Virtual CloneDriveのインストールと使い方


Virtual CloneDriveはイメージファイル(ISOファイル)を再生する仮想ドライブソフト。
提供元は AnyDVDやCloneDVDと同じ、SlySoft.com。
2015年7月20日のアップデートでバージョンが5.4.8.0になり、Windows10に正式対応した。

Caution
SlySoft社は2016年2月 法的規制を受けて活動を停止したため、同社の人気リッピングソフト Any DVDを/はじめ、いくつかのソフトウェアは販売が停止されたが、Virtual CloneDrive、CloneBD、CloneDVDは「elby」というスイスのサイトで継続して提供されている。 SlySoft閉鎖時のVirtual CloneDrive 最終バージョンは5.5.0.0

システム要件

OS:Windows98 /  Windows2000 / WindowsXP / WindowsXP 64 / Windows Vista / WindowsVista 64 / Windows7 / Windows7 64 / Windows8 / Windows8 64 / Windows10
CPU:Pentium 500 MHz 以上(1 GHz 以上推奨)のPC互換機
RAM:128 MB 以上(256 MB 以上推奨)

ソフトの入手先

elby公式サイト ダウンロードページlink



Virtual CloneDriveのインストール

Virtual CloneDriveを提供していたSlysoftのサイトが閉鎖した際、同社の掲示板は生きており、公式よりVirtual CloneDriveほか3つのソフトに関しては、別サイトにて継続してダウンロード可能であることがアナウンスされた。

提供元は変わったがVirtua CloneDVDそのものは以前と全く同じで、バージョン5.5.0.0ではインストール時のアドウェア等もない。

virtualclonedrive017

 

elbyのサイトはマルチ言語対応なので、プルダウンメニューから日本語を選択すると日本語表示になる。

Virtual CloneDriveの「ダウンロード」をクリックしてインストーラーをダンロード。

VirtualCloneDrive010

ダウンロードしたインストーラーを起動。
セキュリティ警告が出るので「実行」すると、使用許諾書が表示されるので、問題なければ「同意する」をクリック。

VirtualCloneDrive001

ここで関連づけされたファイルは、Virtual CloneDriveのアイコンで表示され、クリックするだけでVirtual CloneDriveがファイルを認識するようになる。
特にこだわりがなければデフォルトのままでOK。
Virtual CloneDriveは常駐ソフトなので、デスクトップのショートカットが不必要ならチェックを外しておく。

VirtualCloneDrive002

インストール先もデフォルトのままで問題ないので「インストール」をクリック。

VirtualCloneDrive003

インストール中。

VirtualCloneDrive011

ドライバをインストールするか訊いてくるので「インストール」をクリック。

Virtual CloneDriveは仮想ドライブなので、通常のDVDドライブなどと同様の扱いになるため、デバイスドライバ(周辺機器を動作させるプログラム)が必要になる。
すでに該当のドライバがインストールされている場合は表示されない。

インストールが完了したら「閉じる」でセットアップウィザードを終了。

使用方法

VirtualClone Driveはソフトウェアだが、Blu-rayドライブと同じような扱いになり、バックグラウンドで動作する常駐ソフトなので、特別な操作は必要ない。
また、仮想ドライブはバージョン5.4.8.0で最大15台まで追加できる。

VirtualCloneDrive012

PCの起動時に自動起動して常駐する。
デフォルト仕様ではタスクトレイでアイコンを確認できる。

VirtualCloneDrive015

「コンピュータ」を開くと、BD-ROMドライブが1つ追加されている。

VirtualCloneDrive013

インストール時に関連付けされたファイルはVirtualCloneDriveのアイコンになっているので、このファイルをダブルクリックするとVirtualCloneDriveがファイルをマウントした状態になる。

「マウント」とは光学ドライブにDVDやCDなどのメディアを認識させることで、Virtual CloneDriveでもISOファイルをマウントして使用する。

VirtualCloneDrive014

Virtual CloneDriveのアイコンになっているISOイメージファイルを開くとマウントされた状態になり、通常のメディアをドライブに挿入したときに起動する自動再生のメニューが起動する。

この状態でムービーの再生を選択すれば、メディアプレーヤーが起動してイメージファイルが再生される。
ゲームなどの場合、マウント後にゲームを起動させると、ドライブにメディアが挿入されている状態になる。

設定

デスクトップにVirtualClone Driveのショートカットを開くか、タスクトレイにあるVirtualClone Driveアイコンをクリックすると設定画面が立ち上がる。

VirtualCloneDrive016

 

デフォルトでは仮想ドライブ数は「1」になっているので、複数のドライブを使用する場合は数値を変更。

 

仮想ドライブは最大15台まで追加できる。
ちなみに「なし」を選択すると非表示になる。

VirtualCloneDrive018

通常のドライブと仮想ドライブが同じアイコンで判別が付きにくい場合は、「カオスドライブアイコンを使う」にチェックするとイラッとする羊のアイコンに変更可能。

「Keep History~」はマウントしたイメージファイルの履歴を残す設定。
「イメージを自動マウント」はWindows起動時に、最後にマウントされたイメージファイルを再度マウントするもので、通常ドライブに置き換えるとディスクが入れっぱなしの状態になる。
「Buffered I/O」はイメージファイルのアクセスにバッファを使用するもので、ファイルへのアクセスを高速化する手段。

