ESET Internet Security のインストールと使い方

スポンサーリンク
eset-icon

パフォーマンス と 高い検出率 に定評がある セキュリティソフト

ESET Internet Security は スロバキア の セキュリティベンダー「 ESET 」が開発している セキュリティソフトで、日本では キヤノンITソリューションズ が代理店として 日本語版の販売とサポート行っている。

ESET のセキュリティソフト は「 ヒューリスティック技術 」により 既知のマルウェアだけでなく、マルウェアの挙動を解析して 未知のマルウェア も検出が可能になっている。

ヒューリスティック は「 ある程度のレベルで正解に近い解を得る 」手法で、ESET は「 プログラムコード 」「 エミュレータ 」「 ジェネリックシグネチャ 」の三要素で分析を行い、マルウェアに似ている「 怪しい」プログラムを検出する。

eset-internet-security-001

eset-internet-security-002

AV Comparatives Award – ESET ページ

AV TEST – ESET Home User Products  

ESET は旧製品「 NOD32 アンチウイルス 」の時から パフォーマンス と 高い検出率 に定評があり、 AV-Comparatives や AV TEST など独立したテストラボでも 上位ランクの常連 。

ESET Internet Security は 有料だが 他の 有料 セキュリティソフトと比較してローコストで導入できるのも魅力の一つになっており 30日間 無料で利用できる 体験版 も提供されている。

システム要件

バージョン 14. 0. 22. 0 現在

OS:Windows 7 ( SP1 ) / 8 / 8.1 / 10 ( 32 bit & 64 bit )
RAM:1 GB 以上 ( Windows 10 64bit は 2 GB 以上 )
HDD:320 MB 以上の空きスペース( 1GB 以上 推奨 )

ソフトの入手先

Amazon – ESET セキュリティ 無料体験版(30日間) Windows向けプログラム

Canon ITソリューションズ – 30日間無料体験版(ESET Internet Security)



ESET Internet Security のインストール

ESET Internet Security の 体験版 は Canon ITソリューションズ や Amazon からダウンロード可能。

Windows Defender 以外の セキュリティソフトがインストールされている場合は 事前にアンインストールして PC を再起動後にインストールを行う。

eset-internet-security-003

Amazon から 体験版をダウンロードする場合は 「 体験版 」を 無料購入して ZIPファイル をダウンロードする。

メールでダウンロードリンクが送信されるが Amazon にログイン後「 アカウント & リスト 」の「 ゲーム & PC ソフトダウンロードライブラリ 」からもダウンロード可能。

ダウンロードした「 ESET_セキュリティ_無料体験版30日間_Windows向けプログラム-ダウンロード版 」ZIP ファイルを選択して コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) の「 すべて展開 」で 解凍。

eset-internet-security-005

解凍したフォルダ内にある 「 inst_eisv..」をクリックして ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

eset-internet-security-004

WinZip で自動解凍が実行される。

eset-internet-security-006

セットアップウィザードが起動するので 他のセキュリティソフトが 起動していなければ「 確認 」。

eset-internet-security-007

Windows Defender 以外の セキュリティソフトが検出されると アンインストールするようメッセージが出る。

eset-internet-security-008

自動的に プログラムをダウンロードしてセットアップウィザードが開始するので「 続行 」。

eset009

使用許諾書 を確認して問題なければ「 同意します 」をクリック。

eset-internet-security-010

「 体験版ライセンス 」をクリック。

eset-internet-security-011

メールアドレスを入力して「 アクティベーション 」。

入力した メールアドレスは ライセンスを延長 する際に アクセスする「 CLUB ESET 」のログインで使用する。

eset-internet-security-013

「 ESET LiveGrid 」「 望ましくない可能性があるアプリケーションの検出 」の設定を行い「 続行 」。

「 ESET LiveGrid 」「 望ましくない可能性があるアプリケーションの検出 」は セキュリティを強化するため「有効」にすることを推奨。

「 ESET LiveGrid 」は ESET に集積されたデータを元にした 最新の保護 と 実行中のプロセスの危険度を評価するツールが利用できる。

「 ESET LiveGrid 」を有効にすると PC 内で 検出されたウイルス や 疑わしファイルの 統計情報が ESET 社へ匿名で送信 ( 送信時は確認メッセージが表示)  される。

