Kaspersky Security Cloud Free のインストールと使い方

kasperskysecurity-cloud-free-icon

ロシアの老舗セキュリティベンダー カスペルスキーの無料ウイルスソフト

Kaspersky Security Cloud Free は ロシアのセキュリティベンダー  AO Kaspersky Lab が開発している 総合セキュリティソフト カスペルスキー セキュリティ の機能制限版で、カスペルスキー セキュリティ の ウイルス対策機能 のみ使用できる。

カスペルスキーは 2017年 7月に初の無償アンチウイルスソフト Kaspersky Free をリリースし、当初は数ヶ月で全世界へ展開される予定だったが 日本は対象国から除外され、Kaspersky Security Cloud Free の日本語版もリリースされていない。

kaspersky-security-cloud-free-001

カスペルスキーのアンチウイルスソフトは ウイルスの検出率が優秀で、AV-ComparativesAV TEST では 常に上位にランクインしている。

システム要件

バージョン 21. 3. 10 現在

OS : Windows 7 ( SP1 ) / 8  / 10 / 11
CPU:1 GHz 以上
RAM:1 GB 以上 ( 32bit ) / 2 GB 以上 ( 64bit )
ストレージ:1.5 GB 以上の空きスペース

ソフトの入手先

カスペルスキー 公式サイト ダウンロードページ

Kaspersky Security Cloud Free のインストール

Kaspersky Security Cloud Free を利用する場合は メールアドレスとパスワードの登録が必要で、ウイルス対策ソフトの他に Wi-Fi でのインターネット接続を保護する「 Kaspersky Secure Connection 」も同時にインストールされる。

同時インストールされる Kaspersky Secure Connection は Hotspot Shield を提供している AnchorFree の VPNサービスで、1日 200MB の通信量制限があるため 実用度は低く アンインストールしても差し支えない。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-01

ダウンロードページの「 DOWNLOAD NOW 」をクリック。

Kaspersky-Security-001

日本語は未サポートのため Global を選択して「 Download 」。

Kaspersky-Security-003

ダウンロードしたインストーラーを起動し、 使用許諾書 や プライバシーポリシーに問題なければ「 Continue 」。

Kaspersky-Security-002

I want to participate in Kaspersky Security Network ( KSN ) to provide optimal protection for my computer  を有効にして「 Install 」。

カスペルスキーのパスワード管理アプリ Kaspersky Password Manager を試用 ( 保存できるパスワードは最大 15 )する場合は Install Kaspersky Password Manager も有効にする。
KSN ( Kaspersky Security Network ) は Kaspersky が提供している クラウドプロテクション を有効にするもので、アプリの アップデート よりも早くウェブサイト や アプリケーションに関する情報が入手できるが、Kaspersky Security Cloud の使用状況、検出したマルウェアの脅威情報、OS をはじめとするパソコンのハードウェア情報などが カスペルスキーに送信される。

Kaspersky-Security-004

 

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Kaspersky-Security-005

プログラムのダウンロード と インストールが開始。

インストール先の指定 やコンポーネントの選択はなく、インストールは 自動実行される。

Kaspersky-Security-006

推奨設定は「 ツアーの表示 」以外は すべて有効にして「 Apply 」をクリック。

・広告の表示や追加のインストールをブロックして必要なソフトウェアのみインストールする保護機能を有効にする
・悪意のあるツール , アドウェア , オートダイヤラー および 疑わしい圧縮ファイルを削除する
・コンピュータや個人データに損害を与える目的で犯罪者によって悪用される可能性のあるソフトウェアを検出する
・機能紹介を見る

Kaspersky-Security-007

「 Done 」でインストール完了。

アカウントの作成

インストールが完了すると My Kaspersky へのログインを求められるので、未取得の場合は アカウントを作成する。

無償版 は 1つのアカウントで 3 デバイス まで 登録可能。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-09

登録するメールアドレスを入力。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-12

パスワードを設定して「 Create 」。

パスワードは 1 つ以上の数字を含む 大文字 と 小文字を混在させた スペースなしの 8 文字以上 で 設定が必要。
I agree to provide Kaspersky ~ は メルマガの登録なので、不要ならオプトアウトするapp-r。

kaspersky-security-cloud-free-016

アカウントの登録が完了後 ツアーを見る場合は「 Continue 」、不要なら Skip

Kaspersky-Security-Cloud-Free-13

表示されている 確認コード を入力。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-14

1ヶ月間 有料の Kaspersky Security Cloud Personal をフル機能で利用できるので、試用する場合は「 Try for free 」、試用しない場合は「 Decline 」。

