スポンサーリンク

CDex のインストールと使い方

スポンサーリンク

音質に定評のあるCDリッピングアプリ

CDex は オープンソースで開発されていた 音質に定評のある CD のリッピングアプリだが、 バージョン 1.70 以降 プロジェクトマネージャーが不在で ソースコードも非公開になっており、公式サイトのサポートフォーラムも閉鎖された状態で  アプリのバージョンが更新されている。

CDex-CD-Extractor-001

現バージョン ( 2.24 ) のインストーラーは Avira・ESET・Microsoft・Symantec など主要なセキュリティソフトで PUA ( 不要と思われるアプリケーション ) や アドウェア が検出される。

CDex-CD-Extractor-002

CDex はインストーラーを起動すると広告の取得を取得するため rp.stocksigngift.com にアクセスするが、現在 stocksigngift.com は稼働していないため 広告は表示されない。

システム要件

バージョン 2. 24 現在

OS:Windows XP / Vista / 7 / 8 / 10

ソフトの入手先

CDex 公式ダウンロードページ

CDex のインストール

CDex のインストーラーには アドウェア / PUA が含まれているため、セキュリティソフトの設定によっては インストールを実行すると駆除される。

CDex-CD-Extractor-003

CDexのダウンロードページにある CDex-2.24.exe のリンクをクリックしてインストーラーをダウンロード。

CDex-CD-Extractor-004

ダウンロードしたインストーラーを起動して ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

デジタル署名がされていない インストーラーには セキュリティリスクがあるため インストールの際は セキュリティ対策を推奨。 

CDex-CD-Extractor-005

言語選択は 日本語 で「 OK 」。

CDex-CD-Extractor-006

CDex の日本語セットアップウィザードが開始するので「 次へ 」。

CDex-CD-Extractor-007

ライセンス契約を確認して問題なければ このライセンス契約書に同意します をチェックして「 次へ 」。

CDex-CD-Extractor-008

エンコーディングは Unicode encoding を使用すると ID3タグが日本語の場合に Lame でエラーが発生するため Multbyte encoding を選択して「次へ」。

CDex-CD-Extractor-009

インストール先に こだわりがなければ デフォルト設定で「次へ」。

CDex-CD-Extractor-010

ASPI は CDex が光学ドライブを認識するために必要なドライバなのでチェックを入れる。

レジストリへ書き込みを避けたい場合は CDex Registry の チェッ クを外す。

CDex-CD-Extractor-011

「インストール」をクリックすると CDex のインストールが開始する。

 Microsoft Visual C++ 2017 が未インストールの環境では 自動的にインストールされる。

CDex CD Extractor 013

Run CDex にチェックを入れて「完了」。

CDex-CD-Extractor-012

「 OK 」をクリックするとブラウザで 寄付のページが開く。

日本語化

CDex は マルチリンガル をサポートしているので 日本語化が可能。

CDex-CD-Extractor-013

メニューバーの Option にある Select Language から japanese を選択。

基本設定

出力するファイル名の定義 や エンコードの設定は 設定画面 で行う。

CDex-CD-Extractor-014

設定画面は メニューバーの オプション から 設定 を選択するか F4 キー で開く。

ファイル名

ファイル名 で 出力するファイル名の定義 や ファイルの保存先 を設定する。

CDex-CD-Extractor-016

デフォルトでは アーティスト名フォルダ内のアルバムタイトルフォルダ内に 0付きトラックナンバー”-”トラック名でオーディオファイルが保存される。

ファイル名の形式は パラメーター文字列を使用し、ファイル名形式の入力箇所にマウスオーバーするか、 をクリックすると 文字列の説明が表示される。

CDex-CD-Extractor-017

出力ファイルの保存先は デフォルト設定で ユーザーフォルダ内の Music フォルダに設定されている。

WAV -> MP3
PC内のオーディオファイルを変化した際の保存先。
トラック保存先
CDからリッピングした際の保存先。
エンコーダ

CDex のエンコーダーは デフォルトで 音質に定評のある Lame に設定されており MP3 ファイルへ変換する。

音質

音質の設定については Lame のプリセットを使用する。

CDex-CD-Extractor-021

Normal(q=5):通常設定
Low(q=9):低音質設定
High(q=2) :高音質設定
Voice:モノラルでボイスレコーダーのような「音」をエンコードする際に使用
Very High Quality(q=0):最高音質設定
R3Mix Preset:可変ビットレートの標準的な音質。
–alt-preset standard
ビットレート 200 kbps 前後の標準設定
–alt-preset fast standard
preset standard を高速化した設定
–alt-preset extreme
ビットレート 250 kbps 以上の高音質設定
–alt-preset fast extreme
preset extreme を高速化した設定
-alt-preset ABR
平均ビットレート
-alt preset in same
320 kbs の固定ビットレート
–alt-preset CBR
固定ビットレート

平均ビットレート(ABR)は可変ビットレート(VBR)で起こるビットレートのバラつきに対し 一定の水準を設けて可変させる方式で、ABR の数値を 250 で指定すると 全体的に 250 kbps に近いビットレートになり、extremestandardと比較して トラックごとのビットレートの差異が少なくなる。