「 望ましくない可能性があるアプリケーションの検出 」を有効にすると ヒューリスティック機能 の 判定基準が 厳しくなり、マルウェア ではない 白に 近いグレーのプログラムも検出されるようになる。

「 望ましくない可能性があるアプリケーション 」として検出されても プログラムが 危険なわけではなく マルウェアのように 隔離 や 削除 は行われず 利用の判断は ユーザーが行う。

eset-internet-security-014

使用状況などを 匿名 で送信する カスタマーエクスペリエンス を任意で設定して「 続行 」。

eset-internet-security-015

 

インストールが終了したら「完了」をクリック。

eset-internet-security-017

ESET Internet Security が起動して「 セキュリティツール 」の設定画面が表示されるので 右上の「 X 」で閉じる。

eset-internet-security-018

インストール後は 自動的に アップデートが行われるので 操作は不要。

eset-internet-security-019

アップデートが完了すると 自動的に 初期検査 が開始する。

環境で変わってくるが 初期検査には 30分 以上 要する。

ESET Internet Security の使い方

ESET Internet Security の 主な機能は「 PC の 脅威からの保護 と 検査  」「 ネットワークの保護 と 検査 」のほか「 ネットバンキングの保護 」「 PC 盗難時の 保護 と 検索 」で、設定 を 済ませてしまえば 問題が発生しない限り 操作することはほとんどない。

ESET Internet Security の初回起動時にスマート検査が実行されるが、念のためにインストール後は時間がかかるものの「カスタム検査」で全てのローカルドライブを対象に「 詳細検査 」の実行を推奨。

詳細設定

ESET Internet Security は 保護とパフォーマンスのバランスを考慮した 初期設定 になっているため 変更する必要はほとんどない。

ESET029

基本設定 は 左ナビゲートの「 設定 」を選択し 右ペインに表示されるメニューで確認でき、検索エンジンの設定 や 使用するスキャンのプロファイル確認 は 設定メニューの 最下部にある「 詳細設定 」で行う。

検出エンジン

PC 保護の 要となる リアルタイム保護 で使用する スキャンエンジン の 設定。

保護レベルが低下 や パフォーマンスが低下 する可能性があるため デフォルト設定での使用を推奨。

eset-internet-security-035

スキャンエンジンには「 マルウェア 」「 望ましくないアプリ 」「 疑わしいアプリ 」「 安全でない可能性があるアプリ 」の4タイプを 「 最大 ~ オフ 」の 4段階の しきい値 で検出する。

マルウェア :
コンピュータウイルスを始めとした 悪意のあるコードを含んだ プログラム

望ましくない可能性があるアプリケーション ( PUA ) :
アドウェア , バンドルウェア , 仮想通貨マイナー , ブラウザツールバー など マルウェアほど脅威ではない グレーゾーンのアプリ疑わしい可能性があるアプリケーション : 
ZIPファイル など マルウェアの 偽装に使用される 圧縮ファイル

安全ではない可能性があるアプリケーション :  ※ 初期設定では無効

リモートアクセスツール , パスワード解析 , キーロガー など 合法なソフトウェアでも使用されている 悪用される可能性のあるプログラム

最大 :
検出感度が 上がり 多くのオブジェクトを検出するが 誤検出 ( 偽陽性 )も増加する
標準 : 
検出率 と 偽陽性率 のバランスが取れた デフォルトで設定
最小 : 
確実 に脅威と見做されるオブジェクトのみ検出する
オフ : 
保護を無効にする

