DVDStylerのインストールと使い方

LINEで送る
Pocket

動画ファイルをDVDプレーヤーで再生したい場合、ファイルを普通にDVD-Rなどに焼いてもDVDプレーヤーで再生することはできず、DVD-Videoの規格に合ったコンテンツを作成する必要があり、この作業がDVDオーサリング。

DVDStylerは動画ファイルをDVDプレーヤーで再生できるようにするDVDオーサリングソフト。
MPEG・H.264・DiviX・Xvid・FLV・WMVなどメジャーなフォーマットに対応しており、別途エンコードする必要もなく、簡単にDVDビデオを作成できる。
オリジナルのメニューの作成にも対応しており、ISOイメージでの出力や ビットレートの設定も可能。

システム要件

システム要件についての記載は無し。
※Windows XP / Windows7 / Windows10で動作確認済み

ソフトの入手先

DVDStyler公式ダウンロードページ





DVDStylerのインストール

バージョン1.x.xの時はセットアップ時に、Hao123やkikinなどアドウェアの類を同時インストールする項目があったのだが、現バージョン3.0.3ではアドウェアのインストールはなく、普通にインストールできる。

ダウンロードページにはWindows以外にもMacOS XやLinux用のインストーラーも用意されている。
Windowsには32ビットと64ビット版が用意されているので、OSのアーキテクチャに合わせてダウンロードする。
OSのアーキテクチャは「コントロールパネル」→「システム」で「システムの種類」で確認。

ダウンロードしたインストーラーを起動すると、セキュリティ警告がでるので「実行」。

言語選択が日本語で表示されるので「OK」。

セットアップウィザードが日本語で開始するので「次へ」。

ライセンスに関する情報が表示されるので、確認してから「次へ」。

DVDStylerは「GNU一般公衆ライセンス(GPL)」によって配布されている。

インストール先の指定。
特にこだわりがなければデフォルトのまま「次へ」。

ショートカットをスタートメニューへ作成する項目もデフォルトのまま「次へ」。

「追加タスクの選択」ではデスクトップへショートカットを作成するなどの項目を選択。
特に問題がなければデフォルトのまま「次へ」。

インストールする項目を確認して「インストール」をクリック。

セットアップ完了。

使用方法

DVDStylerは自由度が高いため、オリジナリティを追求するほど設定が複雑になっていくので、はじめはハードルを下げたほうが無難かも。

作成するDVDの設定

DVDStylerを起動すると初めに作成するプロジェクトの設定画面が表示される。

DVDStylerでの作業は、DVDStylerが素材の動画ファイルに対応していること、使用する素材のサイズがDVDディスクに収まることが前提条件。

片面1層のDVD-Rは4.7GBで、この容量はビットレート4500kbps、フレームレート 29.97fpsで約2時間の動画を保存できる。
ビットレート4500kbpsはDVD画質のボーダーラインで、この数値を下回ると画質が認識できるレベルで劣化すると考えたほうが無難。
※素材がAVCなどのフルHDやHDで高画質・高圧縮フォーマットの場合は、DVDにした時点で画質は劣化する。また、素材がDVD画質を下回る場合はビットレートを上げても画質が向上するわけではないので要注意。

ディスクラベル

DVDディスクやISOファイルを作成するときに使用するファイル名。
全角文字を使用せず必ず半角英数で入力する。

ディスク容量

使用するDVDディスクを指定。
一般的な片面1層のDVDなら4.7GB、片面2層(DVD-R DL)なら8.5GB。サイズに制限を掛けない場合は「無制限」を選択。

映像のビットレート

映像のビットレート設定。
「自動」では使用するファイルサイズに応じてビットレートが調整されるが、MPEG-2ファイルで2時間を超える素材は、ビットレートが4000kbpsを下回るので注意が必要。
ビットレートは8000kbps(8Mbps)~2000kbps(2Mbps)までドロップダウンで選択でき、カスタムで更に細かな指定も可能。

