自転車のVブレーキ交換と調整


ブレーキは自転車の各パーツの中でも命に関わる重要な箇所で、ブレーキシューは消耗品のため、効き具合の確認や定期的なブレーキシューの交換が必要になる。



ブレーキの種類

自転車のブレーキで一般的なのが「キャリパーブレーキ」と「Vブレーキ」。
キャリパーブレーキは主にロードに用いられ、Vブレーキはマウンテンバイクやクロスバイクなどで使用されている。

キャリパーブレーキとVブレーキの大きな差は「ブレーキの聞き具合」。
キャリパーブレーキに比べ、Vブレーキはブレーキの効きが強く、太いタイヤにも対応できるのが特徴だが、制動力が強すぎるためロードには不向きだと言われている。

キャリパーブレーキとVブレーキでは操作するブレーキレバーも異なり、キャリパーブレーキ用のブレーキレバーでは、引き代が短いためにVブレーキを引くことが出来ないため、VブレーキにはVブレーキ用のブレーキレバーが必要になる。
ただし、「ミニVブレーキ」はVブレーキのアーム長を短くすることで、引き代の短いキャリパーブレーキ用のブレーキレバーでも操作できるようになっている。

Vブレーキは「てこの原理」を利用した装置のため、アーム長によってブレーキの効き具合が異なってくる。
ノーマルなVブレーキはアーム長が102mm。ミニVブレーキはアーム長が85mmや90mmになっており、アーム長が短いほどレバーの引き代は短くなり、ブレーキの効きも弱くなる。

ミニVブレーキという表現が、どうしても無理やりロード用のブレーキレバーでVブレーキを引いている印象を与えてしまうが、ミニVブレーキはロード用のブレーキレバーに対応したものとして製造されており、別に無理やり使用しているのではない。

工具とパーツ

ブレーキレバーとブレーキの換装では特殊な専用工具は不要で、アーレンキーがあれば作業できるが、ワイヤーを切断するためワイヤーカッターがあると便利。

アーレンキー(6角レンチ)

