Windows の バックアップ設定と復元方法

Microsoft-Tile-icon

Windows が実装している バックアップ機能の違いと設定方法

Windows は 不測の事態に備え、システム や ユーザーファイルをロールバックできる 実用的なバックアップ機能 と 不具合を解消するため、修復 や 初期化する機能を実装している。

Microsoft サポート : Windows の回復オプション

index

システムの復元
復元ポイントを利用して過去の状態に ロールバック する。
バックアップと復元

システムのイメージファイルとユーザーファイルをバックアップする。
バックアップ
ファイルの変更履歴を保存して ユーザーデータを 過去の状態にロールバックする。
OneDrive
指定したフォルダ / ファイル をオンラインストレージにバックアップする。
アプリの一覧
Microsoft ストア からインストールしたアプリ を記憶して 復元。
自分の設定
パスワード や Windows の設定を クラウド上に保存して デバイス間で同期が可能。
システム修復ディスク・回復ドライブ
Windows に不具合が生じて起動しない場合に システムの復元ポイント や システムイメージ からリストアする。

バックアップは システム と ユーザーファイルがあり、システムの復元システムイメージの作成バックアップイメージファイルで保存される。

backup004

イメージファイルはドライブ や フォルダ などの構造を保ったまま 1 つのファイルとして アーカイブ ( 保存 ) するもので、復元する場合には 専用のツールが必要になる。

システムの復元

システムの復元 は Windowsアップデート や アプリ/ ドライバ のインストールなど システムに大きな変更が加えられる際に 復元可能なポイントを作成する機能で、プログラムのアップデート や インストールで システムが不安定になった場合に 加えられた変更を元の状態に戻すことができる。

以前はデフォルトで有効になっていたが、現在のWindows 10/ 11 では 無効 になっている。
復元ポイント は 監視 ( 保護 ) するドライブに保存されるため、復元ポイントを使用してロールバックするには Windows が正常に起動しているか、システム修復ディスク/ 回復ドライブ が必要。

Backup-and-Recovery-001

システムの保護 を有効にする場合は 設定システム から Windows 11 は バージョン情報、Windows 10 は 詳細情報 を選択して、関連リンク ( 関連設定 ) にある システムの保護 をクリックして システムのプロパティを開く。

バージョン情報 ( 詳細情報 ) は WIN キー + Pause/Break キー で開く。

Backup-and-Recovery-003

保護設定 が 無効になっているので 保護 ( 監視 ) するドライブ ( 通常は C ドライブ )を選択して「 構成 」をクリック。

Backup-and-Recovery-004

設定の復元システムの保護を有効にする にチェックを入れる。

Backup-and-Recovery-005

ディスク領域の使用量 で 復元ポイントで使用するディスク領域 を設定後「 OK 」で確定。

Windows 11 のデフォルト値 は 2 % 、Windows 10 は 15 %

復元ポイントの作成

システムの保護 を 有効にすると 対象のドライブでシステムに変更が加えられる際、自動的に 復元ポイント が作成される。

Backup-and-Recovery-006

復元ポイントを 手動で作成する場合は システムのプロパティシステム保護 タブ にある「 作成 」をクリック。

Backup-and-Recovery-007

作成する復元ポイント の名前を 入力して「 作成 」で実行。

復元ポイントの削除

作成された 復元ポイントは ディスク領域の使用量 で設定した容量内で 古い復元ポイント が削除され、新しい復元ポイントを追加していく。

特定の復元ポイントを保存したり、復元ポイントを他のドライブに保存することはできないため、特定の状態に復元する場合は システムイメージを作成 で バックアップファイルを保存する。

復元

復元ポイント からの 復元 は システムのプロパティ にある システムの復元 から 実行すると、環境によっては セキュリティソフトなどの影響で 復元に失敗するため、システム回復オプション から実行する。

Backup-and-Recovery-008

Windows 11 は 設定システム から 回復 を選択して PC の起動をカスタマイズする の「 今すぐ再起動 」。

Backup-and-Recovery-009

Windows 10 は 設定 の 更新とセキュリティ から 回復 を選択して PC の起動をカスタマイズする の「 今すぐ再起動 」をクリック。

Backup-and-Recovery-010

再起動すると システム回復オプションの選択 画面になるので トラブルシューティング を選択。

Backup-and-Recovery-011

詳細オプション を選択。

Backup-and-Recovery-012

システムの復元 を選択。

Backup-and-Recovery-013

セットアップウィザードが開始するので「 次へ 」。

Backup-and-Recovery-014

復元する システムのポイントを選択して「 影響を受けるプログラムの検出 」で 削除されるプログラム / ドライバ復元されるプログラム/ ドライバ を確認して「 次へ 」。