音声のビットレート

音声のビットレートはデフォルトで192kbps。
音声に関しては再生する音源によっても異なるが、一般的にビットレート192kbps以上、サンプルレート44.1KHzあれば、整った再生環境と音質に敏感な耳を持っていない限り、さほど違いは分からない。
サンプルレートは48.0KHzで固定だが、ビットレートは変更可能なので、使用する素材の音質が良い場合は256kbpsか320kbpsに変更すると良い。

タイトルの既定ポストコマンド

タイトル(動画)の再生が終了した時の動作で、デフォルトでは「最後のメニューを呼ぶ」になっており、タイトルの再生が終了すると自動的に再生前に表示されていたメニューにジャンプする。
リストには「ルートメニューを呼ぶ」「次のタイトルを再生」もあるが、これらは後から変更できるので取り敢えずはデフォルトのままでOK。

映像形式

日本のDVD規格はNTSCのため「NTSC」を選択。

横縦比

画面のアスペクト比。素材のアスペクト比が4:3のものを16:9にすると横伸びする。また、クロップ(切り抜き)処理はできない。
ちなみに4:3の動画素材を使用して16:9にすると拡大処理は左右に黒い縁が入るレターボックスになる。

音声形式

MP2かAC3を選択。両者に極端な違いはないが、ドルビーデジタル(AC3)はビットレートの上限値が高く、逆に下限値が低いのがMP2。

各項目の設定が完了したら「OK」をクリック。
「次回からこのダイアログを表示しない」にチェックを入れると、次回起動時から設定画面をスキップできる。

設定を後から変更する場合は、上部メニューバーの「DVD」→「プロパティ」で設定画面を呼び出せる。

メニューテンプレート

作成するDVDの設定ができたら、メニューのテンプレートが表示される。
「Title selection」と「Chapter selection」があり、この2つは似ているようで微妙に違う。

タイトル

タイトルがついた動画。(短編でも長編でも1つのストーリーになっている動画ファイル)

チャプター

タイトルの中の区切り。

タイトルセット

タイトルをひとまとめにした大きなくくり。

ややこしいのが「チャプター」と「タイトルセット」。
例えるなら「タイトル」は2時間ものの長編映画で、「チャプター」は長編映画を20分刻みで区切ったもの、「タイトルセット」は長編映画ではなく、20分の短編映画が6本入ったもの、と言った感じ。

更にややこしくなるが、DVDStylerは複数の動画をチャプターとしてつなげ、1つのタイトルにすることも可能だったり、設定次第で「タイトルセット」にしたものでも「チャプター」のような動作をさせることもできるので、それほど難しく考える必要もなかったりする。

テンプレートを使用する場合は、作成するDVDに使用する素材が複数あったり、素材が1つでもチャプターが必要ない場合は「Title selection」、素材が1つでチャプター選択メニューを作成する場合は「Chapter selection」を選択しておく。

テンプレートも背景やボタンなどのカスタマイズが可能なので、手っ取り早くDVDを作成するならテンプレートの使用が便利。
利用する場合は、任意のメニューを選択して「OK」。

テンプレートを使用せず、はじめからメニューを作成する場合は「テンプレートを使わない」をクリック。

DVDStylerは3つのペイン(スペース)で構成されている。

左ペインは「ファイルブラウザー」「背景画像」「ボタン」のタブで構成され、使用する素材を選択する。
「ファイルブラウザー」のタブではツリー表示され、動画ファイルが含まれるフォルダを指定すると、フォルダ内の動画がサムネイル表示される。

右ペインは「メニューエディタ」と呼ばれるスペースで、メニューの作成を行う。

下ペインは「タイトルセットマネージャー」と呼ばれるスペースで、動画ファイルやメニューを追加する。

メニューにテンプレートを使用した場合、□□□□□で表示されるが、これは文字化け。
テキストが日本語で入力されているのに、使用フォントがTahomaになっているのが原因。

