Subtitle Edit のインストールと使い方

日本語をサポートした オープンソースの 多機能 字幕作成アプリ

Subtitle Edit は デンマークの Nikolaj Lynge Olssonが開発しているた オープンソースの 字幕作成フリーソフトで、SubRip・Advanced SubStation ( ASS ) のほか Adobe Encore・DVD Studio Pro・TMPGEnc など 300 以上のフォーマットをサポートし、ソースの動画 や 音声を確認しながら 字幕を作成できる。

システム要件

バージョン 3. 6. 10 現在

OS : Windows 10 (1803) / 11
.NET Framework : 4. 8 以降

Windows 10 / 11 は デフォルトで .NET Framework の バージョン4 以降 が 有効になっており、Windows Update の自動更新を有効にしている環境であれば 最新バージョンへ更新されるので インストールは不要。
Windows 8/ 7/ Vista/ XP は Subtitle Edit の バージョン 3. 5. 18 を使用。

ソフトの入手先

GitHub  Subtitle Edit  ダウンロードページ

Subtitle Edit のインストール

Subtitle Edit のインストーラーに アドウェア や スパイウェアは 含まれていない。

Subtitle Edit のダウンロードページから 最新版の Zipファイルをダウンロード。

ダウンロードした Zipファイルを選択し、コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から すべて展開 で解凍後、フォルダの中に格納されているインストーラーを起動。

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Microsoft Defender でブロックされた場合は 詳細情報 から「 実行 」を選択。

言語設定で 日本語 を選択して「 OK 」。

使用許諾書に問題なければ「 同意する 」にチェックを入れて「 次へ 」。

インストール先にこだわりがなければ デフォルト設定で「 次へ 」。

インストールするコンポーネントもデフォルトのまま「 次へ 」。

スタートメニューフォルダーの指定 もデフォルト設定で「 次へ 」。

SubRip ASSなどの字幕ファイル を Subtitle Edit で開くようにする場合は、その他一般的な字幕ファイルを Subtitle Edit に関連付けるにチェックを入れて「 インストール 」。

インストールが完了すると 更新情報が表示されるので「 次へ 」。

「 完了 」でセットアップ完了。

日本語化

初回起動時は英語表記になっているので 使用言語を 日本語に変更する。

メニューバーの Options から Choose language を選択し、言語リストから 日本語 を指定。

ビデオプレーヤーの設定

Subtitle Edit は DirectShow を使用したビデオプレーヤーを実装しているので 動画を再生しながら 字幕を作成できるが、使用する場合は DirectShow 用のフィルターセット LAVFilters のインストール が必要で、公式サイトでは MPV の使用を推奨している。

MPV の使用

MPV はコマンドラインで動作するオープンソースのメディアプレーヤーで、Subtitle Edit から 1 クリックで セットアップできる。

メニューバーの オプション から 設定 を選択。

左サイドバーの ビデオプレーヤーを選択して、ビデオエンジン の項目で「 Download mpv lib 」をクリックすると、MPV をダウンロードして利用可能な状態になる。

マルチウインドウモード

Subtitle Edit はデフォルトで プレビュー や 波形が ドッキングした シングルウィンドウモードになっているが、テキストボックス・波形・プレビュー・コントローラー が分離した マルチウインドウモードに切り替えることができる。

マルチウインドウモードへの切り替えは メニューバーの ビデオ から ビデオコントロールのドッキング解除 を選択。

デュアルモニタなどの環境では マルチウィンドウモードが操作しやすい。

Subtitle Edit の使い方

動画に字幕を付ける作業は、字幕の表示時間 と 表示するテキスト入力 の繰り返しで、作成した字幕は 画像 として 表示されるため、使用するフォントの視認性 や 字幕の表示時間 と 表示するテキストの長さなど 見やすさ に留意する。

字幕を付ける動画ファイルは 動画のプレビュー音声の波形リストビュー ( 字幕テキストの入力箇所 ) に ドラッグ して追加するか、メニューバーの ビデオ から ビデオファイルを開く で ファイルを指定。