しきい値を「 最大 」にすると 偽陽性率が上がり ,「 最小 」にすると 未知の脅威に対しての保護が低下するので 基本は「 標準 」を使用。

「 安全ではない可能性があるアプリケーション 」はデフォルトで「 オフ 」になっているため 保護を強化する場合は 「 最小 」または「 標準 」に変更。
検査 プロファイル

スキャンで使用される プロファイル は デフォルトで「 スマート検査 」「 コンテキストメニューの検査 」「 詳細検査 」「 コンピュータの検査 」 があり パラメーターは 「 ThreatSenseエンジンのパラメーター 」で設定されている。

「 THREAT SENSEパラメーター 」の変更は 非推奨。

eset-internet-security-039

プロファイルの確認 , 編集 は左ナビゲートメニューから「 マルウェア検査 」で「 選択されたプロファイル 」のリストから任意のプロファイルを選択後に「 THREAT SENSEパラメーター 」を展開して行う。

ESET Internet Security オンラインヘルプ – ThreatSense パラメータ

 

eset-internet-security-043

ESET Internet Security は スキャンによって検出した脅威は 自動削除 が デフォルト設定のため ユーザーは 操作不要で 脅威が駆除される。

ESET Internet Security オンラインヘルプ – 駆除レベル 

「 駆除 」の「 検出を修正する 」が自動削除を意味しており「 安全な場合は検出を修正する。安全でない場合は確認する。 」が一般的に推奨される設定だが、アドウェア や ブラウザハイジャッカー を含んでいる フリーソフトなどは インストーラーをダウンロードする際に削除されてしまうため、ファイルの危険性を判断できる ユーザーは「 常にエンドユーザーに確認する 」に変更。
駆除レベルを変更する場合は「 リアルタイムファイルシステム保護 」と「 マルウェア検査 」の「 THREAT SENSEパラメーター 」で変更が必要。

eset-internet-security-048

「 常にエンドユーザーに確認する 」に変更すると 検出された 脅威に対して 処理の判断が求められるため、個々のファイルに対して「 アクション 」から任意に処理を選択する。

「 安全な場合は検出を修正する。安全でない場合は確認する。 」を選択していても 自動駆除 ができなかった脅威に関しては 同様のメッセージが表示される。

eset-internet-security-040

プロファイルの追加は「 プロファイルのリスト 」の「 編集 」から可能。

デフォルトプロファイル は「 THREAT SENSEパラメーター 」の設定は可能だが  削除不可。

eset-internet-security-041

プロファイルの 検査対象 を 変更する場合は 変更するプロファイルを選択後に「 検査対象 」の「 編集 」を開き 検査対象 に チェックを入れる。

デバイスコントロール

「 デバイスコントロール 」は デフォルトで無効になっている USB メモリ などリムーバブルメディアの 自動再生をブロックする機能 で マルウェアに感染したリムーバブルメディアからの感染から保護する。

他人の リムーバブルメディア を使用したり プログラム や ファイル を リムーバブルメディア で受け取るような場合は有効化を推奨。

eset-internet-security-036

有効にする場合は「 設定 」の「 コンピュータ保護 」。

ESET031

「 デバイスコントロール 」を有効にする。

ESET030

「 デバイスコントロール 」を有効にすると リムーバブルメディア をセットした際に ESET Internet Security がブロックして処理を求めてくるので「 すぐに検査 」でスキャンを実行する。

コンピュータの検査 と 詳細検査

ESET Internet Security は ワンクリックで 実行される「 コンピュータの検査 」のほかに 検査対象 や 検査プロファイルを指定して実行できる「 詳細検査 」がある。

コンピュータの検査

ローカルドライブにある全てのファイルを対象として検査が実行され、脅威が検出された場合は自動的に「駆除レベル」の設定値に基づいて自動的に削除もしくは駆除される。

ESET033

ホームから「 コンピュータの検査 」をクリックすると実行される。

eset-internet-security-037

左ナビゲートメニューの「 コンピュータの検査 」から「 コンピュータの検査 」 でも実行できる。

「 コンピュータの検査 」で実行される「 スマート検査 」は  「 システムメモリ 」「 ブートセクタ 」「 自己解凍アーカイブ 」「 圧縮された実行形式 」など 脅威が潜んでいる可能性が高いオブジェクトが検査対象で エクセル や PDF など 一般的なファイルは検査対象から除外される。
詳細検査