□□□□□で表示されている文字列をダブルクリックしてプロパティを開き、「フォント設定」から「メイリオ」や「MSゴシック」などの日本語フォントを選択。

表示されているテキストを変更する場合は「テキスト」の項目に入力する。
その他にも文字色、影、大きさの変更も可能。

テンプレートの「Title selection」のメニューには「ディスクタイトル」と「全て再生」「タイトル選択」があり、「全て再生」では1つのタイトル再生後に次のタイトルを再生する設定になっている。

動画の追加

左ペインの「ファイルブラウザー」で対象の動画ファイルが入っているフォルダを開くと、右側にサムネイル表示されるので、下ペインのタイトルセットマネージャーのフレームへ動画ファイルをドラッグしてファイルを追加していく。

ファイルブラウザーからドラッグした動画ファイルは「タイトル」として「タイトルセット1」に追加される。

メニューテンプレートで「Title selection」を選択しているなら、この手順で動画を追加していく。

複数の動画ファイルをチャプターとして1つのタイトルでまとめるには、タイトルとなる動画を追加し、チャプターにするファイルを「Ctrl」キーを押しながら同様にドラッグする。

メニューテンプレートで「Chapter selection」を選択した場合は、こちらの手順で動画を追加。

4つの動画ファイルを使用し、2つの動画をチャプターとして結合、2つのタイトルとして1つのタイトルセットに追加することもできる。

「タイトルセット」を追加する場合は、下ペインでコンテキストメニュー(右クリックメニュー)を出し、「タイトルセット」を選択。

下ペインに「メニュー1」を含んだ「タイトルセット」が表示される。

メニューの構成

メニューには「VMGM(ビデオマネージャーメニュー)」「メニュー」「チャプターメニュー」の3種類あり、「VMGM」はDVD挿入時に最初に読み込まれるメインメニューで、「メニュー」と「チャプターメニュー」はタイトルセットに追加されるサブメニュー。

メニューテンプレートを使用した場合、VMGMに2つのメニューがあり、「メニュー1」がDVD挿入時最初に読み込まれるメニューで、「メニュー2」は「メニュー1」のサブメニューという構成になっている。
複数のタイトルセットがある場合、各タイトルセットごとに「メニュー」や「チャプターメニュー」を作成し、VMGMのメインメニューから各タイトルセットのメニューへ移動させたり、VMGMを含めた全てのメニューを削除して各タイトルセットを連続再生させることも可能なので、使用する素材などを考慮して構成する。

メニューテンプレートの「Title selection」を使用し、「タイトルセット1」の中に、3つの動画をチャプターとして1つのタイトルにしたものを3つ用意。

下ペインの「VMGM」の「メニュー2」を選択すると、右ペインに拡大表示される。
右ペインで表示されているオブジェクトは、オブジェクトを選択してコンテキストメニュー(右クリックメニュー)で操作する。

右ペインのモニタ部分にある半透明の縁はTVセーフエリア。
テレビは映像を表示する際にオーバースキャンといって上下左右をカットして拡大表示するため、端の部分は表示されない可能性がある。
オーバースキャンはテレビの機種によって異なるが、配置するオブジェクトをセーフエリア内に収めていれば、ほぼ表示可能。

表示されているオブジェクトをダブルクリックすると設定画面が開き、デザインの調整やメニュー選択時のアクションなどを変更できる。

デフォルトではタイトル動画のキャプチャ画像が表示されているが、「外観」の「映像」に入っているチェックを「画像」に切り替え、「…」で任意の画像を指定することで、分かりやすいボタンに変更することも可能。
ただし、指定した画像は「左右寄せ」「上下寄せ」「全体表示・切り取り」の3項目でのみ編集されるため、素材にする画像のバランスは重要。

テンプレートメニューでも少し手を加えると、随分と印象が変わってくる。

VMGMやタイトルセットのメニューをダブルクリックするか、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択すると、メニューの設定が可能。
メニューにBGMを挿入したい場合は、「音声」の項目で音声ファイルを指定する。