Kaspersky Security Cloud Personal の試用期間終了後は 無償の Kaspersky Security Cloud Free へ移行する。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-15

Kaspersky Security Cloud が起動して ホーム画面が表示される。

My Kaspersky

作成したアカウントを My Kaspersky に登録する。

My Kasprsky では登録したデバイスを確認 や Kaspersky Security Cloud をダウンロードできるが、管理画面で操作することは 特にない。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-16

アカウントで登録したメールアドレス宛に 確認メールが送信されるので、 本文の「 Verify email 」をクリック。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-17

メールアドレスが認証されたら「 Sign in 」。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-18

登録した ログイン情報を入力して「 Sign in 」。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-19

利用規約に問題なければ チェックボックにチェックを入れて「 Continue 」。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-20

My Kasprsky の管理画面が表示される。

管理画面は 上部の言語リストから 日本語 を選択すれば 日本語表示になる。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-21

Kaspersky Security Cloud は 1 年間 の サブスクリプションで 無料の定期購入 が有効になっているのでライセンスの更新は不要。

初期設定

無償版で利用できる項目は すべて 有効 になっており 保護に関しての設定は必要ないが、キャンペーン情報などの通知が有効になっているので 不要な場合は変更する。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-23

ホーム画面 の左下にある 設定 アイコンをクリック。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-25

左サイドバーの Interface から News notificationsPromotional materials の項目を無効にする。

Receive infomational messages and advertisements from Kaspersky 
カスペルスキーからのお得な情報やニュースを受信する
Show infomation about special offer
優待に関する情報を表示
Receive infomational messages and advertisements after the current licence expires
お知らせと広告を現在のライセンスの終了後も受け取る
脅威の処理方法

Kaspersky Security Cloud は検出した脅威に対して 推奨される処理を自動的に実行 がデフォルト設定になっており、悪意のあるツール・アドウェア・オートダイヤラー ・疑わしい圧縮ファイル は自動的に削除される。

Kaspersky-Security-Cloud-Free-26

開発が終了している アドウェアを含んだフリーソフトなどをインストールする場合は Delete malicious tools, adware, auto-daialers, and suspicious packagers 」が有効になっていると インストーラーが自動的に削除されるため、 設定General にある Operating mode で 同機能を無効にする。

推奨事項

ホーム画面の「 Detalis 」では 現在の状況 と 推奨事項 が確認できる。

Kaspersky-Security-Cloud-27

「 Detalis 」をクリック。

Kaspersky-Security-Cloud-29

Firefox がインストールされている環境では、Recommendations に ブラウザ拡張機能 についての項目が表示されるが、同機能は 有料版の Private BrowsingAnti-Banner が有効になっていないと インストールしても機能しない。

Kaspersky Security Cloud Free の使い方

無償版 で 使用可能なのは ウイルス / トロイの木馬 / ランサムウェア / スパイウェア / 仮想通貨マイニング などのマルウェアから 常時保護する リアルタイム保護 と 手動で PC を検査する スキャン

Kaspersky Security Cloud は デフォルト設定で PC の起動時に 自動実行されるので、インストール後は リアルタイム保護 が有効になる。
保護される項目 と 有効な保護機能
File Anti-Virus – ファイル保護
開く, 保存 のほか 実行されるすべてのファイルをスキャン
Web Anti-Virus -ウェブ保護
受信ウェブトラフィックをスキャンして 危険なスクリプトが実行されるのを防ぐ
Mail Anti-Virus -メール保護
送受信メールに危険なオブジェクトがないかスキャン
Network Attack Blocker – ネットワーク攻撃防御
危険なネットワーク動作および攻撃からの保護
AMSI Protection – Antimalware Scan Interface 
Windows 10 から実装された サードパーティ製アプリが ウイルススキャンを実行できる API
System Watcher – システムウォッチャー
ランサムウェア や クリプトロッカーなどから保護し、悪意のあるプログラムの操作によるシステムの変更をロールバックする
Kaspersky Security Network – クラウドプロテクション
クラウドデータベースを使用して 最新のマルウェア情報を適用