ブレーキレバーの取り付けや、ブレーキのアジャスターボルトを調節する際に必要。

ワイヤーカッター

ペンチやニッパで切断するとバラバラになりやすいワイヤーがキレイに切断できるワイヤーカッター。

ブレーキケーブル

アウターケーブルとインナーケーブルを別売りしているものもあるが、特にこだわりがなければシマノのスタンダードブレーキセットがオススメ。

ブレーキレバー・ミニVブレーキ

ブレーキは組み合わせがあるので要注意。

パーツクリーナー・グリース

パーツクリーナーはハンドルのグリップ取り外しや取り付けの際に使用。
グリースはブレーキを固定するボルトやインナーワイヤーに塗布する。

Vブレーキの換装と調整

初めに既存のブレーキの取り外しを行う。

自転車ブレーキ交換。ブレーキの六角ボルト。

ブレーキレバーは裏側からアーレンキー(六角レンチ)で取り付けられているので矢印の箇所を緩める。
必要に応じてシフトレバーの取り外しも必要。

自転車ブレーキ交換。グリップの取り外し。

グリップはパーツクリーナー のノズルを差し込んでクリーナーを注入すると外しやすくなる。

自転車のブレーキ交換。ハンドルバー。

グリップを外すと、ブレーキとシフトも簡単に外せる。

自転車のブレーキ交換。ブレーキのボルト部分。

次はブレーキを外す。矢印部分のボルトを外すだけ。

自転車のブレーキ交換。ブレーキを外したところ。

簡単に取り外せる。

自転車のブレーキ交換。グリスを塗布。

ブレーキ取り付け箇所の汚れを落とし、グリスを塗布する。

自転車のブレーキ交換。ブレーキのピン。

ブレーキの取り付け箇所には3つ穴があり、差し込む穴の位置によってスプリングの強弱を調整できるようになっている。

自転車のブレーキ交換。ブレーキのスペーサー。

ブレーキシューの部分には厚めのスペーサーが付いており、スペーサーでブレーキシューとリムの間隔を調整する。

自転車のブレーキ交換。ブレーキの設置。

スペーサーの他にワッシャーが3枚あり、2枚はブレーキ本体を挟むように取り付け、残った1枚はブレーキシューを固定するナットの前に挟む。

自転車のブレーキ交換。ワイヤーのタイコ。

ブレーキレバーをハンドルに仮留めしてインナーワイヤーを取り付ける。
インナーワイヤーの先端にはタイコと呼ばれる形状になっており、ロード用とMTB用で形状が異る。
一般的なインナーワイヤーは両端がそれぞれロード用とMTB用になっているので、ブレーキレバーの形状に合った方のタイコを差し込む。

自転車のブレーキ交換。インナーワイヤーのカット。

ハンドルを切った際の取り回しなどを考慮して、インナーワイヤーをワイヤーカッターで切断。
短く切り過ぎたら取り返しがつかないので、少々長めでカットしたほうが無難。

自転車のブレーキ交換。リードパイプ。

リードパイプを取り付ける。

自転車のブレーキ交換。アウターワイヤーの調整。

ブレーキレバーからリードパイプまで、アウターワイヤーの長さを調整する。

自転車のブレーキ交換。アウターワイヤーのカット。

アウターワイヤーもワイヤーカッターで切断。

自転車のブレーキ交換。アウターワイヤーの切断面。

穴が潰れた状態ではインナーワイヤーが引っかかり、ブレーキの性能に悪影響を及ぼすため、目打ちなどで潰れた穴を丸く整え、切断面はヤスリをかけておく。

自転車のブレーキ交換。エンドキャップ。

エンドキャップを装着。

自転車のブレーキ交換。ブレーキレバーに装着。

アウターケーブルにインナーワイヤーを通し、ブレーキレバーにしっかりと差し込む。

自転車のブレーキ交換。リードパイプに通す。

インナーワイヤーをリードパイプに通し、アウターケーブルはリードパイプに差し込む。

自転車のブレーキ交換。ワイヤー調整。

ワイヤーを固定ネジに通して仮止めし、ブレーキレバーを引き、ワイヤーの調整を行う。

ワイヤーを仮止めした後、何度かブレーキレバーを引いてワイヤーの弛みを取るのがポイント。

自転車のブレーキ交換。ブレーキシュー。

リムとブレーキシューを5mmほどの間隔にしてワイヤーを固定し、ブレーキシューがリムにあたるように高さと角度を調整。

自転車のブレーキ交換。アジャストボルト。

リムとブレーキシューの間隔を1~2mmにするため、左右の間隔をアジャスターボルトで微調整する。

ボルトを締めるとバネが強くなりブレーキシューはリムから離れ、逆に緩めるとリムに近づく。
ネジは4分の1回転ほど回すだけで随分とバネの強さが変わってくる。
ネジを回してブレーキレバーを引き、ブレーキシューとリムの距離やブレーキが「片効き」になっていないか確認。
何度かブレーキレバーを引いて、左右のブレーキシューとリムの間隔が同じになるまで調整を繰り返す。

調整が終了したら、確認のためタイヤを浮かして回転させ、タイヤの回転が止まるようなら、ブレーキシュー等がタイヤに干渉しているので、再調整を行う。

リアブレーキもフロントブレーキと同様、ブレーキを取り付けた後、ブレーキレバーからブレーキまでのワイヤーの長さを調整して切断。

ブレーキレバーからアウターケーブル受けまでアウターケーブルの長さを調整し、エンドキャップを付けて固定。

リアブレーキ側もアウターケーブル受けからリアブレーキのリードパイプまでアウターケーブルを通す。

ブレーキシューの調整等はフロントブレーキと同じ。

最後にフロント・リアともにワイヤーが固定ボルトから3cm以上出ているようならカットして、エンドキャップをつけて完成。





メンテナンスとカスタマイズ

自転車のVブレーキ交換と調整

ブレーキは自転車の各パーツの中でも命に関わる重要な箇所で、ブレーキシューは消耗品のため、効き具合の確認や定期的なブレーキシューの交換が必要になる。 ブレーキの種類 自転車のブレーキで一般的なのが「キャリパーブレーキ」と「 … 続きを読む

