Barrier のインストールと使い方

Barrier-icon

Barrier の特徴

  • マウスとキーボードを複数のパソコンで共有できる無料の KVMソフトウェア
  • Synergy のオープンソースコアを利用したフォーク
  • オープンソースで開発

開発元

ダウンロード

システム要件

  • バージョン:2.4.0
  • OS:Windows 7/ 8.x/ 10/ 11(64-bit のみ)

macOSや Linuxについては 公式の FAQ を参照。

使用するパソコンが有線・無線を問わず全て LAN接続されている環境。

インストール

Barrier では使用するマウスとキーボードが接続されているパソコンを サーバー 、サーバーのマウスとキーボードで操作するパソコンをクライアント として設定が必要で、サーバー になるパソコンからセットアップする。

Barrier-001

GitHub から BarrierSetup-2.4.0-release.exe をクリックしてダウンロード。

Barrier-002

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

Barrier-003

使用許諾書に問題なければ I accept the agreement をチェックして「Next」。

Barrier-004

インストール先を確認して「Next」。

Barrier-005

デスクトップにショートカットを作成する場合はチェックして「Next」。

Barrier-006

「Install」でインストールを実行。

Barrier-007

「Finish」でセットアップウィザードを閉じ、Barrier を起動する。

Barrier-008

Language のリストから使用する言語を選択して「Next」。

Barrier-009

初めにサーバー から設定を行うので、サーバー(このコンピューターのキーボードとマウスを共有する) をチェックして「Finish」

Barrier-011

Barrier は Appleのデバイス接続プログラム Bonjour を利用して自動接続が可能で、Bonjourが未インストールの環境ではダイアログが表示されるので「Yes」でインストール。

Barrier-012

ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

Barrier-014

Windows Defenderが通信をブロックした場合は「アクセスを許可する」。

Barrier-019

Barrierが起動したら「開始」をクリックしてサーバ側のインストールが完了。

Barrier-017

サーバから操作するパソコンに Barrierをインストールし、クライアント(ほかのコンピューターのマウスとキーボードを使う)を選択。

2023-08-03 15_35_02

クライアントの Barrierを「開始」。

Barrier-018

Bonjourがサーバを検出して自動的に接続する。

Barrier-021

サーバがクライアントを検出するとダイアログが表示されるので、サーバ(中央)から見たクライアントの位置をクリック。

Barrier-022

サーバ とクライアントの接続が確立する。

クライアントが複数ある場合は、同じ要領ですべてのクライアントに Barrierをインストールする。

設定

Barrier-031

Barrier はデフォルトで自動起動が無効になっているので、常時使用する場合は 設定 を開き、一般起動時に Barrierを開始する を有効にする。

システムトレイに最小化起動時に隠す は有効にしても設定は反映されず、Barrierはバックグラウンドで起動・動作する。

特殊な配置

サーバから上下左右に移動するのではなく、クライアントからクライアントにカーソルを移動させる場合はサーバ側で配置を設定する。

Barrier-034

クライアントセットアップ時は自動接続のダイアログで「Advanced」をクリック。

Barrier-032

すでに構成されているクライアントの配置変更は、サーバの Barrierを開いて「サーバーの構成設定」を選択。

Barrier-035

ドラッグで配置を変更する。

自動接続に失敗する場合

Bonjourでクライアントがサーバを自動検出しない場合は、サーバの IPアドレスを入力する。

Barrier-024

サーバの Barrierで IPアドレスを確認。

複数の IPアドレスが表示されている場合は太字のアドレスを使用。

Barrier-025

クライアントの Barrier で 自動構成 のチェックを外して サーバーIP にサーバーの IPアドレスを入力。

カーソルが移動しない場合

サーバとクライアントが接続できているのにサーバからクライアントにマウスカーソルが移動しない場合は SSLを無効にする。

Barrier-026

メニューバーの Barrier から ログを表示を選択。

ログを確認して ERROR: ssl certificate doesn’t exist の記述があれば SSLの証明書に問題があるため、サーバ・クライアント双方の Barrierで SSLを無効にする。

Barrier-027

メニューバーの Barrier から 設定の変更 を選択。

Barrier-028

ネットワークSSL を使用 のチェックを外す。

Barrier-029

Barrier を「停止」後に「開始」。

Barrier の使い方

自動起動を有効にするとバックグラウンドで 動作するため、設定後の操作は不要。

再設定などが必要な場合は プログラム一覧 から起動する。

Synergy-anime

Barrier で共有されたマウスは マルチディスプレイ時のようにパソコン間を自由に行き来し、マウスカーソルが表示されているパソコンがアクティブになる。

クリップボードも共有される が Synergyと同じく動作が不安定で、コピー&ペーストができる時と反応しない時がある。

クリップボードの共有は有料の Stardock Multiplicity KVM が安定している。

関連記事
Synergy-icon-2

Synergy 3 RC2 のインストールと使い方

Index Synergy 3 RC3 の特徴開発元ダウンロードシステム要件インストール設定Synergy 3 RC3 の使い方 Synergy 3 RC3 の特徴 複数のパソコンを 1組のマウスとキ…