CDex-CD-Extractor-022

VBR Quality など 他の項目は デフォルト設定で、サンプリングレート も CD をリッピングする場合は 44100 に設定。

オンザフライ

CDから MP3 を作成する処理には、CDからWAVファイルを作成して WAVファイルから MP3 を 作成する方法と、CDからダイレクトに MP3 を作成する方法の二通りあり、WAVファイルへ変換してから MP3 を作成したほうが変換処理は確実だが、ワンテイク増えるため時間がかかるため オンザフライというCDから直接 MP3 へ変換するにが一般的。

CDex-CD-Extractor-020

デフォルト設定では オンザフライ MP3 エンコード が有効になっているため、WAVファイルへ変換後に MP3 を作成する場合は 無効にする。

エンコードの過程で作成された WAVファイル を保存する場合は エンコード後、WAVファイルを残すにチェックを入れる。
リモートCDDB

リモートCDDB は CD のアルバムタイトル  やトラック名などを データベースから オンラインで自動取得でいていたが、freedb が 2020年 3月に閉鎖したため 現在は利用不可。

CDex の使い方

CDex のメニューには CD → WAVファイルCD → MP3WAV → MP3MP3  → WAV があり、エンコーダーを変更することで MP3 以外のファイルへも変換できる。

CDex が実装しているエンコーダー
 Lame / WMA / MP2 / WAV / FAAC / Ogg Volbis / 午後のこ~だ / Monkey Audio / NTT VQF / FLAC
AAC や Yamaha VQF もサポートしているが 別途エンコーダーの入手が必要。

CDex-CD-Extractor-023

エンコーダーの切替は 設定エンコーダエンコーダ のリストから使用するエンコーダを選択。

CD のリッピング

ドライブに CD がセットされると CDex は自動的に トラックを認識する。

CDex-CD-Extractor-026

リッピングするトラックを選択して 右サイドバーから WAVMP3 ( 使用するエンコーダーによってファイル形式は変化する ) をクリックすると 処理が開始する。

トラックを個別に選択する場合は Ctrl キーを押しながら トラックを選択。
CD は 原音に近い リニアPCM 形式の非圧縮音源で、MP3 など非可逆圧縮エンコーダーは 人の耳では聴き取れないデータ部分を削除して ファイルサイズを縮小しており、WAV ( AIFF ) ファイルは CD の音源を圧縮せずに取り込むことができる。
トラックの部分取出・合成

CDex では音声データの編集はできないが、トラックの部分取出・合成 で 複数トラックの結合 や トラックから1部分を抽出することができる。

CDex-CD-Extractor-030

トラックの抽出・結合を行う場合は 右サイドバーから トラックを合成して1つのファイルにします を選択。

CDex-028

出力ファイル形式 で 出力するファイル形式を選択。

CDex-029

トラックを結合して出力する場合は 開始点となるトラック と 終了点となるトラックを指定する。

トラックの順序は変更できず 1曲目 と 3曲目を結合するなど トラックを飛ばすこともできない。

CDex-031

トラックから1部分を抽出する場合は 開始点・終了点ともに 同じトラック名にして、抽出したい部分を 分:秒 で指定する。

フレームの入力は不要。

コンバート ( 変換 )

CDex は WAV ファイル のエンコード もサポートしており、WAV ファイルから MP3 などへの変換 と MP3 などを WAV ファイルに変換できる。

CDex-032

右サイドバーから WAV → MP3  か MP3 → WAV を選択。

CDex-034

ディレクトリ で 変換するファイルが保存されているフォルダを指定。

サブフォルダ参照 を有効にすると 親フォルダを指定するだけで 子フォルダ内のファイルを認識する。

CDex-035

変換するファイルを選択して「 変換 」で処理を実行。

MP3 など非可逆圧縮のファイルは WAVに変換してもファイルサイズが増大するだけで 音質は回復しないので 変換するメリットはないが、FLACなどの可逆圧縮ファイルは WAVにすることで 無圧縮状態に戻すことができる。

関連記事

acdr-icon

ACDR のインストールと使い方

オーディオCD から  MP3 や WAV , Ogg などのファイル形式で トラックを抽出するリッピングアプリ ACDR ( Audio CD Reader ) は スウェーデンの ソフトウェアベンダー FMJ  […]

Cdex-icon

CDex のインストールと使い方

音質に定評のあるCDリッピングアプリ CDex は オープンソースで開発されていた 音質に定評のある CD のリッピングアプリだが、 バージョン 1.70 以降 プロジェクトマネージャーが不在で ソースコードも非公開 に […]

musicBee-icon

MusicBee のインストールと使い方

便利で使いやすく音質も良い無料のサウンドプレーヤー MusicBee は Steven Mayall 氏 が開発している 多機能 ミュージックプレイヤーで、動作が軽く 強力なファイル管理機能を実装、WASAPI や AS […]

1by1-icon

1by1 のインストールと使い方

プレイリストが必要ない シンプルな オーディオプレーヤー 1by1は ドイツの Martin Pesch 氏 が開発している 無料の オーディオプレーヤーで、システムリソースの消費が少なく フォルダを選択するだけで プレ […]

aimp-icon

AIMP のインストールと使い方

音質に定評のある多機能オーディオプレーヤー AIMP はロシアの АртёмИзмайлов 氏が開発した 音質に定評のある 多機能オーディオプレーヤーで、日本語をサポートしおり WASAPI や ASIO への対応のほ […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
CD リッピング
Easy Innovation Zone
タイトルとURLをコピーしました