ISOイメージファイルへの出力

メニューなどの構成が完了したら、直接DVDに書き込みを行わず、一旦ISOファイルとして出力し、イメージ通りに仕上がっているか確認。

ISOファイルへの出力やDVDへの書き込みを実行するには、上部ツールバーの「DVD作成アイコン」をクリック。

「生成のみ」にチェックをいれると、VOBファイルが入ったフォルダが作成される。
確認時はISOファイルの方が良いため、「ISOイメージファイルを作成」にチェックを入れ、「開始」をクリックする。

「プレビュー」はVLCやMPC-HCなどフリーのメディアプレイヤーがインストールされている環境で利用可能だが、エラーが発生する可能性があるのでチェックを外しておく。

ISOイメージファイルの保存先を指定したら「開始」。

エンコードやメニュー作成などの処理が開始し、完了すれば指定した保存先にISOファイルが生成されている。

ISOファイルをVirtual CloneDriveなどの仮想ドライブソフトでマウントし、メディアプレーヤーで動作確認。

メニューやタイトル間の移動が正しく実行されるか確認し、問題がなければImageBurnやBurnAware FreeなどのライティングソフトでDVDに焼いて完了。

Virtual CloneDriveのインストールと使い方

Virtual CloneDriveはイメージファイル(ISOファイル)を再生する仮想ドライブソフト。 提供元は AnyDVDやCloneDVDと同じ、SlySoft.com。 2015年7月20日のアップデートでバージ … 続きを読む

ImgBurn のインストールと使い方

ImgBurnはCD / DVD / Blu-ray / HD DVD に対応している定番のライティングソフト。 メディアへの書込だけでなく、ISOファイルへの出力もできる。 最終のバージョンは2013年6月のリリースの … 続きを読む

BurnAware Freeのインストールと使い方

BurnAwareはCD・DVD・Blu-rayに対応しており、通常のライティングだけではなく、ISOイメージファイルの作成などができる。 日本語に対応していないが、有志が日本語パッチを公開しているので日本語化も可能。 … 続きを読む

オリジナルメニューの作成

メニューのテンプレートを使用せず、完全オリジナルのメニューを作成する場合は、ボタンやタイトル再生後の動作設定などが必要になる。

背景画像を作成。

背景にする画像のサイズはNTSCの解像度 720 x 480か、それを上回るサイズで作成し、横・縦の比率も720 x 480に準じた物にする。
画像は自動的に拡大縮小されるが、比率が異なると横幅に合わせて上下部分がカットされる。

背景には動画も指定可能なので、メニュー用の動画を作成してもよいのだが、背景動画は再生が終わると消えてしまうため、短い動画だと単色の背景にボタンが並んだ状態になり、長い動画にするとメニューだけで容量をとってしまうので、背景動画は避けたほうが無難かも。

左ペインの「ファイルブラウザー」タブを選択し、メニューの背景にする画像があるフォルダを開き、エクスプローラの右側に表示された画像をダブルクリックすると、メニューエディタ(右ペイン)に反映される。

背景画像に文字などを入れた場合は、TVセーフエリアにかかっていないか確認。
はみ出しているとDVD化した際に切れていることがある。

背景の削除やBGMなどの設定はコンテキストメニュー(右クリックメニュー)の「プロパティ」で行う。

音声の挿入は「音声」の箇所でファイルを指定。
MP3やAACも利用可能で、「コピー」「MP2」「AC」「PCM」からエンコードするフォーマットを選べるが、MP3やAACを利用するのであれば「コピー」を推奨。
BGMをエンドレスで繰り返し再生するなら「Loop」にチェックを入れる。

動画追加して構成を決定する。

例としてタイトルセットを3つ作成し、各タイトルセット内にミュージックビデオを「タイトル」として追加。
DVD挿入時にVMGMを再生し、VMGMから各タイトルセットのメニューへ移動、タイトルセットのメニューではタイトルセット内の各タイトルが選択できるようにする。

