Panda Dome free antivirus のインストールと使い方

panda-free-icon

システムパフォーマンスへの影響が少ない 無料のクラウド型アンチウイルスアプリ

Panda Dome ( Free Antivirus ) は スペインのセキュリティベンダー Panda Security が開発している ウイルス対策ソフトで、マルウェアのデータ や スキャンエンジンを サーバ側に置くことで 最新のデータに対応し、システムリソースへの負荷が少なく ESET と並んで パフォーマンスの評価が高い。

2018年 3月から アプリの名称が Panda Free Antivirus から Panda Dome に変更された。

Panda Dome free antivirus 1

Panda Dome は 現在主流になっている クラウド型 ウイルス対策ソフトの先駆けで、2010年に初のクラウド型 ウイルス対策ソフト Panda Cloud AntiVirus をリリース。 
当初は日本語に対応したページもあり Panda Cloud AntiVirus 自体も日本語をサポートしていたが、2014年 以降にリリースされている Panda Free Antivirus から日本語は未サポート。

システム要件

バージョン 20. 01 現在

OS : Windows XP(SP3)以降 (32bit & 64bit)
CPU : Intel Pentium 300MHz 以上のPC/AT互換機
RAM : 64 MB以上 ( 128MB推奨 )
HDD : 200MB以上の空きスペース

ソフトの入手先

Panda Dome Free AntiVirus   公式ダウンロードページ

Panda Dome free antivirus のインストール

Panda Dome は インストーラーに サードパーティ製アプリがバンドルされている。

Panda-Dome-002

公式サイトのダウンロードページにある「 Download 」をクリックして インストーラーをダウンロード。

Everything-051

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Panda Dome free antivirus 041

セットアップウィザードが開始するので「 Next 」。

Panda-Dome-006

License agreement ( 使用許諾書 ) に問題なければ「 Accept and Install 」をクリック。

言語選択リストに日本語は含まれていないため「 English 」で設定。

panda-dome-free-autivirus-004

Operaブラウザ が デフォルトでインストールする設定になっているため「 Install Opera browser for free 」のチェックを外す。

Install ~ のチェックを外すと「 Next 」ボタンが有効になる。

Panda Dome free antivirus 043

セットアップが完了したら「 Open now 」をクリック。

Panda-Dome-007

初期スキャンが開始する。

Panda アカウントの作成

Panda Dome のインストールが完了したら アカウントの作成を行う。

Panda-Dome-053

初期スキャンが完了すると パンダアカウント の入力を求められるので、未取得の場合は 任意の メールアドレスを入力して「 Continue 」。

Panda Dome free antivirus 050

入力したメールアドレスに Activate your Panda account というタイトルのメールが送信されるので、メール本文の「 Activate your Panda account 」のボタンをクリック。

Panda-Dome-008

日本語をサポートしたページが開くので 8 文字以上 英数字で パスワードを設定して「アカウントを有効にする」をクリック。

パスワードに 記号 は使用できない。

Panda-Dome-009

個人情報の入力フォームは 未入力でも問題はないので「 後で 」をクリックしてスキップ。

Panda Dome free antivirus 045

パンダアカウントが作成されたら Panda Dome に表示されている ダイアログの「 Continue 」をクリック。

Panda ニュース の 非表示 設定

初期状態では「 パンダニュース 」が頻繁に表示されるため 非表示設定を行う。

Panda Dome free antivirus 049

左上の ハンバーガーボタンから SETTINGS を選択。

Panda Dome free antivirus 048

General の一番下にある Panda news を 2つとも オフ にする。

Panda Dome free antivirus の使い方

Panda Dome ( Free Antivirus ) が実装している機能は リアルタイム保護USBプロテクションレスキューキット作成VPN で、Webフィルタリング・リンクチェッカー ・WiFi セキュリティ などは 有料機能になる。

