Android版 Turbo VPNの設定と使い方


インバウンドの増加を促進するため、様々な場所で増えているのがWiFiのフリースポット。
モバイル通信は契約プランによって通信量に上限があるので、少なめのデータ量プランであれば、フリースポットは確かに便利。
ただ、よく耳にするのが安全性の問題で、接続にロックがかかっていないため、誰でも使える反面、接続状態であれば悪意のある第三者に通信内容が傍受され、場合によっては個人情報を抜かれる可能性がある。



シマンテックが発表した2017年度の「ノートン Wi-Fi リスクレポート」ではフリースポットの利用状況が記載されており、なんと国内でも70%以上の人がフリースポットでリスクのある行動をとっている実態が明らかになった。

ノートン Wi-Fi リスクレポート(PDF)

スマホやタブレットの場合は「ブラウザ」ではなく「アプリ」を使用しているケースが多いが、専用アプリの通信が暗号化されている保証はなく、アプリの説明にも記載がないため、専用アプリだから安全というわけではない。

日本の高級ホテルが提供しているフリーWi-Fiが標的になり、宿泊している企業の幹部や政府の要人などがWiFiを利用した際、接続したPCが産業スパイにハッキングされているのは有名な話。

盗まれるような極秘情報を持っていなくても、クレジットカード情報やSNSなどのログイン情報を盗まれると、身に覚えのない買い物の請求が来たり、SNSが乗っ取られたり、クラウドに保存している写真が流出したりと、ろくな目に合わないので用心に越したことはない。

最も安全なのはフリースポットを使用しないこと。
ただ、それでは身も蓋も無いので、無料で対策できる手段として「VPN接続」がある。

VPNとは

最も安全な通信環境は「専用線」を引くとこで、大雑把に例えるなら「糸電話」のように、拠点から拠点までをつなぐため、維持費や設置費用などが半端なく高い。
専用線に対して、現在普及しているインターネットは「公衆網」で、「線」から「網」になっているように、蜘蛛の巣のように広がった線を利用し、相手を指定して接続する方法になる。
公衆網は不特定多数の人が利用しているため、専用線に比べると盗聴や傍受といったリスクが高く、「https」など暗号化されたセキュアな接続でなければ、簡単に通信内容を盗まれてしまうリスクがある。

セキュアな接続はサイト側の設定が必要で、アクセスするユーザー側での操作や選択はできないが、VPNを利用することでユーザー側で接続を暗号化することが可能になる。

VPNとは「仮想プライベートネットワーク(Virtual Private Network)」のことで、公衆網に仮想の専用線を引く技術。
アクセスする際に暗号化というトンネルを作って、まずVPNサーバにアクセスし、そこから目的の接続先へアクセスするので、通信内容を傍受されるリスクが大幅に低減される。

Turbo VPNは無料でVPN接続を確立できるアプリ。
日本語をサポートしており、「無料」での使用を前提にすると、同類アプリの中では広告の表示回数が少なく、使い勝手が比較的良い。
ただし、中国では使用できないらしい。

システム要件

バージョン2.2.3現在

Android4.0.3以上

必要権限

端末とアプリの履歴
実行中のアプリの取得
この端末上のアカウントの検索
端末のステータスと ID の読み取り
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
Wi-Fi 接続の表示
インターネットからデータを受信する
ネットワーク接続の表示
ネットワークへのフルアクセス
端末のスリープの無効化

ソフトの入手先

Google Playストア

Turbo VPNのインストール

Playストアから「インストール」をタップするだけ。

インストール時にアクセス権限が表示されるので「同意する」をタップ。

Turbo VPNの設定

無料バージョンのTurbo VPNは接続時や切断時など、Turbo VPNにアクセスした時点で広告が表示されるが、ブラウザの起動時などに広告が挿入されることはない。

