Commodore64のベアボーンで自作(未完)


事の発端は2011年4月に掲載されたITmedia NEWSの「あの8ビット機「Commodore 64」が復活」という記事。

あの8ビット機「Commodore 64」が復活

1982年に発売されたCommodore 64(コモドール64)は、キーボードにマザーボードが格納されている独特のフォルムが特徴の、米国で人気を博した家庭向けのPC。
Commodore 64を開発したCommodore社は1994年に倒産しており、復刻したのは Commodore USAなる会社で、しっかりとライセンスも取得しているらしい。
ただ、このCommodore USAも2012年の末に創業者が亡くなっており、すでにサイトは閉鎖されている。

復刻された「Commodore 64」は、CPUに2コアのAtomを搭載し、メモリが2GB、ハードディスクの容量と光学ドライブがDVDとBlu- rayから選択できるようになっているがHDD160GBの下位モデルでも$595。

当時の為替レートは1ドル80円~82円のため本体だけで約5万円、そこに送料が 55.6ドル加算されるため総額で5万5千円くらいになる。
復刻ケースを使用しているとはいえ、CPUがAtomでメモリ2GB、HDD160GBの構成で5万5千円はいただけない。
そこで復刻ケースとカードリーダーのみで販売されているベアボーンを250ドルで購入することにした。

予約したのは2011年5月10日で、送料を含めた合計金額は305.6ドル。
PayPalで決済したので1ドル=82.9円のレートになり、日本円で25,334円。

復刻モデルとはいえ、ケースだけで25,000円は随分とお高いのだが、予約するときはテンションも上がってお構いなし。

使用パーツ

CPU INTEL Pentium Pentium G630T
マザーボード GIGABYTE GA-H61N-D2V
メモリ CFD販売 DDR3 PC3-10600 4GB
電源ユニット Mini Box picoPSU-160-XT
ケース Commodore USA Commodore64 ベアボーン
補助記憶装置(C:) WesternDigital WD5000AALS  7200rpm
光学ドライブ   あり物
OS Linux Ubuntu

使用するフォームファクタはmini-ITX。
ケースの形状からエアーフローは最悪なので、TDP35Wの Pentium G630Tを使用することにした。
4GBのメモリとハードディスクやDVDドライブは余り物を使用。

デザイン重視で実用性は求めていないが、完成すればそこそこ動くPCになるはずだった。。。。
が、下調べもせず衝動買いした自分が悪いのだが、ここから悪夢が始まる。

商品が届いたのは予約してから三ヶ月後で、当然のごとく一時の熱はすでに冷めており、手元のケースを見ながら「これが25,000円か。。。」と後悔やるかたなし..orz

しかも箱から取り出すまで気づかなかったのだが、このベアボーンには電源がない。

mini-ITX用のケースにはほとんど電源が搭載されており、25,000円もするケースなので当然、電源がついているものと思い込んでいたのだが、電源が付いていないのは全くの誤算。

仕方がないので主電源(ATX24pin)とSATAに電力を供給できるDC-DCコンバータ「PICOPSU-160-XT 」を再び米国から輸入。
当時は国内で販売されておらず(現在は国内で入手可能)、販売元のMini Boxも海外発送をしていなかったので、輸入代行のHopShopGoを利用して送料込み8,000円(T_T)

待つこと10日あまり。
制作意欲もほとんどなくなった頃にPICOPSU-160-XTが到着。

そして今更ながら、購入したPICOPSU-160-XTには別途で電源アダプターが必要なことに気付いた。
しかも12VのACアダプター。

家に転がっているラップトップPC用のACアダプターは全て19Vで、試しに繋いでみたものの、全く使い物にならない。

完全に制作意欲がなくなり、ACアダプターを購入しないまま、このベアボーンは1年以上放置することになり、2013年になってようやく奮起して組立に取り掛かった。



組立

組立の前に先ず、12VのACアダプターを用意しないと始まらないのだが、12VのACアダプターといっても何でも良いわけではないので、結局PICOPSU-160-XTを購入したMini-Boxで再度12V 16A 192Wの純正アダプターを入手するはめになった。

が、ACアダプターの購入以前に、そもそもこのケースにはACアダプターの差込口が存在しない。
無論、PICOPSU-160-XTのDCジャックを固定するところもない。

これがアメリカンクオリティか。。と思いつつ、調べてみるとPCのCommodore64には背面パネルにDCジャックがあるらしく、当然ながらベアボー ンにはない。

仕方がないので、まずは上図の赤印部分にドライバドリルでDCジャック用の穴を開ける。

ドリルで穴を開けたあとはテーパーリーマ で穴の大きさを整える。

DCジャックの固定完了。

穴を開けた位置はmini-ITXのマザーボードを固定した際に、24pinの主電力から近い箇所にした。

我ながらいい感じに仕上がった。

キーボードがついている上ブタに電源スイッチがあり、そこからパワースイッチとLEDのケーブルが伸びているので、それらをマザーボードのフロントパネルコネクタに接続し、別途購入した12VのACアダプターを接続して通電テスト。

ACアダプターを挿すとUSBのコネクタに接続されているカードリーダーのLEDが点灯。

更に電源スイッチをON。。。。?

