Audacity のインストールと使い方

audacity-logo

音声ファイルの編集・エンコード・エフェクトなどが可能な波形編集タイプの多機能ソフト

AudacityMuseGroup によって 開発されている 波形編集タイプの 多機能 オーディオエディタ で、音声ファイルの編集・音量・音質の変更・エフェクトの適用・録音 などが できる。

MuseGroupUltimateGuitar のコミュニティが 2021年 4月に設立した キプロスに本社を置く企業で、2021年 5月に AudaCity を買収。
AudaCity のプロダクトオーナーは、 買収後も AudaCity は 従来どおり オープンソースのまま すべての機能が無料で利用できると公表している。

システム要件

バージョン 3. 1. 3 現在

OS:Windows 10/ 11
CPU: SSE2 をサポートした 1 GHz 以上 ( 2 GHz 以上 推奨 )
RAM:2 GB 以上 ( 4 GB 以上 推奨 )

Windows Vista/ 7/ 8 でも動作可能。

ソフトの入手先

Audacity 公式サイト

Audacity のインストール

Audacity のインストーラーに アドウェア や スパイウェアは 含まれていない。

Audacity-Audio-software-001-1

Audacity 公式サイトの「 DOWMLOAD AUDACITY 」をクリックして インストーラーをダウンロード。

AudaCity-016

インストーラーを起動して ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

AudaCity-017

言語選択は 日本語 のまま「 OK 」。

AudaCity-018

セットアップウィザードが開始するので「 次へ 」。

AudaCity-019

Audacity の ライセンスについて表示されるので確認して「 次へ 」。

AudaCity-020

インストール先 に こだわりがなければ デフォルト設定で「 次へ 」。

AudaCity-021

デスクトップにアイコンを作成したくない時はチェックを外して「 次へ 」。

AudaCity-022

設定を確認して「 インストール 」。

AudaCity-023

使用許諾書 や 旧バージョンからの変更点などが 情報 として表示されるので 確認して「 次へ 」。

AudaCity-024

セットアップが終了したら「 完了 」。

AudaCity-027

アプリケーションの更新に関するダイアログが表示されるので「 OK 」。

AudaCity-026

Audacity が起動して ウエルカム画面が開くので、次回起動時からウエルカム画面をスキップする場合は 次回からは起動時に表示しない にチェックを入れて「 OK 」。

FFMpeg のインストール

取り込み可能なファイルフォーマットを拡張するため FFMpeg をインストールする。

高音質で定評のある MP3 エンコーダー LAME は Audacity にビルトインされている。

AudaCity-031

64 bit FFmpeg Library Download ページ から FFmpeg v2.2.2 INSTALLER (.EXE) をクリックしてインストーラーをダウンロード。

AudaCity-032

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

AudaCity-033

使用許諾書に問題なければ I accept the agreement をチェックして「 Next 」。

AudaCity-034-1

インストール先 にこだわりがなければ デフォルト設定で「 次へ 」。

AudaCity-035-1

「 Install 」をクリックして インストールを実行。

AudaCity-036-1

「 Finish 」でセットアップウィザードを閉じる。

AudaCity-028

Audacity を起動してメニューバーの 編集 から 環境設定 を選択。

AudaCity-037-1

左サイドバーの ライブラリ を選択して FFmpeg 取り込み / 書き込み ライブラリ にある FFmpeg ライブラリバージョン が表示されていることを確認。

ライブラリが未インストールの場合は FFmpeg ライブラリバージョンFFmpeg ライブラリが見つかりません と表示される。

テーマの変更

テーマを変更は 環境設定インターフェイス で設定する。

AudaCity-039-1

左サイドバーの インターフェイス を選択して テーマ で変更。

Audacity の使い方

Audacity は 音声ファイルの編集音量・音質の変更エフェクトの適用録音などができる。

取り込み可能なファイル
WAV, AIFF, Ogg Vorbis, FLAC, MP2, MP3
FFmpeg をインストールしている場合は AC3, M4A, WMA や AVI, MP4 などの ビデオファイルからの音声取り込みも可能だが、CD 音源 を 直接 Audacity に 取り込むことはできない

AudaCity-040-2

ファイルの取り込みは Audacity に ファイルを ドラッグ するか、メニューバーの ファイル から 取り込み音声の取り込み で 音声ファイルを指定。

同時に複数の音声ファイルを取り込むことも可能。
CD 音源を編集する場合は ACDRMusic Bee などで MP3 や WAV ファイルに CD 音源を変換し、変換したファイルを Audacity を使用して編集する

