自転車のカセットスプロケット交換とギア比


スプロケットは「ギア」のことで、単に「スプロケット」という場合は「リアスプロケット」を指し、フロントのクランクに付いているギアは「チェーンリング」と呼ばれている。

スプロケットにはギアを一枚一枚組み合わせていく「ボスフリー」と、「カセットスプロケット」という、すでに組み合わせた状態になっているタイプがある。



ギア比

変速する場合、経験則的に「ローギア=軽い=走らない」「トップギア=重い=よく走る」ということが分かっているので、坂道などでは軽く、平坦な道では重くするなど、自分が走りやすいギアをなんとなく選んで走っているのだが、この「なんとなく」を数値で表したものが「ギア比」。

カセットスプロケットには「11 – 28T」や「11 – 32T」があり、クランクセットも同様に「48-38-28T」などの表記がある。

この「11 – 28T」や「48 – 38 -28T」など、「T」で表されているのは「ギアの歯数」で、「11 – 28T」はギアの構成になる。

クランクの場合は「48 – 38 -28T」と全てのギアの歯数が記載されているが、スプロケットは「11 – 28T」とトップとローの歯数のみ場合は多い。

8速カセットスプロケット「SHIMANO CS-HG51-8」には「11 – 28T」「11 – 30T」「11 – 32T」の3タイプがあり、歯数構成は次のようになっている。

11-28T:11-13-15-17-19-21-24-28
11-30T:11-13-15-17-20-23-26-30
11-32T:11-13-15-18-21-24-28-32

ギア比はペダルを1回転させた時の後輪の回転数なので、ギア比が「1」であれば、ペダルを1回転して後輪が1回転することになり、一般的なシティサイクル(ママチャリ)の歯数の構成はフロントが「32T」 、リアが「 14T」が多いらしく、ギア比は「32 ÷ 14 = 2.285」になる。

フロントが28T、リアが32Tの場合は「28 ÷ 32 = 0.875」と、ペダルを1回転させても後輪が1周しないため、鬼漕ぎしても前に進まないものの、ペダルが非常に軽くなる。
ただ、ギアで重要なのはローとトップの歯数ではなく、最も使用頻度が高いミドルギアだったりする。

フロントをアウター(48T)にした場合、3速~6速のギア比は次のようになる。

11-28T:2.28・2.52・2.82・3.20
11-30T:2.08・2.40・2.82・3.20
11-32T:2.00・2.28・2.66・3.20

「11-28T」は滑らかに変速できる反面、1速の変化が少ないが、「11-32T」は1速の変化が激しいため、ロー側にシフトを落とすと急激に軽くなる。

自転車に乗る際は、ケイデンス(1分間のクランク回転数)を一定に保つことが良いとされている。つまり「1分間に何回ペダルを漕いだか」がケイデンスで、同じペースを維持することで身体への負担が軽減されると言われている。

ケイデンスを一定に保つために変速を行うことを考慮すれば、一般的に1速の変化が少ないほうが良いのだが、アップダウンが激しい路面では逆に1速変化を大きくしたほうが脚への負担が軽減される。

ただ、街乗りではケイデンスの維持は難しく、ギア比にしても脚力には個人差があり、乗っていればすぐに慣れるので、それほど数値に固執する必要はないのかも。

工具とパーツ

スプロケットの交換には専用工具が必要。

スプロケット 取り付け・取り外しセット

SHIMANOのロットリング スプロケットの取り付け・取り外しに対応した専用工具。

作業手順

専用工具が物々しいので難しそうだが、スプロケットの交換は意外と簡単。

リアタイヤを外してクイックレバーを外す。

物々しい専用工具で外すのは「ロックリング」というギアを固定ているパーツ。

スプロケットリムーバー(チェーン付きの工具)は、ロックリングを外す際にスプロケットが回転しないようローギア(一番大きなギア)にかける。
ロックリング締め付け工具をスプロケット中央に取り付け、スプロケットリムーバーを右回し、ロックリング締め付け工具を左回しにして、ロックリングを外す。

ロックリングが外れるとスプロケットが引き抜ける。

取り出したスプロケット(左)と交換するスプロケット(右)。

 

