Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方

chrome remote desktop icon
LINEで送る
Pocket

ウェブブラウザ「Google Chrome」の拡張機能として提供されている「Chromeリモートデスクトップ」は、GoogleアカウントとGoogle Chromeでリモート環境を実現する。
WindowsのリモートアシスタンスやSplashTopの有料版と同様、ブラウザにリモート接続したPCのデスクトップが表示され、マウスやキーボードを使用しての操作が可能になる。

2019年6月に「オンライン版」が正式にリリースされ、ファイルのアップロードやダンロード、表示モニタの選択、ローカルとリモート先のクリップボードの同期など、従来のリモートデスクトップよりも機能が大幅に強化された。

Chromeリモートデスクトップはクロスプラットフォームで提供されており、Windows・Mac・Linuxのほか、Android、Chromebookで利用できる。

Androidアプリの使い方は下記参照
chrome remote desktop icon

Android版 Chrome リモートデスクトップの使い方

Android版のChrome リモートデスクトップは、PCでセットアップされている「Chrome リモートデスクトップ … “Android版 Chrome リモートデスクトップの使い方” の続きを読む

システム要件

バージョン1.4現在

Google Chromeが動作する環境

ソフトの入手先

Chromeリモートデスクトップ



Chromeリモートデスクトップのインストール

パソコンでChromeリモートデスクトップを利用する場合は、まずChromeブラウザがインストールされている事が大前提。

Google Chrome icon

Google Chromeのインストールと使い方

Google Chrome(グーグル クローム)はGoogleが開発した、シンプルに徹したタブブラウザ。 コンセプトは「 … “Google Chromeのインストールと使い方” の続きを読む

Chromeブラウザを使用してGoogleアカウントにログインした状態で「Chromeリモートデスクトップ」へアクセスする。

chromeウェブストアのchrome Remote Desktopアプリのページが開くので「chromeに追加」をクリックして拡張機能をインストールする。

アクセス権限が標示されるので「拡張機能を追加」をクリック。

「Chrome Remote Desktop」の拡張機能が追加され、プログラムのインストール準備が完了したら「同意してインストール」をクリック。

「ダウンロードしたファイルを開く」のメッセージで「はい」を選択すると、ユーザーアカウント制御が許可を求めてくるので「はい」をクリック。

PCの表示名を指定して「次へ」。
デフォルトではPCのデバイス名が表示されている。

6桁のPINを設定したら「起動」。

Chromeリモートデスクトップには「リモートされる側(ホスト)」と「リモートする側(クライアント)」の区別はなく、ホストにもクライアントにも同様に「Chrome Remote Desktop」の拡張機能をインストールしたら完了。

使用方法

リモートアクセスはホストが起動していないと利用できないので、ホストになる「リモートされる側」のPCは常時起動させておくか、Wake On Lanを設定して外部からの起動を可能にしておく必要がある。

また、リモートアクセスで接続した場合、ホスト側では通常通りモニタに表示され、音声も出力されるので、モニタの電源や音声設定の確認は必須。

dvd shrink0011

Windows10の Wake On Lan (WOL)設定

Wake On Lan(WOL)はスリープ状態やシャットダウンしているパソコンに対して、マジックパケットと呼ばれる信号を … “Windows10の Wake On Lan (WOL)設定” の続きを読む

Chromeブラウザの拡張機能にある「Chromeリモートデスクトップ」のアイコンをクリックするとリモートデスクトップが開くので、リモート接続するPCを選択。

オフラインになっているPCはグレーアウトして選択できない。

拡張機能をインストールした際に設定したPINを入力。

「このデバイスにPINを保存します。」のチェックボックスにチェックを入れると、次回の接続からPINの入力が省略される。

起動時にTipsが表示されるので「OK」をクリックするとリモート操作が可能になる。

オンライン版にリニューアルして追加されたのがスライド式のメニュー。
上部のピンアイコンをクリックすれば固定表示も可能になっている。

セッション(接続)の切断のほか接続先の表示設定。

キーボード制御は、クライアント側のキー入力ではホストの操作ができないコマンド。
「F11」は全画面表示のコマンドで、「キーマッピング」では独自のキー設定も可能。

便利なのは新たに実装されたクリップボードの同期。

「クリップボードの同期を有効にする」をクリックするとアクセス許可を求めてくるので「許可」するだけ。

ホスト・クライアント関係なく、クリップボードにコピーしたデータが共有可能になる。

ディスプレイではホスト(接続先)がマルチディスプレイの場合、表示するディスプレイを選択できるようになった。

これまでは上図のように、ディスプレイを配置している側の端にカーソルを持っていって画面をスライドさせていたので、この設定は大きな進化だったりする。

新たに実装された「ファイル転送」ではホスト・クライアント間でファイルのやり取りを行える。

利用方法はホスト(操作される側)からクライアント(操作する側)にファイルを転送する場合は「ファイルをダウンロード」、逆にクライアントからホストにファイルを転送する場合は「ファイルをアップロード」を選択し、任意のファイルを指定する。

クライアントからホストにアップロードしたファイルは、ホストのデスクトップに保存され、ホストからクライアントへのダウンロードは保存先の指定が可能になっている。

音声

Chromeリモートデスクトップの設定や使い方は非常に分かりやすいのだが、唯一厄介なのが音声。
ホスト・クライアントともにWindows10の環境下でリモート接続すると「音声が出ない」「辛うじて音声は出力されているが再生速度がおかしい」といった症状が発生し、当初はデバイス個体の問題と思ったが、ホストとクライアントを変更しても状況に変化はなかったので、ある程度一般的な問題と思われる。

音声が出力されない問題はホスト(操作される側)の「Chromeリモートデスクトップサービス」の設定で、ログオンの項目にある「デスクトップとの対話をサービスに許可」を有効にすると回避できる。

「スタート」のコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「ファイル名を指定して実行」を選択するか、「Win+R」キーで「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、「service.msc」と入力。

もしくは「スタート」のコンテキストメニューから「コンピュータの管理」を開き、左ナビゲーションメニューの「サービスとアプリケーション」にある「サービス」を選択。

「サービス」の一覧から「Chromeリモートデスクトップサービス」を探してダブルクリックで開く。

「Chromeリモートデスクトップサービス」のプロパティの「ログオン」タブにある「デスクトップとの対話をサービスに許可」にチェックを入れて再起動。

再度リモート接続すると音声が再生されるはず。

音声再生時の注意点としては、ホスト側でも通常通りスピーカーから音声が出力されるため、状況に応じて再生する前にホスト側をミュートにする必要がある。

ホストとクライアントでは音量設定は異なるため、ホストをミュートにしてもクライアントの再生には問題ない。

 





リモートデスクトップ

chrome remote desktop icon

Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方

ウェブブラウザ「Google Chrome」の拡張機能として提供されている「Chromeリモートデスクトップ」は、Goo … “Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方” の続きを読む

splashtop icon 1

Splashtopのインストールと使い方

SplashtopはPCをリモート操作するアプリで、母艦となるサーバまたはパソコンには「Streamer」というプログラ … “Splashtopのインストールと使い方” の続きを読む





LINEで送る
Pocket