復元ポイントはシステム全体 を ロールバックするわけではなく、変更のあったドライバ や プログラムに適用されるため、古い復元ポイントを使用すると 現状との整合性が取れず 既存のアプリ や ハードウェアに不具合が生じる可能性がある

Backup-and-Recovery-015

「 完了 」をクリック。

Backup-and-Recovery-016

ダイアログが表示されるので「 はい 」で復元を実行。

Backup-and-Recovery-017

復元が終了したら「 再起動 」で 完了。

バックアップと復元 ( Windows 7 )

バックアップと復元 ( Windows 7 ) は Windows やインストールされたアプリなど 現在の システムイメージ と 任意の ユーザーファイル のバックアップを 設定したスケジュールで実行する Windows 7 で実装されていた機能。

Backup-and-Recovery-031

バックアップの設定は コントロールパネルシステムとセキュリティ から バックアップと復元 ( Windows 7 ) を選択して バックアップの設定 をクリック。

コントロールパネル は WIN キーを押して Control と入力後に Enterキー で開く。

Backup-and-Recovery-032

バックアップファイルの保存先を指定。

NAS などネットワーク上のドライブ保存する場合は「 ネットワークに保存 」から 資格情報を入力して設定。

Backup-and-Recovery-033

バックアップの対象を指定するため 自分で選択する に変更。

Backup-and-Recovery-035

デフォルトでは ライブラリ がバックアップの対象になっているので、その他に バックアップするフォルダを指定する。

Backup-and-Recovery-036

システムイメージ のバックアップ は 有効になっているので デフォルト設定で「 次へ 」。

Backup-and-Recovery-037

スケジュール で バックアップを実行する タイミングを設定後「 設定を保存してバックアップを実行 」でバックアップ処理が開始する。

イメージファイルは  WindowsImageBackup フォルダに上書き保存され、ユーザーファイル は コンピュータ名 の バックアップファイルに変更したデータが差分バックアップされる。

rename-UserFolder-023

スケジュールが不要な場合は 左サイドバー の スケジュールを無効にする をクリックすると 手動に切り替わる。

設定の削除

バックアップと復元 ( Windows 7 ) は スケジュールの停止は可能だが 設定自体を削除する機能はなく、未設定の状態に戻す場合は レジストリの編集が必要になる。

rename-UserFolder-016

ファイル名を指定して実行 ( WIN + R ) を開き regedit と入力して レジストリエディタを起動。

CCleaner-for-Windows-026

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

rename-UserFolder-017

アドレスバーに下記の アドレス を入力して WindowsBackup を開く。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsBackup

rename-UserFolder-019

WindowsBackup内にある DisableMonitoringValidConfigWindowsBackupVersion を選択して コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から 削除

rename-UserFolder-021

ダイアログが表示されるので「 はい 」で実行。

rename-UserFolder-020

WindowsBackupフォルダにネストされている ScheduleParamsSecurityStatus フォルダ も削除し、、レジストリエディタを閉じると バックアップが 未設定の状態に戻る。

WindowsBackup フォルダ を削除すると バックアップが設定できなくなる。
システムイメージの作成

システムを特定の状態に復元する場合は システムイメージの作成でシステムイメージ のみ作成する。

Backup-and-Recovery-019

システムイメージを作成する場合は バックアップと復元 ( Windows 7 ) の左サイドバーから システム イメージの作成 をクリック。

Backup-and-Recovery-020

バックアップファイルの保存先を ハードディスク光学ドライブネットワークの場所上 から、Cドライブの使用量と同サイズ以上の空きスペースがあるストレージ を指定。

DVD-R を使用する場合は 複数枚に分割して書き込みを行う。

Backup-and-Recovery-021

デフォルトで Windows がインストールされている C ドライブほか システムが使用する ドライブが選択されているので、通常は デフォルト設定で「 次へ 」。

アプリを Cドライブ以外にインストールしていたり、デスクトップ・ドキュメント・ピクチャ・ビデオ など Windows が使用するフォルダを移動している場合は 対象のドライブも選択する。