ギアははめる位置が決まっており、一箇所だけ溝が広い部分がある。

スプロケットに同様に一箇所だけ大きさの異なる部分があるので、その部分を合わせてスプロケットをはめる。

2速~8速が組み合わさった部分をはめたら、トップギア(11T)を溝に合わせて入れる。

最後にロックリングとかぶせて手で回す。

最後にロックリング締付け工具で締める。

クイックレバーを通したら完成。





メンテナンスとカスタマイズ

自転車のVブレーキ交換と調整

ブレーキは自転車の各パーツの中でも命に関わる重要な箇所で、ブレーキシューは消耗品のため、効き具合の確認や定期的なブレーキシューの交換が必要になる。 ブレーキの種類 自転車のブレーキで一般的なのが「キャリパーブレーキ」と「 … 続きを読む

自転車のフロントディレイラーとシフターの換装と調整

フロントディレイラーの取り替えには、チェーンやクランクの取り外し・取り付け作業が伴い、リアディレイラーと比べると、取り付け位置などが少々厄介。 フロントディレイラーとリアディレイラーを同時に換装する場合、リアディレイラー … 続きを読む

自転車のカセットスプロケット交換とギア比

スプロケットは「ギア」のことで、単に「スプロケット」という場合は「リアスプロケット」を指し、フロントのクランクに付いているギアは「チェーンリング」と呼ばれている。 スプロケットにはギアを一枚一枚組み合わせていく「ボスフリ … 続きを読む

自転車のチェーン交換

自転車のチェーンは使用していると、ピンとピン穴が摩耗して隙間ができ、隙間の分だけ伸びることで、スプロケットの歯とチェーンが上手く噛み合わなくなって歯飛びするようになり、走行のパワーロスだけでなく、その状態が続くと最悪の場 … 続きを読む

自転車のリアディレイラーとシフターの換装と調整

リアディレイラーは後輪の変速装置で、頻繁に取り替えを行うようなパーツではないが、チェーンやワイヤーの伸びなど消耗や経年劣化が原因でギアチェンジに支障をきたすため、定期的な調整は必要だったりする。 リアディレイラーとシフタ … 続きを読む

自転車のボトムブラケット(BB)とクランク交換

BBと表記されることが多い「ボトムブラケット」は、ペダルを漕いだ際に回転する部分で、クランクはBBに固定することになる。 ボトムブラケット(BB)は複数の種類が存在するが、最も一般的なのがクランクの接合部分が四角い「スク … 続きを読む

自転車のタイヤサイズとタイヤ交換

自転車のタイヤ「3000km」か「1年」が交換時期の目安らしく、意外と早いことに驚いた。 タイヤが摩耗していれば分かりやすいのだが、ゴムは温度と湿度、日光などによって劣化していくため、見た目にキレイな状態でも、1年以上放 … 続きを読む

完全ブルホーン化

なんちゃってブルホーンにしたらブレーキに不安が残ったため、フラット側でもバーエンド側でもブレーキをかけることができる、そんな便利で都合の良いブレーキレバーはないものか、と、 ネットで検索していると、意外と簡単に見つかった … 続きを読む

なんちゃってブルホーン化

フラットハンドルは力が入りやすく、ドロップハンドルやブルホーンはロングライドやスピードの点で優っているらしいので、通勤距離が19kmになるのを機に、フラットハンドルからブルホーンバーにしようと思い立ったのだが、いろいろと … 続きを読む

自転車をカスタマイズ

カスタマイズする際のパーツはピンきり。しかもステムやハンドルにはサイズもあり、通販で適当に買うとリスクが高い。ペダルなど専用工具が必要なパーツもある。 アーレンキー(六角レンチ)で簡単に交換できるのはサドルくらい。グリッ … 続きを読む

自転車のメンテナンス

自転車に限らず、メンテナンスというのは結構クセモノで、どこまでするのか微妙なところもあるが、取り敢えず自分の身を守るためにも、安全に走行するできる最低限度の整備は行うべき。 普段のお手入れ 手入れと言っても大層なものでは … 続きを読む

自転車のメンテナンスツールとグッズいろいろ

自転車 メンテナンスの基本ツール

電車と自転車を併用しているためか、我ながら長続きしているチャリ通。 一般のママチャリについては定かではないが、クロスバイクやマウンテンバイクは予想以上にタイヤの空気が減る。 タイヤの他にも自転車はワイヤーなどむき出しのパ … 続きを読む

自転車グッズいろいろ

たかがチャリ通とはいえ、やはり快適さは重要。 便利さや安全性が付加されれば、乗るのも楽しくなるし、カスタマイズすれば愛着も湧いてくる。 見た目と機能性、実用性を備えたアイテムを探すのも意外と楽しかったりする。 手頃な自転 … 続きを読む