スポンサーリンク

IObit アプリの使用リスクについて

スポンサーリンク

IObit が批判される理由とアプリの危険性

IObit は システムユーティリティと セキュリティソフト を開発している 中国のソフトウェアベンダーで、悪評が多い一方、IObit Uninstaller など 高評価を得ているアプリも存在する。

iobit-software-001

公式サイトでは 拠点が 米国 サンフランシスコの チャイナ・ベイシンになっているが  2004年に中国 上海で設立。

ブラウザハイジャッカー IObit Apps Toolbar

IObit 製品の インストーラーには ブラウザハイジャッカー IObit Apps Toolbar がバンドルされていた時期があり、インストールすると「 ホームページの変更 」「 検索エンジンの変更 」「 潜在的なリスクのある 広告ページへのリダイレクト 」などが行われるほか、検索したキーワード や アクセスしたサイトなどのデータ収集を行う スパイウェアの性質も備えていた。
 IObit Apps Toolbar は セキュリティアプリで PUP / SUS ( 不審なプログラム ) や アドウェア としてブロックされ 現在は配布されていない。

iobit-software-002

Windows XP 全盛時は レジストリの肥大化 や インターネットキャッシュ , システムの一時ファイル などで PC のパフォーマンスが 大きく低下するため システムメンテナンスユーティリティソフトは人気があり、AdvancedSystemCare をインストールして 「 IObit Apps Toolbar 」に悩まされた ユーザーは少なくない。

Malware Fighter – Malwarebytes との確執

2009年 11月 米国のセキュリティベンダー Malwarebytes は 自社の セキュリティソフト「 Anti-Malware 」のデータベース定義を IOBit が盗んでいると告発。

IOBit Steals Malwarebytes’ Intellectual Property

Malwarebytes は 盗用されていることを証明するために「 Anti-Malware 」のデータベースに「 Rogue.AVCleanSweepPro 」という ダミーの定義を追加。
本来 存在しないはずの マルウェア を IOBit の「 Malware Fighter 」は 2週間以内に 同名で検出するようになった。

IObit は 事実を認めなかったが 最終的に 「 Malware Fighter 」のデータベースから 全体の 7 割 を占めていた「 Anti-Malware 」の定義を削除。

iobit-software-004

VirusTotal で「 IObit Malware Fighter 」のインストーラーを スキャンすると「 Dr.Web 」「 eGambit 」「 GData 」でも PUP として検出される。

iobit-software-007

VirusTotal では検出しないが Malwarebytes の「 Anti-Malware 」も すべての IObit 製品を「 不審なプログラム ( PUP ) 」として インストールをブロックする。

iobit-software-010

無料で利用できる「 IObit Malware Fighter Free ( バージョン 8 )」は ユーザーの不安を煽る ローグウェア のような表示はないが、他のセキュリティソフトが ブロックするようなプログラムをスルーする。

有料版 の「 IObit Malware Fighter Pro」は ルーマニア の セキュリティベンダー「 BitDefender 」が開発している スキャンエンジンを使用しているが 本家の「 BitDefender 」とは実装の方法が異なり、 AV-Comparatives や AV-TEST のような 独立したテストラボ にも提供されていないため  セキュリティソフトとしての信頼性は低い。

IObit Malware Fighter 公式サイト

AdvancedSystemCare

IObit の主力製品 で IObit Apps Toolbar の 媒介にもなった システムメンテナンス アプリ「 AdvancedSystemCare 」は 安全性を疑問視する見方もあるが、同種のアプリは 不要と思われるファイル や レジストリの削除を行うため 使用にはリスクがあり「 AdvancedSystemCare 」だけが特別危険なわけではない。

iobit-software-008

ローグウェアの多くは 警告を表示するだけで 実質的な処理を行わないが 「 AdvancedSystemCare ( バージョン 14 ) 」は 指定した設定に基づいて処理を行っている。

機能制限がある無料版でもスキャンは攻め気味で、他のシステムメンテナンスアプリでは検出されないようなアプリのログファイルなども削除対象になる。

iobit-software-009

無料版で 使用できる モジュールの一部は ダウンロードが必要で「 IObit Uninstaller 」「 Driver Booster 」など IObit の他のアプリケーションも表記してインストールを誘導している。

IObit の製品は 使用許諾書 で インストール時に 進捗状況を非表示にする サイレントインストール を許可しているため 「 IObit Uninstaller 」「 Driver Booster 」など 他の IObit アプリをクリックしても セットアップ画面は表示されない。
現バージョン ( v14 ) では見られないが 旧バージョンでは IObit の関連アプリを ユーザーの許可なく 自動でインストールする「 ダウンローダー型トロイの木馬 」と似たような挙動をする時期があった。

iobit-software-011

「 AdvancedSystemCare 」のインストーラーは「 AVG 」「 Dr.Web 」「 eGambit 」「 GData 」でも PUP として検出され、Malwarebytes は「 不審なプログラム ( PUP ) 」として インストールをブロックする。