動画ファイルを読み込んだ後 波形が表示されない場合は 波形を追加する をクリック。

オーディトラックがない動画で 波形を追加する をクリックすると、空の波形を生成する ダイアログが表示されるので「 はい 」を選択。

フォーマット で 出力する字幕フォーマットを選択。

汎用性が高いのは SubRip ( .srt )・Advanced Sub Station Alpha ( .ass )・Sub Station Alpha ( .ssa ) 。
エンコード は自動検出されるので変更は不要。

波形上でカーソルをドラッグすると 選択した範囲が反転するので、字幕を表示させる部分を指定する。

範囲を指定した状態で コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から ここにテキストを追加 を選択。

リストビューに 波形で設定した範囲が反映されるので、リストの下にある テキスト の箇所で 表示する字幕を入力。

入力した字幕はリアルタイムでプレビューに反映される。

テキストボックスの右上には 1 秒間に表示する文字数 が表示される。

1 秒間に表示する字幕 は 25文字以内 が目安。

リストビューのテキストボックス内で 改行すると <br /> タグが追加され、改行が反映される。

字幕に 表示されるのは2行目 までなので 改行できるのは 1 回。

自動改行 は 改行が必要な文字数を超えた場合に テキスト内の スペース部分 で改行する機能。

句読点では改行されないので テキスト入力時の改行を推奨。

現在を再生 で 作成した字幕をプレビューできる。

プレビューは 自動繰り返し が有効になっており、デフォルトで 3回 リピート再生されるので、リピートが不要であれば  自動繰り返し のチェックを外す。

テキストの直前から再生 では 字幕 が表示されるタイミングを確認できる。

フォントの変更 や 太文字・斜体・文字色などの 文字装飾は、テキストボックスで ごとに設定が必要で、設定する 行 を選択して コンテキストメニューから 任意の項目を変更。

フォントスタイルなど 全ての行を変更する際は Ctrl + A  で リストビューの テキストを 全選択してから変更。
Advanced Sub Station Alpha / Sub Station Alpha のフォントスタイル

出力フォーマットに Advanced Sub Station Alpha ( .ass ) / Sub Station Alpha ( .ssa ) を使用する場合は フォントスタイルを設定できる。

字幕フォーマットに Advanced Sub Station Alpha ( .ass ) や Sub Station Alpha ( .ssa ) を設定すると、メニューバーの ファイルスタイル が表示され、使用するフォント や 文字装飾を一括して設定できる。

出力

字幕が完成したら メニューバーの ファイル から 名前を付けて保存 を選択し、任意の場所に保存すれば 出力フォーマットで指定したファイル形式で 字幕ファイルが生成される。

ファイル名に 漢字・ひらがな・カタカナを使用すると 他のアプリケーションで 字幕ファイルを取り込む際に エラーが発生する可能性が高いため、ファイル名は 半角英数字の使用を推奨

バイナリー形式などで出力する場合は 名前を付けて保存 ではなく、ファイルエクスポート から任意の形式を選択。

出力した字幕ファイルは HandBrakeAvidemux などで動画と合成できるが、フォントの変更 や カラー設定をしている場合は コンテナファイルに格納すると設定が反映されないため 焼付け ( レンダリング ) で行う必要がある。

調整 – 字幕と動画の ズレ を修正

字幕が動画とズレている場合は 後から修正できる。

作成した字幕だけではなく 外部から入手した字幕の補正も可能だが、動画ファイルに格納されている 字幕の編集は不可。

動画に対して 字幕が 全体的に 早い または 遅い 場合は、メニューバーの 同期 から すべての時間の調整 ( 早く/遅くする )を選択。

すべての行 が選択されている状態で 補正する時間を設定し、「 早くする 」または「 遅くする 」をクリックすると リストが一括で修正される。

動画の途中から字幕にズレが生じている場合は、ズレが生じている 最初の 行 を選択した状態でコンテキストメニューの Selected lines から 選択された行を早く/遅くする を選択。