Panda Dome free antivirus 046

初期状態で リアルタイム保護USB プロテクション は有効になっている。

Panda Dome free antivirus 057

ホーム画面にある ツールアイコンの シールド  をクリックすると 詳細情報を確認できる。

Quarantine (検疫 )
Panda Done Free Antivirus が隔離したファイル数
Events
期間ごとの検出数 と Viruses and Spyware ( ウイルス・スパイウエア ) , PUPs ( 怪しいプログラム ) , Other ( その他 ) , Suspicious item ( 疑わしいアイテム ) の検出数。
Last scan
スキャンを実行した最終日と実施したスキャンの内容。
Scan now
スキャンを実行。
Schedule scan
スケジュールされたスキャンの実行履歴。
Add schedule scan
スキャンのスケジュール設定が可能。

スキャン

Panda Dome は常駐して PC上のアクションを 監視 ( 検疫 ) しているが、定期的なスキャンでの補完が推奨される。

Panda Dome インストール後は 一度 フルスキャンの実行を推奨。

Panda Dome free antivirus 053

ウイルススキャンを実行する場合は ホームの Scan をクリック。

Panda Dome free antivirus 054

スキャンは Critical areas ( 重要な箇所のみ )・Full Scan ( 完全 )・Custom scan ( カスタム ) の 3択。

通常は Critical areas が 推奨されている。

Panda Dome free antivirus 055

スキャン中は 進捗状況のほかに スキャンしたファイル数 と Detected ( 検出された ) ファイル数が表示され、右下の Show details をクリックすると スキャンエリア や 現在のステータスを確認できる

フルスキャンで時間がかかる場合などは Shut down computer upon completion にチェックを入れておくと スキャン終了後に パソコンをシャットダウンする。

Panda Dome free antivirus 056

Show details で表示される情報は それほど有益なものはなく、View full report で発生したイベントを確認できる。

Panda Dome free antivirus 017

イベントレポートで 最も多い Synchronization は 最新の脅威に対してクラウドと同期済み、Computer vaccinated は  コンピュータがワクチン接種済み のログなので 問題はない。

ウイルスが発見された場合は Virus Detected ( マルウェア名 ) になり、発見場所のパスが表示される。
スキャンのスケジュール設定

スケジュール設定をすることでスキャンを定期的に実行できるが、PC が起動していないと動作しないので  PC を操作している時間帯 か PC の自動起動を設定する必要がある。

panda-free058

スケジュールの設定は ホームの Antivirus ( シールド ) アイコン をクリックして、詳細画面の「 Add schedule scan 」をクリック。

panda-free059

Name:設定するスケジュール名
Frequency:スキャンを実行する日時
Scan:My entry PC(Full Scan)・Critical areas・Other items(Custom Scan)から選択
Exclusions は スキャンから除外するファイルを指定、Advanced は スキャン時の高度な設定。

 USB自動実行の無効化

USBメモリから感染するマルウェアは Windows の「 自動実行 」を利用するので、Panda Dome は デフォルトで USB機器の自動実行を停止し、接続されたUSBメモリの検疫を行う。

Panda-Dome-010

USBメモリを PC に接続すると Panada Dome が検出して デバイスのスキャンを実行するか訊いてくるので「 Yes 」で スキャンを実行。

panda-free061

スキャンが実行され 問題なければ「 Close 」で閉じる。

panda-free062

ホームの USB protection を開くと USB drive vaccination ( 予防接種 ) の画面が開き、中央の Vaccination drive を実行すると 対象の USBデバイスの自動実行が無効化される。

USBドライブのスキャン実行時に Vaccination drive を自動実行したい時は Automatically vaccinate every USB drive inserted into the PCの項目をオンにする。