Backup-and-Recovery-022

バックアップファイルが使用するディスク容量が表示されるので、確認して「 バックアップの開始 」で処理を実行。

Backup-and-Recovery-023

バックアップ完了後 システム修復ディスク作成 の ダイアログが表示され、「 はい 」を選択すると システム修復ディスク作成 のウィザードが開始する。

システム修復ディスク に使用できるのは CD / DVD のみで、書き込み可能な CD / DVD ドライブが非搭載の場合は 回復ドライブの作成 を利用する。

復元

バックアップと復元 ( Windows 7 )復元 は システムイメージ と ユーザーデータ で 復元方法が異なる。

ユーザーデータ

ユーザーデータのバックアップは バージョン管理されているので、バックアップファイルの日付を指定してロールバックする。

Backup-038

ユーザーデータの復元は コントロールパネルシステムとセキュリティ から バックアップと復元 ( Windows 7 ) を選択して 復元 の「 ファイルの復元 」をクリック。

Backup-041

デフォルトでは 最新のバックアップファイルからロールバックされるので、古いバックアップファイルから復元する場合は 別の日付を選択 から指定。

Backup-040

ファイル単体を復元する場合は「 ファイルの参照 」、フォルダ単位で復元する場合は「 フォルダを参照 」をクリックすると バックアップフォルダが表示されるので、復元するファイル / フォルダを指定して「 次へ 」。

Backup-042

復元する場所を指定して「 復元 」で処理を実行。

元の場所 に復元すると 同名ファイルの処理についてダイアログが表示されるので、上書きコピーしない両方のファイルを保持 から選択。
システムイメージ

システムイメージの回復は システム回復オプション から実行する。

復元が失敗した場合に備え  復元 を実行する前に システム修復ディスク回復ドライブを作成しておく。

Backup-and-Recovery-008

Windows 11 は 設定システム から 回復 を選択して PC の起動をカスタマイズする の「 今すぐ再起動 」、Windows 10 は 設定 の 更新とセキュリティ から 回復 を選択して PC の起動をカスタマイズする の「 今すぐ再起動 」をクリック。

Backup-and-Recovery-010

再起動すると システム回復オプションの選択 画面になるので トラブルシューティング を選択。

Backup-and-Recovery-011

詳細オプション を選択。

Backup-and-Recovery-024

その他の修復オプションを表示 をクリック。

Backup-and-Recovery-025

ローカルドライブ にバックアップファイルが保存されている場合は 最新のイメージ を自動的に認識するので「 次へ 」。

イメージファイルの保存先が DVD または ネットワーク上 にある場合 や 別のイメージ を使用して復元する場合は システムイメージを選択する にチェックを入れて「 次へ 」。

Backup-and-Recovery-030

イメージファイルが ネットワーク上に保存されている場合は「 詳細設定 」からアクセスして イメジーファイルを指定。

Backup-and-Recovery-026

バックアップイメージと同じドライブに復元するため 他の復元方法 は「 次へ 」でスキップ。

Backup-and-Recovery-028

ダイアログが表示されるので「 はい 」で 処理を実行。

Backup-and-Recovery-029

復元が終了したら「 再起動 」で 完了。

PDFelement9 無料配布
69a2bf9c8d67f67dd7f2ab8573b63353

バックアップ

Windows 10 / 11 の バックアップユーザーファイルの変更履歴 を保存し、指定した時点のファイルへロールバックできる。

PC が C ドライブのみ場合は設定不可。
Windows 10

Windows 10 の バックアップ は バックアップ対象フォルダの選択が可能で、設定更新とセキュリティ にある バックアップ から設定する。

Backup-and-Recovery-044

バックアップ の設定画面を開き ドライブの追加 をクリックして リストからバックアップファイルを保存するドライブを選択。

保存先のドライブは C ドライブ以外の 内蔵 HDD・外付けHDD・ネットワークドライブ・USB メモリ ( 8 GB 以上 ) が利用できるが、デスクトップ・ダウンロード・ドキュメントなど ライブラリのフォルダを C ドライブ以外に移動していると 移動先のドライブはバックアップ先のドライブから除外される。

Backup-and-Recovery-045

その他のオプション をクリック。

Backup-and-Recovery-046

バックアップを実行する間隔 と バックアップファイルの保持期間 を設定。

バックアップの設定を 10 分 にしていても 10 分 ごとにバックアップがファイルが保持されるわけではなく、ファイルに変更がない場合 履歴は更新されない。

Backup-and-Recovery-047

バックアップ対象のフォルダー の フォルダーの追加 から バックアップする フォルダを追加し、デフォルトでバックアップの対象になっているフォルダは「 取り出し 」で対象から除外できる。