自転車のフロントディレイラーとシフターの換装と調整

フロントディレイラーの取り替えには、チェーンやクランクの取り外し・取り付け作業が伴い、リアディレイラーと比べると、取り付け位置などが少々厄介。 フロントディレイラーとリアディレイラーを同時に換装する場合、リアディレイラー … 続きを読む

自転車のカセットスプロケット交換とギア比

スプロケットは「ギア」のことで、単に「スプロケット」という場合は「リアスプロケット」を指し、フロントのクランクに付いているギアは「チェーンリング」と呼ばれている。 スプロケットにはギアを一枚一枚組み合わせていく「ボスフリ … 続きを読む

自転車のチェーン交換

自転車のチェーンは使用していると、ピンとピン穴が摩耗して隙間ができ、隙間の分だけ伸びることで、スプロケットの歯とチェーンが上手く噛み合わなくなって歯飛びするようになり、走行のパワーロスだけでなく、その状態が続くと最悪の場 … 続きを読む

自転車のリアディレイラーとシフターの換装と調整

リアディレイラーは後輪の変速装置で、頻繁に取り替えを行うようなパーツではないが、チェーンやワイヤーの伸びなど消耗や経年劣化が原因でギアチェンジに支障をきたすため、定期的な調整は必要だったりする。 リアディレイラーとシフタ … 続きを読む

自転車のボトムブラケット(BB)とクランク交換

BBと表記されることが多い「ボトムブラケット」は、ペダルを漕いだ際に回転する部分で、クランクはBBに固定することになる。 ボトムブラケット(BB)は複数の種類が存在するが、最も一般的なのがクランクの接合部分が四角い「スク … 続きを読む

自転車のタイヤサイズとタイヤ交換

自転車のタイヤ「3000km」か「1年」が交換時期の目安らしく、意外と早いことに驚いた。 タイヤが摩耗していれば分かりやすいのだが、ゴムは温度と湿度、日光などによって劣化していくため、見た目にキレイな状態でも、1年以上放 … 続きを読む

完全ブルホーン化

なんちゃってブルホーンにしたらブレーキに不安が残ったため、フラット側でもバーエンド側でもブレーキをかけることができる、そんな便利で都合の良いブレーキレバーはないものか、と、 ネットで検索していると、意外と簡単に見つかった … 続きを読む

なんちゃってブルホーン化

フラットハンドルは力が入りやすく、ドロップハンドルやブルホーンはロングライドやスピードの点で優っているらしいので、通勤距離が19kmになるのを機に、フラットハンドルからブルホーンバーにしようと思い立ったのだが、いろいろと … 続きを読む

自転車をカスタマイズ

カスタマイズする際のパーツはピンきり。しかもステムやハンドルにはサイズもあり、通販で適当に買うとリスクが高い。ペダルなど専用工具が必要なパーツもある。 アーレンキー(六角レンチ)で簡単に交換できるのはサドルくらい。グリッ … 続きを読む

自転車のメンテナンス

自転車に限らず、メンテナンスというのは結構クセモノで、どこまでするのか微妙なところもあるが、取り敢えず自分の身を守るためにも、安全に走行するできる最低限度の整備は行うべき。 普段のお手入れ 手入れと言っても大層なものでは … 続きを読む

自転車のメンテナンスツールとグッズいろいろ

自転車 メンテナンスの基本ツール

電車と自転車を併用しているためか、我ながら長続きしているチャリ通。 一般のママチャリについては定かではないが、クロスバイクやマウンテンバイクは予想以上にタイヤの空気が減る。 タイヤの他にも自転車はワイヤーなどむき出しのパ … 続きを読む

自転車グッズいろいろ

たかがチャリ通とはいえ、やはり快適さは重要。 便利さや安全性が付加されれば、乗るのも楽しくなるし、カスタマイズすれば愛着も湧いてくる。 見た目と機能性、実用性を備えたアイテムを探すのも意外と楽しかったりする。 手頃な自転 … 続きを読む