「 詳細検査 」には 検査内容のパラメーター や スキャン対象を選択できる「 カスタム検査 」, USB  や CD / DVD などの リムーバブルディスク を 検査 する「リムーバブルディスク検査」がある。

デフォルトのプロファイル
スマート検査 :
脅威が潜んでいる可能性が高いオブジェクトをスキャン

詳細検査
:
スマート検査のスキャン項目に加えて 一般ファイルも含めたスキャンを実行するコンテキストメニューの検査 :
メモリやブートセクタを除き ファイルに絞ったスキャンを行う

コンピュータの検査 :
「 詳細検査 」から 一般ファイル が除外され 効率的なスキャンレベルが確保される「 スマート最適化 」が有効になる

カスタム検査

「 スマート検査 」の対象から外れる 一般ファイル や ローカルドライブ ,  ネットワークドライブ などの検査が可能。

eset046

「 コンピュータの検査 」の「 詳細検査 」から「 カスタム検査 」を選択。

eset-internet-security-042

右上の「 設定 」アイコンをクリックして「 検査の対象 」のリストから スキャンする対象を選択。

ツリーから任意で選択する場合は「 カスタム選択 」を使用。

eset-internet-security-044

「 検査プロファイル 」から使用するプロファイル選択。

eset-internet-security-045

スキャンの設定ができたら「 検査 」を実行。

「 管理者として検査 」は 現在ログインしているユーザーに検査対象のファイルへアクセスする権限がなく、管理者として ユーザーアカウント制御を呼び出せる場合に使用する。

ホームネットワークの保護

「ホームネットワークの保護」は ローカルネットワークを監視して 許可のない通信をブロックしたり ネットワークにある脆弱性を検出する機能で、トラフィック の異常を検出すると ESET Internet Security のファイヤーウォールが 通信を ブロックする。

eset051

「 ホームネットワーク保護 」を確認するにはホームメニューの「 ホームネットワーク保護 」をクリック。

ESET041

使用している PC などのデバイスを中心に 最近ネットワークに接続されたデバイスが表示され、外周に 当月 接続され 直近で検出されないデバイスが表示される。

ESET042

新しく検出されたデバイスには ★マーク , 問題が検出されたデバイスには 警告マーク や 注意マーク が表示され デバイスをクリックすると詳細が確認できる。

ESET044

検出されたデバイスは IPアドレス で表示されるが 表示名 や デバイスの種類も 編集できる。

eset-internet-security-047

 

新規デバイス をネットワークに追加したり IP アドレス を変更した際 「 ネットワーク 」に表示されない場合は ESET Internet Security がブロックしている可能性が高い。

ブロックされたトラフィックがある場合は「 情報 アイコン 」で表示される。

eset-internet-security-049

デバイスを開き「 ブロックされたトラフィック 」の「 表示 」をクリック。

eset-internet-security-050

「 ブロック解除 」で 通信が可能になる。

二重ルーター

二重ルーター は推奨されないため ルーターの ブロックを解除しても 二重ルーターを解消しない限り 毎回問題 が検出される。

ESET039

二重ルーター は 追加した ルーター ( 2台目のルーター ) を ブリッジモード ( アクセスポイント ) に切り替えることで 解消できる。

アンチセフト

アンチセフト は デバイス盗難時に 遠隔操作で デバイスのロック や カメラを起動して撮影 , スクリーンショットを撮るモジュールで、デバイスが オンライン になっていないと使用できない。