AudaCity-041-1

ステレオの場合は 左チャンネル ( 上 ) と 右チャンネル ( 下 ) の波形が表示される。

音声の波形は 縦軸が 振幅、横軸が 時間 を表し、波形 の 濃い部分は 最大値、薄い部分が 平均値 。
振幅 は デフォルトで ゼロを中心に -1.0 ~ +1.0 の範囲で表示され、波形が +/- 1 に近いほど音が大きく、ゼロに近いほど 小さくなる。

AudaCity-043-1

波形の時間軸は 表示拡大率 で 拡大縮小 できる。

初期表示は 1目盛 25秒になっているが 拡大することで 1目盛を 0.5 秒以下にすることも可能。

AudaCity-044-1

振幅 の 範囲は 振幅の目盛り部分で コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) を展開して 拡大 / 縮小 で変更できる。

拡大をリセット でデフォルト表示に戻る。

編集

取り込んだファイル は トリミング や 音量 の調整などの 編集ができる。

AudaCity-042-1

編集中の作業状態は Ctrl + S か、ファイル から 保存保存 で AudaCity のプロジェクトファイル .aup3 で保存する。

Audacity は 元データを編集する作業が多く、編集結果によっては 幾度もやり直しが必要になるため、編集が成功した時点での こまめな 保存を推奨。

AudaCity-045-1

時間軸 の目盛り をクリックすると クリックした箇所から再生される。

AudaCity-053-1

音量 は パラメーターで確認できる。

AudaCity-046-1

波形上でドラッグすると 範囲が選択された状態になり、始点・終点 は後から変更できる。

波形全体を選択する場合は Ctrl + A 。
書き出し

編集したファイルは ファイル形式 を指定して 書き出しできるほか、選択範囲のみを 指定したファイル形式で 出力することも可能。

AudaCity-070

編集が完了したら ファイル書き出し から 出力するファイル形式 を選択。

AudaCity-072

選択したファイル形式に応じた 設定項目が表示されるので、ビットレートなどを設定して「 保存 」。

ファイルの種類ファイル形式 を変更でき、FFmpeg をインストールしている場合は AC3 や AAC なども選択できる。
選択範囲の削除

削除には 選択部分の削除選択部分を分割選択部分を無音化選択部分以外を削除 ( トリミング ) がある。

AudaCity-047-1

選択した部分を削除する場合は Ctrl + K か 編集 から 削除 で、選択範囲がカットされ 尺が短くなる。

AudaCity-048-1

尺を短くせずに 選択範囲の削除 / 切り取り を行う場合は、編集特殊な削除・切り取りから 分割して削除 / 分割して切り取り、選択範囲を 無音にする場合は 音声の無音化、選択範囲 以外を削除する場合は トリミング を選択。

音量の調整

録音レベルの低い音声ファイルの音量を上げるなどの調整は、ノーマライズ増幅 などを使用する。

AudaCity-049-1

ノーマライズ増幅エフェクト から選択。

ノーマライズ ( 音量正規化 )
波形の振りが全体的に小さい場合に有効で、選択範囲の音量を正規化する。
増幅
指定した範囲の振りを 増大 / 減少させる。

AudaCity-050-1

デフォルト値で実行して効果がない場合は、最大振幅をノーマライズの値を -2.0 db に設定して実行。

ノーマライズ は 一箇所でも 振りが大きな箇所があれば、その部分が 最大値に設定されるため 正規化を行なっても思ったように音量を上げることはできない。

AudaCity-051-2

増幅 はスライダーで調整するか 数値を入力する。

クリッピングを可能にするにチェックを入れることで 音割れを許容した増幅も可能になる。
一部分に振りの大きな箇所がある波形の場合 その箇所を選択して 増幅のスライダーをマイナス調整し、他の部分と同程度の振りになるよう調整してから ノーマライズ を実行すると、全体的に増幅され 結果として音量を上げることができる。

AudaCity-052-1

ノーマライズ増幅 での調整で 期待通りに音量が上がらない場合は、音声データを再生して 波形の左にある ゲイン調整のスライダーを動かし パラメーターを確認しながら調整する。