Scan

スキャンには  Full ScanQuick ScanSelective ScanRemovable device scan がある。

Kaspersky-Security-Cloud-31

スキャンを実行する場合は ホームから Scan を選択。

Kaspersky-Security-Cloud-32

「 Run scan 」でスキャンが開始する。

Full Scan – 完全スキャン
コンピュータ全体をスキャンするため スキャン中は PC のパフォーマンスが低下する
Quick Scan – 簡易スキャン
マルウェアが潜伏している可能性の高い Windows の起動時に読み込まれる オブジェクトをスキャン
Selective Scan – カスタムスキャン
ダウンロードしたインストーラーや Zipファイルなど ファイルやフォルダ単体のスキャンを行う
Removable device scan – リムーバブルデバイス スキャン
USB メモリなど 外付けデバイスをスキャン
Kaspersky Security Cloud のインストール後 初回は Full Scan の実行を推奨。
バックグラウンド スキャン

Kaspersky Security Cloud は ユーザーが実行する スキャン以外に、システムメモリ や システムパーティション に対して ルートキットスキャンを バックグラウンド で 定期的に自動実行している。

ルートキット は 悪意のある第三者がターゲットのパソコンをリモートアクセスするために必要なツールをインストール可能にする マルウェア。

Kaspersky-Security-33

Kaspersky Security Cloud は スキャンによる PC のパフォーマンス低下の防止対策がとられているので、PC の保護レベルを維持するため バックグラウンドスキャン は有効にしておくことを推奨。

マルウェアや疑わしいファイルの検出

検出した脅威に対して 推奨される処理を自動的に実行 を無効にしている場合は 手動での処理が必要になる。

Kaspersky-Security-035

Kaspersky Security Cloud が 脅威 を検出すると 通知 が表示され、処理は DeleteBlockAdd to exclusions の 3 択。

Delete  : 削除
Block : スキップ
Add to exclusions : 除外リストに追加

Kaspersky-Security-038

Delete を選択後「  Disinfect and restart the computer 」をクリックすると 検出されたファイルは削除され PC が再起動する。

 Try to disinfect without computer restart は PC を再起動せずに 検出ファイルの削除を試行するが、マルウェアの種類によってはシステムがロックして PC を再起動するまで削除されない場合があるので、基本は Disinfect and restart the computer を選択。

Kaspersky-Security-036

Block は Kaspersky Security Cloud の検出をブロックし、検出したファイルを放置する。

Block を選択すると 検出された 不審なファイルの数だけ 確認メッセージが表示されるため、検出通知のウインドウで Apply to all objects of this type にチェックを入れる。

Kaspersky-Security-34

除外リストは SettingsThreats and Exclusions にある Manage exclusions から 削除 や 追加が可能。

関連記事

mcafee-icon

McAfee Total Protection のインストールと使い方

試用が可能な 大手 セキュリティーベンダー McAfee の セキュリティソフト McAfee トータルプロテクション は 大手 セキュリティーベンダー McAfee LCC が開発している セキュリティソフトで、ウイル […]

zonealarm-firewall-icon

ZoneAlarm Firewall のインストールと使い方

無料で利用可能な パーソナルファイアウォール ZoneAlarm Firewall は イスラエルのネットワーク・セキュリティ ベンダー Check Point Software Technologies Ltd が開発 […]

glasswire-icon

GlassWire for Windows のインストールと使い方

通信データをモニタリングする グラフィカルな ネットワークセキュリティアプリ GlassWire は 米国のソフトウェアベンダー  SecureMix LLC が開発している ネットワークセキュリティアプリで、通信を行っ […]

kaspersky-tdsskiller-icon

Kaspersky Rescue Disk の作成と使い方

マルウェア感染で アクセスできなくなった Windows から 脅威を駆除する 無料ツール Kaspersky Rescue Disk は ロシアのセキュリティベンダー AO Kaspersky Lab が開発している […]

roguekiller-icon

RogueKiller Anti Malware のインストールと使い方

既存のセキュリティツールの補完に最適な 無料のアンチマルウェアアプリ RogueKiller Anti Malware はフランスのソフトウェアベンダー「 Adlice Software 」が開発しているアンチマルウェア […]