選択された行以降 にチェックを入れて 補正する時間を設定。

選択した行のみ補正する場合は 選択された行のみ にチェックを入れて修正する。
視覚同期

視覚同期 は 既存の字幕ファイル と 動画を同期させる機能で、字幕の最初 と 最後の行 を 動画に合わせてから 同期する。

視覚同期 は 使用する字幕が動画に合致していることが前提で、1行でも抜けていたり 表示時間が違っていると セリフと字幕が合致しない。

視覚同期は メニューバーの 同期 から 視覚同期 を選択し、始点 と 終点 を設定後「 同期 」で実行。

OCRを使用した字幕のインポート

Subtitle Edit は OCR 機能も実装しており、DVD-Video に含まれている IFOファイルを読み込んで 字幕ファイルを作成することができる。

IFOファイルを取り込む場合は、メニューバーの ファイル から ImportVOB/ IFO(DVD)から字幕をインポート を選択。

DVD-Video に含まれる IFO ファイルを指定すると 自動的に VOB ファイルも認識するので、言語 から抽出する字幕の言語を選択して「 抽出の開始 」をクリック。

コピーガードで保護されている DVD は 抽出不可。

抽出完了後に 言語選択画面が表示されるので 日本語 を選択して「 OK 」。

「 OCR の開始 」で OCR を実行。

文字として認識した部分が 1文字ずつ表示されるので、選択された文字を テキストとしての文字 の欄に入力し、表示が斜体の場合は 斜体 にチェックを入れて「 OK 」で確定の作業を繰り返す。

作業は 1 文字に対して 1 回必要で、英語の場合だと基本の26文字に数字が10文字の合わせて36文字、斜体・コロン・カンマ・疑問符・感嘆符・特殊文字などの記号を合わせても 最大100文字程度で済むのだが、日本語は ひらがな だけでも濁音などを加えると 80文字あり、カタカナ・漢字・アルファベットも組み合わさってくるので 途方も無い入力作業になるため 現実的ではない。

自動翻訳

Subtitle Edit は Google Translate を使用した 自動翻訳機能 も実装しており、制限付きであれば 無料で利用できる。

翻訳前のテキストに フォント や 文字装飾が設定されていると 翻訳時に タグの並びが変わるため、翻訳する際は 全ての文字設定を解除してから実行する。

文字設定を解除する場合は リストビュー で 全て選択後、 コンテキストメニューの 整形タグを削除 から すべての整形タグを削除 を指定。

メニューバーの 自動翻訳 から Auto-translateを選択。

Google 翻訳 の画面が開くので 翻訳元翻訳先 の言語を指定して「 翻訳 」をクリック。

 API キーに関するメッセージがでるので「 OK 」で進める。

自動翻訳が完了したら「 OK 」をクリック。

リストビューに 翻訳前翻訳後 のテキストが表示され、 字幕は 翻訳後 のテキストに置き換わる。

自動翻訳なので簡単な文章は 違和感なく翻訳できるが セリフなどは 修正が必要。

関連記事

Adobe Premiere Rush のインストールと使い方

基本編集 と フィルタ・トランジション などが無料で利用できる Adobe の動画編集アプリ Adobe Premiere Rush は 米国のソフトウェアベンダー  Adobe Inc が展開している タイムライン編集 […]

Avidemux のインストールと使い方

動画のカット編集が無劣化で行えるオープンソースの無料 動画編集ソフト Avidemux は フランスの Mean 氏 がオープンソースで開発している ノンリニア編集の無料動画エディタで、動画のカット編集 と 音ズレの補正 […]

DVDFab Enlarger AI のインストールと使い方

ディープラーニングによって鮮明なアップスケーリングを実現するモジュール DVDFab Enlarger AI は 中国のソフトウェアベンダー  DVDFab Software ( 旧 Fengtao Software ) […]

iMyfone Filme のインストールと使い方

豊富なエフェクトを利用できる タイムライン編集が可能な 簡単操作の動画編集アプリ iMyfone Filme は 中国のソフトウェアベンダー Shenzhen iMyFone Technology が開発している リーズ […]

AviUtl のインストールと使い方

タイムライン編集が可能な無料動画編集ソフトの定番 AviUtl は KENくん 氏が開発している 無料の動画ソフトで、多くのプラグインが公開されており、 Microsoft が開発した VFW ( Video for W […]