スポンサーリンク

Splashtop Personal のインストールと使い方

シンプルで使いやすいリモートデスクトップアプリ

Splashtop は PC をリモート操作するアプリで ホストになる サーバ または パソコンに「 Streamer 」をインストールし、クライアント端末には「 Splashtop Personal App 」をインストールして使用する。

無料で使用できるのは 同一ネットワーク内にあるパソコンのみで  Splashtop の真価が発揮される外部からのリモート操作を可能にするには 月額で 150 円程 ( 年払いの場合 ) の 定額料金 が必要。
Splashtop を使用して リモート操作する PC は 常時起動させておくか Wake On LAN を設定して外部から起動する必要がある。

Wake On LAN の設定

パソコンを遠隔起動させる WOL は NIC が実装している機能で、パソコンはシャットダウンしている状態でも電源ケーブルが接続されていれば マザーボードには 待機電源が供給されているため、WOL を有効にすることでネットワークアダプタからの起動が可能になる。

WOL は NIC に割り振られている 物理アドレス や MACアドレス , ノードID と呼ばれる固有の識別番号 宛に マジックパケット という信号を送信して起動させる仕組みのため、外部ネットワークから遠隔起動する場合は ルーターの設定も必要になる。

WOL の詳細は下記参照
dvd-shrink0011

Windows10の Wake On Lan (WOL)設定

遠隔操作で Windows を起動させるための Wake On LAN 設定 Wake On LAN (WOL)は ネットワークアダプタが実装している スリープ状態 や シャットダウンしているパソコンに対して マジックパ […]

システム要件

Splashtop Streamer

バージョン 3. 4. 4. 0 現在

OS : Windows XP Pro / Vista / 7 / 8  / 10
CPU : 2コア 1.6GHz 以上
RAM : 1GB 以上
オーディオ設定:32khz~96khz

Splashtop Personal App (for Windows)

バージョン 3. 4. 2. 0 現在

OS:Windows XP / Vista / 7 / 8  / 10
CPU:Intel Atom および Pentium M 以上
RAM:1GB 以上
DirectX:9.0 以上

最新のグラフィックドライバの使用を推奨
Streamer のアクセスがブロックされた場合
バージョン 3. 0. 6. 0 以前 の Splashtop Streamer は Splashtop の サーバに対して 過剰な呼び出しを実行するバグがあり、旧バージョンを使用していると Splashtopのサーバで アクセスがブロックされる場合がある。
ブロックは 24時間後には解除されるが 最新バージョン へのアップデートを推奨。

ソフトの入手先

日本語サイト は 有料の法人向けなので 個人で使用する場合は 本家サイトの Splashtop Personalをダウンロードする。

Splashtop Paesonal  ダウンロードページ



Splashtop Streamer のインストール

Splashtop Personal のダウンロードページには Streamer と Splashtop 2 のダウンロードリンクが表示されており、リモートで操作される(ホスト)側の PC に Streamer をインストールする。

Streamer は 複数の デバイスにインストールでき クライアント側の Splashtop Personal App と同時インストールも可能。

Splashtop Personal-001右側 の「remote to:」と表示されている「 Windows XP , 7 , 8 , 10 」のリンクをクリックして インストーラー をダウンロード。

splashtop-personal-101

インストーラーを起動して ユーザーアカウント制御 のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Splashtop Personal-002

インストールは 自動で実行される。

Splashtop Personal-003

Streamer の設定画面が開いたらインストール完了。

Splashtop Personal-004

Splashtop アカウントを取得している場合は アカウント情報を入力してログイン。

アカウントを取得していない場合は アカウントを作成 する。

Splashtop Personal-015

Splashtop に ログイン後 仮想ドライバー のインストール画面がでるので「 インストール 」を選択。

インストールする ドライバ は ホスト側のモニタ を 非表示にする機能を追加するもので  Streamer のセキュリティ設定で「 画面を非表示にします 」を有効にする場合に使用する。

アカウントの作成

Splashtop は Streamer と Splashtop Personal App を アカウント と パスワード を使用して接続するので  Streamer をインストールしたらアカウントを作成する。