Backup-and-Recovery-048

バックアップ先のディスクを変更する場合は 別のドライブにバックアップ の「 ドライブの使用を停止 」をクリックし、バックアップの保存ドライブ選択から設定し直すことができる。

ドライブの使用停止 は バックアップが 有効でなければ 利用できない。

Backup-and-Recovery-049

バックアップの設定ができたら「 今すぐバックアップ 」で初回バックアップを実行。

バックアップ先に FileHistory フォルダが作成される。
Windows 11

Windows 11 は 設定 から バックアップ の項目が削除され、バックアップの対象フォルダが 変更できないなど 機能が 改悪されている。

Backup-and-Recovery-050

Windows 11 で ファイル履歴のバックアップを有効にする場合は コントロールパネルシステムとセキュリティ から ファイル履歴 を選択。

Backup-and-Recovery-051

バックアップ先のドライブは 自動で選択されているので、変更する場合は 左サイドバーの ドライブの選択 から保存先ドライブを指定。

Backup-and-Recovery-052

バックアップを実行する間隔 と バックアップファイルの保持期間 は 詳細設定 で編集。

Backup-and-Recovery-053

バックアップは C ドライブの ユーザーフォルダが対象で、除外するフォルダー では ライブラリ の カメラロール・ドキュメント・ピクチャ・ビデオ・ミュージック・保存済みの写真 を追加して バックアップの対象から除外できる。

DRM で保護されている ビデオファイルなどは バックアップ不可。

Backup-and-Recovery-054

設定ができたら「 オンにする 」で 初回バックアップが実行され、以降は 設定した間隔で差分バックアップが実行される。

FileHistory フォルダを削除した場合

バックアップの設定後に 作成された FileHistory フォルダを削除すると バックアップ先に指定していたドライブを見失い エラーが発生する。

rename-UserFolder-015-1

ドライブが 不明なエラー になり 定期的に ドライブの再接続に関する通知 が表示されるようになる。

ファイル履歴をオフにしても エラーは解消されない。

rename-UserFolder-019-1

エラーを解消するには 別のドライブを選択します から バックアップ先を変更する。

rename-UserFolder-018-1

変更するバックアップ先がない場合は ファイルエクスプローラ のアドレスバーに下記のアドレスを入力し、フォルダ内にある FileHistory フォルダを削除する。

C:\Users\micro\AppData\Local\Microsoft\Windows

復元

ファイル履歴からの復元は Windows 10 / 11 ともに コントロールパネル の ファイル履歴 から実行する。

Backup-and-Recovery-055

コントロールパネルシステムとセキュリティ から ファイル履歴 を開き、左サイドバーの 個人ファイルの復元 をクリック。

backup046

保存されているファイル履歴が表示されるので |◀▶| で任意の日付に移動して 復元するファイルを選択後 回転矢印のアイコンで復元する。

復元はフォルダ単位でもファイル単体でも可能。

OneDrive

OneDrive のバックアップ機能は デスクトップドキュメント写真 フォルダを OneDrive フォルダ内に 移動して オンラインストレージと同期し、同期したファイルは バージョン履歴 からロールバックが可能になる。

Microsoft-OneDrive-icon

ウェブ版 OneDrive の設定と使い方

アルバム機能を実装している Windows標準 の オンラインストレージサービス OneDrive は Microsoft が提供しているオンラインストレージサービスで、Windows 8.1 以降は Windows に […]

Backup-056

複数デバイスで バックアップを実行すると すべてのデバイスで「 同期 」されてしまうため、バックアップ設定した デバイスの デスクトップ や ドキュメントフォルダ の データが混在 した ( 統合された ) 状態になる。

アプリの一覧/ 自分の設定

アプリの一覧自分の設定Microsoft アカウント に紐付けされた データで、オフラインアカウント使用時には 利用できない。

Backup-058

Windows 11 は 設定 の アカウント にある Windows バックアップ で 同期の オン/ オフ 切替ができる。

Microsoft アカウントで Widnows にログインしている場合は デフォルトで バックアップが有効になっている。

Backup-059

Windows 10 は 設定アカウント にある 設定の同期 で オン/ オフ 切替ができる。

Windows 10 の 設定 に アプリを記憶 に該当する項目はなく、デフォルトで Microsoft ストア がインストール履歴を保存している。
アプリの一覧