アンチセフトを有効にするには「 My ESET 」のアカウントを取得が必要。

eset-internet-security-053

左ナビゲートメニューの「 ツール 」から「 アンチセフト 」を選択。

すでに「 My ESET 」のアカウントを取得して デバイスを登録している場合「 アンチセフト 」をクリックすると「 My ESET 」の「 アンチセフト 」のページが開く。

eset-internet-security-055

「 My ESET 」のアカウント未取得の場合は「 アカウントの作成 」をクリック。

すでにアカウントを取得している場合は「サインイン」。

eset-internet-security-057

「 ESET の契約条件 」を確認して問題なければ チェックを入れ、メールアドレス , パスワード を入力して「 新規アカウントの作成 」。

パスワードは 大文字・小文字・数字 を含んだ 8文字以上。

eset-internet-security-024

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されるので「 はい 」で許可。

eset-internet-security-058

任意のデバイス名を設定して「 続行 」。

eset-internet-security-024

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されるので「 はい 」で許可。

eset-internet-security-059

「 閉じる 」で設定完了。

 

eset-internet-security-060登録したメールアドレス に 確認用のメールが届いているので 本文のリンクをクリックして認証。

eset058

メールアドレスとパスワードを入力して my.eset.com にアクセスすると追加したデバイスを確認できる。

eset062

表示されているデバイスをクリックするとステータスが表示される。

eset059

アンチセフトが正常に動作するか確認するため「 テストの実行 」をクリック。

eset061

テスト終了後「 ESETアンチセフトのテスト-結果 」に位置情報やスクリーンショットが表示されたら設定完了。

盗難にあった場合は「 ステータス 」画面で「 紛失中に設定 」をクリックすると 監視を開始する(  監視期間 は 14日間 )。

「設定」でスキャンの間隔やデバイスの削除などができる。

ライセンスの購入 と アクティベーション

体験版 には ESET Internet Security の ホーム画面に「 ライセンス購入 」のボタンがあり クリックすると ライセンス購入ページ がブラウザで表示される。

eset019

Amazon から 体験版 をダウンロードした場合は Amazon の ESET ページが開き、キャノン IT ソリューション や WorkChat の 体験版 は それぞれの購入ページにリンクされているが 販売されているライセンスの料金は Amazon が 最安値。

Amazon ESET Internet Security ライセンス購入 ページ

Amazon で販売されている ライセンス販売には「 期間が 1 年 と 3 年 」,「 利用デバイス数が 1 台 と 5 台 」があり、販売形式の「 オンラインコード 」は アクティベーションコード がメールで送信され、「 カード 」はアクティベーションコードが記載されたカードが郵送される。

コストパフォーマンスが 最も高いのは オンライン版 の 3年 5台 。

eset023

メールは「注文ありがとう」「支払いありがとう」「ご購入のお客様へ」の3通送信され、最後に届く「ご購入のお客様へ」のメール内に「製品認証キー」が記載されている。

eset-internet-security-020

ESET Internet Security のホーム画面から「 製品のアクティベーション 」をクリック。

eset-internet-security-021

「 購入した製品認証キーを使用 」をクリック。eset-internet-security-022

メールに記載されている 製品認証キー を入力して「 続行 」。

eset-internet-security-024

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

eset-internet-security-025

 

「 アクティベーション 」をクリック。

eset026

正規版へアップグレード完了。

購入したライセンスは 自動更新ではないため ライセンス期限後も 継続利用する場合は ライセンスを再購入 するか 更新手続きが必要。 

ライセンスの更新 と 変更

アクティベートした ESET Internet Security は ライセンスの有効期限も継続して使用する場合「 更新 」と「 変更 」の2通り方法がある。

ESET Internet Security のライセンスは「 更新 」と「 新規購入 」で大差がなく 新たに購入した場合でも ESET Internet Security を 再インストールせずに ライセンスを変更できる。

ライセンスの更新 ( 延長 )

ライセンスの更新 は キャノン IT ソリューション が提供している「 CLUB ESET 」でのみ可能で、事前手続きで ライセンスを 自動更新することもできる。