ゲイン調整のスライダーをダブルクリックすると 別ウインドウで微調整が行える。
ゲイン調整はクリップ ( 音割れ ) を起こしやすいので要注意。
エンベローブ

エンベロープは 波形の最大値を結んだ曲線で、波形を任意に変化させることができる。

AudaCity-054-1

ツールバー から エンベロープ を選択すると、波形をドラッグで変化させることが可能になる。

カーソルを波形の任意の箇所でクリックすると 一つのポイントを作ることができ、波形を部分的に変化させることができる。
ステレオトラックの分離

ステレオの音声ファイルは デフォルトで 左右同時編集になるが、左右個別に編集する場合は 分離することができる。

AudaCity-055

波形の左にある ファイルタイトル をクリックし、左右を分割する場合は ステレオトラックを分離 を選択、ステレオからモノラルへ を選択すると ステレオをモノラルにできる。

分離したトラックの片方だけを削除する場合は、削除するトラックをクリックして トラック から トラックの削除
フェードイン・フェードアウト

フェードイン・フェードアウトは フェードする範囲を指定し、エフェクトから フェードイン / フェードアウト を選択。

AudaCity-056-1

フェードの長さは選択範囲で調整。

ノイズの除去

ノイズの入っている区間を Audacity に認識させることで 同様のノイズを除去できる。

AudaCity-057-1

音声データの 無音部分を選択して エフェクト から ノイズの低減 を選択。

AudaCity-059

ノイズの低減 のウインドウが開き、「 ノイズプロファイルの取得 」をクリックするとウインドウが閉じるので、再度 エフェクト から ノイズの低減 を選択すると グレーアウトしていた「 OK 」ボタンが選択可能になる。

数値に関してはデフォルトでテストし、納得できる仕上がりになるまで 数値を変更して模索することになる。
ボーカル部分を除去してカラオケにできる ボーカルの低減と分離 のエフェクトも実装している。

録音

録音を行う場合は Audacity を起動すると接続されている スピーカー とマイクを自動認識するので、使用するデバイスをドロップダウンリストから選択する。

AudaCity-060-1

デフォルト設定は MME ( Multi Media Extension ) で、すべての オーディオデバイスと互換性がある。

MME
Windows に搭載されている 音声・動画 を取り扱うドライバ。

Windows Directsound
DirectX の音声の入出力を扱う部分で、MME よりレイテンシが低い。

WASAPI
Vista から実装されたオーディオ API で、ループバック録音に適している。
レイテンシ は要求に対して返答が来るまでの遅延時間のことで、レイテンシが低いほど処理が早い。

AudaCity-061-1

マイクを接続して 使用するドライバ・デバイス・録音チャンネルを選択したら、 マイクの モニターを開始 をクリック。

AudaCity-062-1

マイクが正常に動作していれば録音レベルが確認できる。

録音は 0 db が最大レベルになっており、録音時の信号レベルが 0 db を超えるとクリップ(音割れ)するため、信号レベルの最大値が 0 db 以下に収まるよう調整が必要。

AudaCity-063-1

マイク入力のボリュームは マイクアイコンのスライダーで調整。

AudaCity-064

録音ボタンを押すと録音が開始し、録音中は再生した音源に合わせて波形が表示される。

録音後に カット編集が可能なので 録音ボタンを押してから 録音する音源を再生する。

AudaCity-066

録音が完了したら 停止ボタンを押して 保存する部分を 範囲選択後、ファイル書き出しから 選択した音声の書き出しを選択して出力。

部分選択せずに音声全体を書き出す場合は、ファイル書き出しで ファイル形式を MP3, WAV, OGG から選択するか 音声の書き出し を選択。
ループバック録音

ループバック録音をする場合は Windows WASAPI を利用する。

ループバック録音は PC で再生している音声を録音することで、メディアプレイヤーで再生している音声や YouTube など動画再生時の音声録音。

AudaCity-067

使用するドライバを Windows WASAPI に変更し、 スピーカー を選択して 録音する。

無音ファイルの作成

Audacity は 無音ファイル が簡単に作成できる。

AudaCity-068

メニューバーの ジェネレーター から 無音 を選択。

AudaCity-069

作成する 無音ファイルの時間を設定し、任意のファイルフォーマットで出力する。

関連記事

audacity-logo

Audacity のインストールと使い方

音声ファイルの編集・エンコード・エフェクトなどが可能な波形編集タイプの多機能ソフト Audacity は MuseGroup によって 開発されている 波形編集タイプの 多機能 オーディオエディタ で、音声ファイルの編集 […]

mp3tag-icon

Mp3tag のインストールと使い方

音声ファイルのメタタグ ID3 を編集できるフリーソフト MP3tag は ドイツのソフトウェア開発者 Florian Heidenreich 氏が開発している無料のタグエディタで、オーディオファイルのメタタグ  ID3 […]