Splashtop Personal-005

Streamer の「 状態 」タブにある「 Splashtop アカウントを作成 」をクリック。

splashtop-personal-105

ブラウザ でアカウント作成ページが開くので 名前 , メールアドレス , パスワード を 任意に入力。

splashtop-personal-104

利用規約 , プライバシーポリシー を確認して問題なければ  不正ログイン防止の「 reCAPTCHA 」にチェックをいれて「 作成 」をクリックして アカウントを作成。

splashtop-personal-106

アカウントを作成したら ブラウザを閉じて Streamer の画面に アカウント情報を入力してログイン。

Splashtop Personal-006

左のナビゲートメニューから「 設定 」を選択して「 自動起動 」にチェックが入っているか確認。

サウンド
クライアント側 ( 接続元 ) の音声のみ出力
リモートアクセスで音声を再生する際に ホスト ( Streamer 側 ) がミュートになる。
ストリーマー側 ( 接続先 ) PC の音声のみ出力
 ホスト の PC から音声が出力され 操作しているデバイスからは音声が出力されない。
ストリーマー側 ( 接続先 ) PC クライアント側 ( 接続元 ) 両方の音声を出力
ホスト からも 操作しているデバイス側 からも 音声が出力される。

Splashtop Personal-007

デフォルト設定では Splashtop を起動できれば 誰でもリモート操作が可能になるため セキュリティ設定の実施を推奨。

splashtop030

「 画面の非表示機能 」を 有効にすると リモート操作時のホスト ( Streamer 側  ) の PC 画面 は上図のようになり マウスカーソルは表示されるが 作業状態を隠すことができる。

Splashtop Personal-008

「 画面を非表示にします 」を 有効にしても リモート接続時に モニタ が ブランク状態にならない場合は ドライバを再インストールする。

ドライバの再インストール

C:\Program Files (x86)\Splashtop\Splashtop Remote\Server\Driver\Monitor

上記のアドレスにアクセスして PC の環境に合わせて 64bit の場合は「 install_driver64.bat 」, 32bit の場合は「 install_driver.bat 」のコンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から「 管理者として実行 」を選択。

splashtop-personal-107

Streamer のアイコンがタスクトレイに表示されていなければ Splashtop からのアクセスができないので要注意。

Streamer の設定 は タスクトレイ アイコンの コンテキストメニューにある「 基本設定 」で変更可能。

Splashtop Personal App for Widnows のインストール

Streamer がインストールされている PC を操作する側の デバイスには Splashtop Personal App をインストールする。

Android 用 Splashtop Personal は下記参照
splashtop_icon-1

Splashtop Personal for Android の使い方

ホストデバイス を遠隔操作できる リモート デスクトップ アプリ Splashtop Personal は ホストになるデバイスに「 Streamer 」, クライアントデバイスに「 Splashtop Personal […]

ラインセンスは 1つの ID に対して 5 台で、5台 以上のデバイスで接続するとパスワードを受け付けなくなる。
現在使用しているデバイスの アクセス ライセンス を 他のデバイスへ移行するには 使用しているデバイスから Splashtop Personal App をアンインストール する。

splashtop-010

左側の「 remote from : 」と表示されている 「 Windows XP , 7 , 8 , 10 」の リンク をクリックしてインストーラーをダウンロード。

splashtop-personal-108

ダウンロードしたインストーラーを起動して ユーザーアカウント制御 のダイアログ が表示されたら「 はい 」で許可。

splashtop-011

インストールは 自動で行われる。

splashtop-personal-109

「 OK 」でインストール完了。

splashtop014

使用許諾書 が表示されるので 確認して問題がなければ「 同意する 」をクリック。

デフォルトで「 エラー報告を送信する 」にチェックが入っているので 気になるようならチェックを外しておく。

splashtop-personal-111

Splashtop の アカウント情報を入力してログイン。

splashtop-personal-112

初回ログイン時 は 認証が必要。

splashtop-personal-113

アカウントに使用しているメールアドレスに デバイスを認証するためのメールが届いているので「 このデバイスを認証 」のリンクをクリック。

splashtop-014

リンクをクリックすると ブラウザが起動して認証されたことが表示される。

splashtop-personal-114

Streamer がインストールされている「 ホスト 」が表示される。

Splashtop の使い方

Splashtop の ホスト ( Streamer ) は 起動するだけで操作は不要。

リモートアクセス可能になるためする場合は リモートされる側の デバイス が起動して  Streamer が動作していることが前提。

splashtop018

無料 での利用は ローカルネットワークに接続されているデバイスに限られるため、同一ネットワーク上にある  Streamer がインストールされている デバイスを Splashtop Personal App をインストールした クライアントから リモート操作できる。

