」になっていないか確認。
上手くいったと思っても、何度かブレーキレバーを引くと残念な状態になる。そしてまた調整、また残念。と、これを繰り返し、後は忍耐の問題。





自転車のメンテナンスツールとグッズいろいろ

自転車 メンテナンスの基本ツール

電車と自転車を併用しているためか、我ながら長続きしているチャリ通。 一般のママチャリについては定かではないが、クロスバイクやマウンテンバイクは予想以上にタイヤの空気が減る。 タイヤの他にも自転車はワイヤーなどむき出しのパ … 続きを読む

自転車グッズいろいろ

たかがチャリ通とはいえ、やはり快適さは重要。 便利さや安全性が付加されれば、乗るのも楽しくなるし、カスタマイズすれば愛着も湧いてくる。 見た目と機能性、実用性を備えたアイテムを探すのも意外と楽しかったりする。 手頃な自転 … 続きを読む

メンテナンスとカスタマイズ

タイヤ交換 Vol.2

SERFASのタイヤSECAに履き替えてからパンクが頻発するようになり、パンクのたびにチューブ交換をする羽目になったので、我ながらタイヤ交換が早くなった。 マニュアル通りのタイヤ交換の手順で、最も手を焼いていたのがチュー … 続きを読む

チェーン交換

GLIDEに乗り始めて早2年。 相変わらず自分でチョコチョコとメンテしているので、調整は良かったり残念だったりと微妙だが、走り出しや走行中にチェーンが歯飛びするようになった。 難しい理屈は抜きにして、チェーンの歯飛びはス … 続きを読む

完全ブルホーン化

なんちゃってブルホーンにしたらブレーキに不安が残ったため、フラット側でもバーエンド側でもブレーキをかけることができる、そんな便利で都合の良いブレーキレバーはないものか、と、 ネットで検索していると、意外と簡単に見つかった … 続きを読む

なんちゃってブルホーン化

フラットハンドルは力が入りやすく、ドロップハンドルやブルホーンはロングライドやスピードの点で優っているらしいので、通勤距離が19kmになるのを機に、フラットハンドルからブルホーンバーにしようと思い立ったのだが、いろいろと … 続きを読む

シフト交換

ブレーキを交換したま では良かったのだが、交換したブレーキレバーが短く、ほんの少しブレーキがかけにくい。 「ほんの少し」なので我慢しようかとも思ったが、意外とこの「ほんの少し」は普通に乗っているとストレスになるので、思い … 続きを読む

ブレーキ交換

フロントタイヤを交換する際、本来はブレーキワイヤーを外すだけで良かったところを、不用意にブレーキ本体を外したのが運の尽き。 ブレーキの取り付け時にインナーワイヤープライヤーでブレーキワイヤーを引っ張ったら、ワイヤーが数本 … 続きを読む

タイヤ交換

タイヤが15年前の代物だったので、パンクを機に修理ではなく交換することにした。 ちなみにタイヤの交換時期は3000kmか1年が目安らしい。 いくら日の当たらない駐車場に置いていたとはいえ、15年前のタイヤで走れていたのが … 続きを読む

チャリをカスタマイズ

カスタマイズする際のパーツはピンきり。しかもステムやハンドルにはサイズもあり、通販で適当に買うとリスクが高い。ペダルなど専用工具が必要なパーツもある。 アーレンキー(六角レンチ)で簡単に交換できるのはサドルくらい。グリッ … 続きを読む

普段のメンテナンス

自転車に限らず、メンテナンスというのは結構クセモノで、どこまでするのか微妙なところもあるが、取り敢えず自分の身を守るためにも、安全に走行するできる最低限度の整備は行うべき。 普段のお手入れ 手入れと言っても大層なものでは … 続きを読む

チャリ通な日々

SERFASとSCHWALBEのタイヤ

2015/06/10 ブルホーン化する前に、見た目重視でGLIDEのタイヤをオリジナルの700×32からSERFASのセカ(700x25C)に変更した。 初めは見た目も乗り心地も上々だったので気に入っていたのだ … 続きを読む

半年ぶりのチャリ

2015/03/28 仕事の都合で昨年の11月くらいからチャリ通が止まっている。 不思議なことにチャリ通をしているときは頻繁に体重や体脂肪率をチェックするのに、チャリ通をしなくなった途端、チェックもしなくなる。 そして久 … 続きを読む

燃え尽き症候群とチャリ通再開

2013/12/06 無謀なツーリングから帰ってきて燃え尽き症候群のような状態の中、今度は通勤途中にパンクした。 空気圧などはマメに点検しているのだが、それでも起こるときは起こる。 ただ、帰りと違って出社時のパンクは洒落 … 続きを読む

調子に乗ってツーリング

2012/08/10 チャリ通を初めてから9ヶ月経ったが、雨やら会議やらでチャリ通をしているのは期間の半分くらい。 ハンドルを下げ前傾姿勢で乗っているためか、肩や腕に若干筋肉が付き、下っ腹もある程度は減っこみ、15kmと … 続きを読む

新車購入

2012/02/25 それまで全く気にしたこともなかったが、世の中、意外とクロスバイクに乗っている人が多く、他にミニベロもよく見かける。 ミニベロはともかく、クロスバイクの走りはさすがに軽快。 マッドロックに大きな不満は … 続きを読む

自転車の交通ルール

自転車の交通ルールと自転車事故

夜間の無灯火が義務とは知らず、自転車の走行路が車道だったことも知らなかったので、個人的に非常識なだけかと思ったら、そうでもなかった。 2005年の記事だが、自転車の走行路が道交法で規定されていることを知っていると答えた人 … 続きを読む