スポンサーリンク

AnyDesk for Windows のインストールと使い方

スポンサーリンク

リモートサポート や 無人PCのリモート操作、共同作業も可能な 無償のリモートデスクトップアプリ

AnyDesk はドイツのソフトウェアベンダー AnyDesk Software GmbH が開発している マルチプラットフォームのリモートデスクトップアプリで、シンプルで操作性がよく インストールせずに利用することも可能なほか、同一ネットワーク上にある デバイスだけでなく 外部ネットワークからの接続による リモート操作も 無償で使用できる。

Android 版 AnyDesk のセットアップについては下記参照
anydesk-logo

AnyDesk for Android の使い方

外部ネットワークからの接続も無償で利用できる リモート操作 アプリ AnyDesk はドイツのソフトウェアベンダー AnyDesk Software GmbH が開発している マルチプラットフォームのリモートデスクトップ […]

Wake On LAN の設定

遠隔地 から シャットダウン や スリープ状態の パソコン に接続する場合は 事前に パソコンを遠隔起動させる Wake on LAN ( WOL ) の設定が必要になる。

WOL は NIC ( ネットワークカード ) が実装している機能で NIC に割り振られている 物理アドレス や MACアドレス , ノードID と呼ばれる 固有の識別番号 宛に マジックパケット という信号を送信してパソコンを起動させる仕組み。
Wake On LAN の 詳細は下記参照。
dvd-shrink0011

Windows10 / Windows11 の Wake On Lan (WOL)設定

遠隔操作で Windows を起動させるための Wake On LAN 設定 Wake On LAN (WOL)は ネットワークアダプタ ( NIC ) が実装している機能で、マジックパケットと呼ばれる信号を NIC に […]

システム要件

バージョン 7. 0. 2 現在

OS : Windows XP ( SP2 ) /  7 / 8.1  / 10
CPU : 2コア以上
RAM : 1 GB 以上 ( 2 GB 以上推奨 )
グラフィックス : 32 MB 以上のビデオメモリを搭載した Direct3D もしくは DirectDraw 対応

リモート接続時のレンダリング(受信データの描画)はグラフィックカードの性能に依存するため、ハードウェアアクセラレーションをサポートしたグラボ推奨 。
Windows 11 でも動作するが 不安定になる機能がある。

ソフトの入手先

AnyDesk 公式ダウンロードページ

AnyDesk for Windows のインストール

AnyDesk はインストールせずに利用できる スタンドアロンアプリで、アプリ内にインストール機能を実装している。

インストール版 のメリット
・インストール版は Windows 起動時に自動実行されるので WOL で無人アクセスが可能。
・ PC をリモートで再起動後に AnyDesk へ再接続が可能。
・UAC ( ユーザーアカウント制御 ) のダイアログが表示されるアプリを利用できる。
WOL で無人アクセスする場合は 接続先のデバイスに AnyDesk のインストールが必須。

AnyDesk-for-Windows-001

AnyDesk のダウンロードページで Windows を選択後「 今すぐダウンロード 」をクリックしてアプリをダウンロード。

AnyDesk-for-Windows-002

ダウンロードした AnyDesk を起動して AnyDesk をインストールする にある このデバイスに AnyDesk をインストールする をクリック。

AnyDesk-for-Windows-003

デフォルト設定で「 同意してインストールする 」をクリック。

デスクトップショートカット作成 や インストール先を変更する場合は任意で編集。

AnyDesk-for-Windows-004

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

AnyDesk-for-Windows-005

リモート先からプリンタが使用可能になる プリンタードライバのインストールを求められるので「 インストール 」。

AnyDesk-for-Windows-006

インストールが完了したら ウエルカム画面が表示されるので「 Get started 」で ホーム画面に移動する。

AnyDesk-for-Windows-007

AnyDesk のホーム画面には サードパーティ製アプリの広告 や ニュース などが表示されるので、閉じる ボタンがあるカードは すべて閉じる。

無人アクセス

AnyDesk は デフォルト設定で 無人アクセス が無効になっているため、Wake on LAN を使用して 遠隔地から無人のデバイスをリモート操作する場合は 無人アクセス を有効にする。

AnyDesk-for-Windows-009

ホーム画面の ハンバーガーボタンから 設定 を選択。

AnyDesk-for-Windows-010

左サイドバーの セキュリティ を選択して セキュリティ設定を解除しています をクリック。

AnyDesk-for-Windows-004

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

AnyDesk-for-Windows-011

Permission Profile にある 無人アクセスを許可する にチェックを入れて有効にする。

AnyDesk-for-Windows-012

パスワードを設定して「 適用 」。

AnyDesk-for-Windows-014

無人アクセス時 に 付与する権限を変更する場合は 編集する。

アクセス制限

アクセス制限 は 不正アクセスの防止対策として AnyDesk アドレス を使用して アクセス可能なデバイスを指定する。

AnyDesk-for-Windows-017

アクセス制限デバイスへのアクセスを以下のデスクに制限します を有効にして AnyDesk アドレスエイリアス を入力。

アクセス制限を有効にすると AnyDesk アドレス と パスワードが漏洩しても セッションを確立できるのは アクセス制限に追加したデバイスのみになる。

音声

AnyDesk は デフォルトで 接続先のデバイスで 音声の出力が有効になっている。

 