ローカルネットワーク の場合は Wake On LAN を設定していると Splashtop Personal App から 起動できる。

splashtop019

遠隔地から Splashtop Personal App で ホストデバイス をリモート操作するためには オプションで提供されている「 Anywhere Access Pack 」の購入が必要。
料金は 月額 4.99ドルもしくは 年額 16.99ドル なので 一ヶ月 あたり 150円前後。

splashtop-personal-116

Splashtop Personal App を起動して カラー表示されているのが 起動中のホスト、グレーアウトしているのは スリープ もしくは シャットダウンしているホスト。

splashtop-personal-115

接続するホストを選択すると アイコンが表示されるので「 接続 」アイコンをクリックするか ホストを ダブルクリックして接続。

Wake on LAN で起動

Splashtop Personal App から起動する場合は Streamer がインストールされている デバイス で Wake on LAN の設定が必要。

splashtop-personal-117

Splashtop Personal App から WOL で 起動させる場合は「 設定 」アイコンをクリック。

splashtop-personal-119

「 ウェイク 」をクリック。

splashtop-personal-120

ダイアログ が表示され「 ウェイク 」をクリックですると起動する。

接続オプション

接続オプション では 接続時の解像度 の設定が可能。

splashtop-personal-121

解像度 を設定する場合は「 設定 」アイコンをクリック。

splashtop-personal-122

「 接続オプション 」の「 解像度 」のリストから 変更する。

デフォルトでは「 リモートコンピューターのネイティブ解像度 」になっているが  環境によっては「 ローカルコンピュータに最適化 」の方が使いやすい。
リモート操作

デスクトップが表示されたら マウス や キーボード は ローカル PC を操作している感覚で使用できる。

splashtop-personal-123

メニューは左から「 接続切断 」「 次のモニタ 」「 モニタ切替 」「 表示調整 」「 全画面表示 」「 Ctrl + Alt + Del 」「 ホストの操作 」。

「 次のモニタ 」「 モニタ切替 」は Streamer 側の PC が マルチモニタ の環境 で使用。
「 ホストの操作 」では ホストの画面を 非表示にしたり キーボード や マウスを ロックすることができる。

Splashtop で 接続できない場合

Splashtop の接続が失敗する場合は Streamer と Splashtop Personal App を最新バージョンに更新することで ほぼ 解決する。

splashtop025-1

クライアント が  Windows の場合のみ 接続時に「 ビデオデバイスの初期化に失敗 」とエラーメッセージが表示されることがある。

「 ビデオデバイスの初期化に失敗 」のエラーは  クライアント( Splashtop Personal App )側に Direct X がインストールされていないか グラフィックドライバ が古いことが原因で 最新バージョンにアップデートすれば解決する。

splashtop026-1

Direct X の確認方法は「 ファイル名を指定して実行 」で「 dxdiag.exe 」と入力して「 OK 」。

splashtop027-1

Direct X 診断ツール が開いたら「 ディスプレイ 」タブの「 Direct3D アクセラレータ 」が「 使用可能 」になっているか確認。

Windows 10 の場合 Direct X はWindows に標準実装されており スタンドアロン では 提供されていないため Windows アップデートを実行。

Direct X が問題なければ グラフィックスのドライバ を 最新バージョンに更新する。

 




関連記事

anydesk-logo

AnyDesk のインストールと使い方

リモートサポート や 無人PCのリモート操作、共同作業も可能な 無償のリモートデスクトップアプリ AnyDesk はドイツのソフトウェアベンダー AnyDesk Software GmbH が開発している シンプルで操作 […]

airdroid-pesonal-icon068

AirDroid Personal Desktop Client のインストールと使い方

ローカルネットワーク内にある パソコンから Android デバイスのリモート操作 や ファイル転送などを可能にするユーティリティアプリ AirDroid は シンガポールに拠点を置くソフトウェアベンダー SAND ST […]

splashtop_icon-1

Splashtop Personal のインストールと使い方

シンプルで使いやすいリモートデスクトップアプリ Splashtop は PC をリモート操作するアプリで ホストになる サーバ または パソコンに「 Streamer 」をインストールし、クライアント端末には「 Spla […]

chrome-remote-desktop-icon

Chromeリモートデスクトップ のインストールと使い方

パソコンの遠隔操作が可能になるChromeブラウザの拡張機能 Chrome リモートデスクトップ は Google アカウント と Google Chrome でリモート環境を実現する無料サービス。 2019年 6月に […]





タイトルとURLをコピーしました