Stardock Multiplicity のインストールと使い方

multiplicity-icon-1

Multiplicity の特徴

  • 複数のパソコンを 1組のマウスとキーボードで操作できるソフトウェア KVM
  • クリップボードの共有やパソコン間でのファイルのドラッグ・アンド・ドロップをサポート
  • シームレスモードとKVMモードを実装
  • 動作が非常に安定しており、最大 9台のデバイスを操作できる
  • バージョン3.6で日本語をサポート

Synergy 1 -anime

Multiplicityで共有されたマウスはマルチディスプレイ時のようにパソコン間を自由に行き来し、マウスカーソルが表示されているパソコンがアクティブになる。

Multiplicity の開発元

  • 開発元:STARDOCK SYSTEMS, INC.
  • 開発元の拠点:米国

Multiplicity のダウンロード

Multiplicity 公式サイト

Multiplicity Proを 30日間試用できる。

プランの比較

KMKVMKVM Pro
シームレスモードで利用できるデバイス数最大 2台最大 9台最大 9台
KVMモードで利用できるデバイス数未サポート1台最大 9台
デバイス間のコピー・アンド・ペースト
デバイス間のドラッグ・アンド・ドロップ
Wake on LANによるデバイスの起動
暗号化されたリモート接続
シームレスモードとKVMモード
  • シームレスモード
    マウスカーソルがモニタ間を移動し、操作するパソコンにマウスカーソルを移動してアクティブにする。
    共有するのは 1 組のマウスとキーボードで、使用するすべてのパソコンにモニタが必要。
  • KVM モード
    ホットキーを使用してモニタに表示するパソコンを切り替えて操作する。
    モニタ・マウス・キーボードを共有するため、設定を行えばモニタのないパソコンも操作できる。

システム要件

バージョン 3.6 現在

  • OS:Windows 7/ 8.x/ 10/ 11

使用するパソコンが有線・無線を問わず全て LAN 接続されている環境。

Multiplicity のインストール

Multiplicity のインストーラーにアドウェアやスパイウェアは含まれていない。

Multiplicity ではマウス・キーボードが接続されているパソコンを Primary 、Primaryのマウス・キーボードを使用して制御するパソコンを Secondary として設定し、Primaryからセットアップする。

Multiplicity 3.6004

Multiplicity 3.6005

公式サイト の「Get it Now」をクリックし、右上に表示される「Free Trial」をクリック。

stardock-multiplicity-kvm-010

ダウンロードページに移動して 5秒後にインストーラーのダウンロードが自動的に開始する。

ダウンロードが開始しない場合は Click this link のコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から 名前を付けてリンク先を保存 を選択。

Multiplicity-KVM-001

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「はい」で許可。

Multiplicity-KVM-002

使用許諾書に問題なければ I agree to the terms of this license agreements をチェックして「Next」。

Multiplicity-KVM-003

インストール先を確認して「Next」をクリックするとインストールが開始する。

インストール先の変更は不可。

Multiplicity 3.6006

Windows Defenderのファイアウォールでブロックされた場合は「アクセスを許可する」。

Multiplicity 3.6008

ネットワークプロファイルに関するダイアログが表示されたら内容を確認して「はい」を選択。

Windows 11 のネットワークプロファイルはデフォルトで パブリック に設定されているため、設定を変更する場合は Windowsの 設定 から ネットワークとインターネットイーサネットプライベートネットワーク を選択する。

Multiplicity 3.6009

インストールが完了したら設定するパソコンに応じて「 Primary PCにする」か 「Secondary PCにする」を選択。

Primary PC

Primary PCに設定したパソコンはプロダクトキーの入力画面が表示されるので、メールアドレスを入力して 30日のトライアルを開始する。

stardock-multiplicity-kvm-015

30日トライアルを開始する を選択して受信可能なメールアドレスを入力。

Multiplicity 3.6010

メールアドレスが認証されるとトライアルが開始する。

Secondary PC

Secondary に設定したパソコンは コンピュータ名パスコード が表示される。

stardock-multiplicity-kvm-021

Primary で設定する際に Secondary のパスコードが必要になる。

Multiplicity の設定

Multiplicity をインストールして Primary に設定したパソコンに、Secondary に設定したパソコンの パスコード を使用して接続する。

Multiplicity 3.6011

Primary PC に設定したパソコンは シームレスモードKVMモード の選択画面になるので、使用するモードを選択。

シームレスモードKVMモード は併用でき、シームレスモードで稼働中の Primary PCのモニタに  KVMモードで別のパソコンを表示することもできる。

Multiplicity 3.6013

ネットワーク上にある Secondary PC が検出されるので、検出された Secondaryコンピューター名 をクリックし、PC名を入力して下さい。にコンピュータ名が 入力されたら「追加」。