CPUクーラーのファンが回転しない。

もう一度ON。
やはり無反応。。。。。。

コネクタの接続を再確認したが問題ない。
続いてパワースイッチ側の上ブタを見て驚いた。

ケーブルが外れてる、と言うより、もげてるやん!

よく見るとパワースイッチのケーブル接続部分はゴム製で、そのゴムが劣化して崩れてきている。

そりゃ1年以上放置したけど劣化が早すぎ。

ゴムが劣化しているのため、外れたケーブルを差し込んでもスイッチを押すと、すぐに外れてしまう。

仕方なくスイッチを購入。
大きさは若干大きめだがテーパーリーマ で大きくすれば問題ないはず。

LEDは付いていないが、この際贅沢は言ってられない。

汎用スイッチが届いてから、スイッチの入れ替え。

予想通り大きさが合わないのでテーパーリーマで穴を大きくする。

スイッチにケーブルを接続するのだが、「ハンダ付けにしてみよう!」と思い立って慣れないハンダ付けを実行。

ハンダ付けの良し悪しは抜きにして、なんとか溶接完了。

汎用スイッチを装着。

違和感がない。というより、寧ろ汎用スイッチのチープさがCommodore64のチープさと完全にマッチし、まるで初めから付いていたような出来栄え。

早速コードを接続して取り付けてスイッチ・オン。

おおぉ!動いた。
通電テストでファンが回った時に、このときほど嬉しかったのは後にも先にもない。

これでようやくセットアップできる状態になった。
と、思ったのも束の間。

キーボードを叩いてもBIOSが起動しない。

試しに別のキーボードを接続してBIOSを呼び出すと、ちゃんと起動する。
そうなると原因は間違いなくキーボードの接続ということになるので、ケーブルを調べると何かに挟まった形跡があった。

キーボードが動作しない原因はケーブルの断線が濃厚で、代替えのUSBケーブルを模索してみたが上手くいかず、ここで力尽きてしまった。

このベアボーンは結局未完のままで、パーツもほとんど転用してしまっているのだが、最近になって知ったRSコンポーネンツという電子部品パーツの販売サイトに触発され、5年ぶりの再チャレンジを計画中。

RSコンポーネンツはロット販売のほか小売もしているらしく、専門的な電子部品のほかラズベリーパイなんかも取り扱っていたりする。


自作PCの基本

組立に必要な工具

パソコンを自作するには様々な工具が必要な気もするが、不可欠なのは「プラスドライバー」のみ。もちろん100円ショップで販売している物でもOK。 ただ、工具の良し悪しで作業効率が大きく変わるのも事実なので、他の工具はともかく … 続きを読む

自作パソコンの基礎知識

自作パソコンの醍醐味は使用環境によってパソコンのスペックを自在に変更できるところにあり、性能、省電力、静音性、見た目、コストなどなど、市販のPCよりも、より目的に特化した仕様のモデルを構成できる。 また、CPUやメモリな … 続きを読む

自作パソコンの基本的な組立て方

自作PCはパーツの構成さえ押さえておけば、組立そのものは意外と簡単。 特に基本構成でノーマルなPCを組み立てる場合は、小難しい専門知識がなくてもできる。 どうしても先入観で難しく考えがちだが、要は所定の場所にケーブルを差 … 続きを読む

RAIDの設定

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は「レイド」と読み、直訳すると「安価なディスクの冗長配置」。 冗長とは良く言えば「余裕」、悪く言えば「無駄」のことで、「システム障害に … 続きを読む

ベーシックディスクとパーティション

ハードディスクのディスク管理には、ベーシックディスクとダイナミックディスクがあるが、パソコンを購入した時点、もしくは普通にWindowsをクリーンインストールした場合、ハードディスクやSSDは「ベーシックディスク」になっ … 続きを読む

自作PCの製作記録

Commodore64のベアボーンで自作(未完)

事の発端は2011年4月に掲載されたITmedia NEWSの「あの8ビット機「Commodore 64」が復活」という記事。 あの8ビット機「Commodore 64」が復活 1982年に発売されたCommodore … 続きを読む

AMD RYZEN7 1700X ~ RYZEN7 1700Xを使用した自作PC

AMDの最新CPU 「Zen」アーキテクチャを採用したRyzenが発売されてから3ヶ月。 発売当初は完売続出で入手困難だったが、いまは落ち着いて普通に購入できる。 Ryzen7はインテルのハイエンドCPU Core i7 … 続きを読む

AMD FX-8350 ~ PCケース交換

Ryzen7 1700Xの制作に伴い、4年間稼働してきたFX-8350を、CorsairのフルタワーケースObsidian 800D(CC800DW)から、CorsairのミドルタワーケースObsidian 650D(C … 続きを読む

AMD FX-6200 ~ MBの換装

サブマシンとして稼働していたFX-6200を、テスト用のPCとして別のケースに移植する際、電源ユニットがHECの「WIN+550W」だったため、PhenomⅡx4 965のMB換装時に、700Wのサイズ「剛力短2」と入れ … 続きを読む

AMD PhenomⅡ x4 965BE ~ MBの換装

2017/06/28 IOデータのTVキャプチャーカードを積んで、TVに接続してあったPCが異常発熱を起こして事切れた。 使用していたCPUはAMD PhenomⅡx4 965BEで、7年前にメインPCで使用していたもの … 続きを読む