AnyDesk-for-Windows-018

無人アクセス時など 音声の出力が不要な場合は 左サイドバーから 音声 を選択して 再生 の項目を 非アクティブ化 に設定。

AnyDesk for Windows の使い方

AnyDesk は アプリの起動時に発行される 9 桁の AnyDesk アドレス を使用してセッションを確立し、 ローカルネットワーク上で  AnyDesk アドレス を検出すると自動的に デバイスが追加される。

AnyDesk-for-Windows-016

このワークスペース に表示されているのが  一意なデバイス固有の AnyDesk アドレス。

AnyDesk-for-Windows-019

ローカルネットワーク上で AnyDesk アドレスを検出すると自動的にデバイスが追加される。

エイリアスの設定

AnyDesk アドレスは 識別しやすいよう エイリアス ( 別名 ) を設定できる。

AnyDesk-for-Windows-020

エイリアスを設定する場合は 設定 の  ユーザーインターフェース にある エイリアスの選択 をクリック。

AnyDesk-for-Windows-021

利用可能な文字列を入力して「 登録 」。

エイリアスに使用できる名前は AnyDesk アドレス と同じく オンリーワンなので 取得されている 名前 は使用できない。
デフォルトで コンピュータ名 が表示されている。

AnyDesk-for-Windows-022

エイリアスを登録すると AnyDesk アドレスの 下に表示される。

リモート接続

AnyDesk は マルチプラットフォームなので AnyDesk アドレス を取得しているデバイスであれば、ローカルネットワークだけでなく 外部ネットワークからも セッションを確立できる。

セッションを確立するためには デバイスが起動しており、デバイスを直接操作するか AnyDesk で無人アクセスを有効にしておく必要がある。

AnyDesk-for-Windows-023

上部のアドレスバー に 接続先 の AnyDesk アドレスか エイリアスを入力するか、自動で追加されたローカルネットワーク内の デバイスをダブルクリック。

ローカルネットワークから検出されたデバイスでも 外部ネットワークからアクセスできる。

AnyDesk-for-Windows-024

接続先のデバイスが 無人アクセス を設定していない場合は 接続を確立する… というダイアログが表示され、接続先のデバイスで接続が 承認 されると セッションが確立する。

AnyDesk-for-Windows-025

接続先のデバイスが 無人アクセス を許可している場合は パスワードを入力して接続。

AnyDesk-for-Windows-027

セッションが確立されると タブに  AnyDesk アドレスエイリアス が表示され、タブを閉じると セッションが終了する。

Wake on LAN

AnyDesk は Wake on LAN をサポートしているので、接続先のデバイスで Wake on LAN  と 不在アクセスが設定できていれば、遠隔地から AnyDesk でデバイスを起動してアクセスできる。

AnyDesk-for-Windows-026

起動していないデバイスに接続すると ダイアログが表示され「 電源オン 」をクリックすると、 Wake on LAN と 無人アクセスを設定しているデバイスは 起動後に パスワードの入力ダイアログが表示される。

接続先のデバイス

接続先のデバイス が Windows の場合は 接続の可否 を求めるウインドウが表示されるので 接続する場合は「 承認 」。

AnyDesk-for-Android-020

パーミッションには 接続を要求しているデバイスに付与する権限が表示されている。

主なパーミッション
・キーボードとマウスの使用
・クリップボードの使用
・ファイルマネージャーの使用
・音声を再生
・デスクトップへの描画
・プライバシーモード ( 無人PC 接続時のみ利用可能 )

AnyDesk-033-1

接続先が Android の場合は 物々しい 警告画面が表示される。

AnyDesk-034-1

リスクの認識警告の非表示 にチェックを入れて 承認する をタップ後、着信接続リクエストのダイアログで 承諾 し、キャストの開始 を許可すると セッションが確立する。

リモート操作

接続先のデバイスは マウス と キーボード で 操作でき、マルチモニタ環境 や デバイスの再起動、ファイル転送など 特殊な操作のみ アイコンメニューを使用する。

表示設定

アイコンメニューの 表示設定 では 接続先デバイスの 表示領域 や 表示倍率などを変更できる。

AnyDesk-for-Windows-029

マルチモニタ環境の場合に表示するモニタの切替 や 作業領域の表示倍率を指定。

全画面モード では AnyDesk のメニューも非表示になり、画面中央の上部にマウスオーバーすると モニタ切り替えや 画面サイズを元に戻す などのメニューが表示される。