IObit AdvancedSystemCare 公式サイト

IObit Uninstaller

IObit Uninstaller は 分かりやすいユーザーインターフェイス で IObit 製品の中でも評価が高く 無料版でも十分に機能する。

iobit-software-0111

AdvancedSystemCare と同じく スキャンは攻め気味で Revo Uninstaller で 除外されているファイルも削除対象になる。

iobit-software-011

「 IObit Uninstaller 」のインストーラーは「 Dr.Web 」「 Sophos 」「 Malwarebytes 」で PUP / PUA として検出される。

IObit Uninstaller 公式サイト

iTOP VPN

iTOP は IObit のパートナー企業で 現在「 IObit Uninstaller 」などの インストーラーには iTOP の製品がバンドルされている。

IObit-012

オプトアウトは可能だが デフォルトでインストールが有効になっている。

 

ReiBoot-015

iTOP VPN がインストールされると デスクトップ ウィジェットに「 あなたは公開されています! 」とIPアドレス が表示されるが、これは 取得した IP を晒しているだけで iTOP VPN 以外の VPN に接続して匿名化していても「 あなたは公開されています! 」と表示される。

IObit-017

多少の癖があっても VPN として機能していれば良いのだが、iTOP VPN で イギリスのサーバに接続したところ DNS 漏れで IPアドレスは 匿名化できていなかった。

IOBit / iTOP のアンインストール

IOBit / iTOP 製品のアンインストール は Windows の「 プログラムと機能 」から実行できるが、レジストリ や ProgramData フォルダなどに ファイルが残るので Revo Uninstaller などのアンインストーラーの利用を推奨。

IObit-016

revouninstaller-icon

Revo Uninstaller のインストールと使い方

アンインストール後に残ったファイルを検出して削除する 人気のアンインストール支援アプリ Revo Uninstaller は ブルガリア のソフトウェアベンダー VS Revo Group が開発している アンインストー […]

有料の Revo Uninstaller Pro 版 では Windows の「 プログラムと機能 」を実行していても「 強制的にアンインストール 」で iTOP VPN や IObit Uninstaller とアプリ名 を入力して 残存ファイルを 強制的に削除する事も可能。

IObit 製品の評価

近年はインストーラーにアドウェア や スパイウェアが含まれていると セキュリティアプリがブロックするため 以前のようなビジネスモデルが通用しなくなったこともあり、現在の IObit 製品 については アプリの性質による使用リスクが存在する程度で マルウェアと断じるほどの 脅威は存在しない。

IObit の製品は「 過去に何度も食中毒を起こしている飲食店がリニューアル 」したようなもので、過去の実績が不安要素になっている部分はあるが、IObit の製品を使用する理由はなく 使用を避ける理由は多いというのが現状。

関連記事

Reports-icon

セキュリティとプライバシーを保護する VPNの設定方法

VPN サービス を利用するメリット と 設定 VPN サービスを利用すると  安全な通信 ・ 通信内容の秘匿化 ・ 通信の匿名化 の メリットがもたらされるほか、接続サーバを指定することで 接続元の位置情報 を偽装 で […]

virtualbox_icon

Oracle VirtualBox で Windows 11 を使用する方法

セキュアブート・TPM2.0 未サポートの VirtualBox に Windows 11 をインストール Oracle VM VirtualBox は セキュアブート と TPM2.0 が未サポートのため Window […]

Leawo-co-icon

Leawo 製品の購入 と ライセンスコードの登録方法

 Leawo の セール 情報 と 購入手順・ライセンス 登録方法を紹介 Leawo は 中国深センに拠点があるソフトウェアベンダー Moyea Software が開発している マルチメディアツールのブランドで、中国国 […]

Reports-icon

動画ストリーミングサービスの動画を保存する方法

Amazonプライムビデオ や Netflix のコンテンツを動画ファイルに保存する方法 Amazonプライムビデオ や Netflix などの動画ストリーミングサイトを利用してると、後で観るつもりだったタイトルが 消え […]

protonmail-icon

ProtonMail Bridge for Windows のインストールと設定

メールクライアントアプリ で ProtonMail の送受信を可能にする 機能拡張ツール ProtonMail Bridge for Windows は ProtonMail の 有料プランを契約しているユーザーに提供さ […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レポート
Easy Innovation Zone
タイトルとURLをコピーしました