接続先のVPNサーバはデフォルトで「最適なサーバを選択する」になっているが、任意の国に変更することも可能。
ただし、無料バージョンではロケーションに国内サーバは無い。

※Googleの通信管理アプリ「Datally」が起動している状態ではTurbo VPNが接続できない(ロックを解除してもリトライを繰り返す)ので、Turbo VPNの利用時はDatallyをOFFにする。

Turbo VPNを起動すると、まず広告が表示され、しばらくすると「タップして接続する」という画面が表示される。

「接続リクエスト」が表示されるので「OK」をタップ。

ウサギが走り始め、「最適」なサーバへ接続中。

接続が完了するとウサギが横になるので、接続を維持する場合は「ホーム」ボタンを押して、Turbo VPNをバックグラウンドにする。

接続先のサーバは自動的に選択されるが、指定する場合は右上の地球アイコンをタップ。

このアイコンは接続時に、接続先の国旗アイコンに変化する。

接続先の指定は任意の国をタップする。

Turbo VPNが有効になっている場合は、ステータスバーに鍵アイコンが表示され、左の寝ているウサギをドラッグすると現在までの通信容量を確認できる。

この状態でVPN接続が確立されているので、後は通常通り、ブラウジングや動画視聴、ゲームなどを楽しめる。
ただ、VPNで暗号化されているとは言え、フリーWi-Fi環境でのクレジットカードの利用やネットショッピングなどは控えるべき。

ステータスバーに表示されるウサギを非表示にしたり、Turbo VPNの起動と同時に自動接続させる場合は、左上にあるメニューアイコンをタップして「設定」を選択。

ステータスバーのウサギを非表示にする場合は「お知らせ」をオフに。
Turbo VPNの起動時に自動接続する場合は「Turbo VPNの起動時に接続する」をオンにする。

VPN接続を切断する場合は、Turbo VPNを開いて「✕」をタップすると、広告付きの「切断しますか?」というメッセージが出るので、「切断する」をタップ。

通信速度のテスト

VPN接続をした場合、通信速度がどれほど変化するのか試してみた。

保護されたWiFiに接続した状態。

速度に関しては接続する度に変化するが、多少なりとも低下する速度が、セキュアな接続の代償になる。

無料バージョンの場合は、常時VPN接続にせずとも、リスキーなフリースポットのみで使用するなど、臨機応変に使用すればよいかと思うが、無料Wi-Fiへの接続時には要注意。






Android版 ユーティリティアプリ

Android版 DVDFab Remoteの使い方

DVDFabからは2つのAndroidアプリがリリースされており、1つはDVDFabから発売されているハードウェア「ムービーサーバー」用の「DVDFab MS Remote」と、PCで動作しているDVDFabの監視ができ … 続きを読む

Android版 Launcher3のインストール

ホームランチャーはシンプルなのが好みで、Nexus5以降は「Google Nowランチャー」を愛用していたのだが、「Android 4.1(Jelly Bean)以降搭載のすべての端末で利用できます。」と謳っておきながら … 続きを読む

Android版 Turbo VPNの設定と使い方

インバウンドの増加を促進するため、様々な場所で増えているのがWiFiのフリースポット。 モバイル通信は契約プランによって通信量に上限があるので、少なめのデータ量プランであれば、フリースポットは確かに便利。 ただ、よく耳に … 続きを読む

Android版 Wake On Lanの設定と使い方

Wake On Lan(WOL)はスリープ状態にあるパソコンに対して、マジックパケットと呼ばれる信号を送信して起動させる仕組みのこと。 同一ネットワーク上にあるPCを遠隔操作で起動させたり、遠隔地にあるPCを起動させるこ … 続きを読む

Android版 CPU-Zの使い方

デバイス情報を表示する定番フリーソフトCPU-Z。 自作PCのユーザーにはお馴染みのアプリだが、Android版もリリースされている。 Android版も基本的に無料だが、広告が不定期に全画面で表示され、有料版(197円 … 続きを読む