「Show Tray Icon」はタスクトレイにアイコン表示。

VirtualCloneDrive019

「Eject unmounts image file」は少々ややこしいが、WindowsはVirtualClone Driveを光学ドライブとして認識しているので、通常の光学ドライブと同様、ドライブのアイコンを右クリックしてメニューを出すと「取り出し」がある。
通常のドライブなら「取り出し」を選択するとトレイが「んべぇー」と出てきて、ディスクを取り出せる。一方、VirtualClone Driveでイメージファイルがマウントされている状態で「取り出し」をすると、ドライブが空になるので一見するとアンマウントされたように見えるが、これはWindowsが「ディスクを取り出した」と認識しているだけで、VirtualClone Driveではイメージファイルがアンマウントされていない状態になる。
見た目の問題で大きな不都合はないのだが、この現象を回避するための設定が「Eject unmounts image file」。
デフォルトではチェックが入っていないので、この項目にはチェックを入れておく。
VirtualCloneDrive020タスクトレイにあるVirtualClone Driveのアイコンを右クリックして、ファイルがマウントされているドライブを選択しても「取り出し」というメニューが表示されるが、こちらの「取り出し」はアンマウントを意味している。
また、イメージファイルがマウントされた状態で、別のイメージファイルをクリックして開くと、自動的に既存ファイルがアンマウントされ、新たに開いたファイルがマウントされるので、「マウント」と「アンマウント」の操作は、それほど神経質にならなくてもOK。






ツール系ユーティリティソフト

Spybot Anti-Beaconのインストールと使い方

Windows10はユーザーの情報を収集することで、能動的にユーザーが欲している情報を提案するような環境を目指しているおり、初期設定のまま使用すると、様々な情報がMicrosoftに送信される仕様になっている。 この機能 … 続きを読む

Synergyのインストールと使い方

Synergyは1組のマウスとキーボードを複数のPCで共有する非常に便利なアプリケーション。 LAN経由で複数のパソコンを1組のキーボードとマウスで操作可能なるため、操作するPCのマウスを間違えたり、キーボード切替器のよ … 続きを読む

Synergy2のインストールと使い方

Synergyがバージョン2.0になって大きく進化した。 ただし現バージョン2.0.9では、クライアント側にカーソルが位置している状態で、キーボードの入力切替を行うと、カーソルはクライアント側に表示されたまま、ホストのP … 続きを読む

FileZillaのインストールと使い方

FileZilla ClientはオープンソースのFTPクライアントソフト。 セットアップウィザードは英語だが、ソフト自体は日本語化されており、シンプルで使いやすい。 バージョンアップが頻繁に行われており、FTPクライア … 続きを読む

Unlockerのインストールと使い方

Windows XP環境ではプログラムがファイルをロックして削除できないことがあり、特定のアプリケーション使用時に発生頻度が高かった。 このようなファイルはセーフモードで起動してから削除すれば良いのだが、Unlocker … 続きを読む

リッピングソフト

Freemake Video Converterのインストールと使い方

Freemake Video Converterは手軽で多機能な動画変換(エンコーダー)ソフト。 小難しい動画の知識がなくても、感覚だけで操作ができるくらい、ユーザーインターフェースは分かりやすいデザインになっている。 … 続きを読む

WonderFox DVD Ripper Proのインストールと使い方

WonderFox DVD Ripper Proは、保護技術解除機能を実装した有料のDVDリッピングソフトで、DVDディスクから数クリックでMP4やMKV、AVIなどの動画ファイルを手軽に作成できる。 ソフトは日本語化さ … 続きを読む

DVDFab10 DVDリッピングのインストールと使い方

DVDFab10は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフト。 「DVDFab DVDリッピング」はDVDFab10の一機能で、価格は1年間有効なライセンスで49ドル。ただ、常に割引 … 続きを読む

Leawo TunesCopy Ultimateのインストールと使い方

Windows & Androidの環境下でiTunes Storeを利用する事は稀だと思うが、iTunesはWindows版があるものの、Android版はリリースされていないため、iTunesStoreで購入 … 続きを読む

TuneMobie Apple Music Converterのインストールと使い方

「TuneMobie Apple Music Converter」は、iTunesのライブラリに登録されている曲をMP3やAACに変換する有料のエンコーダーソフト。 ただし、DRM(Digital Rights Mana … 続きを読む

動画・音声の基礎知識

DVDを動画ファイルに変換する方法と基礎知識

DVDはアナログからデジタルへの過渡期に誕生した規格で、2000年頃から台頭し、ビデオテープのシェアを奪い、急速に普及したメディア。 DVDには複数の規格が存在するが、一般的にDVDという時は通常「DVD-Video」の … 続きを読む

地デジ録画の基礎知識

地上波のデジタル化により、放送されるコンテンツが無劣化で複製可能になったことから、著作権を保護するため、放送されるコンテンツにはコピー制御信号が付加され、更に暗号化(スクランブル)されて配信されている。 地デジ放送がテレ … 続きを読む

動画編集の基礎知識

ビデオカメラやスマホの普及と、YouTubeなどの動画サイトやSNSへの投稿などで、動画編集は随分と身近なものになった。 少し前まではミドルレンジ以上のパソコンでないと編集処理が厳しかったのが、今ではスマホでもそれなりの … 続きを読む

Blu-rayリッピングの基礎知識

Blu-rayはDVDの後継となるメディアで、DVDと同じ大きさのディスクにDVDの5倍超になる25GBの容量を記録することができる。 もともとDVDはアナログからデジタルの過渡期に誕生した規格なので、画素数が720 x … 続きを読む

DVDリッピングの基礎知識

リッピングとはDVDやCDに記録されているデータを、抽出・変換してパソコンに取り込むことで、バックアップやコピーなどと同義。 リッピングは個人で制作したものなど、暗号化されていないDVD-Videoであることが大前提。 … 続きを読む