バックアップと復元(Windows 7)の設定と使い方

Backup Windows7 icon

バックアップと復元(Windows 7)

バックアップと復元(Windows 7)は 現在の システムイメージユーザーファイル のバックアップ機能で、Windowsが起動しないなどシステムに不具合が生じた際に、システムイメージから復元できる。

Windows7で実装された機能のため、バックアップと復元(Windows 7)と表示されているが、Windows10/ 11でも実行できる。

バックアップの設定

Backup Windows7 001

Windowsの検索で「コントロールパネル」を検索して コントロールパネル を開く。

Backup-and-Recovery-031

システムとセキュリティ から バックアップと復元(Windows 7) を選択して バックアップの設定 をクリック。

Backup-and-Recovery-032

バックアップファイルの保存先を指定。

NAS などネットワーク上のドライブは「ネットワークに保存」から資格情報を入力して設定。

システムイメージをバックアップするため、バックアップデータの保存先は Cドライブの使用量と同サイズ以上の空きスペースが必要。

Backup-and-Recovery-033

バックアップの対象を指定するため 自分で選択する に変更。

Backup-and-Recovery-035

バックアップするフォルダを選択。

Backup-and-Recovery-036

システムイメージ のバックアップが有効になっていることを確認して「次へ」。

Backup-and-Recovery-037

スケジュール でバックアップを実行するタイミングを設定し、「設定を保存してバックアップを実行」でバックアップを開始。

rename-UserFolder-023

スケジュールが不要な場合は、左サイドバー の スケジュールを無効にする をクリックすると手動に切り替わる。

スケジュールを設定すると「システムイメージは上書き保存」「ユーザーファイルは差分バックアップ」されるので、システムを特定の状態に復元したい場合は、「システムイメージの作成」でシステムのイメージのみをバックアップする。

システムイメージの作成

Backup-and-Recovery-019

バックアップと復元(Windows 7) の左サイドバーから システム イメージの作成 を選択。

Backup-and-Recovery-020

Cドライブの使用量と同サイズ以上の空きスペースがあるドライブを保存先に指定。

DVD-R を使用する場合は複数枚に分割して書き込みを行う。

Backup-and-Recovery-021

Windows がインストールされている Cドライブと、システムが使用するドライブが選択されているので、通常はデフォルト設定で「次へ」。

アプリをCドライブ以外にインストールしていたり、デスクトップ・ドキュメント・ピクチャ・ビデオ など Windows が使用するフォルダを移動している場合は 対象のドライブも選択する。

Backup-and-Recovery-022

バックアップファイルが使用するディスク容量が表示されるので、確認して「バックアップの開始」で処理を実行。

Backup-and-Recovery-023

バックアップ完了後 システム修復ディスク作成 の ダイアログが表示され、「はい」を選択すると システム修復ディスク作成 のウィザードが開始する。

システム修復ディスク に使用できるのは CD / DVD のみで、書き込み可能な CD / DVDドライブが非搭載の場合は 回復ドライブの作成 を利用する。

バックアップからの復元 – ユーザーデータ

Backup-038

コントロールパネル から バックアップと復元(Windows 7) を開き、復元 の「ファイルの復元」を選択。

Backup-041

最新のバックアップファイルが選択されているので、古いバックアップファイルから復元する場合は 別の日付を選択 から指定。

ユーザーデータのバックアップは バージョン管理されているので、バックアップファイルの日付を指定してロールバックできる。

Backup-040

ファイルの復元は「ファイルの参照」、フォルダの復元は「フォルダを参照」をクリックし、復元するアイテムを選択して「次へ」。

Backup-042

復元する場所を指定して「復元」で処理を実行。

元の場所 に復元すると同名ファイルの処理についてダイアログが表示されるので、上書きコピーしない両方のファイルを保持 から選択。

バックアップからの復元 – システムイメージ

復元の失敗に備え、復元を実行する前に「システム修復ディスク」か「回復ドライブ」の作成を推奨。

Backup-and-Recovery-008

  • Windows 11
    「設定」の「システム」から「回復」を開き、「PCの起動をカスタマイズする」 の「今すぐ再起動」をクリック。
  • Windows 10
    「設定」の「 更新とセキュリティ」から「回復」を開き、「PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動」をクリック。

Backup-and-Recovery-010

再起動すると システム回復オプション の選択画面になるので トラブルシューティング を選択。

Backup-and-Recovery-011

詳細オプション を選択。

Backup-and-Recovery-024

その他の修復オプションを表示 をクリック。

Backup-and-Recovery-025

ローカルドライブに保存されている最新のバックアップイメージを自動的に認識するので「次へ」。

バックアップファイルが DVDや ネットワーク上にある場合は システムイメージを選択する を選択して、DVDをセットまたは「詳細設定」でネットワークドライブを指定。

別のイメージを使用して復元する場合も システムイメージを選択する から指定する。

Backup-and-Recovery-026

他の復元方法 は「次へ」でスキップ。

Backup-and-Recovery-028

「完了」をクリックするとダイアログが表示されるので「はい」で処理を実行。

Backup-and-Recovery-029

復元が終了したら「再起動」で完了。

バックアップ設定の削除

バックアップと復元(Windows 7) は スケジュールの停止は可能だが 設定自体を削除する機能はなく、未設定 の状態に戻す場合は レジストリの編集が必要になる。

rename-UserFolder-016

ファイル名を指定して実行(WIN + R)を開き、regedit と入力してレジストリエディタを起動。

CCleaner-for-Windows-026

ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

rename-UserFolder-017

アドレスバーに下記のアドレスを入力して WindowsBackup を開く。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsBackup

rename-UserFolder-019

WindowsBackup 内にある DisableMonitoringValidConfigWindowsBackupVersion を選択し、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)から 削除

rename-UserFolder-021

ダイアログが表示されるので「はい」で実行。

rename-UserFolder-020

WindowsBackup フォルダにネストされている ScheduleParamsSecurityStatus フォルダも削除し、レジストリエディタを閉じるとバックアップが 未設定の状態に戻る。

「WindowsBackup」フォルダを削除するとバックアップが設定できなくなるので、必ずサブフォルダのみ削除する。

関連記事
Sytem-Restore-icon-1

システムの復元 の設定と使い方

Index システムの復元「システムの保護」の有効化復元ポイントの作成復元ポイントの削除復元 – Windowsが起動する場合復元 – Windowsが起動しない場合 システム…

Windows Backup icon

ファイル履歴 の設定と使い方

Index ファイル履歴の概要ファイル履歴の設定 – Windows10ファイル履歴の設定 – Windows11ファイル履歴からの復元 – Windows10/ …

Recovery drive icon

回復ドライブ/ システム修復ディスク の設定

Index 回復ドライブ/ システム修復ディスク/回復ドライブの作成システム修復ディスクの作成回復ドライブからの起動 回復ドライブ/ システム修復ディスク/ 回復ドライブ は USBメモリを使用した起…