シームレスモード

1組のマウス・キーボードで複数のパソコンを操作する シームレスモード は、Secondary の配置を設定する。

Multiplicity 3.6015

シームレスモード選択時は、追加した Secondary PCに表示されているパスコードを入力。

IPアドレスを常に使用するはパソコンに 静的IPを割り当てている場合にチェックする。

Multiplicity 3.6016

Primary PCが中央に表示されるので、Secondary PCをドラッグして配置する。

モニターの配置をそのまま再現すると使いやすい。

Multiplicity 3.6018

新たに Secondary PCを追加する場合は 左サイドパネルの シームレス を選択し、「PC追加」から追加する Secondary PCを選択してパスコードを入力。

Multiplicity 3.6019

Secondary PCの画面を閉じた場合はシステムトレイにある Multiplicity のアイコンをダブルクリックしてホーム画面を開き、「クリックしてパスコードを表示」でパスコードを表示する。

Multiplicity 3.6020

設定完了後は右上の鍵アイコンをクリックして 施錠 に切り替えると設定をロックできる。

パソコン起動時に Multiplicityが反応しない(シームレスモードでマウスカーソルが移動しない)場合は、システムトレイに Multiplicity のアイコンが表示されているか確認し、アイコンがなければ Multiplicityを上書きインストール後にパソコンを再起動する。

KVMモード

KVM は CPU切替器のことで、1組のマウス・キーボード・モニタを複数のパソコンで共有することができる。

Multiplicity 3.6021

KVMモード選択時は、追加した Secondary PCに表示されているパスコードを入力。

デフォルトで Primary PCのモニタ解像度にスケーリングする グローバルスケーリング に設定されているので、変更が必要な場合はリストから倍率を指定。

Multiplicity 3.6022

KVNモードのホーム画面に Secondary PC が追加される。

Multiplicity 3.6023

新たに Secondary PCを追加する場合は左サイドパネルの KVM 選択し、「PC追加」から追加する Secondary PCを選択してパスコードを入力。

Multiplicity 3.6024

KVMモード を起動するためのホットキーは KVMモードに切り替えるキー で設定。

Multiplicity の使い方

Multiplicity はパソコン起動時に自動起動してバックグラウンドで動作するため、シームレスモード では Multiplicityの操作は必要ない。

multiplicity-kvm-036

シームレスモードでは クリップボードの共有パソコン間のドラッグ・アンド・ドロップが可能で、複数のパソコンを使用しながら 1台のパソコンを操作しているような感覚で利用できる。

KVMモード

KVMモード仮想 CPU切替器 で、登録した Secondary PCを Primary PC でリモート操作できる。

Multiplicity 3.6025

KVMモードは割り当てた ホットキー で接続画面が表示されるので「Connect」で接続。

Multiplicity 3.6026

ホーム画面の KVM から「接続する」でも接続可能。

Multiplicity 3.6027

KVMモードで接続すると画面上部にマウスオーバーでコントロールバーが表示されれ、Secondary PCがマルチモニタ環境の場合はモニタの切替や表示画面のフィット、 KVMモードの終了などの操作ができる。

KVMモードでは Primary PC と Secondary PC でクリップボードの共有は可能だが、ドラッグ・アンド・ドロップでのコピーは不可。

Multiplicit の 購入方法

Multiplicitのライセンスは使用期限がなく、マイナーアップデートは無償の買切りタイプ。

Multiplicity 3.6028

公式サイト から購入するプランを選択。

KVMモードを使用する場合は Wake on Lan が利用できる KVM Pro を推奨。

Groupy2 Beta 038

支払い方法はクレジットカード・PayPal・銀行振込(WIRE TRANSFER)が可能で、決済システムは米国の FastSpring を利用している。

銀行振込は三井住友銀行のグローバルコレクトジャパン宛に振込。 

multiplicity-005

決済が完了するとライセンスキーと Multiplicityのダウンロードリンクが表示される。

ライセンスキーとダウンロードリンクは「◯◯様 ご注文のレシートはこちら~」というタイトルのメールにも記載されている。

製品のアクティベート

Multiplicity 3.6029

ライセンスを購入したら Primary PCの Multiplicitを開いて 情報 の「ライセンス変更」をクリック。

Start11 4.2.1 028

プロダクトキーとメールアドレスを入力して「起動する」。

multiplicity-009

「終了」で Multiplicity が利用可能になる。

関連記事