Microsoft ストア からインストールした アプリは Microsoft ストア の ライブラリに登録され、同じ Microsoft アカウントを使用すれば  Microsoft ストア の ライブラリから アプリをインストールできる。

アプリの一覧 は Microsoft ストア のインストール履歴で、 デバイスにインストールしたアプリがバックアップされるわけではない。
インストールした アプリのバックアップが必要な場合は システムイメージ を作成する。
自分の設定

自分の設定 は 言語設定 や 一部の Windows の設定 が同期される。

システム修復ディスク/ 回復ドライブ

システム修復ディスク は CD / DVD を使用した起動ディスク、回復ドライブ は USB メモリを使用した 起動ドライブで、 Windows に不具合が生じて起動しない場合に PC に 保存されている システムの復元ポイントシステムイメージ にアクセスして リストアを実行できる。

Backup-060

システム修復ディスク / 回復ドライブ から起動すると システム回復オプションが開く。

リストアには システムの復元ポイントシステムイメージが必要で、システム修復ディスク / 回復ドライブだけで 復元することはできない。

システム修復ディスクの作成

起動ディスクに含まれるデータサイズは 200 MB 以下で、システム修復ディスク で 利用できるメディアは CD / DVD のみ。

書き込み可能な CD / DVD ドライブが非搭載の場合は 回復ドライブを作成する。

Backup-061

システム修復ディスク は  コントロールパネルシステムとセキュリティ から バックアップと復元 ( Windows 7 ) を選択して システム修復ディスクの作成 をクリック。

Backup-062

ブランクディスク をドライブにセットして「 ディスク作成 」で書き込みが開始する。

回復ドライブの作成

回復ドライブは システム修復ディスク を拡張したもので システム修復ディスク に含まれる機能のほか Windows の再インストールが可能になっている。

Backup-063

回復ドライブの作成は コントロールパネルシステムとセキュリティ にある セキュリティとメンテナンス を開き 回復 をクリックし、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Backup-065

システムファイルを回復ドライブにバックアップします。 にチェックを入れて「 次へ 」。

システムファイルをバックアップすると Windows 11 で 16 GB、Windows 10 で 8GB 以上の USB メモリが必要になる。

Backup-064

回復ドライブの作成 をクリックすると セットアップウィザードが開始する。

Backup and Recovery 023

使用する USB メモリ に保存されているデータが削除され、システムファイル を含んだ 修復ドライブが作成される。

回復ディスク のシステムファイル は イメージディスクのように 復元 するものではなく、ドライブから回復 を実行すると 個人用ファイル と アプリはすべて削除される。
PDFelement9 無料配布
69a2bf9c8d67f67dd7f2ab8573b63353

関連記事

Microsoft-Tile-icon

Windows 10/ 11 の クイック起動の表示方法

Windows 7 から 非表示になった クイック起動 ( クイックランチ ) の表示方法 クイック起動 ( クイックランチ ) は Windows Vista まで タスクバーに表示できた Windows が実装してい […]

Microsoft-Tile-icon

Windows の ストアアプリ削除と修復

不要なストアアプリのアンインストール と 修復 Windows 10/ 11 が実装している標準アプリは ユニバーサル Windows プラットフォーム ( UWP ) で開発されたもので、一部のアプリはアンインストール […]

Microsoft-Tile-icon

Windows10/ Windows11 の Wake On Lan (WOL)設定

遠隔操作で Windows を起動させるための Wake On LAN 設定 Wake On LAN (WOL)は ネットワークアダプタ ( NIC ) が実装している機能で、マジックパケットと呼ばれる信号を NIC に […]

Microsoft-Tile-icon

Microsoftアカウントの取得 と オフラインアカウント

Microsoft アカウントの作成手順 と オフラインアカウントへの切替え Windows 10 ( 1909 ) 以降、Home エディションでは セットアップ時に Microsoft アカウント の登録が必須になり […]

Microsoft-Tile-icon

Windows の バックアップ設定と復元方法

Windows が実装している バックアップ機能の違いと設定方法 Windows は 不測の事態に備え、システム や ユーザーファイルをロールバックできる 実用的なバックアップ機能 と 不具合を解消するため、修復 や 初 […]