CLUB ESET ログインページ

「 CLUB ESET 」は「 MY.ESET 」とは 全く別のサービスなので要注意。

eset-internet-security-026

「 CLUB ESET 」へのログインには「 ライセンスID 」が必要なため ESET Internet Security の「 ヘルプとサポート 」にある「 テクニカルサポート詳細 」をクリック。

eset-internet-security-027

「 テクニカルサポート詳細 」の「 ライセンスID 」をコピー。

eset-internet-security-028

ESET Internet Security のインストール時に 登録したメールアドレスを入力 , ライセンスID をペーストして ログイン。

eset-internet-security-029

ライセンスの有効期限を自動更新する場合は「 所有製品 」, 現在のライセンスを延長 ( 更新 ) する場合は「 有効期限の延長 」をクリック。

eset-internet-security-030

自動更新する製品の「 申込 」をクリックし 延長手続をする。

自動延長 は 1 年 のみ。

eset-internet-security-031

「 有効期限の延長 」では「 1 年 」と「 3 年 」の選択が可能。

「 自動延長 」も「 有効期限の延長 」の 現在 使用している ライセンスの 有効期限を 延長するため ライセンス期限の残期間 に関係なく 選択した 延長期間 が 有効期限に 加算される。

ライセンスの変更

ライセンスの変更は Amazon などで ESET Internet Security を 新規購入して 発行された ライセンスキー を 使用している ESET Internet Security に使用することで ライセンスの期限を更新する。

「 有効期限の延長 」と異なり「 ライセンスの変更 」は ライセンス有効期限の残期間 に関係なく 更新処理を 行った 日 を起算日として 購入したライセンスの有効期限が設定される。 

eset-internet-security-033

更新手続きを行う前に ライセンスの有効期限 が切れていることを確認。
有効期限内の場合 残期間 の払い戻し等は行われないので要注意。

eset-internet-security-032

ライセンスを購入したら ESET Internet Security の「 ヘルプとサポート 」から「 ライセンスの変更 」をクリック。

eset-internet-security-021

「 購入した製品認証キーを使用 」をクリック。eset-internet-security-022

製品認証キー を入力して「 続行 」。

eset-internet-security-024

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

eset-internet-security-025

「 アクティベーション 」をクリックして ライセンスキー を更新する。

購入した ライセンスキー は ESET Internet Security で「 アクティベート 」した日 が 有効期限の起算日になるので 割引が 実施されているタイミングで 購入しておくことも可能だが、 ESET Internet Security は価格の変動が激しいので注意が必要。





関連記事

zonealarm-firewall-icon

ZoneAlarm Firewall のインストールと使い方

無料で利用可能な パーソナルファイヤーウォール ZoneAlarm Firewall は イスラエルの ネットワーク・セキュリティ ベンダー「 Check Point Software Technologies Ltd […]

glasswire-icon

GlassWire のインストールと使い方

通信データをモニタリングする グラフィカルな ネットワークセキュリティアプリ GlassWire は ネットワークを モニタリングして 通信を行っている プログラム や トラフィックをグラフに表示して 帯域幅の占有してい […]

kaspersky-tdsskiller-icon

Kaspersky Rescue Disk の作成と使い方

マルウェア感染で アクセスできなくなった Windows から 脅威を駆除する 無料ツール Kaspersky Rescue Disk は Windows に インストールするのではなく Gentoo Linux ベース […]

mcafee-icon

McAfee LiveSafe のインストールと使い方

試用が可能な 大手 セキュリティーベンダー McAfee の セキュリティソフト McAfee は 何かと世間を騒がしている ジョン・マカフィー氏 が創業した 大手 セキュリティーベンダーで、「 McAfee LiveS […]

roguekiller-icon

RogueKiller Anti Malware のインストールと使い方

既存のセキュリティツールの補完に最適な 無料のアンチマルウェアアプリ RogueKiller Anti Malware はフランスのソフトウェアベンダー「 Adlice Software 」が開発しているアンチマルウェア […]





タイトルとURLをコピーしました