スポンサーリンク

Defender Control のインストールと使い方

Windows Defender の リアルタイム保護を 1クリックで操作できるフリーウェア

Defender Control は Sordum.org が開発している Windows Defender を停止させるフリーウェアで、 1クリックで リアルタイム保護 の オン / オフ を操作できる。

Defender Control は Windows Defender の ウィルスと脅威の防止を停止するアプリで、バックグラウンドで動作している Smart Screen や Widnows セキュリティサービスを停止するものではない。
Windows Defender
Windows Defender は Windows に標準搭載され、リアルタイム保護 ・ファイアウォール・データ改ざんの防止 など基本的なセキュリティ機能を実装している。
ウイルスの検出率 や 偽陽性率 などの性能は 有料のセキュリティソフトと比較しても 遜色なく、セキュリティソフトをインストールしていない環境でも 脅威からパソコンを保護している。

システム要件

バージョン 2. 0 現在

OS:Windows  Vista / 7 / 8 / 10 / 11 ( 32 & 64 bit )

ソフトの入手先

Sordum Defender Control 公式 ダウンロードページ



Defender Control のインストール

Defender Control は Zipファイル で提供されており アドウェア や スパイウェア は含まれてないが、アプリの性質上 セキュリティソフトが 脅威 として誤検出する場合がある。

Defender-Control-002

Defender Control のページに 表示されている チェックサムの下にある「 Download 」ボタンをクリックして Zipファイルをダウンロード。

Defender-Control-003

ダウンロードした Zipファイルを選択して コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から すべて展開 で解凍。

Defender-Control-004

解凍した dControl フォルダ内にある Zip ファイルを選択して解凍。

Defender-Control-005

パスワードの入力を求められるので sordum と入力。

Defender-Control-006-1

解凍したフォルダ内にある dfControl.exe の チェックサムを ダウンロードページに記載されている 値と照合してアプリの改ざんがないか確認し、合致していれば クリックして起動。

チェックサム は 7-ZipFolder Size Explorer などで 確認できる。

Defender-Control-008

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Defender-Control-009

メニュー から「 このソフトを検出除外リストに追加 」を選択。

Defender-Control-010

デスクトップに Defender Control のショートカットが作成され、Program Files (x86) フォルダ内に Defender Control が追加される。

「 このソフトを検出除外リストに追加 」を実行すれば 解凍した dControl フォルダ は削除して問題ない。
セキュリティソフトがインストールされている場合

セキュリティソフト は 競合を嫌うため 通常 サードパーティ製のセキュリティソフト インストール時に Windows Defender のリアルタイム保護は 無効化されている。

Defender-Control-011

Windows セキュリティウィルスと脅威の防止 を開き インストールした セキュリティソフトが有効になっていれば Windows Defender のリアルタイム保護は 停止しているため、Defender Control をインストールする必要はない。

Defender-Control-007

セキュリティソフトがインストールされている環境に Defender Control を導入する場合、パスワードを入力して Zipファイルを解凍時に セキュリティソフトによっては 誤検出 するため、Defender Control を セキュリティソフトの ホワイトリストに追加する。

Defender Control の使い方

Defender Control は Windows Defender の  ウィルスと脅威の防止の オン / オフ スイッチ的なアプリで 操作も切り替えのみになる。

ウィルスと脅威の防止を停止すると リアルタイム保護が無効になるため ウイルス や ランサムウエアなどの脅威に対して 無防備になる。
Defender Control で 無効化しても Windows Defender のファイアウォール などに影響はない。

Defender-Control-012

Windows Defender のリアルタイム保護 有効時は「 Microsoft Defender を無効化 」をクリックして無効にできる。

Defender-Control-013

Windows Defender のリアルタイム保護 無効時は「 Microsoft Defender を有効化 」をクリックして有効にできる。

Defender-Control-014

Defender Control を使用せず ユーザーが手動で リアルタイム保護 を停止している場合は オレンジで表示される。

リアルタイム保護を Defender Control から有効にする場合は 「 Microsoft Defender を無効化 」で一旦 無効にしてから 有効化する。

関連記事

Explorer-Patcher-icon

Explorer Patcher for Windows 11 の設定

Windows 11 のタスクバー を Windows 10 に戻す エクスプローラパッチ Explorer Patcher for Windows 11 は GitHub で公開されている Windows 11 で変更 […]

greenshot-icon-1

Greenshot のインストールと使い方

Print Screen キーで指定した場所に 自動保存できる オープンソースの 軽量 スクリーンショットアプリ  Greenshot は  Print Screen ・ Alt + Print Screen など Wi […]

Winaero-Tweaker-icon

Winaero Tweaker のインストールと使い方

 Windows の カスタマイズ が簡単にできる Windows チューニングのトータルソリューションツール Winaero Tweaker は ロシアの Sergey Tkachenko 氏 が開発している Wind […]

openshell-icon

Open Shell / Classic Shell のインストールと使い方

Windows 10 のスタートメニューを Windows 7 スタイルに変更するユーティリティソフト Open Shell はWindows のスタートメニューを Windows 7 や XP のようなクラシックスタイ […]

Easy-Context-menu-icon

Easy Context menu のインストールと使い方

レジストリを修正せず 簡単に コンテキストメニュー の編集ができる便利ツール Easy Context menu は 多くのフリーウェアを開発している SORDUM で提供されている コンテキストメニュー ( 右クリック […]





タイトルとURLをコピーしました