USB protection のスイッチをオフにすると USB protection が無効になる。

プロセスモニター

プロセスモニターは 実行中のプログラムをリアルタイムで表示する機能。

panda-free063

危険度レベルが 中 ~ 高 のもの や ブロックしたものなどが確認できる。

panda-free064

View detailed report をクリックすると プロセス別の確認が可能。

レスキューUSBドライブの作成

無料で使用できる Rescue Kit は 事前に作成しておくものではなく、PC がマルウェアに感染して起動できない場合などに 別の PC で作成する 抗ウイルス薬

panda-free065

レスキューUSBドライブを作成するには ホームの Rescue Kit から Create rescue USB drive をクリック。

Panda-Dome-011

ユーザーアカウント制御の ダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

panda-free066

ウィザードが開始するので USBメモリを PC にセットして「 Start 」。

panda-free067

USBドライブを認識するので「 Install 」をクリックすると、自動的に データをダウンロードして Boot 用の USBドライブ を作成する。

panda-free035

作成に失敗した場合「 Try again 」で再実行すれば作成に成功することもあるが、失敗を繰り返すするようならUSBメモリを替える。

作成した USBメモリを ウイルス感染でロックされていると思われる PC にセットして PC を起動すると クリーナーウイザードが展開される。
ウイザードが開始せずに PC が起動する場合は、BIOS / UEFI でブートデバイスの順序を変更する必要がある。

Panda Cloud Cleaner

Panda Cloud Cleanerは 通常のウイルス対策ソフトでは検出できないようなマルウェアに対して 集合知に基づいた ディープスキャンを行い、駆除するツール。

panda-free068

実行する場合は ホームの Rescue Kit から Do you think this PC is infected ? ( このPCが感染していると思いますか? ) の Detect advanced viruses ( 高度なウイルス検出 ) を クリック。

Panda-Dome-012

ユーザーアカウント制御の ダイアログが 表示されるので「 はい 」で許可すると Cloud Cleaner がインストールされる。

Panda-Dome-013

Cloud Cleaner の起動時に 再度 ユーザーアカウント制御の ダイアログが表示されるので「 はい 」で許可して、License Agreement を確認後「 Accept and scan 」で スキャンを実行。

panda-free028

スキャンの進捗がプログレスバーで表示される。

panda-free030

スキャンが完了すると マルウェアと怪しいプログラム不明ファイルと疑わしいファイルシステムクリーニングの 3項目で 結果が表示される。

より詳細な情報を確認する場合は「 > 」をクリック。

panda-free031

検出されたファイルを削除する場合は「 Clean 」をクリックして完了。

panda-free032

ファイルが削除されて完了。

VPN

Panda Dome の 新機能として Hotspot Shield の VPN が利用できるが、利用可能な容量は 150 MB。

panda-free069

Panda Dome では 接続先が選択できないため ホームの VPN を開き、Virtual ServerAutomatic のまま「 Connect 」を クリックすると 最寄りのサーバ に接続する。

関連記事

panda-free-icon

Panda Dome free antivirus のインストールと使い方

システムパフォーマンスへの影響が少ない 無料のクラウド型アンチウイルスアプリ Panda Dome ( Free Antivirus ) は スペインのセキュリティベンダー Panda Security が開発している […]

kasperskysecurity-cloud-free-icon

Kaspersky Security Cloud Free のインストールと使い方

ロシアの老舗セキュリティベンダー カスペルスキーの無料ウイルスソフト Kaspersky Security Cloud Free は ロシアのセキュリティベンダー  AO Kaspersky Lab が開発している 総合 […]

mcafee-icon

McAfee Total Protection のインストールと使い方

試用が可能な 大手 セキュリティーベンダー McAfee の セキュリティソフト McAfee トータルプロテクション は 大手 セキュリティーベンダー McAfee LCC が開発している セキュリティソフトで、ウイル […]

eset-icon

ESET Internet Security のインストールと使い方

パフォーマンス と 高い検出率 に定評がある セキュリティソフト ESET Internet Security は スロバキア の セキュリティベンダー ESET が開発している セキュリティソフトで、マルウェアの挙動を […]

Avast-icon024

アバスト無料アンチウイルス のインストールと使い方

検出率・偽陽性率 ともに トップレベルの 無料 セキュリティソフト アバスト無料アンチウイルスは チェコ共和国 の セキュリティベンダー AVAST が開発しているセキュリティソフトで、無料版でも リアルタイムプロテクシ […]