AnyDesk-for-Windows-028

モニタ環境の場合は 数字の入ったモニタアイコン でも切替が可能。

ファイル転送

ファイル転送 は セッションを確立しているデバイス間で ファイルの送受信を行う。

AnyDesk-for-Windows-030

ファイルの送受信を行う場合は アイコンメニューから ファイル転送 を選択。

ファイル転送画面を終了する場合は 数字の入ったモニタアイコン をクリック。

AnyDesk-for-Windows-032

ファイルの転送画面は 左ペインが接続元 / 右ペインが接続先 のドキュメントフォルダが デフォルトで表示され、任意のフォルダ / ファイル を選択後に 接続元から接続先へは アップロード、接続先から接続元へは ダウンロード で ファイルを転送する。

ファイル / フォルダ の削除 や 新規フォルダの作成 も可能。

AnyDesk-for-Windows-036

AnyDesk アドレスを入力して ファイル転送 アイコンをクリックすると、リモート操作の権限を与えずに ファイル転送を行うこともできる。

スクリーンショットの撮影

スクリーンショットは 接続先 デバイス のスクリーンショットを 接続元の Pictures フォルダに保存する機能。

AnyDesk-for-Windows-033

スクリーンショットを保存する場合は 操作 アイコンから スクリーンショットを撮る を選択。

スクリーンショットの保存先は 設定プライバシー にある スクリーンショット用ディレクトリ で変更できる。
コンピュータ の再起動

コンピュータを再起動する は 接続先のデバイス を再起動し、PC が起動すると 自動的に AnyDesk のセッションが確立する。

AnyDesk-for-Windows-034

PC の再起動 は 操作 アイコンから コンピュータを再起動する を選択すると ダイアログが表示されるので 通常の再起動 / セーフモード を指定。

チャット

AnyDesk のチャット機能は AnyDesk アドレス を入力後 承諾待ちの状態で 使用できる。

anydesk-remote-desktop-027

接続を要求した後 接続元は アイコンメニューから チャット を選択して 接続先へ メッセージを送信できる。

現バージョン ( 7.0.2 ) では Windows 11 で チャット をクリックすると AneDesk が強制終了する。

anydesk-remote-desktop-028

接続先 では AnyDesk のメイン画面に チャットのメッセージが表示される。

リモートサポート

リモートサポートは サポートを受ける側が サポートしてくれる相手を招待 する。

AnyDesk-for-Windows-038

招待する場合は AnyDesk アドレス の横にある Invite をクリック。

AnyDesk-039

招待する相手の AnyDesk アドレスエイリアス を入力して「 Invite 」。

AnyDesk-040

招待された側は AnyDesk の通知が表示され Connect を選択するとセッションが確立する。

ホワイトボード

ホワイトボードは リモート操作しているデスクトップに図形 や 矢印を書き込むことができる機能。

リモートサポート時は 招待を受けた側 のみ利用可能。

anydesk-011

ホワイトボードには文字入力がない。

ユーザー入力のロック

ユーザー入力のロック を有効にすると リモートサポート中に 接続先のユーザーによる 誤操作を防ぐことができる。

AnyDesk-042

セッション確立後に アイコンメニューの パーミッション から ユーザー入力のロックを有効にすると、接続先 デバイスのマウスとキーボードを無効化できる。

セッション終了時にワークステーションをロックする を有効にすると、セッション終了時に 接続先の PC に ロック画面が表示される。

共同作業

AnyDesk のセッションは 1 対 1 だけでなく 1 対 多 が可能で、任意の PC にセッションを確立することで 1 つの PC を共有して作業することができる。

anydesk-034

共同作業を行う際には 表示ほかのマウスポインタを表示する を有効にすると 他のユーザーの操作を確認できる。

関連記事

anydesk-logo

AnyDesk for Windows のインストールと使い方

リモートサポート や 無人PCのリモート操作、共同作業も可能な 無償のリモートデスクトップアプリ AnyDesk はドイツのソフトウェアベンダー AnyDesk Software GmbH が開発している マルチプラット […]

airdroid-pesonal-icon068

AirDroid Personal Desktop Client のインストールと使い方

ローカルネットワーク内にある パソコンから Android デバイスのリモート操作 や ファイル転送などを可能にするユーティリティアプリ AirDroid は シンガポールに拠点を置くソフトウェアベンダー SAND ST […]

splashtop_icon-1

Splashtop Personal のインストールと使い方

シンプルで使いやすいリモートデスクトップアプリ Splashtop は PC をリモート操作するアプリで ホストになる サーバ または パソコンに「 Streamer 」をインストールし、クライアント端末には「 Spla […]

chrome-remote-desktop-icon

Chromeリモートデスクトップ のインストールと使い方

パソコンの遠隔操作が可能になる Google Chrome の拡張機能 Chrome リモートデスクトップ は Google が開発している Google Chrome の拡張機能で、Chrome リモートデスクトップ […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リモートデスクトップ
Easy Innovation Zone
タイトルとURLをコピーしました