メニューのボタンなどから他のメニューやタイトルに移動(ジャンプ)を可能にするため「jumppad」を有効にする。
テンプレートを使用しない場合は毎回必須の作業。

メニューバーから「DVD」→「オプション」→「jumppadを作成」にチェックを入れ、「最初の再生コマンド」でDVD挿入時に再生されるメニューやタイトルを選択。

各タイトルの動画をサムネイル表示する場合は、タイトルセットマネージャーから各タイトルをドラッグする。
ただし、配置した動画ファイルはメニュー上で動画として再生するのではなく、静止画としてサムネイル表示されるだけ。

複数の動画ファイルをチャプターに設定した場合、各チャプターをドラッグしてもチャプター1の動画ファイルになるため、各チャプターの静止画をサムネイ ル表示したい場合は、予め各チャプターの静止画をキャプチャーするなどして、別途で画像を用意するか、もしくはチャプターとして設定せず、タイトルとし て追加し、再生時に連続した動画になるよう設定する。

ボタンやファイルのサムネイルを配置する際は、メニューエディタ上でコンテキストメニュー(右クリックメニュー)を出して「グリッド」を表示させると良いかも。

メニューにボタン類ではなく、テキストや画像を追加する際は、メニューエディタ上でコンテキストメニューを出し、「追加」→「テキスト」もしくは「画像」で設定可能。
追加したテキストや画像はメニューやタイトルへジャンプするコマンドは使用できないので、移動ボタンとして配置する場合は「ボタン」もしくは「フレーム」を使用する。

ボタンやフレームを配置したらダブルクリックして、プロパティを開いて実行時の動作を設定する。

「アクション」の項目になる「ジャンプ先」のリストから実行時に表示するメニューや再生するタイトルを指定。
「全タイトル再生」にチェックを入れるとタイトルやチャプターに関係なく、全ての動画を再生するコマンドを設定でき、複数のタイトルセットがある場合は、「Single titleset」と「All titleset」の選択が可能。

ボタンやフレームのジャンプ設定が完了したら、各タイトルの再生後の動作設定を行う。

下ペインに表示されているタイトルセット内のタイトルをダブルクリックしてプロパティを開き、「ポスト・コマンド」のリストから再生後の移動先を指定する。
リストでは現在設定をしているタイトルセットは番号が表示されないので、「titleset」の表示がないコマンドが同一タイトルセット内のオブジェクトになる。

ISOファイルに出力してメニューの動作確認後、問題がなければライティングソフトでDVDに焼いて完成。

ただ、ISOファイルはパソコン上での動作のため、実際にDVDプレーヤーで再生したときに、問題が生じる可能性がある。そのため、DVDに書き込む際は、始めに「DVD-RWのメディア」を使用して、DVDプレーヤーで再生テストした方が確実。









動画・音声の基礎知識

Blu-rayリッピングの基礎知識

Blu-rayはDVDの後継となるメディアで、DVDと同じ大きさのディスクにDVDの5倍超になる25GBの容量を記録することができる。 もともとDVDはアナログからデジタルの過渡期に誕生した規格なので、画素数が720 x … 続きを読む

DVDを動画ファイルに変換する方法と基礎知識

DVDはアナログからデジタルへの過渡期に誕生した規格で、2000年頃から台頭し、ビデオテープのシェアを奪い、急速に普及したメディア。 DVDには複数の規格が存在するが、一般的にDVDという時は通常「DVD-Video」の … 続きを読む

DVDリッピングの基礎知識

リッピングとはDVDやCDに記録されているデータを、抽出・変換してパソコンに取り込むことで、バックアップやコピーなどと同義。   リッピングは個人で制作したものなど、暗号化されていないDVD-Videoであるこ … 続きを読む

著作権法と違法行為

違法ファイルとは著作権法に抵触しているファ イルで、俗に「割れ(Warez)」と呼ばれる不正コピーしたものを指す。 著作権法では「私的利用での複製」は認められているが、複製したものをファイル共有ソフトやオンラインストレー … 続きを読む